『スイス・アーミー・マン』 ハリー・ポッター/おならと死体のプリンス

『スイス・アーミー・マン』(2016)アメリカ
原題/Swiss Army Man
監督・脚本/ダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン)
出演/ポール・ダノ ダニエル・ラドクリフ


201709231921306bc.jpg



船の事故で無人島に流れ着いた青年ハンク(ポール・ダノ)。
助けは来ず脱出方法も無く、絶望の縁に立ち自ら死を選ぼうとした時、海岸に横たわる男の死体(ダニエル・ラドクリフ)を発見するのだった。


ほんにご無沙汰。
お元気ですか?さすらいのスマホブロガーみーすけです。
2016年のサンダンス映画祭で監督賞を獲得した青春冒険アドベンチャーコメディードラマ……。
カテゴリー難しいなこれ。
奇妙な設定と突飛な内容の噂だけで気になってしょうがなかった。
待って待って待ち続けた『スイス・アーミー・マン』をやっと観れたよ。


スイス・アーミー・マン


冒頭、無人島で脱出する術もなく絶望の末自殺しようとしているハンクが波打ち際に倒れている人を発見。
びっくらこいて駆け寄り話しかけるが、漂着した死体だと分かり更に絶望感。
お願い死んでるなんて言わないで~~と死体に取りすがったところで…… お・な・ら。


スイス・アーミー・マン
漂流してきたのは死体だったことでガッカリするが……


お食事中の方はすみません。
でもダニエル・ラドクリフ演じる死体は死体なのでお腹に腐敗ガスが溜まってるのよ許してあげてよ。
ぷうぷうブリブリおならをする死体。
おならはどんどん大きく激しくエスカレートし、その噴射力でなんとモーターボートのように海に向かう。
「あ、これ乗れる!」
おならジェットスキーと化した死体の背に乗りハンクは大海原を突き進むのだーーーーすすめーーーー!!!


スイス・アーミー・マン
これな


日本版ポスター、「こーやって脱出するって思いきりネタバレポスターじゃん、なにこれ」って思っていたのだけど、冒頭ものの10分で登場するオープニングシーンだったという。
てゆーか、なにこの死体?この展開??
コメディー、ファンタジー、サバイバルでブロマンス、BL臭もあり。
そう、本作はカテゴリ分けの難しい何とも不思議で奇抜な設定と物語なのです。


スイス・アーミー・マン
死体の扱いがちょっとどーよ的な


ダニエル・ラドクリフ演じる死体の名はメニ―(名のる)。
この死体ただの死体じゃなかった。
冒頭のおならジェット噴射はほんの序の口で、喉が渇けば雨水を体内に取り込み大量の水を供給(飲みたくね~)、木の枝や紐を伐採、腐ガスを利用しての投石はさながらライフル。


スイス・アーミー・マン
死体の扱いがちょっとどーよ的な 2回言いました


ありとあらゆる機能を保有した十特ナイフ=スイス・アーミー・ナイフのような便利死体だったのです、なにそれ。
ハンクとメニ―は家に戻るために奇想天外な旅がはじまるのですが……。


スイス・アーミー・マン
エレクトしたtn●は羅針盤  なにそれ


映画の内容をあまり内容知らずに観ていただきたい。
まっさらに近い状態で観たほうが「なんだこれ、どこ行くんだこれ」が激しく。
故にたどり着く結末に がーーん!と感情ダイレクトにクると思うんですよ。
だって死体とサバイバルですよ。なんだそりゃだよ。


スイス・アーミー・マン
何やってんのかは観てのお楽しみ


本作が話題になったのは、奇抜な設定=ダニエル・ラドクリフが演じる死体ありきでしょう。
とにかく死体をいじりまくる(物理的に)
これが笑えるけれどかなり不謹慎でお下劣で、道徳的にもちょっとどうよな内容。


腐乱ガスで出たおならをジェット噴射にしてボート代わりに

お腹からのガスの噴射で喋る(名のる)

噴射を利用して口に突っ込んだものを飛ばす

お腹に溜めた雨水が水道のようにあふれ出る(飲みたくない)

鋭い歯で色々な物を切断

寂しい夜は語り合う

共に家へと向かう……


スイス・アーミー・マン
意味わかりませんね。でも観たら分かります。


かなり際どいラインのブラックジョークながらも、激しくファンタジー。
お下劣だけど笑える。
笑っているのにどこか物悲しく、更に感動させられる。
わたしゃーおならに泣かされると思わなかったよ。
森だけでなく、日常からもサバイバルしたい。
でもそれは本当に難しい。
自分一人では家に戻れないから、死体のメニ―と一緒に乗り越える。
乗り越えた?本当に??
ラストの解釈は人によって様々だろうし、正直わたしも観直すたびに印象が変わるのだけど、あの唐突なエンディングのカタルシスはなんだろう。


スイス・アーミー・マン
病んでてキャピって 本領発揮のポール・ダノ


ダノがね~、ほんとダノダノしてて気持ち悪くて可愛い。
この不思議な横顔と気持ち悪さが魅力。
今回も自分の中に引き籠ったオタクぽいキャラがたまらん。
上手いよダノダノ。


スイス・アーミー・マン
この表情、ずっとキープできんの凄いよ


そして見事に死体を演じ切ったダニエル・ラドクリフに拍手。
わたし最近この子を見て「あ、ハリー・ポッター」って思わなくなった。(みんなは違う?やっぱハリポタの子って感じ?)
もともとハリポタシリーズに思い入れがなかったのもあるけど。
ハリポタ後の作品チョイスがホラーやキワモノキャラが続いて痛々しい程だったけど。
ハリー・ポッターの生霊から見事に脱却している。
もう可愛くもなんともないし、濃い顔でちびっこくて毛深くて、よく見たら若干気持ち悪いんだよね(身も蓋もないwww)
でも大丈夫だよラドクリフ。君は演技が上手い!
大丈夫、君は個性派役者でちゃんと生き残っていくよ!


スイス・アーミー・マン
ハリポタでないラドクリフが楽しみ


メンタル病んでる系男と死体のランデブー。
ブロマンスでBL臭漂う不思議な冒険ファンタジー。
不思議な手触り、味わいの作品。
でも間違いなく心に刻まれます。
これはね、お勧めです!
君もあなたもおならで感動しよう!!


スイス・アーミー・マン
ちゅーもあるよ!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ポール・ダノ ダニエル・ラドクリフ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ