『リリーのすべて』 アリシアちゃんを愛でる

『リリーのすべて』(2015)アメリカ=イギリス=ドイツ
原題/The Danish Girl
監督/トム・フーパー
出演/エディ・レッドメイン  アリシア・ヴィカンダー  ベン・ウィショー  マティアス・スーナールツ 他


リリーのすべて


1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィカンダー)の描く肖像画の女性モデルの代役をさせられる。
ドレスに触れたアイナ―は自分の内面に女性の存在を感じ取る。
女装のアイナーにお遊びで名づけた「リリー」という存在。
しかしアイナ―の中で女性性「リリー」はどんどんと成長していき、加速していくのだった。

リリーのすべて
女性になっていく夫と戸惑いながらもそれを支える妻の愛情

春ですね。
またもやご無沙汰してました。
ちょっと公私とも忙しくしていたら、体調を崩してしまいましたとさ。
みなさん、安静と休養とリフレッシュは大切ですよ~。
でもね、映画は観てんだよね~、映画ファンの業だね こりゃ。
「病んでもおバカ文章垂れ流してる」と軽くスルーで願います。



世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人の画家アイナ―・ヴェイナー(リリー・エルベ)と、彼を支えた妻ゲルダの物語。監督は『英国王のスピーチ』のトム・フーパー。
トランス・ジェンダーとして苦しむ主人公アイナ―を演じるのは昨年ホーキング博士を演じてオスカー主演男優賞を獲得したエディ・レッドメイン。
妻ゲルダを演じたアリシア・ヴィカンダーは見事今年のオスカー助演女優賞を獲得。ファスの?ハートもがっつりホールド中のようで、えーえーもー羨ましい限りですなぁ~・・・。




ある日ゲルダの描く人物画のモデルがキャンセルしたために、急遽アイナ―が代役を務めることに。
繊細なパンストを足に通し、ヒールの華奢なパンプスに足を入れる。


リリーのすべて
モデルしなさい! うぇー?


大股開きで椅子に腰かけ何となく居心地悪くゲルダを見つめるアイナ―。


リリーのすべて
これこれ、これ当てて!

そんな彼の胸元に繊細なレースのチュチュを押し当てポーズを取れとせがむゲルダ。


リリーのすべて
あれ?なにこれ?どーしたの僕??

ドレスを胸に当て、ポーズを取るアイナ―の中に言い知れぬ感覚が溢れる。
ぞわぞわと体中を満たす説明できない快感。
うっとりとレースを指先でなでる恍惚とした表情。
「あ、興奮してる・・・」
戸惑う仕草、ため息、流し目。
アイナ―が自分の中の女性性を自覚した瞬間です。


リリーのすべて
自分の中に生まれた女性性に戸惑うアイナー


一度スイッチが入ると、「リリー」と名付けられた女性性はどんどん成長していく。
ちょっとした所作や表情、目線でアイナ―の内面の変化が伝わってきて、ん~やりおるなぁコイツって感じ。
エディ君、さすがのオスカー演技。
どんどん成長するリリーに戸惑い、しかし男としての自分の体に拒否感を感じてしまうアイナ―。


リリーのすべて
男装(?)してる方が女性らしく見えちゃうエディくん


全裸を鏡に晒し、「違う!そうじゃなーーい!!」と「あれ」やっちゃいます。
あれ=『羊たちの沈黙』でバッファロー・ビルがやってた「女の子ごっこ」。
あー、やっちゃうかぁ~それ、そーか、う~ん、切ないね~。
けどその切なさがちょっとイタい。
下手したら苦笑が出そうで、でも彼の必死さは伝わり、ますますやるせないけど。
ベン・ウィショーが「リアル」に演じるヘンリクにトキメくものの、女性として受け入れてもらえない事にショックを受けたり、ゲルダの下着を付けていたしちゃう、何?プレーか?みたいなセックスに異様に興奮したりとかね。


リリーのすべて
リアル・ウィショーが見れます。


ちょっとねー、レイトショーだったので、観客少なくて反応薄かったけど、演出的に若干やり過ぎ感ありかも。
か~な~り~居心地悪かった。苦笑も漏れそうになるし。


リリーのすべて
あ!わたしの下着着けてる! ……うん……


しかしこの居心地悪さや軽い拒否感が、自分の中に根付く差別感なのかなと自分を顧みたりして。
色々あれこれ考えちゃったなー。そんで体調崩したんかなー。違うか。


リリーのすべて
可愛かった!とにかく可愛かったアリシアちゃん!!


いや~しかし本作は何が凄いって、ゲルダを演じたアリシア・ヴィカンダーがホントすんばらしーのよ!
若干色物が入っちゃったエディ君のオスカー演技を向こうに回し、映画の骨組みをしっかりと支えるアリシアちゃんの存在感の凄さよ。
少し浅黒く見える(エディくん真っ白だかんなー)艶々の肌と、小ぶりなおっぱいで、全くグラマーではないボディなのに、めちゃくちゃキュートでたまらなくセクシーな裸体と鼻筋がしっかりした造作の大きなエキゾチックな顔。
ころころと変わる表情が可愛くて可憐で、しかし力強い意志を持った瞳が印象的なアリシアちゃんの存在感があってこその映画だったなーと思います。
愛する夫がどんどん女性になってしまうという、ある意味恐怖な。
愛しあってるけれど、その愛を確かめる大切な手段であるセックスができない。
しかも躰を重ねる以前に触れあっていた心までもが離れてしまうかもしれないという不安感。
アイナ―がリリーになっていく姿を見つめ続けるゲルダの苦悩やと愛の変化を演じ切ったアリシアちゃんの演技はオスカー受賞は納得。


リリーのすべて
受賞式のドレスも可愛かったなー


ファスとアリシアちゃん
これな!ファスとの公開ちゅーな!


アリシアちゃん、みーすけ的にはここ一年で彗星のように現れた感じが強くて。
最近観たカンバーバッチのウィキリークスの映画にも出てたな。可愛かった、めちゃめちゃ可愛かった。
しかし可愛いだけでない確かな演技力、キュート、セクシー、しかも脱ぐのも辞さないヨーロッパ女優らしい演技への真摯な姿勢は今後、ますますの活躍が期待されるところ。

なんかも~、今年のオスカーでのファスとのイチャイチャアツアツぶりが幸せそうでもーもーも!!
さっさとくっついて、至高の遺伝子遺してよ!!と思う。思うしかない!


リリーのすべて
GG賞でのオフショット。手ぇ繋いでますがな!!

さて安静にするっちゅーの。
おやすもなさい。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : アリシア・ヴィカンダー

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ