スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スプリット』 会いたかったシャマラン印の最高オブサイコ

『スプリット』(2016)アメリカ
原題/Split
監督/M・ナイト・シャマラン
出演/ジェームズ・マカヴォイ アニャ・テイラー=ジョイ ベティ・バックリー 他


スプリット


3人の女子高生ケイシー(アニャ・テイラー・ジョイ)、クレア、マルシアは誕生日パーティーの帰り道、見知らぬ男ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)に拉致監禁されてしまう。


スプリット
多重人格を演じるのは我らがマカヴォイ



はぁぁぁ~~ヴォイヴォイっと初日に観てきたよ。
M・ナイト・シャマランとジェームズ・マカヴォイがタッグを組んで話題のサスペンス・サイコスリラー。
公開して間もないのに賛否両論、ネタバレ厳禁のネタが落ちたりネット上が沸騰してますね。
確かに万人受けしないかもしれない。シャマラン初心者には若干敷居が高いかも。
代表作を何作か観てからの鑑賞をお勧めします。
で、シャマラン体験者(わし)の感想は?
是非!観て!とにかく観て!
ピークのシャマラン印を待っていた人(わし)は小躍りするほど面白かったの!



スプリット
二人で来日しとりましたん


さて、今回のシャマラン監督の推しテーマの一つは多重人格
ヴォイが演じるのは、なななんと、頭の中に23人もの人格を共有している解離性同一性障害(DID)のケヴィン。
その中の一人、「上位人格」のデニスが女子高生を拉致監禁してしまうところから物語は始まります。


スプリット
メガネをかけた偏執気質のデニス


ケイシーらが目覚めるとそこは窓のない見知らぬ部屋。
犯人の男と一緒に喋る女性の声が聞こえ必死に大声で助けを求める。
そこへ入ってきたのは……・。


スプリット
いやいやいやいや、あんたさっきと同じ人やーーん!


スプリット
おっかないヤツがくーるーぞーー!


混乱する少女たち。
冗談?ふざけてるの?何のために??
さらに同じ男がまたもや別人のような態度で現れる。
いち早く状況を理解したケイシーが機転をきかせて話かける。
「あなたいくつ?」
「9歳」
「なにて」


スプリット
出して   ダメ   


なんと男は多重人格者だったのですね。
いくつものキャラがケイシーたち女子高生の監禁に加担するのは何故か?
少女を拉致した理由は?
デニスたちが待ちわびる、24番目にの人格 ビーストとは?
そして誘拐されたケイシーたちの運命は?
映画に隠されたもう一つのテーマとは?
観て!とにかく観て!


スプリット
がおおお~~~っと何かがやってくる??


スプリット
カウンセリングで何か隠す上位人格のデニス


さて、もー何も言えないのだけど以下言える範囲のこの映画の凄い事を挙げますよ。

1)マカヴォイが凄い

スプリット
23人中メインの4名様


X-MEN後だったので、チャールズ・エグゼビア仕様のボンズ頭のヴォイ。
ぴっちりしたタートルセーターに鍛えられた胸筋(雄っぱいw)がくっきりの女装はロングスカートにストールを巻き態度も言葉使いもとてもレディ。
しかしそれがボンズ頭のせいで異様さが助長されて非常に不気味でよろしい。
ボンズが効いて、思わぬ相乗効果。いろんな意味でハゲの祭典だった。
多数の人格がいっきに現れるシーンでの表情や声、仕草の瞬時な変化が秀逸。
人格が変わっているのが手に取るように分かるあの演技はお見事の一言。
参ったたまげたヴォイ先生。
初期の可愛い王子様から完全に演技派に移行したね~このスコットランドの暴れん坊!


スプリット
んでも素敵なのは変わりなし


2)期待の新人アニャちゃんの演技が素晴らしい。

本作で本当の主役はケイシーです。
冒頭襲われそうになる友達に「おしっこ漏らしちゃえ!」と的確な助言をするところ。
妙に肝が座って冷静に判断できるところ。
なぜ問題児で心を閉ざしているのか?
度々差し込まれる幼女の頃の思い出はなんなのか?
彼女の存在、そしてケイシーの過去と未来が本作を上質なものに引き上げたのは間違いない。
そんなケイシーを演じるのは新人アニャ・テイラー=ジョイ。
目の離れたユニークなファニーフェイスなんだけど非常に魅力的だったし演技が上手いね!
何か持ってるし何か出てた。
ケイシー役に可愛いだけの大根アイドルを配役してたら、ヴォイが頑張ってるだけのありがちなサイコサスペンス・スリラーで終わっていたかもしれない。
もちろんそこをちゃんとこぼさないのがシャマラン監督の力量と采配なんだけどね。


スプリット
この不思議なお顔の可愛い子。 おっぱいも大きかったね!



さて、主役たちの痛みはこれからも続くのか?
彼女も彼も今現在の立場から解き放たれ一歩踏み出すのか?
囚われの少女が囚われている色々なものから脱出するのか否か?
ケイシーの鋭い視線の先にある未来に思いを馳せて一歩踏み出す事に賛辞を贈りたかった。


スプリット
この目力!

そして獣よ、ビーストよ出でよ!
予想さえ出来なかった結末と提示された事実に心底驚いて声が出ました。
この世界軸で今後起きるであろう邂逅に驚愕と感動で体が震えました。
これこそわたしが待っていたシャマランです。
いや~~~満喫満喫、シャマラン監督ありがとう!そしてありがとう!!


スプリット
なに言ってるか分からないって?そりゃボカしてますからねっっっっっっ


っつーことで、今回あんまり喋んないよ。
では!さらば!!
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ジェームズ・マカヴォイ M・ナイト・シャマラン

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。