「オール・イズ・ロスト~最後の手紙~」  老人と海~帰って来たレッドフォード~

「オール・イズ・ロスト~最後の手紙~」 (2013)アメリカ
原題/All Is Lost
監督/J・C・チャンダー
出演/ロバート・レッドフォード

オール・イズ・ロスト
インド洋、単独航海する一隻のヨット。
大きな衝撃と水音で男が目を覚ますと船内が浸水している。
海上を漂流していたコンテナが彼の乗るヨットに衝突し船体に大きな穴が開いてしまったのだ。
浸水のため無線もパソコンも使い物にならない。
外部に助けを求められなくなった男の生きるための闘いが始まる。


オール・イズ・ロスト
レッドフォードさん、起きなはれ! 浸水してまっせ!!

オール・イズ・ロスト
どっしぇぇぇ~~~(汗)

寒くて凹み加減だけど、やっぱり映画は観たくて本日から公開の本作を初日に観てきました。
舞台は誰もいない海の上。
登場人物はロバート・レッドフォードが演じる「OUR MAN」とクレジットされる男だた一人。
海難事故に遭い、たった一人で海上を漂流する男のサバイバルを描いた本作。
彼の生きることを諦めない姿と勇気に本当に感動しました。

オール・イズ・ロスト

パソコンや携帯、無線が海水でお釈迦になってしまい、外部に助けを呼ぶことができない。
周りは何もない ただただ水平線が遠くまで見渡せる海のど真ん中。
どれほどの恐怖でしょうか。
たった一人ヨットで航海しているところをみると、かなり経験のあるヨットマンであろうと想像はできますが、それでも恐怖に違いはないでしょう。
しかし彼は自分の持つスキルをフル活用し船体の穴を修理し何とかヨットを走行させます。
が、そんな状況でやっぱそうくるよね、の嵐との遭遇です。

オール・イズ・ロスト
ま、さ、に、泣きっ面に蜂状態。 お歳もお歳だし、撮影は大変だったでしょうね。 

もの凄い暴風雨に一人乗りのヨットはあえなく転覆。
せっかく修理した船体の穴から再び浸水してしまい、とうとう沈没してしまいます。
ヨットを捨て救命ボートへ乗り移り漂流する男に更なる試練が降りかかります。
飲料水の枯渇です。
ここまで寡黙に一言も言葉を発しなかった男が始めて振り絞るように叫ぶ
FUCK!!!
みーすけも心の中で一緒に叫んでました。

オール・イズ・ロスト
も~ダメ・・・好きにして 次々に降りかかる災難に意気消沈になりそうな「OUR MAN」=我らの男

絶望的な状況がエスカレートしながらも、主人公の男はけして負けない。
彼の力強く折れない心の強さに感動。
脚本も担当しているチャンダー監督はこれが長編2作目との事。
素晴らしい才能を見抜くレッドフォードの製作能力はさすがです。

オール・イズ・ロスト
これぞ「Message in a bottle」 

冒頭に主人公が愛する誰かに宛てた手紙を口述するモノローグがあるだけで、全編会話の台詞が一切無いという異色な本作。
レッドフォードのセリフは先ほどの「FUCK」意外は、少しの間だけ回復した無線で行う救助要請と「HELP」ぐらいなもの。
また全編を通じて登場人物が一人だけというのも話題になっていますね。
一人芝居の映画で思いつくのはライアン・レノルズの「リミット」があるけれど、あれは電話というツールがあったのでかなり台詞がありましたもんね。
負けそうになる心を奮い立て生きることに奮闘する主人公を演じるロバート・レッドフォードの演技が素晴らしい。
もっと若くて活きのいい役者でも成立するかもしれないけど、それでは映画の意味合いが変わるかと。
レッドフォードだからこそ感動したってのもあるかもしれません。

わたしね、彼が目の整形をした時に「あ、そうなのね」と心が離れかけた。
最近の監督作品も何だか残念な感じが続いたし、ビジュアルも老いがキツくてブロンドの主役を演じるのはもう無理でないの?と少し冷ややかな目線で見てたんですが、さあ、大声で言いましょう。
ロバート・レッドフォード、お帰りなさい! やっぱり貴方は凄いです!!

今回もしかしたら主役を演じるのは最後くらいの意気込みだったのかしらん。
だって耳のあたりに白髪が見えて 老いを隠さない彼の映画は初めてかも。
でも遭難する前にちゃんとヒゲは剃る(笑)
彼の役者としての美学というか、それでこそレッドフォードのレッドフォードたる所以かも。

オール・イズ・ロスト
まだまだ舞台を降りない77歳! お疲れっした!!

最後まで生きることを諦めない闘う主人公の姿に心をわし掴みされました。
ラスト近くの諦めたような表情にダメダメ!!がんばって!と声を出しそうになり、またもや涙してしまった。

しかしこの作品もレッドフォードも何でオスカーにそっぽ向かれたんでしょうね。
インディーズだからか?
映画の規模に関係なくこの作品本当に素晴らしかった。
マコノヒーもダーンも良かったけど、わたしなら主演男優賞はレッドフォードに投票します。

2013年度のみーすけナンバー1「ゼロ・グラヴィティ」と本作、テーマやスタイルがかなりかぶってるんですよね。
宇宙と海という違いはあれど、主人公が置かれたサバイバルなシチュエーション、生きることを最後まで諦めないという力強いメッセージ。
その為に票が割れたのか、制作会社の宣伝力の無さなのか。
今年のオスカー関連作品全部観ての感想は、作品賞の順位が違うなぁということ。
作品賞は「ゼログラ」次点が本作で、その次が「12年奴隷」。
ま、個人的感想ですけどね。勇気をもらえる本作のようなテーマが好きなんですね、わたし。

オール・イズ・ロスト

まだお目めを整形する前の、皺感も軽めなレッドフォード。眩しげな細い目が好きだったんですよね~。
うん、でもやっぱりあなたは素晴らしい。
監督も主演もばんばんやっちゃってください!!


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ