大波乱!!『第89回 アカデミー賞授賞式』

第89回アカデミー賞

アカデミー賞2017

さあ!まだ興奮も冷めやらない 第89回アカデミー賞授賞式!

ふわぁぁぁぁ~~~!!!
なんか凄かったね!
ライブで見たかった!
仕事中、デスクでツイッターと配信をこそこそチェックしてて、思わず椅子蹴倒して立ち上がりそうになりましたってば!
何があったかって、作品賞がぁぁぁ!!





最優秀作品賞は……
ウォーレン、なんでモタモタしてんの?早く言いなさいよ!
 『ラ・ラ・ランド』!!

ところが!!
んんん????




わちゃわちゃわちゃ
な、な、なんと!
発表後、スピーチ中にまさかの物言い???
なんとミスアナウンス!??
一転作品賞は『ムーンライト』へ!!
っつーか、レターひっ掴まれてウォーレン非常に気の毒なんですけど……💧


大~~~~どんでん返しっっっ!!



ウォーレン・ベイティーとフェイ・ダナウェイに渡った封筒が、まさかの主演女優賞、エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)と記載されたもので、混乱してるウォーレンから封筒奪ったフェイが『ラ・ラ・ランド』と発表しちゃったという……。

も~ライブで見たかった。
SNSでチェックしててもびっくりして振るえたし、pu-koさん他ライブ鑑賞の皆さんの絶叫がtwitterにどかどか落ちだしておかしいやら気の毒やら。何か凄かったwww


アカデミー賞2017
変なテンションになって、うっくっっ……
って、ゴズリン笑ってる場合じゃないってwww


まず『ラ・ラ・ランド』の関係者が非常に気の毒だし、せっかくオスカー取れたのに変な気を使っちゃった『ムーンライト』の皆さんも気の毒だし、「っち、年寄だから……」って多くの方に思われたウォーレンとフェイも気の毒~。

アカデミー賞2017
わちゃわちゃわちゃ……💧💧


なんとも歴史にも記録にも残る大失態なエンディング。
これで何人の関係者のクビが飛ぶのやら……怖い怖い。

どんでん返しのシナリオを描いた犯人は M・ナイト・シャマランだった……。
そんならしゃーないねwww

アカデミー賞2017
ナイスフォローだよシャマラン監督www


さ、そんな大波乱な第89回 アカデミー賞主要結果は以下


作品賞・『ムーンライト』

アカデミー賞2017
4月公開です!上映館増やしてね!!


監督賞・デイミアン・チャゼル(ラ・ラ・ランド)

アカデミー賞2017
最年少の監督賞。作品賞はまた次に!


主演男優賞・ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー)

アカデミー賞2017


個人的にはケイシーがぁぁ。嬉しい!
役者を志したきっかけがデンゼルだったとのスピーチにデンゼルもおもわずうるうる~~。

アカデミー賞2017
俺を越えて行け!


アカデミー賞2017
小汚なさ炸裂だけどさー、髪切れよー役作り?

アカデミー賞2017
んでも、兄ちゃんもマットも嬉しいじゃろう


主演女優賞・エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)

アカデミー賞2017


エマ嬉しそうだった~可愛い~。
エマ・ストーンで検索したら「エマ・ストーン 可愛い」って出るくらい可愛い!

アカデミー賞2017

ラ・ラ・ランドでの歌もダンスも最高だった。
おめでとーーー🌼


助演男優賞・マハーシャラ・アリ(ムーンライト)

アカデミー賞2017

だから4月公開、 重そうだけど、上映館増やしてちょー


助演女優賞/ヴィオラ・デイヴィス(フェンス)

アカデミー賞2017

大好きなヴィオラ・デイヴィスが助演女優賞獲得したの嬉しい~。
この方、演技の時の化粧っ気のない時と授賞式の時の別人感最高!

アカデミー賞2017
ほら別人だって!www

ブラックビュティー!ゴージャス!大好き!おめでとう!!


脚本賞/ケネス・ロナーガン(マンチェスター・バイ・ザ・シー)

アカデミー賞2017


脚色賞/バリー・ジェンキンス、タレル・アルビン・マクレイニー(ムーンライト)

アカデミー賞2017

……と、こんな感じの第89回アカデミー授賞式!
って、まだフルで見てないんだってーー。
これから字幕版をじっくり見ますん。
駆け足突貫記事でしたーー。

アカデミー賞2017
ゴズリンの笑顔がぴかぴかだったわ❤


アカデミー賞2017
これだから年寄りは……って言わないでね!!

ではらさば!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : アカデミー賞
ジャンル : 映画

tag : アカデミー賞 ケイシー・アフレック エマ・ストーン デミアン・チャゼル

『たかが世界の終わり』 初ドラン、正直しんどい。

『たかが世界の終わり』(2016)カナダ=フランス
原題/Juste la fin du monde
監督/グザヴィエ・ドラン
出演/ギャスパー・ウリエル ヴァンサン・カッセル マリオン・コティヤール レア・セドゥ ナタリー・バイ


たかが世界の終わり



若手作家のルイは不治の病で死期が近いことを家族に知らせるため長く疎遠にしていた故郷へ帰省するが……。



『Mommy』『わたしはロランス』等で高い評価を受けるカナダの若手監督グザヴィエ・ドランの新作。
第69回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した本作は、舞台劇『まさに世界の終り』を原作とした、ある家族の会話劇。



映画はギャスパー・ウリエル演じるルイのモノローグで始まります。
不治の病に侵され死期が近いルイはそれを家族に伝えるため12年振りに実家に戻る事に。
帰省は彼にとってある種苦痛である事が陰々滅々と語られます。


たかが世界の終わり
本当は帰省したくなかったルイ。


舞台は一転、ルイを出迎える家族たち。
久々に息子に会える事でうきうきとする母(ナタリー・バイ)。
生意気盛りの末っ子のシュザンヌ(レア・セドゥ)はそんな母に偉そうに口答えをする。
何が気に食わないのか不機嫌な兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)が始終カリカリと皆に噛みつき、そんな夫の様子をおろおろと窺う妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)


たかが世界の終わり
なかなか話を切り出せないルイ


家族と久しぶりに再会したルイはリビングに通され皆の会話に受け答えをしながら、病気の話を切りだすタイミングを計るものの、なかなか言い出せないまま日曜のランチが始まり……。



今回わたくし初ドラン。
天才と称賛される彼の作風はどんなものか、全く予備知識無しで鑑賞しました。
原作が舞台劇だけあって、とにかく会話、会話、濃厚な会話で映画が進む
役者の演技が堪能できるので会話劇は好き。
しかし本作は会話の内容が、ちょっと何というか、普段から彼らはこんな感じで生活してんのか?と……。


たかが世界の終わり
KY気味な母がルイに求めるものは?


まず母ナタリーはかなりマイペースで、12年ぶりに息子が帰って来たためテンション上がりまくり。
とにかく人の話を聞かずガンガン喋る。
第三者だと明るいお母さんでいーじゃない、かもしれないが、ちょっとかなりうざい。


たかが世界の終わり
反抗期真っ只中? 生意気な妹


末っ子のシュザンヌは12年前に出て行ったルイの事をあまり知らずとにかく憧れに似た感情を持っています。
しかし生意気盛りの反抗期なのか、母ナタリーに結構な暴言を吐く。怒鳴り、口答えをする態度が観ていてイラっとする。


たかが世界の終わり
感じ悪いにも程があるアントワーヌ


そして極め付けが、長兄のアントワーヌ。
こいつが輪をかけて態度が悪い。
皆の会話にことごとく皮肉や暴言を吐き、会話を遮り、雰囲気を壊し白けさせ、ホントなんだコイツは?と正直辟易します。


たかが世界の終わり
ちょっ、マジで黙れ。


妻のカトリーヌが一人皆に気を使い、夫の態度にオロオロし、初対面のルイ(兄の結婚式さえ欠席している!)と親しくなろうと会話するのに、それさえもアントワーヌは横から話の腰を折り、場をぶち壊す。
ちょっとホント映画なんだけどうんざりしちゃって、何でこんな不愉快な家族喧嘩を観ないといけないのかとチラッと途中退場を考えてしまった程。


たかが世界の終わり
モラハラ、DVに近いアントワーヌの仕打ちに耐える。


しかし、ぎゃあぎゃあ言い合いをし、揉めてたくせに、ちょっと時間が経つと「ランチよ~」との母の声に応えテラスで日曜の家族ランチが始まったりするんです。


たかが世界の終わり
さっきまでぎゃんすか言ってたのに……


うん、そうだそうだ、家族ってそんなもんだ。
声を荒げて喧嘩をしても、暫らく経つと普通に喋って笑ったりする(場合によるけれど)。
そんな事を考えながら前半のイライラを乗り切る。


そう、わたし的にかなり修行映画だったのですよ。
人が声を荒げるのって誰でも嫌なもんでしょ。特にわたしは男性が怒鳴るのが苦手。映画と分かっていても怖いし不愉快。
それがほぼほぼ全編に渡り続くってかなりの苦行。
なんだこの地雷な映画。


たかが世界の終わり
過去の想い出が次々甦る


ルイはゲイで、彼が家を出て戻らなかった理由がそこにあるような臭わせかたをしています。
ルイの昔の恋人が癌で亡くなった事をアントワーヌがついでのように伝えるのですが、何か含みを感じる。
癌ではなくHIVだったのかも。
ルイの病気もHIVに起因するものなのかもしれませんが、どれもこれも臭わすのみなので、行間を読み取るしかない。
ドランが語りたい事にそれらは特に重要ではないという事なのでしょうか。

たとえ家族でも合う合わないがあって、必ず分かり合えるとは限らないという事を言いたいのか。
まあそれはあるだろう。うん。
それに家族や恋人、友人、近しい人が居ても、人は死ぬときは独りになってしまう。そうも言いたいのか。
孤独感からは逃れられないものだという事を言いたいのか。

会話、会話、怒鳴り合い、喧嘩、それらが顔面どアップの映像でがんがん迫りくる圧迫感。
下手したら、過去自分が家族と喧嘩したりモメた時のイライラ、腹立ちがフラッシュバックしかねない。
『八月の家族たち』も似た題材で、毒舌家族の喧嘩にうんざりしながら観たけれど、息抜きの笑いが用意されていたしそこまで苦痛がなかった。
ベネちゃんのピアノ演奏ラブリーだったしね。

しかし本作は救いがない。
息苦しくて、ちょっといつまでこれ我慢しないといけないの?
辛い、しんどい~~……と。
でも、その感覚こそがルイの心情なのか!と気づいたとき、
「あ、映画に取り込まれてるんだ」と思った。
初ドラン、正直二度観たいと思わない。
でも記憶に残る作品でした。


たかが世界の終わり
せめて目の保養。タイプじゃないがwww

ギャスパー・ウリエルの憂いのある美しい顔は福眼。
暗いけど。
静かな演技も良かった。
マリオン・コティヤールの健気が服着てるみたいなカトリーヌの演技もさすがだし、レア・セドゥのシュザンヌはとにかく生意気さ爆発でこんな娘大嫌い!と思うのはそれだけキャラに血が通ってるってことか。


しかし何が一番刺さったかって、ハシビロコウみたいな顔したヴァンサン・カッセルの演技。
家族を押し付けられたと感じているアントワーヌはどうしてもルイを許す事が出来ない。
食事をしても、ドライブに出ても、二人で喋っても、最後の最後まで優しく対応できない。
彼の態度は観てて本当にイライラする。
クソむかつく。
なのに彼が弟を愛しているのは痛いほど伝わる。
母のセリフ「理解はできない。でも愛している」を、これほど演技で見せつけられたらもう何も言う事はございません。
ヴァンサン・カッセルやっぱ上手いわ。
だてに尖がった鼻してないわ。


たかが世界の終わり
一緒に胸が張り裂けそうになったよ。


白状すると鑑賞後は、かなり胸糞だったんですが、この日は天使ファスの『アサシン・クリード』の舞台挨拶の日で!
スマホにドカドカ落ちるファス情報で頭ぱーーーーんなって家に帰った頃は映画の胸糞感想飛んじゃってwww


20170222225030f04.jpg
ありがとーファスありがとー!!


でも数日経って、またじわじわと蘇ってるんですよね。
普通こういう事ってそうそう無い。
ドラン……恐ろしい子……。
好き嫌いは別としてやはり衝撃的だってことですね。
過去作観てみようと思ってます ハイ。
ではまた、さらば。
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ギャスパー・ウリエル ヴァンサン・カッセル

バレンタインに天使降臨……マイケル・ファスベンダー来日☆☆

ファスが来た!

マイケル・ファスベンダーが来た!!

マイケル・ファスベンダーが『アサシン クリード』のプロモーションで来日しました!!


ファス来日


明日、2月15日(水)開催の『アサシン クリード』舞台挨拶で、ファス本人がいらっしゃってるのにも関わらず「吹き替え3D上映」というなんだそりゃ?で、しかも六本木ヒルズ改装中によりレッドカーペットも無しという噂で、何その塩対応っちゅー残念な受け入れ態勢ですが配給の20世紀FOXに対しては今後の対応を色々(勝手に)考えるとして、とにかくファスです!!


本日成田着だったファスは日本側の残念な塩対応なんて全く意に介さず、フレンドリーでチャーミングな笑顔を振りまき、出迎えたファンの皆さんに優しい対応。


ファス来日

残念ながら本日の寝癖ピョコピョコの画像がありません。



天使!嗚呼ファス天使ファス……しかし、あいかわらず小汚ns@……wwwwwwゲフンゴホン
あいやー、ツムジ辺りの髪が寝癖か素なのかピョコピョコはねてて、あーー可愛い❤もーーー可愛い❤
髭モジャモジャでも可愛い❤
青いクリクリした目でニッコリしてる~🌼
ああああーーー
可愛い❤可愛い❤可愛い❤
ファスって実在してたんですね!
天使だけど見て触れるのね!


頭デカいやバランス悪いやって陰口叩かれてますが、実際のファスをご覧になった皆さんがおっしゃっているのが

顔ちっっっちゃ!!!!!!

と!!

ファス来日
バランス悪い? そー見えるだけです!ホントに!


もー、このファスは顔が小さい!というのを全国の方々に布教して回るのが取り合えずファス廃の努めであると。
んん、何言ってんのかなわたし。
はぁぁぁぁぁぁファス見たかった……。

では、本日ファスに会えない悲しみを胸に抱く全国のファス廃の皆様へ長めの『アサシン クリード』の第2弾トレーラーをどぞ。
うう……





そんな天使ファスがプロデュース、主演を務める『アサシン クリード』は
3月3日(金)3D/2D全国ロードショー です!!

さあ明日は舞台挨拶です。
もう仕事も生活も手に付きませんよ。
くそーーー。
会えなくてもいいから、同じ空気吸いたい~。
六本木でナイロン袋に空気詰め込んでこようかしら。
あ~~~ファスファスファス………❤


……っていうだけの記事です今回。
壊れましたワシ。
さらば!!
関連記事

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー

『ドクター・ストレンジ』魔術使いキテレツ先生

『ドクター・ストレンジ』(2016)アメリカ
原題/Doctor Strange
監督/スコット・デリクソン
出演/ベネディクト・カンバーバッチ キウェテル・イジョフォー ティルダ・スウィントン マッツ・ミケルセン 他


20170209184644bba.jpg


事故で両手先の神経麻痺になってしまった天才神経外科医スティーヴン・ストレンジは、機能回復のため遠くインドの地で魔術師エンシェント・ワンに弟子入りし、魔術の力を手に入れるのだった。


公開ラッシュ塗りつぶせ!
『アベンジャーズ』シリーズに連なるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のニューヒーローは元外科医の魔術師。
魔術師て(笑)
ま、鉄のロボット着て飛ぶ社長、人体実験で緑の巨人になる科学者、冷凍睡眠の100歳ハンサム童貞と神様まで出るんだから、いまさら魔術師が出てきても驚かないわ。


doctor strenge
ちーとは驚いてちょーよ


天才的な腕を持ちながら不遜で尊大でぶっちゃけやなヤツな外科医スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は事故で両手先の神経が麻痺してしまう。


doctor strenge
天才外科医なんで感じ悪くてえーのよ


全財産を治療につぎ込みあらゆるツテを使っても神経を元通り再生させることは不可能。
唯一の味方だった元カノクリスティーン(レイチェル・マクアダムス)にも暴言を吐き去られ、仕事も財産も失い八方塞がりに陥るスティーヴン。


doctor strenge
あんたホント感じ悪すぎ


そんなとき、半身付随の患者が身体機能を取り戻したという謎の施設カマー・タージの情報を得たスティーヴンは藁をも掴む思いでインドへ赴きます。


doctor strenge
あんたホント感じ悪すぎ


しかしその施設は病院などではなく、何やら怪しげな指導者エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)がスティーヴンに驚くべき魔術の世界を体現させるのです。


doctor strenge
あちょー!!幽体離脱もあるよ


doctor strenge
ええええ~~なにこれなにこれ??


あまりの衝撃体験に色々と悔い改めたスティーヴンはエンシェント・ワンに弟子入り。一番弟子のモルド(キウェテル・イジョフォー)にしごかれながら修行に励みます。


doctor strenge
気がつきゃこの体で……💧


ところが外科医として人生やり直すため修行していたのに、ハタと気付くとカールおじさん風髭を蓄え魔法陣やらバリアやら使いこなす魔術師ストレンジとしてキャラ確立されちゃって驚くスティーヴンとワシ。


doctor strenge
聞いてないよ~! いいから走れ!


しかもエンシェント・ワンの元弟子で闇落ちしたカエシリウス(マッツ・ミケルセン)が仕掛けてくる闘いに巻き込まれてしまい、こんなはずじゃない感炸裂のストレンジの運命や如何に???


doctor strenge
乾燥した目回りにニベアを塗りたい件


シリーズ初回はどうしても登場人物説明のパートが間延びしがちだけど、テンポがよくて全く退屈する暇無し。逆にサクサク度が凄い。
あまりにもあっさり魔術が使えるので、「え?もう?!」ってちょとびっくり。
コツを教えてもらい極寒のヒマラヤ山中に放り出されたらぼくもわたしも今日から魔術師?
その辺りの突っ込みは軽く流され物語は進む。MCUの世界はそれでいーのだ。


doctor strenge
なんじゃこりゃ!魔法??


初っ端からスクリーンに映し出される街の映像が凄い。
ただ目新しいかと言われたら、えーと似てるの知ってるな。
予告で感じた既視感、あれ、あのビルがぐわぁぁ~ってのぶっちゃけ『インセプション』で『ダークシティ』だよね。『ザ・セル』の衣裳とか世界観も思い出した。
でもめくるめく映像体験は凄いので、IMAXにすれば良かったなとちょっと後悔。


doctor strenge
ビルがぐわぁぁーでスゲーの


本作映像も凄いけど、一番の推しは長いにもほどがある面長の、サー・コナン・ドイルの遠縁の、英国の至宝、「ベネディクト・カンバーバッチが演じる」ストレンジのキャラなんだな。


doctor strenge
……ふっ


自信家で高飛車、不遜、なのにユーモアがあって飄々としてとてもチャーミング。
変人、軽妙、洒脱なストレンジはベネちゃんが演じればこそだと思う。
鑑賞中ず~っと羨ましいなぁいいなぁいいなぁって。
何がって、ベネちゃんがこの役に恵まれたことが。


doctor strenge
僕が演じたからこそのこの収益……っふ……


うちの(うちのと言ってしまう)ファスではこの役ダメかも。
ファス・ストレンジは深く懊悩し嘆き悲しみ軽妙なギャグとか言わなくてキャラが暗くなるような気がするwwww
ファスの演技力がどうこうではなく、世の監督たちファスにメロウな演技をさせてしまう呪いがかかっていてwww
うう……実生活のファスはあんなにお茶目で可愛いのに。


ファスファス
ううぅぅ……💧どしても泣かされちゃうファスファス


あ、すんませんファスの事だとつい熱くなって。これベネの映画。


ダークサイドに堕ちた元弟子カエシリウスのマッツ・ミケルセン
先日プロモでジャージ重ね着して来日してくれたマッツはいい人オーラ振りまいてた。北欧の至宝にこたつミカンとかさ、可愛いけどあんまムチャさすなよ~ww


doctor strenge
おみかんが美味しいの🌼


てゆーかですね、来週うちのファスがアサクリのプロモで来日するんだけど! どんなプロモやらされるのか不安だ。けど楽しみだ。やはり不安だ。


assassin's creed
こーんな天使みたいなファスファスが来るのよ!


ところでプレミア当日レッカペあるか無いか情報落ちないし、有給申請や飛行機チケットやホテル予約やぼくはわたしはどーしたらいんだろか???
うおおおお!!舞台挨拶チケットが販売サイトに3万円で出品されとるだと?!
ぬおおぉぉぉぉ!!いくら見たくても買ってはいかんぞ!!
くそぉぉぉ転売屋め!天罰下す!!


doctor strenge
オレの話をしろ!!


あ、これベネ映画。
すんませんファスの事だとつい熱くなって。


もとい!
マントに好かれるカールおじさん髭のストレンジが、社長やキャップやバカ弟と絡むと考えるだけで、うひひ えへえへな今日この頃です。
あ、今回も必ずエンドロールを最後まで観てくださいね!
あの方出るからね!!


doctor strenge
特にキテレツ先生とバカ弟の絡みが楽しみざんす。


doctor strenge
皆さんで……

てか、こーやって見てるとやっぱりマッツって何かしらフェロモン的なものが出てるよね。
ティルダ姐さんも素敵で色々と超越してる。
え~と、自分の事棚上げして言うけど、レイチェル・マクアダムスは足出さない方がいーと思うの……。
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ベネディクト・カンバーバッチ マッツ・ミケルセン

『マグニフィセント・セブン』セクシービーム炸裂

ここ最近の公開ラッシュで、観たのにブログアップが追い付かない!
書きかけ記事が溜まってるんだけど、この映画の事で頭がいっぱいでとにかく先に語りたいのーー!
今回みーすけただの頭の悪い広報です。
配給会社なんかくれ。


『マグニフィセント・セブン』(2016)アメリカ
原題/The Magnificent Seven
監督/アントワーン・フークア
出演/デンゼル・ワシントン クリス・プラット イーサン・ホーク イ・ビョウンホン ヴィンセント・ドノフリオ ピーター・サースガード 他


the magnificent seven


略奪男爵の異名を持つ悪漢ボーグとその手下に牛耳られた町ローズ・クリーク。
町の住人から彼らを倒してほしいと雇われたバウンティ・ハンターのサム・チザムはギャンブラーやアウトローを集めローズ・クリークへ向かうのだった……。


the magnificent seven


冷酷非道な悪徳資本家に支配された町の住人から雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を描いたウウェスタン・アクション。

監督は『トレーニング デイ』や『エンド・オブ・ホワイトハウス』のアントワーン・フークア。
原案は言わずと知れた黒澤明の傑作『七人の侍』と、そのリメイク『荒野の七人』。

七人の侍
こんな神映画もそうそう無いでしょ


the magnificent seven
観てたつもりでwikiったら観てないことが発覚


『七人の侍』は大好きで何度も観てますが、『荒野の七人』はチラッと流し見程度という映画ファンの風上にも置けないヤツです。
でも先入観無しで観れたのが逆に良かったな。
もーもーもー、面白かった!
The エンタメ作品!


201702040838450ba.jpg
カッコいいは正義


悪徳資本家を殺すために雇われた州の委任執行官(賞金稼ぎ)のチザムが次々とギャンブラーやガンマン、アウトローやネイティブアメリカンまでさくさくとスカウトしていく。
こっちは「7人揃うんだよね」って分かってるので、人数揃うまでのう経緯を楽しめばいーんだねって無駄のない展開が小気味良くて好き。

そりゃ黒澤版と比べたらお手軽感ありですが、娯楽大作だからいーんだよ的演出最高。
だって面白いんだもん。
中盤ダレる前にサクサク物語を進め、最初の銃撃戦で盛り上げる。
続いて町の人々ともども敵の襲来に備えての訓練や下準備。
程なくラストという王道のストーリー展開
シンプルだけどブレない演出好きだわ。



とにかく登場人物がみんな魅力的で、やたらとセクシービーム炸裂だった。


the magnificent seven


デンゼル・ワシントンが演じる主人公のチザムは南北戦争で北軍に従軍していた過去を持つ早撃ちの賞金稼ぎ。
デンゼルやっぱカッコいいわ。
キメ!なシーンが多くて、いかにフークワ監督がデンゼルを好きかってデンゼル愛が溢れておった。
ところで今の時代を反映しての黒人のカウボーイ役なのかと思ったら、数は少ないながらも19世紀当時も普通にいたらしいんですね。


the magnificent seven
もみあげなのか髭なのか


さすらいのギャンブラーで二挺拳銃の使い手 ファラデーにクリス・プラット
銃とギャンブルと酒と女な典型的なダメンズながら、お茶目で憎めないスターロード系キャラが可愛い。
クリス(あくまで呼び捨て)はこの手の役を演じると生き生きしてほんとハマるね。


the magnificent seven
クリス(あくまで呼び捨て)がんばって躰絞めてた


チザムと同じ賞金稼ぎで、こちらは南軍出身で狙撃の達人、グッドナイトにイーサン・ホーク。23人を狙撃したことから「死の天使」と呼ばれていますがどうも戦争によるPTSD抱えているっぽい。
この心に重いものを抱えるような役がも~~~!
はぁぁぁぁイーサン!素敵!
いい!イーサンがいい!

the magnificent seven
心に何か抱えてる病んだキャラ最高


そのグッドナイトに腕を見込まれコンビで活動するミステリアスな東洋系ガンマン ビリーにイ・ビョンホン
長めの髪を鋭利な髪留めで纏めて、それも武器として使うナイフの使い手ビリー。
我が人生で、日々イ・ビョンホンの事をあれこれ考え萌える日が来ようとは想像だにできなかった!
今回彼の全身から溢れまくるセクシービームにすっかりやられた……。


the magnificent seven
セクシービーム発射の瞬間 目が!目が~~!


the magnificent seven
全オレが萌えた2人のブロマンス


っつーか!このグッドナイトとビリーのブロマンスが!最オブ高!
この二人セクシーにもほどがある。
むっきーー!素敵すぎる!
むっきーーーー!!
お前らのそもそもの馴れ初めをもっとkwsk
二人の馴れ初めスピンオフを一本お願い!


the magnificent seven
イーサンとビョンホン同い年って!?
ビョンホンのオリエンタルマジック炸裂


the magnificent seven
ぬおおおおお!!! 頑張れドノフリ夫!


俺特コーナー。
みーすけのお気に入り、微笑みデブことヴィンセント・ドノフリオが演じるマウンテンマンのジャック・ホーン。
も~~やだこのクマちゃんみたいな体系!
この躰でものごっつハイピッチな声で喋るのよwwwどんな役作りだ。
聖書の一説を唱えながら敵に襲いかかる。
過去に妻も子もありながら、亡くしたという暗い過去をほんわり臭わす話とか美味しすぎるよドノフリ夫!


the magnificent seven
普段のドノフリ夫 可愛い🌼


the magnificent seven
微笑みデブのドノフリ夫  怒られてます


7人のスキルが凄いし、戦闘力に長けているので、負けるワケないんじゃね?って思う。
思うけど、そこはそれ、原案が黒澤明の『七人の侍』だから。
やはり「菊千代!菊千代ーー!!!」
な展開にきっちりなる。なっちゃう。
悲しい……仕方ないけど、悲しい。


the magnificent seven
クリス、違う、そうじゃない


満を持して怒涛のハイライトへ。
もう、単純にやられた。
最後の撃ち合いがとにかく迫力満点です。
驚くべき数の敵に立ち向かう町の人々と7人のヒーロー。
単純に燃える!萌える!
うわわわわ~~~!って。
ほんと、うわわわわ~~~!!ってなります。
気が付けば泣いてるし。
感動してるし。
エンドロールで、嗚呼!面白かった!
これぞ映画の醍醐味。
非常に満足度の高い映画でした。
木曜に観てから、頭の中でず~~っとこの映画の事が回ってる。
ってことで近々におかわり行ってきます!
みんなも観て~~ これはお勧めです!


そうだ、プレミア写真で再確認した、普段のぷっくぷくクリスはドノフリオと体系に差が無い件。

the magnificent seven
どやぁぁ クリスお前は主役か


the magnificent seven
フークワ「体型同じじゃね?」
デンゼル「マジ? あ、マジ」

関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : デンゼル・ワシントン クリス・プラット ヴィンセント・ドノフリオ イーサン・ホーク イ・ビョンホン

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ