「エイリアン」 今更ですがエロいですね、 ええ。 

「エイリアン」  (1979)アメリカ
原題/Alien
監督/リドリー・スコット
出演/シガニーウィーバー  トム・スケリット  イアン・ホルム  ヴェロニカ・カートライト
    ハリー・ディーン・スタントン  ジョン・ハート  ヤフェット・コットー


ALIEN


地球外惑星での鉱物採掘を任務とする宇宙貨物船ノストロモ号は、その帰途につく航海で未確認の信号を受け、急遽航路を変え未知の惑星に降り立った。
何らかの知的生命体が発したと思える信号は驚くべき事に異星人の遺棄船から発せられていたのだ。
船長ダラス(トム・スケリット)、一等航海士ケイン( ジョン・ハート)二等航海士ランバート(ヴェロニカ・カートライト)からなる探索チームが船内で見つけたのはミイラ化した異星人の死体だった。
また内部には無数の奇怪な卵のような物体が発見され、調査中のケインは中から飛び出した奇妙な生物に襲われてしまう。
船内に検疫前の謎の生物を入れることに反対する二等航海士リプリー(シガニー・ウィーバー)を無視して科学主任のアッシュ(イアン・ホルム)は奇怪な幼虫のようなものを顔に張り付けたまま意識不明のケインらを船内に回収する。
ノストロモ号は、地球へ帰還するべく再び航海につくのだったが・・・。

ALIEN
デカい異星人死んでます。 「プロメテウス」でいうところの”エンジニア”の原点でござる。

ALIEN
オリジナルメンバー集結ぅ~。

こんちわ!スマホでアップのため、少々亀更新気味なみーすけです。
先日「プロメテウス」の記事をアップした時に、久しぶりに観たくてたまらなくなってたら、ちょうどタイミング良くCATVで落ちてきた。 ひゃほ~!グッド・タイミング♪
公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」 
イケてるなぁ・・・。
リドリー・スコット監督の名を世界に知らしめ、異星人=エイリアンという概念もこの作品で日本に定着しましたね。
もう今更、わたしごときがやいやい言うのもお恥ずかしい感漂うSFスリラーの金字塔的大傑作なんですが。
いや~やっぱね、「プロメテウス」の後に観たら、いかにこの映画がスンバらしい~作品なのかって事が切実に感じられちゃいました。
「プロメテウス」、がんばってるよ。がんばってんだけどね、 やっぱぬるいわ~、これと比べっと

なんてね、偉そうに言ってますが、実はみーすけこれを映画館で観たことがない。
初見は昔懐かしいテレビの吹き替え洋画劇場。
その後テレビで何度か、ビデオで何度も、そして時代はDVDへ。
今回デジタル・リマスターのディレクターズ・カット版で、かなりの高画質で観れました。
頭の中に古典的名作の印象が既にあるので、正直記憶の中に知らず知らず盛ってるところあるだろなって思ってたんですよ。
と・こ・ろ・が・ね。
背景や美術、エイリアンの造形がここまでの完成度だったのか!と驚愕でした。
例えば降り立った惑星で船長ダラス率いる探索チームが異星人の遺棄船へ向かう場面 ↓

ALIEN
遺棄された宇宙船の内部ざんす

暗く画像の荒い画面で見せるから粗が見えないのかなって思ってたんだけど。
ま、確かにそれもある。 でもやっぱり35年も前、CGもないあの時代によくぞここまで美術と造形を創りだしたなと改めてこの作品の素晴らしさを痛感しました。

で、何が凄いって、そう、シュールリアリズムの巨匠デザイナー、故H.R.ギーガーのクリエイトによるクリーチャーの素晴らしさ。
今回しばらく振りに観たけど、やっぱエイリアンのグロさとエロさの凄さに改めて感嘆。
この作品、全編から漂う恐怖+エロさのバランスが素晴らしかったという再認識です。

ALIEN
気持ち悪い生物にくっつかれてるケイン。 中の人は、魔法の国の杖屋さん、ジョン・ハート。


ALIEN
中身入ってませ~ん。 これ生臭そう。


ALIEN
か~ら~の~  阿鼻叫喚の衝撃の食卓 
  

ALIEN
「ッシャーーーー!!!」 そのものズバリ、男性器がモチーフのエイリアンの幼虫


ALIEN
口の中からまた口って!! この粘液感。 極上アートな域に達しているエイリアンの造形。素晴らしすぎ。


何作ものシリーズやスピンオフ作品で見慣れてしまった感ありでも、やはり原点である本作でのクリーチャーの衝撃は凄い。
卵からサナギ、幼虫から成虫へと脱皮しその外見を変えていくエイリアンですが、一貫して外観は人間の性器をモチーフにしています。
生臭い匂いまでしそうな粘液感と思わず修正線を入れたくなるような(爆)外観。
子供の頃には分からなかった、「あらやだエロい」てなセクシャル感。
そして閉塞された逃げ場の無い空間で、追い詰められていくクルーたちの緊迫感。
この恐怖と隣合わすエロさの塩梅が絶妙なのです。
「プロメテウス」にはこれが絶対的に欠落していたんですね。 だからぬるく感じてしまった。
ファスがフルフロンタルで出るくらいでないと(個人的希望)勝ち目は無しだなぁ。

ファス♡
芸術の為なら脱ぎます・・・  はい、そのまま脱いじゃってくださ~~い♡ 

このセクシャル感の違い、ヒロインの対比でも納得していただけるかと。
こうやって再見するとシガニー・ウィーバーが驚く程セクシーなんですよね。
デカくて薄ペッタンなボディーなのに匂いたつような色気がスクリーンに溢れていました。

ALIEN
シガニー姐さんのセクシー・ショット  いや、ホントにセクシーです。


プロメテウス
こちら「プロメテウス」の大事にされてない方のヒロイン ノオミ・ラパス。 
 

いや~申し訳無いけど、ノオミさん、マラソン選手にしか見えないもん。 溢れる残念感。
シガニー姐さんもマラソン・ノオミも凹凸淋しい体なのに二人の違いは画像を比べりゃ明らかでしょう?
「エイリアン」と「プロメテウス」の違いを如実に語っていると思うんですがいかがざんしょ。

血まみれになりながら体内からエイリアンを生み出した時に痙攣するジョン・ハートの指。
その血飛沫をモロに浴びて(撮影の詳細をわざと知らされておらず)素で悲鳴をあげるヴェロニカ・カートライト。

ALIEN
1)モーズリと2)エレファントマンと3)スネーク  はい、間違いはどれでしょう?


精液を思わす牛乳色の汗を垂らすイアン・ホルムの壊れ方。
ヤフェット・コットーのヤサグレ感と咆哮に、ヒゲのせいか、どーしてもカート・ラッセルに見えてしまうwトム・スケリット。
宇宙船の中でアロハシャツ着ちゃってる ハリー・ディーン・スタントンのツボ感。
ハリーさん、「アベンジャーズ」で工場の管理人の役でカメオっぽい出演してて何か嬉しかったなぁ。お元気でなにより。

ALIEN
宇宙船クルーがアロハにキャップ帽って画期的だと思いません?!


ALIEN
ミルクまみれでエイリアンを賛美するアッシュ。 子供の頃はこの性的な感じ分かんなかったなぁ。


多分20回下らない回数観てるのに、やはり今回もラストまで引き込まれて見入ってしまうテンポの良さとストーリーの面白さ、造形美術の素晴らしさ。 
そしてジェリー・ゴールドスミスの雰囲気ある音楽がそれら映像をより引き立てている。
う~ん、もう手放しで言っちゃうよ、やはり名作です!
「プロメテウス」も駄作ではありません。悪くない。
でもやっぱり「エイリアン」を観てしまうと、若干の残念感を感じずにはいられないんですよね。
別物として、続編楽しみにしてます。あれはあれ、これはこれ。
機会があればぜひ「エイリアン」再見してください。
デジタル映像で観ると、改めてそのクオリティーの高さに驚きと新たな発見があると思います。
”同じ映画何回も観るの好き子” からのオタクな提案でした~。
なんか今回みーすけのエロ度が出ちゃった記事だったな・・・。 ってことで↓

fc2_2014-09-24_22-00-18-015.jpg
っっだ! つい修正線を入れてしまった。  今回お下品でさーせん!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あっりゃーー、言われてみればなんて卑猥な仔エイリアン(笑)
修正線入れずにはおれませんわな(笑)
ミルクも唾液も・・そっか~w
うんうん、私も綺麗な画面で観た。隅から隅まで作りこんでる。
造形もサスペンス性も間違いなく傑作だねぇ。

で、やっぱシガニー姐さんが100倍いい。
ノオミよ、そのおパンチュのしわは何だねん(笑)
うん、エイリアンは最高でした。

Re: No title

pu-koさん

デジタルになっても揺るぎない完成度はさすがだよね。
名作の名作たる所以を今回思い知ったよ。
ノオミのシワパンっ(笑)
上がブラ仕様で露出はシガニー姐さんの上をいくにも関わらず、溢れる残念感なぁ。
やはりここはファスに脱いでもらわないと・・・。「プロメテウス」の続編では是非~!!


りんごPC初のTB

果たしてうまく着地したでしょうか。
みーすけさんの画像いっぱいの記事と
比べて、わが8年前記事はといえば
画像1枚ポッキリとな。(泣笑)

超、名作!
ほんと艶っぽく匂いブッ立つエロスに
包まれたあの独特の映像はクセになる。
リドリーさんはやっはり変態だ。(笑)
シガニーさんのあのノッポ色気は
彼女のフェイスと演技力もあるかと。
それからみるってぇ〜とノオミさん、
長年走ってばっかいておチチもお尻も
風と共にどっかに吹き飛んじまって、ホレ、
お顔もその他大勢さん組さんなもんだから
ほんとクソ真面目なマラソン選手。(笑)

Re: りんごPC初のTB

jiji姐さま

りんごからお初のメッセージ、あざーす!!
スリラーやホラーに上質のエロスが加わることで高められる恐怖ってことでしょうか?
いやいや、リドリーさん、変態だからだな(笑)
ノオミのマラソン感わかって頂けたでしょうか! ね?
今だから分かるシガニーさんの匂い立つようなエロス。
本当にこの映画、変態染みてエロい、名作ですね。

ところで姐さまのTB未だ未着です(汗)
届いたら反映させますね!

また私ですが。

http://blog.livedoor.jp/vivajiji/archives/50873438.html

一応、URLお持ちしましたです。↗︎
TB、どっかに墜落したもようですね。
(ぺこり)
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ