『ジュラシック・ワールド』 ジュラワーへようこそ!

『ジュラシック・ワールド』(2015)アメリカ
原題/Jurassic World
監督/コリン・トレボロウ
出演/クリス・プラット  ブライス・ダラス・ハワード  ヴィンセント・ドノフリオ他


Jurassic World


イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の事件から22年。
施設ごとマスラニ社に買収されたパークは最先端のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」としてオープンを果たし、観光客でにぎわう高級リゾート地として大成功を収めていた。
しかし更なるビジネスの拡大のため新アトラクションの目玉を模索する社長は、開発部に史上初の遺伝子操作による新種恐竜開発を促していた。
そして、生まれたのがハイブリッド恐竜インドミナス・レックス。
パークの責任者クレア(ブライス・ダラス・ハワード)はインドミナスを飼育している防壁の耐久性を図るため、ラプトルの調教師として働く元海軍兵士オーウェン(クリス・プラット)と共に飼育ブースへ向かったのだが・・・。


Jurassic World
ようこそ!! ジュラパー 改め ジュラワーへ!


Jurassic World
この扉の向こうに 夢の恐竜アトラクションが・・・


Jurassic World
こちら水槽エリアでは餌付けショーが御覧になれます。


Jurassic World
草食恐竜たちと夢の併走。 この乗り物は超安全でっす!


Jurassic World
島ごとアトラクションなので こんなサバイバルゲーム風な事もできま・・・あれ?


Jurassic World
運が良ければラプトルとのカバティもでき・・・って んん?


Jurassic World
これあかんやつや!!!


Jurassic World
死亡フラグ


・・・・とまあ、こんな感じの映画です。
実はこの『ジュラシック・パーク』のシリーズ、映画館で観たのは最初の1本だけです 申し訳ない。
残りもビデオで一回とか・・・かな? テレビの吹き替え・・・かな?
この映画、要はCGの技術によって いかに恐竜がリアルに人々を襲うか?!
な映画なわけですよね。
で、大きな画面で迫力ある映像と音で「うへぇ!!デカい!」 って思うそーゆー映画なわけですよね。
うん。
だからもう、ストーリーがどうとか、人間ドラマがどうだとか、二の次三の次なんですよね基本。
そのような重厚なドラマをこの映画に求める方が悪いんですよね。
それなのに、えへへ、みーすけってばバカだなぁ、てへぺろ♪

ええ、恐竜凄いっすよー。
遺伝子操作で生まれたハイブリッド種のインドミナスは知能も発達してるし擬態までするからね!
ホント迫力あったわー。
ええ。


・・・この際、はっきり言っちゃうと、

はい爆弾投下ーーーー!!!

正直クリス・プラット出てなかったら寝てた。


Jurassic World
このようなイケてる飼育員さんによるラプトルの調教ショーが見れます♡


まーねー、アトラクションの恐竜が暴走して観客が襲われるぜ!な流れはデフォルトなんで、如何にその凄さを味わうか?ってのがメインだってのは分かってるし、それを楽しむための映画だからね。
アクシデントまではパークの凄さと生きてるような恐竜の映像を思いきり堪能してればよろしい。
そう、そうなのです。

嗚呼、もーねー、スミマセンねー、眠かった。
わたしやっぱ向いてないわこの手の映画。
いえ、決してつまらない訳ではないんですよ。
映像凄いよー!
でも、もう恐竜に追いかけられる云々に飽きちゃってるのかもしれねーなー俺。



あーあー安全な乗り物ぶち壊れ


お子様や、恐竜好きや、迫力の映像をお望みの方なら文句なく楽しめますよ!
いかにしてハイブリッド恐竜から逃げようか?!というハラハラドキドキは凄いしね、パーク内が修羅場になって逃げ惑う観客を襲う翼竜の鬼畜感とか手に汗握ること間違いなしです。

眠い。


お土産にTシャツはいかが?


叔母であるクレアのお陰でVIPパスをゲットしてパークを楽しむ少年二人が危険な目に合うのも、もはやお約束過ぎて早く恐竜出てこいやーー!
ってのも言ってはいけない。
もちろんそれを救うのは、ガッチリと鍛えた体を披露するクリス・プラットだもんね!
クリプラがんばーー!でやっとこ目が覚めたわ。
はい、申し訳ありません、わたくし役者至上主義な偏り映画ファンです、すみませんすみません。



ヒールで爆走するクレア。 ワシにはりーむー。

ガシガシとハイヒールで恐竜から逃げ惑うのが話題のクレアを演じるブライス・ダラス・ハワード。
久しぶりですな。
あー、えとねーごめんねーみーすけこの女優苦手。
なんか分かんないけど、苦手。
あ、『ヴィレッジ』の無垢な彼女は良かった。
嫌いじゃないよ!ちゃんと出演作品観てるよ!
でもごめんねー苦手。



てめー、ディスるなよ


何か誉めよう。
あ、クリプラカッコいい!
真面目なんだよクリプラが!
元兵士役の癖に、ラプトルと心を通わせたりするんだよ。
マジか?マジだよ。
動物や恐竜と心を通わせるオーウェンの活躍に惚れ惚れですから。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ですっかりファンになっちゃったクリス・プラット
ビッグになりましたねーホント。
でも個人的にはもう少し遊びが入った役の方が好きかな。
でも可愛いのでオケーッス。
『ウォンテッド』でヴォイ先生にキーボードで殴られていたチョイ役も今は昔。
ビッグ・バジェットに出演するために、日々お腹を凹ませるように頑張って鍛えて戴きたい。



ヴォイ先生パーーンチ!!ゲスな同僚なのに憎めないキャラであった


夏休み映画としては文句なく楽しめるし、デートムービーとしても最適です。
大きな画面で観ないと意味無いもんね。
劇場で観たら寝ないよ大丈夫!
お金がたっぷりとかかった迫力の恐竜バトル・ロワイヤルをお楽しみ下さい。
え?んんん、みーすけはシリーズを映画館で観るのはこれが最後かなぁ。
あ、でもファスが出るなら観る。出るわけ無いね、ふっ・・・。



ラプトル軍団と一緒にツーリングだ! 嘘。



あ、そうだ、パーク内には「微笑みブタ」もいますよ♪

Jurassic World
もー、微笑み豚はやーめーてー!!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : クリス・プラット

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ