『ナイトクローラー』  ジェイク 、すげぇ....

『ナイトクローラー』(2014)アメリカ
原題/Nightcrawler
監督/ダン・ギルロイ
出演/ジェイク・ジレンホール  レネ・ルッソ  リズ・アーメッド  ビル・パクストン他





アメリカ、ロサンゼルス。
仕事にあぶれ、盗品転売などで日銭を稼いでいるルイス(ルー)・ブルーム(ジェイク・ジレンホール)は、その夜盗んだ工事資材を売った帰り道に偶然事故現場に遭遇する。
そこで事故の報道スクープを専門に扱う映像パパラッチの存在を知ったルーは、自分もやってみようと思い立つ。
盗んだ自転車を売りビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受し事件や事故の現場に駆けつけ、悲惨な映像を次々と撮影していく。
彼の映像はローカル局でニュース番組を持つディレクターのニナ(レネ・ルッソ)の目に留まり高額で買い取られるのだった。
映像が過激であればあるほど高額な報酬を手にできることでルーの行動は段々とエスカレートしていき、とうとう超えてはいけない一線を超えてしまうのだった・・・。


ナイトクローラー10
誰よりも先に現場へ行き事故現場を映すルー


ナイトクローラー
ルーの画像を気に入り、もっと過激なモノをと要求するニナ


ナイトクローラー
過激さへの要求がどんどんと膨らみ、それを止めるものは無く・・・


事故や事件現場の過激な映像を写し、それをメディアに売りつける事で高額の報酬を手にする報道パパラッチの姿を通して、視聴率至上主義なマスメディアの底知れない薄暗さと、それに翻弄される人々を描いた本作。
『ボーン・レガシー』などの脚本家ダン・ギルロイの長編監督デビュー作で、その脚本は今年のアカデミー脚本賞にノミネートされていました。
ジェイクの演技が凄いぜーって話題で、早く早くと心待ちにしていたんだけれど、やーーっと公開です。
いやぁー、ふふふふふ、薄気味悪くダークで超シニカルなこーゆー映画、す、好きよ!!


ナイトクローラー
報道ド素人の男が金目当てに過激な映像を追う


舞台はロサンゼルス。
ジェイク演じるルーはまともな仕事に就くことなく、日々窃盗物を転売などして生活費を稼いでいる男。
映画の冒頭、工事現場で金網を盗んでいるところを警備員に見つかって職質されるのだけれど、殴り倒して時計を盗むようなどうしようもないクズ。
そんなルーがたまたま出くわした事故現場で映像を撮影しているテレビクルーを目撃するんですね。
人が亡くなるような事故現場で嬉々としてカメラを回す報道パパラッチをじっと見つめるルー。
「儲かるのかな?」の質問に「んな分けねーだろ」と応えるパパラッチ。
でもルーの目はギラギラしてるんですよ。
『いいのも見ぃつけた』って顔。
ずーーーっと口元が笑ってるのに、目が笑ってないルー。
き、気持ち悪ぃ・・・。


ナイトクローラー7
10キロ近く体重を落とし、常に空腹状態でルーになり切るジェイク


事故現場の映像で金儲けができると知ったルーは早速ハンディカムと警察無線の傍受機器を購入。
見よう見まねで事故現場の撮影を始めるんですね。
ビギナーズラック的に撮影できた過激な映像が、たまたまローカルテレビ局で買い取ってもらう事ができた為、これはイケル!と。
番組ディレクターのニナに「もっと過激なモノを」と煽られ、ルーの報道映像はどんどんエスカレートしていく事になるんだけれど・・・。


ナイトクローラー
あんたいい目利きしてるわね、頑張んなさいよぉ。  ニナの煽りに乗っかるルー



金のため?趣味なんじゃねーの?と思わすルーの行動。


視聴率の為なら多少の倫理感なんてどうでもよくなるマスコミの醜さとか薄汚さを描いているのだけれど、それより何よりまず。
うへぇ!ジェイクすっげ気持ち悪ぃぃ!!です。
脚本を読んだジェイクはルーのギラギラしたハングリーさを表現するために、耐えず空腹で過ごし、体重を10キロ近く落としての役作り。
見た目もキャラも、ルーあんた病んでるね!だった。
ルーが『タクシードライバー』のトラヴィスと比較されてる記事を読んだんですけど。
なんかねー、ある意味トラヴィスより、本作のルーの方がタチ悪くて、気持ち悪さも上だよ上!
トラヴィスが戦争体験からくる後天的な社会病質者だとしたら、ルーは何やら生れながらの精神障害=サイコパスな感じがした。
1.日常的に法を犯したり、2.嘘をついて他者を騙し、3.衝動的で攻撃的で 4.他者の安全性について考慮が無く、5.無責任で計画性がなく、6.良心の呵責や罪悪感がない。
上記、3つ以上あてはまると反社会性パーソナリティ障害と定義されるらしいのだけれど、ルーは正にこれ。


ナイトクローラー
まあ、どっちもどっちですけど。


ルーの画像を買い取り、何かとアドバイスをするディレクターのニナ。
レネ姐さんが目回り真っ黒クロスケなメイクで迫力。
当初はルーをハンドリングしているニナなのだけど、段々とルーの手中に堕ちていくかの様。
視聴率を上げるためには、手段を厭わないマスコミの黒さより、真性のルーの底深い黒さの方が上だという皮肉さと恐さ。
仕事だけでなく、私生活でも体を要求されるエピソードが入るんだけどね、そのものズバリの映像無いのにルーの要求で何だかとんでもないことやらされてる感が会話から溢れてて、ただただルーが気味悪いんだよー。



翻弄される熟女。レネ姐さんマスカラすぐに無くなりませんか?


報道に対する思い入れなんて欠片もないルー。
運とタイミングがよければ事件や事故の現場にいち早く到着し、視聴者の喜ぶ流血や残忍な現場の映像を独占して撮すことができる。
それのみに夢中になり、仕事に勤しむルー。
被写体が瀕死であっても、死亡していても、ルーにとってはただの飯のタネ。
彼の感情の無い死んだような目の表情や態度でそれが分かり背中がぞくぞくするほどの薄気味悪さを感じる。
ジェイク凄ぇぇぇぇ。
も、それしかない。
悪夢に出てきそうなジェイクの顔がーー!
痩せたことで、ただでさえ大きな目がホラー映画のキャラみたいで。
感情の起伏も分からないし、やたらと小難しい理論を垂れ流すルーの動向にあわあわとなります。
こ、怖い!!



ぶちギレルー! 顔芸が凄すぎて・・・


自分の目的の為なら、同僚や同業者を陥れることなど何とも思わないルーのメンタルは正にサイコパス。
ジェイクが肉付けしたキャラの恐ろしさにただただ圧倒されるんだから。
はぁー、ジェイクってばそろそろ賞とか取るステージに上がる頃合いだね。
痩せたり体系変えたりも凄いけど、この人の演技力はやっぱ ぱないわ!と実感しました。
観終わったあとに、ジェイクのメンタルがちょっと心配になる本作。
すげーー面白いので、観て観て!!



普段はこーんなに可愛いのに



役が入るとこんなにキモい!


観賞後、無性に可愛いジェイクが見たくなったよ。
んで、↓この写真。





ネタが好きすぎて、SNSとかでも落としたけれど、このハッピージェイクよ♡
何をそんなに嬉しそうに食事してるのよ!噂によると1人の食事らしいぞ。
なんて幸せそうなんだ!!
てゆーかジェイク何か盛られてないか?
可愛いけれど、若干心配になったりして。




あと正反対なサッドキアヌも貼っておこう。
これあまりにも大勢にウケ過ぎてフィギュアまで出てます(笑)
そんな悲しきキアヌ、話題の新作『ジョン・ウィック』はもうすぐ公開! これはかなり面白いとアメリカで評判だったのでちゃんと劇場行くからSADは止めれよキアヌよ。



ちんまり


もひとつおまけにロンリー・ファスを貼りましょう。
一人飯食う美しい背中と 胸騒ぎの細い腰付き♥
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ジェイク・ジレンホール

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ