スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ開設一周年! 勝手にお祝いファスベンダー風味

な・ん・と! 本日11月3日はブログ開設からちょうど1年になります。
映画が好きで、観た映画の感想を好き放題友達に語りながら、なんかもっとアレな感じでアレしたいなぁと思い・・・。
か~ら~の~ブログ開設まで5年かかってしまいました! のが、去年の11月。
根が面倒くさがりなので、半年保つか?と心配だったのに、あっという間に1年!
これもひとえにおバカな戯言に温かいメッセージや拍手を下さる皆さんのお陰です!
本当に感謝してます!いつもありがとうございます。
・・・・・ってね!
お世話になった方々に感謝のお礼とご挨拶がちゃんとできた!
人様に迷惑とコーヒーはかけちゃいけないと吉井さんも歌っていた!
よかったね~みーすけ!
ってことで 日頃の感謝を込めて妄想おバカ語りを少々・・・。


俺がブログを始めるまでに
また タダ働きかよ!!

「俺がブログを始めるまでに」 (2014)日本
脚本/みーすけ
主演/天使マイケル・ファスベンダー 


「ごめんなさい、分かりません。 あなたの話、ディープ過ぎです!」
彼女のセリフに俺はハッと我に返った。
うちの会社でナンバー1の美人受付嬢。
ずっと気になってた彼女と偶然口を聞くようになり、あの手この手でなだめすかし、晴れてデートにこぎ着けた俺。
初デートで以前から観たいと思っていた映画を一緒に観た帰りの行きつけのバー。
あまりに映画が面白くて、興奮して感想を語っていた俺にイキナリのダメ出し?!
あれ?なにこの流れ?
「映画は楽しかったわよ」 うん、俺も超楽しかった。
「でもわたし、セリフまで覚えてないし」 え?そうなの?印象的なセリフだったぞ?
「監督の名前とか知らないし」 んぁ?監督超有名だぜ?
「俳優の演技のツボも分からないし」 いや、ヤツの演技あっての作品だったじゃん!
「あなたの話が深すぎて付いていけない」 深い?まだ序盤戦だけど俺のトーク。
彼女は茱萸みたいな可愛い唇でグラスに残ったロゼを飲み干して言った。
「次はもっと趣味のわかる人と映画に行ってください」 えっと俺分かんねぇよ、これってまさか。
「え?え?そ、それって、えと、俺・・・」
「正直わたしにはついていけません。帰ります。さよなら」
かぶせ気味の最後通告を吐くと彼女は笑顔もなくつっと席を立ち店を出て行ってしまった。
おい・・・なんだよそれ・・・。

俺がブログを始めるまでに
はぁ~、まだ手も握ってなかったのに・・・。


ああ、付き合う前に振られちゃったぜ・・・。 初デートで撃沈。 しかも始めてじゃない。
なあ、でもどうなんだ?映画観たあとって感想とか話して反芻するのが楽しいって俺だけか?
そんなワケねえだろがよぁ。
そりゃあ少し熱く語りすぎた気はするけどさ・・・。
彼女の消えた扉から目を離し、ムウとむくれてすっかり温くなったギネスを一気に飲み干すと、カウンター越しにこちらをニヤニヤ見つめるマスターと目が合った。
「なんだよ、何笑ってんスか?」
「いや、何度目かなぁと思ってね。 映画観たあとのオマエはいつも饒舌だからね。」
「でも、ブラッドさんには俺の気持ちわかるでしょう?」
「うん、まあね・・・。」
このバーのマスター、ブラッドさんも大の映画ファンで、いわゆるシネフィルってやつだ。
古今東西、ブラッドさんが話について行けない映画は皆無と言っていい。

俺がブログを始めるまでに
へへ、シネフィルな俺は商売道具飲んじゃうもんね

暇があればこのスツールに座り彼の話す造詣深い映画の話を尊敬と羨望の混じった気持ちでに聞き入るのが俺の至福の時なんだ。
「ねえ、 俺の映画の話しうるさいかな?」 上目遣いにブラッドさんを見上げると、彼は口の端にちょっとシワを寄せてニヤリと笑った。
「映画知らない娘にイキナリ濃いい話しても、しかも初デートだし引かれるかもな」
うん、まあ、そうなんだろうけど、
「映画の話すんの楽しいんですよね。だからついあれもこれもって喋っちゃって・・・」
ブラッドさんは新しいギネスのボトルを俺の前にコトリと置いて口を開いた。
「なあ、マイケル。お前ブログとか興味ないの?」
「ブログ???」

俺がブログを始めるまでに
マイケル お前さ、ブログやれば?  え?ブログ・・・っスか?


「そ、映画のブログ」
「考えたこともなかったな。」
「映画の勉強したわけじゃ無いだろうけど、お前の映画の感想ちょっと面白いぜ。ブログやれば好きなだけ感想垂れ流しできるだろうが。」
「はぁ・・・俺の意見面白いッスか?」
「おうよ、すげぇ面白いぜ」
ニカっと笑ったブラッドさんの言葉に俺はちょっと心が踊った。
そっか俺の感想面白ぇのか。尊敬するシネフィルのブラッドさんに褒められてなんか超嬉しいぞ。
「女の子口説く時はちょっと映画の話は我慢して、ブログに映画愛をぶつけろや」
「読んでくれます?」
「おお、お前の映画の話面白いからな。楽しみにしてるぞ」
おだてられたら、登れない木にもガシガシ登れちゃう単純な性格な俺はすっかりその気になっちまった。
おっしゃ!いっちょブログやってみるか!


俺がブログを始めるまでに
へへへ♡ 頑張って始めてみようかにゃ♪


子供の頃から生活の中に映画があった。
両親や親せきが映画好きだったから、かなり幼い頃から大人の映画を劇場に連れて行ってもらって観てた。
ゴールデンタイムには吹き替えの洋画劇場が必ずかかってたし、昼下がりにテレビでやっている変な映画も楽しくてしょうがなかった。
10代の後半からは劇場でかかる話題作を観まくって、新作を観ると俳優や監督の過去作が気になりレンタルビデオ(当時はDVDなんて無ぇからな)を貪るように観た。
背伸びしたい頃にはワケわかんないなりにヌーベルバーグとか頑張って観たけどありゃ未だによくわかんねえ。
でも継続して映画を見続けた事で俺ん中の映画の種はすくすく成長して行って、今なら偏りながらも、映画の話題ならあれこれ引き出しはかなりあるだろう。
パソコン苦手だけど、ひいひい汗かいて検索して、アカウント取って取り敢えず文章書いてっと。
PCわかんねぇ~な~。 これ一番面倒だなこりゃ。

俺がブログを始めるまでに
はっきし言って、アカウント取ったりそのあたりが一番面倒なんだよなぁ・・・。


ブラッドさんのバーでブログの下書きの披露会。 今日は親友のジェームズも一緒だ。
コイツとは職場の同期で部署は違うが入社以来の親友で、俺の映画の話を聞いてくれる貴重な奴。
で、二人に下書き読ませたんだけど・・・。
「なんて~か、マイケル、悪いけどこれ・・・」 口ごもるブラッドさん。
「これ、小学生の作文だよ」 おい、ジェームズそりゃないぜ。
でも・・・でも自分で読んでも確かにつまんねぇわ。
文章硬いし、実際こんなん読んでも、その映画観たいと思ってもらえないだろうなぁ。

俺がブログを始めるまでに
ん~、正直自分でも全く魅力ない文章だわ・・・ックソ。

ちょっとシュン太郎になった俺にジェームズが言った。
「もっと画像いっぱい入れたらどうかな?」
あ、そ、そっかな? うん、俺もミーハーだから画像多いのいいと思う。
「語り口もフランクに、例えば僕に観てきた映画の話するつもりでさ」
うん、なら緊張しないかも。 お前やっぱ俺の事わかってんなぁ!

俺がブログを始めるまでに
君の”映画伝えたい愛”がこれぐらいだとして・・・   小せぇな おい

俺はジェームズの助言を頼りにテロテロっと文章を書き込んで、画像を引っ張ってきて貼り付けた。
出来上がったレビューはかなりふざけたもんだけど、結構面白いと思うんだけど・・・・。
「ど、どうよ これ??」
「これ、いい!いいぜマイケル。 面白い!」
下書き読んだブラッドさんが ブハっと吹き出して言った。
「うん、マイケルらしい文章だよね」
ジェームズがなんか目をキラキラさせて喜んでくれた。
あ、なんか俺、超嬉しい~~!!

俺がブログを始めるまでに
面白いって褒められちゃった~~♡  嬉ぴ~~♡


と、いうわけど、俺の初のブログアップとなったわけだ。
大ファンだったブロガーさんに送ったメッセージの返事が来たりして超嬉しい!!
どこの誰か分かんない人から、いいね!って入ってる!
俺の意見で俺の大好きな映画を観ようと思ってくれる人がいるんだぁぁっ!
映画にちょこっと貢献できてるのがすげ~嬉しい。
ああ、始めて良かった・・・。
さて!今夜はブラッドさんのバーでジェームズとお礼の祝杯だぜ!

俺がブログを始めるまでに
あ~、始めてよかった楽しいわ~。   うん、いいよ♡マイケル♡♡

三人で乾杯! ブラッドさんにもジェームズにも褒めてもらってウキウキの俺。
「次にデートする時は、深い映画の話して振られずに済むな。ブログに書けばいんだから」
ブラッドさんが何げに言った言葉にジェームズが反応する。
「デートって?!」
あ、こいつに受付の彼女の話ししてなかったっけ。
「うん、受付の美人いるだろ、この間デートで映画観てさぁ」
「デートしたの?! つ、付き合ってんの??」  うわ!目が怖いんだけど。
「いや、そのあと俺の映画トークにドン引きされて振られた・・・」
「あ、振られたの?」 
「うん・・・」 なに?お前も彼女狙ってた?
「そっか・・・」 俺を見つめたジェームズが、ふわっと嬉しそうに笑った。
「ん?」 あれ、違うのか? なに嬉しそうなんだよお前。
「まあ、マイケルが映画に行きたいなら、僕が一緒に行ってあげるよ」 ん、ああ、サンキュ・・・って口元緩んでない?
「趣味がわかる者通しの方が楽しいしな」 お、おう・・・まあそのとおりだけど、お前なんか変だぞ。
「あんな軽い女に君の良さななんて分かるわけないさ」 か、軽いの?そうなの?
「君には僕がいるじゃないか、ね、マイケル♡」  えっと語尾にハートが見えるんですけど。
なんかピンクのオーラが出てるジェームズはとりあえずほっとこう。
よ、よく分かんねぇけど、まあ、俺には映画を語れる大切な親友ジェームズがいるって事で。
今夜も映画トークと酒が美味いぜ。 ね?ブラッドさん・・・。

俺がブログを始めるまでに
ね♡マイケル♡♡   ・・・お、おう・・・。


えっと、うちのヴォイ先生はちょっとイタいファスばかっ子です。
この夏はPCの不具合で更新もままならないような大ピンチを迎え、未だスマホとの両刀使いでの亀更新ですが、映画の楽しさを少しでも伝えていけたらいいなと思っています。
ブログを通して趣味を同じくする素敵な方々と知り合えたことが一番の宝物だなぁぁぁと珍しく胸を熱くしております。
みなさま今後とも 「天邪鬼みーすけの映画な日々」 をよろしくお願いします!!


俺がブログを始めるまでに
ジェームズの言動が気になるけど、とりあえず俺は寝る・・・。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー ジェームズ・マカヴォイ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。