『手紙は憶えている』なんかもう、色々と辛い

『手紙は憶えている』(2015)カナダ=ドイツ
原題/Remember
監督/アトム・エゴヤン
出演/クリストファー・プラマー マーティン・ランドー ブルーノ・ガンツ 他



Remember



認知症を患いながらナーシングホームで暮らす90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)は、ホーム内の友人マックス(マーティン・ランドー)から1通の手紙を託される。
2人は共にアウシュビッツ収容所の生き残りで、手紙には彼らの家族を殺した元ナチス兵士が潜伏している情報が記されていたのだ。
体が不自由なマックスの願いを受け、ゼヴは単独仇を探す復讐の旅に出るのだった。



戦後70年、1通の手紙を頼りに家族を殺したナチスを探す復讐の旅に出る老人の執念を『スウィート ヒアアフター』や『デビルズ・ノット』のアトム・エゴヤン監督が描いたサスペンス・ミステリー。


Remember
朝目覚める度に妻を探すゼヴ。切ない……💧


老人ホームで暮らすゼヴは認知症を患っていて、妻が亡くなったことさえ忘れてしまうほど。
そんなゼヴが同じホーム内で暮らす友人のマックスから手紙を受け取ります。


Remember
ほーれほれ、これちゃんと読みなはれ。 ふぁぁ


そこには一人の元ナチス兵士が「ルディ・コランダー」という名前で身分を偽り、北米に隠遁している調査情報が記されていたのです。
実はゼヴとマックスはアウシュビッツの同じ収容所の生き残りで、ナチスは彼らの家族を殺した張本人だったのです。
該当者は4人。
車いす生活で歩くこともままならないマックスの意志を受け、混乱する記憶と手紙に記された情報だけを頼りにゼヴは単独ホームを抜け出し仇を探す旅にでるのですが……。




本作、ミステリー要素が大きいのでこの間の『ザ・ギフト』同様あれこれ書けない。困る💧
とりあえず、なんちゅーか、もー非常に辛い、しかしグッとキた映画でした。


Remember
始終フラフラしていて、もーホントに心が痛い💧


まず、大好きなクリストファー・プラマーが、認知症で記憶がままならないおじいちゃんを演じているのが非常にいたたまれない。
『初めてのおつかい、おじいちゃん版』状態ですよ。
認知症が進んでいるゼヴは一度寝ると、寝る前にやってた事とか状況とかを忘れちゃう。
だからマックスは手渡した手紙に、ゼヴの妻が最近亡くなった事、何のためにホームを出て旅をしているのか、仇が住んでいる場所までのルートやスケジュールまで事細かく書いているんですね。
遠距離ツアコンすげぇ。


Remember
マックス、ワシここで何してるんかいのぉ??


マックスの指示通り行動しているゼヴ。
途中列車で眠ったりホテルでお風呂に入りながらうたた寝して、目覚めるたんびに記憶が飛んでる。
自分の状況が分からず、亡くなった妻を探し名前を呼び、不安でおろおろしているのが本当に可哀想。
その度に手元にある手紙を読み、既に妻が亡くなった事や移動の理由を思い出します。
それが何度も何度も繰り返されるの。
ほんと残酷。


Remember
手紙を読み辛い過去を何度も反芻する残酷さ


アカデミー賞俳優プラマーさんの演技が真に迫れば迫るほどこちらの胸も潰れそう。
ホントによぼよぼで不安になっちゃうよ。流石の名演。


Remember
オフショットで目力あるプラマーさん見れて安心


共演のマーティン・ランドーもよぼよぼで、辛さを煽る。助けて。

Remember
年寄りメイク盛りすぎだよ💧💧


主要な二人がリアルにご高齢過ぎて色々危機感がぱないぞ。
あとブルーノ・ガンツさんも出てるもんね。
ベルリンの天使、ヒトラー、そして元ナチスとガンツさんも幅広い方だ。演技派ドイツ人の宿命かな。
今回ちょっとあっさりだけど、ある意味良かったよ。
きっとだってラスボスハマり過ぎてあれこれ辛すぎたと思うもん。


Remember
こうやって見るとガンツさん若い(あくまで主観)


候補が4人もいるってのがね~。
認知症の老人が本物の仇を求めてペンシルヴェニアの施設からオハイオ、そして国境を越えカナダアメリカと大移動するのが観ているこちらが消耗するって。
復讐に使用するため拳銃を購入したり、その拳銃をイミグレーションで如何に隠すかとか、ホテルに泊まったりスーパーでシャツ1枚買う事まで、病気のゼヴには壮大なミッションなわけですよ。


Remember
見ず知らずの人の所行っていきなり復讐とかってぇぇ


そうしてもちろん、仇候補との邂逅があるわけです。
記憶が曖昧なゼヴはぶっちゃけ何をしてるか分かんなくなる瞬間もあるし、その行動さえ手紙通りにしてるだけっぽいのがなんとも危なっかしくて。
はぁぁぁーーーー怖い!
そんな!
おじいちゃんが!!
復讐って!!!


Remember
はぁーもーやめたげて!!


エゴヤン監督はわたしの愛すべきプラマーさん演じるゼヴの危なっかしい行動を淡々と意地悪く突き放すように描く。
途中で出会う少年や小さな少女に話しかけるゼヴの優しい表情や声が堪らん。
もぉぉぉぉ、ゼヴの復讐、誰かやめさせてよぉぉって気持ちがヒリヒリしてしょうがなかった。
無垢にも見えるゼヴの歩みと美しく静かな風景に、しかしこちらの心はざわざわと不安に揺れます。


Remember
記憶がはっきりしたらピアノも弾けます♪


ゼヴの冒険(と言っていいでしょ)は、意外な展開を向かえます。
途中からなんとなく結末読めるって方いらっしゃるみたいですが、みーすけは只々ゼヴの旅の行程が不安で不安で、そっちばっか気になってて、驚愕展開にショックで暫し引きずってしまった💧


Remember
キリっとしてるプラマーさん貼っとかないとやりきれん


復讐への執念や過去への責任、犠牲、そんなことをあれこれ考えて暗たんたる思いに苛まれました。
そして戦争被害者の凄まじい執念。戦後70年経ち当時を知る存命の戦争体験者はどんどん減ります。
最近問題になっていた「ナチスの制服」問題とかね、なんでナチスはダメなんだ?っての勉強しないとね。
10代20代の若い人もアホな大人もね。
戦争の悲劇を風化させないよう繰り返し語っていくってとても大切な事。
更に全ての差別が行きつくところには悲劇しかないという事を、今後もちゃんと考えていかないと 自戒も込めて。


はあぁぁしかし辛かった。
辛かったので若き(つーても中年前期)プラマーさんが如何に天使ファスに劇似かって画像でも貼って癒されよう。
福眼福眼❤


Remember
はい!!どれがプラマーさんでどれがファスでしょう?



あ、ここでちょっとご挨拶を。

え~、普段からおバカな文章を垂れ流している当ブログですが、11月3日で開設から丸4年を迎えました!


わーーーーい♪ぱちぱちぱち!!!
この飽きっぽいわたくしが、更新頻度は下がったり上がったりありながらもここまで続けることができたのは、ひとえに温かいコメントを頂いたり、いいねをして頂いたり、直接やりとりすることはなくとも閲覧履して頂いている皆様あってこそ!
と、あとは自分の頑張りだな へへんwww
あ、いえ、いつもご愛読いただき誠にありがとうございます!


先日ブログ開設1回目の記事→『トランス』を読み直したんですが、記事の雰囲気、スタイル、画像のアホコメント等、全く今と変わらってないと言う。
揺るぎないみーすけ!言い方変えれば成長無しってことかあいたたた!
うう…こんなブログですが、これからもご愛顧お願いいたしますごろにゃん 媚媚。

では、さらば!!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : クリストファー・プラマー

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ