「インターステラー」  そのオチはOKなのか??でも大丈夫

「インターステラー」 (2014) アメリカ=イギリス
原題/Interstellar
監督/クリストファー・ノーラン
出演/マシュー・マコノヒー  アン・ハサウェイ  ジェシカ・チャステイン  マイケル・ケイン  他
    

Interstellar


近未来の地球。
地球規模の異常気象や環境破壊による世界的な食糧難により、人類は滅亡の危機を迎えていた。
元宇宙飛行士でありエンジニアのクーパー(マシュー・マコノヒー)は、家族ととうもろこし農場を営んでいた。
ある日娘マーフの部屋で起こる不思議な現象に導かれ、解体消滅したはずのNASAの秘密裏なプロジェクトの存在を知るクーパー。
かつてのNASA の仕事仲間、ブランド教授(マイケル・ケイン)により知らされたそれは、土星近くに現れたワームホールを通り、人類移住の新天地を別の銀河系に探すというプロジェクトだった。
通称「ラザロス計画」
ブランド教授から未来の子孫の為に計画に参加するよう促されたクーパーはそれを承諾。
マーフに必ず戻ると約束し、ブランド教授の娘アメリア(アン・ハサウェイ)らと共に一路宇宙へと旅立つのだった。


interstellar
なんて~か、もう、凄ぇ・・・としか言い様のない宇宙の映像


interstellar
超理系(間違いないでしょ)ノーラン監督のイマジネーションにただただ脱帽


喉風邪?なにそれ、美味しいの? やっぱ観に行ってしまいましたとさ。
滅亡する地球から人類を移住させる星を見つけるために、お父さんが頑張るという近未来SF。
「バットマン・トリロジー」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督のSFオタク脳をいっぺん見てみたいと思わせる壮大なSF超大作「インターステラー」を観てきました。
正直、若干不安だったんですよね、理解できるかなぁぁって。 
高校の時に物理が赤点ぎりちょんだった、この究極文系脳みそのみーすけに、ワームホールだのブラックホールだの重力だの、ついていけるかしらん?って。
だいじょぶ!ぐっじょぶ!OKです!


interstellar
だからSFオタク言うなよ(怒)


温暖化や環境破壊で食料難になり、軍もNASA系機関も存在しなくなった遠くない未来の地球。
人々は乾いていく地球で何とか栽培できる穀物を糧としながら生きながらえています。
マシュー・マコノヒー演じるクーパーは農夫としてトウモロコシを栽培して亡き妻の代わりに二人の子供を育てるシングル・ファーザー。
近未来系映画であるあるの荒廃した世界の状況が語られて、「またもや地球は潤いがない未来なんだ」 って悲しくなる。
異常気象で作物の伝染病が流行り、少ない食物の為世界的に人口も激減。
軍やその他諜報機関なんかもその存在意義がなくなり消滅してしまってる世界なんて、ちょっと想像が難しい。
でも実際問題、未来の地球は生き残った人々が食べることだけに一生懸命になっている世界として描かれてます。
農業万歳! 元宇宙飛行士なんて使いどころがなくって、クーパーもただの農夫として生活してるんです。
うん、マコちゃんが宇宙飛行士ねぇ・・・だったので小汚いデニムでうろうろしてる方がキャラ的にはマッチしてたな。


interstellar
元宇宙飛行士だけど、農夫NOWなマコちゃん。  バカ!てめ、俺、インテリだっつーの!


わりと凄い展開で宇宙へ行く事になるクーパーなんですが、その辺り「強引だなぁ」なんて思いながら観てたら、それもまた新たな展開の布石だったって事が後で分かるんですよ。
突っ込みとかね、しちゃいけないの。だってSFってさぁ「サイエンス・フィクション」じゃん。
そうなのよ、全てはノーラン監督の頭の中にある事を いかに映像で、観せられて、魅せられるか。
正直何で土星の横に ワームホールがあって、どうやって違う銀河に運航できるのかとか、相対性理論、時間の相違、タイムラグ・・・。
セリフの中で説明されても 元物理赤点ギリみーすけにはなんのこっちゃでした。
でも、「あ、そ~ゆ~もんなのね」って思ったらちゃんと物語はスッと入ってくるんだ!
文系の想像力なめんなよ!←強気

interstellar
え~と、これはいわゆるブラックホールです・・・確か・・・こっからどっかに行けます。


なんで詳しいサイエンスの知識がなくてもちゃんと、凹まず観れるかというと、やはり役者の魅力です。
最近富に思うのが、やっぱり映画って役者の魅力的な演技あってこそだなって事。
脚本が面白ければOKなんだけど、そこに素晴らしい演者たちの表情や言葉やしぐさが加わり、映像に血や肉や息使いを感じる。 すると、より映画が生き生きとこちらに語りかけてくるんですよね。
それプラス映像の素晴らしさがあったらもう怖いもの無しではあ~りませんか?!

interstellar
「きみ上手い事言うねぇ、おじさんもらい泣きしちゃうよ」    マコちゃん感激中


本作、新たな銀河への新天地を探すミッション映画ではありますが、根底にマコちゃん演じる父親の娘や息子に対する愛情が溢れまくるという、心に響くウェットSF映画なんですよ。
NASAの宇宙飛行士よりも農夫が似合うマコちゃんの配役に 「ふ~ん」と思ってましたが、やはり間違いはないですね。
オスカー受賞役者、マコちゃんの演技に涙腺直撃されちゃって、うるうるしちゃいましたもん。
あ、はい泣きやすい傾向の人間ではあるけどさ、そこはスルーでよろしく。


共演はこちらもオスカーゲットのアン・ハサウェイ。 信念を持ち、だけど可憐な科学者アメリアを好演。
彼女のショートがこれまた可愛くて!! また髪を切りたくなった・・・ええ、アン・ハサウェイにはなれませんがね。
分かってますって、ほっといて!!
人類の未来を憂い、でも一人の女性としての切ない気持もあり~ので、もうこのあたりは安パイ演技でしょう。


interstellar
「髪切っても わたしにはなれないわよ~~?」    分かってっけど!!


で、安定のノーラン組からマイケル・ケイン様。
彼には今回後述で萌えパートを担ってもらうので とりあえず画像ぺたりで

interstellar
んあ? そ、そんなあっさりと!


地球に残され成長し、NASAでばりばりやってる娘マーフにジェシカ・チャステイン。
彼女も映画によって全く雰囲気が変えられる稀有な女優でしょう。
今回はオスカー・ノミネートされた「ゼロ・ダーク・サーティー」ばりの強く、しかし脆さを感じさせる娘マーフを演じてます。
はぁ~、やっぱ上手い。上手いよ、それしか言えないよ。
個人的にわたくし、彼女の役で一番好きなのが「ヘルプ ~ 心がつなぐストーリー~」のちょっと残念な緩い南部の女性。
美人だけれどKYで意地悪な主婦たちの標的にされ、仲間はずれされた女性を演じてたジェシカ。
独特の訛りや緩いんだけど悪意のない天然KYな感じが本当にとても可愛かった。
「ゼロ・ダーク~」で別人かと思ったもん。 役によってカメレオンのようにその印象を変えられる役者は間違いなく名優ってことですよね。
彼女の赤毛も羨ましいなぁ・・・。


interstellar
「髪ヘアカラーしても わたしにはなれないわよ~?」  っだ!!分かってるってば!!


立派な農夫になってる息子トムにケイシー・アフレック。
ケイシーがビッグ・バジェット・ムービーに出てるとなんか不思議(笑) 
最近ますます兄ちゃんに似てきたケイシー。 でも兄貴にはない独特の匂いがあってやっぱケイシーいいわぁ。
インディーズ臭なのだけどね、でも彼の今の立ち位置ってとても貴重だと思う。
素敵な役者さんに成長しましたね~。
童顔だけど、役によって善人にも悪人にもすっと入れる彼の演技力は貴重です。
兄ちゃんよりリーチのない背と顎だけど、演技では上を余裕で行ってます。 


interstellar
褒められてる・・・でも演技で上行く事は兄ちゃんにはショナイで・・・。


今回超ふわっとした知識しか入れてなく(最近映画を観る前のスタンスは常にこれ)後半出てきたビッグなキャストにビビった。
pu-koさんが言ってたのってヤツのことだよね?
びっくりして、んでわたしも笑えました。 
お前ぇいきなり出てきてどしたん?!って(笑) 非常にふくよかでしたし・・・。
で、こいつが大概にしとけよな・・・ま、いいや。 観てのお楽しみです!
あ、でももう情報かなり漏れてるので、みんなキャストの事分かってるのかな。
知らないで観てたら、かなりびっくりして楽しめるので、未見の方予備知識少なめで観てみてくださ~い♪


で・・・。
褒めてますけどね、ちょっとディスりの部分もありで。
ぶっちゃけ、長ぇな。
ビックリキャストの下り、本当に必要だったのか?
あと、もう少しかいつまんで2時間ちょいぐらいにしたら中だるみしなくて良かったかも。
トイレに立つ人が多かったんですよね。 「タイタニック」並み。
しかもだらだら通路を歩くものだから、そっちに気が散って「てめ、屈んで早歩きしろよ!」と舌打ち出ちゃったよ。
シネコンてマナー悪い観客が多くてやんなりますよ。 
宇宙の静かなシーンでせんべい食うな! とか、コンビニ袋のガサガサ音も気になったり。
ああ、文句野郎になってしまった、いかんいかん・・・。



トイレもキレイに使って欲しいの・・・


・・・・てな訳で。
若干長めの上映時間ではありますが、人間ドラマがしっかりと描かれているし。
何よりもノーラン監督のイマジネーションの凄さにただただ圧倒されます。
クライマックスの五次元世界の描写は、「インセプション」の圧倒的な建物がひっくり返る映像を彷彿とさせるし。
でもモチーフが本棚だという、なんとも温かみのある素材で。
いえ、正直エンディングの展開に 「え?マジ?それあり?」って若干引きぎみになりはしましたが。
かなり強引なオチかもしれない。 でもOKなんだよな。
それもこれも監督の溢れる想像力のたまもの。 
突っ込む前に いかに頭の中を映像化しているか、そちらに感動してしまうんですよね。
それに、もしこの地球が荒廃するような事態になったとしても、けしてネガティブでない展開があるはずとプラスに思えるエンディングが心地いいのです。
と、超文系脳みーすけは感じましたの、うふふ。


えっと、今回の萌え部分。 誰得?俺得!パート。
今回は「THE 英国役者」の重鎮。

interstellar
あ、俺押しパート♪    いい顔で笑ってますね♡

マイケル・ケイン、好きなんだなぁぁ♪
1933年生まれだから 軽く80超えで ビッグ・バジェットからインディーズまで その仕事を選ばない姿勢は本当に役者として素晴らしい。
3つ違いのサー・ショーン・コネリーが「俺 脇役やだもん」っつって引退して久しいのに(あ、でも個人的にはなにも否はないのよ♡)盟友ケイン様はいまだ現役でがんばっております。

王になろうとした男
なかよし♪


この人の独特のチャーミングさって映画の中で大きな役割を果たしてると思う。
その出生の素である「英国」を匂わす役でも、消している役でも、マイケル・ケインが出てたら 安心して観れるもん。
現役バリバリで リー様みたいに90超えても頑張ってほしいな~。
てか、マイケル・ケインとショーン・コネリーの書きかけ記事が倉庫から出てきたわ。
きっとパソコン不具合でどこかに行ったのが若干サルベージされてたのね。
うふふ、わかったよ、続きをまた書くよ・・・。


んで 何の脈絡もなく ファスです・・・
ごめんなさい、若干ファス不足だったので・・・。

Interstellar
っしゃ~~!! ただ働き!!!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : マシュー・マコノヒー

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ