「ウルフ・オブ・ウォールストリート」  狂乱の人生、これ実話?!

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (2013)アメリカ
原題/Wolf Of Wall Street
監督/マーティン・スコセッシ
出演/レオナルド・ディカプリオ ジョナ・ヒル ロブ・ライナー マシュー・マコノヒー他

ウルフ・オブ・ウォールストリート

22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は学歴もコネも経験もなかったが、斬新なアイディアと巧みな話術で、瞬く間になり上がっていく。
26歳でドニー(ジョナ・ヒル)と証券会社を設立したジョーダンは、年収4900万ドルを稼ぐようになる。
しかし、成功を手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになっジョーダンだが、その違法な詐欺まがいの商法がFBIの目にとまる所となり、彼の人生には成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた。

ウルフ・オブ・ウォールストリート


ジョーダン・ベルフォードの「ウォール街狂乱日記」を主演のレオナルド・ディカプリオが製作も兼ね、師と仰ぐマーティン・スコセッシを監督に念願の映画化した本作。
彼らのダッグはこれで5度目。
個人的にスコ爺+ディカプ映画、何だか乗れなくてどれもイマイチ好きでない。
ところが今回は、この二人の個性がぴったりと噛み合ってて初めて面白かった!と思えました。

ウルフ・オブ・ウォールストリート
ディカプ、どや顔でがんばっております!

いつもはウザいディカプのどや顔が主人公ジョーダンのキャラに上手くマッチしていて、久々に上手い!と思った。
いや、ディカプの演技が上手いのはよ~~っくわかってます。
ただ、力んだ演技がなんか空回りして好きになれなかったんですが、今回長いこと仲たがいしてた友達と再会して仲直りできた気分でした(笑)
特にコメディーな演技に笑ったなぁ。
ドラッグでぶっ飛んだジョーダンがはちゃめちゃになっちゃうんですが、これ爆笑。
いいよディカプ!凄く良かった!コメディー一本撮りなよって思いました。

ウルフ・オブ・ウォールストリート
はいはいは~~い、サインはちゃんと並んで並んで~!

スコセッシ作品の中でも特に好きな名作「グッド・フェローズ」のコメディー版とでも言いますか。
次々と繰り広げられるジョーダンの破天荒な生活を目くるめく映像と音楽でぐいぐいと力技でひっぱるスコセッシの演出にただただ圧倒されます。
「グッド・フェローズ」って1990年の映画ですよ。20年以上前の映画と同じようなテンションを今もフィルムに焼き付ける力をもったスコ爺のバイタリティーに驚愕もんです。
凄いぞスコ爺!わたしが観たかったスコ爺の映画はこれだ~~!!って思いました。

ウルフ・オブ・ウォールストリート
この小さい丸っこい体にみなぎる映画へのパワー! スコ爺凄過ぎ!!

株の仕事内容は前半にちょりっとあったのみで、ほぼ全編ジョーダンのめちゃくちゃな狂乱生活が描かれています。
巨額の収入を得た時にすることって、酒!女!ドラッグ!!
一晩のディナーで何百万も使い、会社におねえちゃんやバンドを呼んで大騒ぎ。
そしてドラッグ。
白い粉と錠剤が飛び交って「他に使い道ないのかよ」と観てるこちらは呆れてしまう。
つい最近のフィリップ・シーモア・ホフマンのドラッグによる悲劇が頭を掠めて、ちょっと悲しくなった。

ウルフ・オブ・ウォールストリート
みんな乗ってるかぁぁぁ~~~い??!!

ジョーダンの盟友ドニーにジョナ・ヒル。
ダイエットしてるって何かの記事で読みましたが、この撮影の後かしら?まるまると太ってましたよ(笑)
一緒にドラッグでヘロヘロになり、やんちゃもしますが、最終的に一番信頼しあってる二人。
ジョナ・ヒルの演技に笑ったし、真剣にイラっとしたし(笑)引き込まれました。

ウルフ・オブ・ウォールストリート
幻のドラッグでデロデロになっちゃう二人。こんなドラッグ本当にあったの??使いたくないけどさ。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

スイスの銀行家ジャン=ジャックにジャン・デュジャルダン。
ニヤけたスイス野郎が非常にお似合いでした。彼の「喋る」映画始めてですが、このニヤけた感じが素敵で♡
あとジョーダンの父親役にロブ・ライナー監督を配したりと配役の妙が面白いです。

でもやはりこの人、ジョーダンが最初に働く投資銀行で株屋の何たるかを教える上司にマシュー・マコノヒー。
少ない登場シーンながら、彼の怪演は強烈でディカプを完全に喰っちゃってますからね。
もう出ないの?出ないの??って思っちゃった。さすがマコノヒー乗ってますねぇ。

ウルフ・オブ・ウォールストリート
「ダラス・バイヤーズクラブ」の影響?妙にやつれててちょっと心配なマコちゃんでした。


終わってみれば3時間の長丁場。
ジョーダンの酒池肉林な蛮行を道徳観や教訓的な物は一切挟まず描ききるスコ爺らしい演出。
やっぱりスコ爺はこうでなくっちゃ!
ただそこで好き嫌いが分かれちゃう映画ではないでしょうか。
ジョーダンのハチャメチャな乱痴気騒ぎを延々見せられるのが、後半「もうそろそろい~んでない?」って感じました。
まあそれがスコ爺らしいと言えばらしいんですけどね。
「グッド・フェローズ」や「カジノ」に感じたカタルシスが無いのも残念。
何はともあれこのコンビの映画で始めて「ああ、面白かったな」と思えたのが自分的に満足感←上から目線
スコ爺のまだまだ現役バリバリ感溢れる本作、ファンの方はお見逃し無く。
久々に仲直りできたディカプの演技は、G・G主演男優賞獲得に納得です。
でもオスカー受賞は無いかなと個人的には思うなぁ・・・。

ウルフ・オブ・ウォールストリート


個人的な好みとしては断然こちら↓
マシューのマコちゃんが口ずさむなんだそりゃ?な変なハミング曲がいまだに頭を廻ってクセになりそう♪

ウルフ・オブ・ウォールストリート
んんん~♪ んんん~♪ ぽぉ~!♪ エンドクレジットでご一緒に!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ