「それでも夜は明ける」 自由をあきらめない!!

「それでも夜は明ける」 (2013)アメリカ=イギリス
原題/12 Years a Slave
監督/スティーヴ・マックイーン
出演/キウェテル・イジョフォー マイケル・ファスベンダー ルピタ・ニョンゴ 
   べネディクト・カンバーバッチ ポール・ダノ サラ・ポールソン ブラッド・ピット 他

12 years a slave

1841年、ニューヨーク州サラトガにソロモン・ノーサップ (キウェテル・イジョフォー) という妻と子供と過ごす自由な黒人がいた。
ヴァイオリン奏者として生計をたてていたソロモンはある日、二人組の白人から金儲けができる音楽公演に参加しないかと誘いを受けワシントンへと向かう。
しかし、したたかに酔わされて目が覚めるとソロモンは鎖で繋がれ、囚われの身となっていた・・・。

12 years a slave
ニューヨーク州で自由黒人として名前も仕事も持ち 白人と同じように生活していたソロモンだったが・・・。

本年度のアカデミー賞作品賞他、数々の映画賞を受賞した本作。
ソロモン・ノーサップという実在した黒人男性が、自由な身分を奪われ奴隷として生活した12年間の実話を「Hunger」「シェイム」のスティーブ・マックィーン監督により映画化された本作を観てきました。

自由黒人(そんな立場があったんですね)として、東部でバイオリニストとして仕事を持ち一般の白人に近い身分で過ごしていたソロモンは、ある日突然誘拐され、身分と名前を剥奪され、南部ニューオリンズへ売られ奴隷として生きることを余儀なくされてしまいます。

12 years a slave

それまでの自由な生活とは一変する「奴隷」という立場になり、始めて感じるソロモンの困惑、怒り、悲しみをキウェテル・イジョフォーが熱演。
自由人としての尊厳を失う事なく、一人の人間として生きる為に、時には自分の能力を隠し、自由を求めて諦めないソロモンの日々。

しかし、そんなソロモンに対する白人の暴力をマックィーン監督は、彼の専売特許とも言える長回しでこれでもかとスクリーンに映し出します。
ソロモンと同じく鑑賞しているこちらも追体験するように感じる映像に軟弱なわたしのメンタルは強烈な衝撃を受けてしまって、ホラー映画でも感じた事のない恐怖を感じてしまい、観終わったあと相当に凹んでしまいました。

12 years a slave
ソロモンが延々と釣られた木は 実際に奴隷達が釣られた木だそうです。 現存してるんですね。

最初に売られた農園で無能な大工(ポール・ダノ)のメンツを潰した為に恨まれ縛り首になりそうになるシーン。
途中でリンチは止められるのですが、主人の農園主フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)が戻るまでの時間、ソロモンは木にぶら下げられたまま何時間も待つことになります。
その間、白人は遠くからその様子を面白そうに眺め、また同じ奴隷たちも何事も無いように釣られているソロモンを無視して、自分の仕事や生活を続けている「当たり前感」がかなり衝撃で辛かった。

12 years a slave
可愛さ余って・・・な状態で、愛しているパッツィーをいたぶるエップス。 要カウンセリング!

ソロモンが次に売られた農園で出会う主人、エップス。
マックィーン監督のミューズ、マイケル・ファスベンダーが演じるエップスの強烈なキャラクターに更に凹みが助長(泣)
このエップスという選民思想を持つ残酷な農園主は、奴隷の少女パッツィー(ルピタ・ニョンゴ)を愛しながらも、自身の思想や立場の狭間でその歪んだ愛情と怒りや嫉妬の為、心のバランスを崩したようになっていきます。

パッツィーを愛しながらも、彼女が自分を裏切る行動をとったと感じた時にエップスの取る残虐な行動。
理性を失ったエップスは悪鬼のようでもあり、しかしその悩みや脆さはソロモンの内面よりもよりもこちらに分かりやすく演出されていたように思います。
ファスベンダーの演技、やっぱり凄いです。

12 years a slave
もう エップス以外の何者でも無いファス。 凄いけど怖かったよファス・・・

12 years a slave

全編を通して一番メンタルにグサリときたのがルピタ・ニョンゴの演じるパッツィーのあまりにも悲しい運命です。
エップスの歪んだ愛情の為に、昼間は奴隷として働き、夜は体を弄ばれ、子供まで産まされているパッツィー。
当時奴隷はかなりの高額で売買されていたらしく、多分その子供も売られてしまうのでしょう。
パッツィーが自分の命を終わらせてくれとソロモンに懇願するシーンでたまらず涙が溢れてしまいました。
男性の奴隷も暴力に耐える日々ですが、立場の弱い女性の奴隷はもっと辛いんですよね。
ニョンゴの演技は本当に素晴らしかった。オスカー助演女優賞、間違い無しですね。

12 years a slave
エップスの妻メアリー(サラ・ポールソン)は嫉妬し、パッツィーを虐めまくる。頬をナイフで・・・もう最悪。

南部の緑あふれる草原、のどかな綿の畑、夕焼け、美しい自然がこんなにも地獄に感じるとは。
マックィーン監督は手加減することなくこれでもかと残酷に映し出します。
観ているうちにソロモン以上に誰も信用出来なくなっている自分に気づきました。

残酷なエップスはもちろん、所詮は黒人奴隷を自分の資産としか考えていないフォードも、白人の主人に超愛され黒人ながら妻の座に収まっているシャウ婦人(アルフレ・ウッダード)も、勝ち組であるものの、その他の奴隷を召使いにしていて、その立場を満喫するも誰も助けようとしないし、そんな事ができるわけもないでしょうし。
皆に腹が立ち、やりきれない気分で助けて~!という気持ちになってしまって。
なので、ブラッド・ピット演じるカナダ人の人道家バスが出てきた時は本当に心底ほっとしましたよ。

12 years a slave
ちょい役ですが、映画的にも意味のある、唯一癒しなブラピ。

結局最後にソロモンが開放されることは分かっているのですが、ソロモン自身も後に残されたパッツィーやその他の奴隷達を開放してあげる事など出来ないわけで、だからこそソロモンの開放を「わ~い!万歳!!」と手放しで喜べないラストなんですよね。
特にその後のパッツィーの運命を考えると本当に凹む。辛いです、マジで。


監督も主な役者もイギリス人で占められている本作。
生粋のアメリカ人が監督したり演じたりするのはやはり難しかったということでしょうか。
南部の一部の映画館は本作を上映するのを渋ったりした事実があるそうで、直視したくない過去、認めたくない現実という考えがまだ根強くあるのか。
奴隷制度というダーティーな歴史は黒人以外のアメリカ人にとってあまり触れられたくない後暗い過去なのかな。
だからこそ、本作をプロデュースした南部出身のブラッド・ピットのガッツって凄いですよね。
ブラピの「これを制作せずに死ねるか!(みーすけ意訳)」的発言をインタビューで観ました。素晴らしい!
製作者としてのブラピの今後がますます楽しみです。

12 years a slave
テディベア監督と世界一美しい男の名コンビ。 次はもっと優しい人物をファスに演出してあげてくだされ・・・。
 
観ているわたしがこんなにも凹むんですから、演じている役者達も辛かったのではないでしょうか。
ファスは始めて完成作品を観た時に、自身の演じるエップスのあまりの残酷さに衝撃を受けショックで上映後のインタビューであまり発言ができなかったそうです。

気持ちが病みそうなくらい重くてヘビーな内容ですが、観ておかなければならない作品だと思います。
黒人差別だけでなく、人の心の中にある差別の感覚全てに対して、色々と思いを馳せる事になると思います。
鑑賞した観客がこういった気持ちになる事こそを製作者は望んでいるのではないでしょうか。
わたしも気持ちが落ち着いたら、もう一度観に行こうと思ってます。
マックィーン監督、やはり只者では無いですね。
オスカーの作品賞受賞に異論無しの本作、たくさんの人に観て欲しいですね。










スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー スティーヴ・マックィーン ベネディクト・カンバーバッチ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ