「悪の法則」 罪と罰

「悪の法則」 (2013) アメリカ/イギリス
原題/The Counselor
監督/リドリー・スコット
出演/マイケル・ファスベンダー ハビエル・バルデム キャメロン・ディアス
    ペネロペ・クルス ブラッド・ピット

悪の法則


若く有能な弁護士”カウンセラー”(マイケル・ファスベンダー)は美しい恋人ローラ(ペネロペ・クルス)と婚約し幸せの絶頂にいた。
そんな折、ビジネスパートナーのライナー(ハビエル・バルデム)と、裏稼業に精通するウェストリー(ブラッド・ピット)と手を組み麻薬取引に手を染める。
危険は承知、危なくなればすぐに身を引けると考えていたカウンセラー。
しかし、悪に手を染めたカウンセラーには悲惨な現実が待っていた。

悪の法則

「ノーカントリー」の原作者コーマック・マッカーシーの台本を「エイリアン」「プロメテウス」のリドリー・スコットが監督。豪華な配役でも話題になっている本作を鑑賞してきました。

これ、説明が難しい映画なんですよね。
宣伝では「本当の悪の張本人は誰だ?」なんてサスペンスを売りにしてますが、その人物って結構早くに分かっちゃうし、宣伝担当者の方も苦労されたのではないでしょうかね。
超豪華出演者の娯楽サスペンスを楽しみに観に行った方は 肩透かしを喰らうのでは?
サスペンスというより、人間の罪に対する抗えない罰みたいな物が描かれています。

悪の法則
「プロメテウス」に続いてR・スコットと二度目のタッグのファス。 アルマーニのスーツが素敵すぎ♡

映像として映し出される様々なメタファーとか、キャラクターたちが語る意味深なセリフがその後の展開を暗喩していて、映画の収束に繋がっていきます。
先ずもって、カウンセラーが手を染める 裏稼業のビジネスに付いて明瞭な説明が無く、なんとなく話の流れで
麻薬取引きらしいと分かる程度。
ストーリー的に当然あるべき状況説明をわざと(多分)明確にせず、観客の想像に委ねます。

悪の法則
「ノーカントリー」に負けず劣らず すんげ~髪型のハビさん。 ギャグか?

そんな状態が映画中盤まで続き、かなり戸惑いました。
なんせ説明的なものが全然無いので「何故?」とか「どうして?」がわっかんないんですよ。
頭悪いな~わたし・・・(^_^;)
ただ、「あ、そか、サスペンスでなく、主人公の身に起こる悲惨な現実を見せるドラマか」と視点を変えてからはただただ、逃げ場の無い現実と向かい合うカウンセラーの視線で観ることができ結果楽しめましたよ。
劇場公開が始まったばかりなのに、世間の評判悪いみたいですが、わたしは面白く観ました。
一度観て、「こういう映画か」と分かると、二回めはもっと面白くなると思います。
罪を犯せば罰せられてしまう 謝っても許される事は無い。法律からも 神からも。
そういう種類の映画でした。
R・スコットってこんな ある意味哲学的というか死生観みたいな投げかけ系映画撮る人でしたっけねぇ。
「プロメテウス」は見終わったあと映像は凄いけど何だか困ったな~と途方にくれましたっけ(笑)

悪の法則
「ハビちゃん、やっぱその髪型あかんと思うわ~」
「そのシャツもどうかと思うな~・・・」
「な、何でやねん!?」



悪の法則
ネコ科の女は怖いわよ ほほ・・・


悪の法則
愛に一途で宗教的にも敬虔な女性ローラ(P・クルス)とある種の社会病質者のようなマルキナ(C・ディアス)
この真逆な女性二人の対比が面白いです。
キャメロンの背中にはヒョウ柄のタトゥーありで・・・大阪のオバちゃんもそこまでやらんやろう(笑)

悪の法則
ブラピのロン毛って どうもNGだな~。 今回はカウボーイスタイル。
ロンドンの街中で 文字通り「痛い目」にあうんですが、みんなぼ~っと見てないで助けたれやと^^;


悪の法則
指輪を贈りプロポーズをするカウンセラー うっとりするローラ とみーすけ(爆)


俳優陣の演技が一流所を揃えただけあって素晴らしいです。
ってね、やっぱ我が愛しのこの人です。 裸の大将マイケル・ファスベンダー!!

悪の法則
「ぬふふん」  流し目も絶好調~~♡

幸せの絶頂から不幸へ真っ逆さまな主人公を演じるファス。
まだ主演作は少ないけれど、彼の演技を観ていつも感心するのは、演技が「俺が俺が」でないんですよね。
スっとキャラクターに入って物語を紡ぐんですが、見終わった後は深く心に残っている。
今回も抗えない運命に翻弄されるカウンセラーの悲しい慟哭と叫びが蘇り 胸が痛みます。
改めて彼の魅力にやられてしまいましたよ~♡♡

日本ではまだ知名度がそれ程で無いのか、本作のマスコミの紹介も『ブラピ・バルデム・クルス・ディアスの豪華共演! 監督はR・スコット。 主演マイケル・ファスベンダー』って最後かよ!!
い~んだ、い~んだ別に。絶対クるからね 彼わ!

日本公開は来年だけど「HUNGER」「シェイム」とタッグを組んだ スティーブ・マックィーン監督との「12 Years a Slave」はオスカー絡みになりそうと既に評判だし、大好きな「X-MEN:Days Of Future Past」と出演作が2本も待ち状態で ファンとしてはも~早く早くぅぅううな状態なんですよ!
家宝は寝て待て・・・引用違いか・・・?

悪の法則
落ち着いて待つなんて 無理だってばぁ!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前半なかなか状況が掴めなくて、
えっと・・これは・・どの組織??とか、戸惑いながらの観賞になったけど、
おっしゃる様にファスベンダーの転落を軸に考えればいい話なんだなと腹をくくりましたw
また見直して細かいとこ詰めよっかな。それもまた楽しみです。
しかし、ハビさんの髪型はw
同じマッカーシー作品でのお返しくらったような顛末にも笑っちゃいました。
ファスベンダー今後も楽しみですねぇ。

Re: No title

pu-koさん

なかなか一筋縄ではいかないようなスタイルの映画ですよね。
後ろの座席のあんちゃんが途中「わからん~」と呟いていました(笑)
わたしは近々2回目にトライするつもりです。
内容分かって観ると また違う印象があるような気がするんです。
キャメロンの開脚もハビさんと一緒に再ドン引き~^^;
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ