「誰よりも狙われた男」  リアル・スパイに華はない

「誰よりも狙われた男」 (2013)アメリカ=イギリス=ドイツ
原題/The Most Wnted Man
監督/アントン・コービン
出演/フィリップ・シーモア・ホフマン  レイチェル・マクアダムス  ウィレム・デフォー  ロビン・ライト 他


誰よりも狙われた男



ドイツ、ハンブルク。諜報機関でテロ対策チームの指揮を執るギュンター・バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、密入国した青年イッサ(カルポフグレゴリー・ドブリギン)をマークする。
イスラム過激派として国際指名手配されているイッサは、人権団体の女性弁護士アナベル(レイチェル・マクアダムス)を通してイギリス人の銀行家ブルー(ウィレム・デフォー)と接触。
ブルーの銀行にテロ組織の資金源である秘密口座の存在が疑われ、ギュンターはその動向を監視していたのだ。
ドイツの諜報機関やCIAがイッサの逮捕に動き出す中、あえてイッサを泳がせテロ組織への資金援助に関わる大物を狙うギュンターだったのだが・・・。


誰よりも狙われた男
フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作です・・・。 無念で言葉が無いわ。


「裏切りのサーカス」でお馴染みのジョン・ル・カレ原作のスパイ小説を映画化した骨太リアルスパイ映画。
今年の2月に亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作になります。
911のテロ後、ドイツの諜報機関で活動するホフさん演じるギュンターが、密入国してきた国際指名手配犯を利用して大物のテロを支援する人物を狙うというストーリーなのですが・・・。
この手のスパイ物は物語自体に面白さがあるので、あれこれストーリーに触れることを今回はしません。
ネタばれになっちゃうしね。
しかし、やはりル・カレ原作だけあり、ストーリーの面白さ、現実感がパナい。

スパイものだけど、スタイリッシュでカッコいいスパイなんてどっこにも出てきませんから。
マティーニをシェイクしてバーの女性に名乗る事もなく、高層ビルにくっつき手袋でしがみ付いたりも無し。
ただただ、地味に諜報活動するおじさんたちを描いています。
リアルな諜報活動なんて、地味で緻密な捜査と密かな観察や聞き込みでしょうからね~。
汗臭く狭いバンの中で必死にターゲットを追う彼らの日常におよそ華やかさなどないのです。


誰よりも狙われた男
「あぁオレ3日風呂入ってないわぁ・・・」てなダニエル・ブリュールの切な顔。


誰よりも狙われた男
こうやって並ぶとちょっと不思議なキャストだな。  でも豪華。

地味地味言ってますが、キャストは演技派がそろって涎垂もの。
フィリップ・シーモア・ホフさんはもちろん安定の名演ですね。
実年齢よりおそらく一回りほども年上であろう想定のギュンターを何の違和感もなく演じてます。
初老のしょぼくれた、仕事以外潤い無さ気なギュンターそのもの。
夜中2時の電話にオフィスで平気で出られる勤勉さ。
ルームライトに照らされた狭い自室でブランデーを独り飲み干し緊張を和らげる孤独感。
過去の作戦の失敗を引きずり、他の諜報機関を信用できない猜疑心。
でも、職務に忠実ながら、どこか人間味溢れるギュンターのリアル感はさすがホフさん!と手放しで感嘆できます。
返す返すも彼の早すぎる死が惜しまれて悲しいな・・・。


誰よりも狙われた男5
よく考えたらホフさんもクマちゃん体系。 わたしクマちゃん好きなんだなぁ。


誰よりも狙われた男
今回は普通! わし普通の人です!!

ノスフェラトウでもなく、グリーンのマスクで空をサーフィンする事も無く、恐ろしい形相でブダペストの街をバイクで滑走する事も、大事なところを鈍器で潰される事もない、ごく一般的な外見のイギリス人銀行家ブルーにウィレム・デフォー。
「普通」な人を演じるデフォーって超久しぶりな気がしたざんす。
いやぁ~、金のある銀行家がハマってて素敵でした、いやマジで。
この人って濃い味のクセある役(色もの込み)から繊細な善人まで、ホントに役の幅が広いんですよね!
父親の遺言的尻拭いから、ギュンターに取り込まれ、葛藤しながらも協力するブルーはデフォーらしい安定の演技で間違いなし。
職務に対する忠誠心、保身、偽善、善意、色々なものがない交ぜになったブルーの心情は一番理解しやすかったし、デフォーが演じたからこそより深くこちらに響いたと思います。
う~~む、やっぱり好きだ!


誰よりも狙われた男
レイチェルをクルクル~っとダンスシーン・・・って 違うから!


人権派の弁護士に、ここんとこ劇場やらCATVやらで個人的によくお顔拝見してるレイチェル・マクアダムス。
最初ね、この重くリアルなル・カレの世界にマクアダムスの華がちょいと邪魔だなって思った。
若干浮いてるような気はわりと最後まで気になってたんですが、観終わるとドヨンとしたストーリーの中で清涼剤的な役割になったんだなと思いました。
超の付く美人って事もなく、スタイルも庶民的寄り(失礼)な彼女のリアル感って、わりと重宝されやすいのかも。
当ブログで彼女に対するコメントっていつもちょっと意地悪っぽい感じになるんだけど、嫌いぢゃないんですよ!
庶民的な感じ可愛いし、重宝な女優さんだなぁぁって・・・。
でも弁護士ってちょっと無理あったかな。ま、いっけどさ。


誰よりも狙われた男
へーへー、重宝な女優ですが、それがなにか??


今回スゲ~って思ったのがぁ、ロビン・ライトのハンサム女史ぶり。
日本でもAXNで放送してるドラマ「ハウス・オブ・カード」の政治家の妻のイメージが定着しつつありますが。
苗字から「ペン」が取れてからの彼女って吹っ切れ感というか、女優として一皮も二皮も剥け感バリバリで!
元夫の映画で「気合い入れろや!」みたいなしょぼいダンス踊ってたのも今は昔。※「クロッシング・ガード」参照 
短くカットした髪をきりっと耳元で掻きあげ、シャープなスーツでCIAの幹部を演じる彼女ってば、も~~、お・と・こ・ま・え!
ホフさんのギュンターがころっころでショボクレてるもんだから、相乗効果で彼女の「THE・アメリカ!超CIA!!」 感がより感じられてその対比が非常に面白かった。
ロビン・ライトのどや顔! この配役秀逸だなぁぁぁ。


誰よりも狙われた男
どやぁぁぁ~~ 婚約者は14年下よ!ふふふん♪


誰よりも狙われた男
「ちょっとあんた、ホントの狙い言いなさいよ~」 「いや、それはちょっと・・・」


ギュンターの過去の失敗をフォローして、心の壁を崩そうとするマーサ・サリバンのしたたかさ。 
大国アメリカのテロに対する攻撃的作戦や、自国ドイツの中でも管轄の違いで捜査方法が変化してしまう皮肉さなんかが丁寧に描かれていて、物語が非常に面白いです。
そこに逃亡犯イッサと弁護士アナベルの淡い恋愛感情が息抜き的に入り。
ギュンターが狙うテロ支援の大物への捜査も目を離せない。
ギュンターのチームが繰り広げる大物人物へ肉薄する後半は手に汗握る展開ながら、あくまで深く静かに物語が進む演出は、却ってサスペンスを盛り上げて、エンディングへの流れがより衝撃的に感じます。
わたしがこの手の骨太スパイ物が好きなのもあるけど、それにしても面白かったなぁぁ~~。
もう一回観たいな。


誰よりも狙われた男
ね?やっぱピシっとすると オレってイケてるだしょ??


ドイツチームにドイツ人役者を揃えて、その中にホフさんが居るのが違和感あるのでは?と最初思ったのだけれど、ホフさんの演技が間違いなしなんで、すぐに気にならなくなった。
「東ベルリンから来た女」のニーナ・ホスがチームのメンバーを演じていて、その固さがなんか良かったです。
この女優、顔がキツくて怖いんだけど、ふっとギュンターを心配するときに目に優しさが溢れて、この二人って何かあるのかなぁって思わせるものがあった。 
いえ、全くそんな潤いシーンありませんけどね。
それと、「出てるだけ感」 溢れるダニエル・ブリュールの使い方が少々もったいないかなってちょと思った。

誰よりも狙われた男
IMFや007とは程遠い地味な面々。 これぞリアルスパイ。 地味で給料も安そう。


ドイツ人役者がドイツ語訛りの英語を話してるので、ならセリフもドイツ語で・・・ってちょっと思っちゃったのは大人な事情で無理な話だよね~。
あ、ドイツ語と言えば、先日観た「フランク」でファスが流暢なドイツ語を披露してましたなぁぁ♡
一日一ファス♡

ファス廃
出たな!ファスばか!!  い~んだも~~ん♡
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : フィリップ・シーモア・ホフマン

コメントの投稿

非公開コメント

出たな!ファスばか!!(笑)  

フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報はホントにショックでした。
あんないい役者さん、中々いませんがな。
身体はクマさんでも、職を失ったら声優に転職出来そうな位イイ声してたんだよね。
惜しいです。

骨太スパイもの、面白そうだわ!興味津々!!キャストもほんと豪華だし。
でね「わし普通の人です!!」の方と私タメなんでお手柔らかに…(笑)

借り物DVDがテンコ盛りなんですけど、
やっぱ「好き」でないのもが多いので、「ごめんね」って言いながらTSUTAYAへ走ってます!

だって、みーすけさんだって、ど~んな映画のレビュー書いても
最後は「出たな!ファスばか!!」で〆ちゃうんだもん!好きなものは変わらんよね💕
みーすけさん、どんだけ好きなんだろ!?(笑)

ファスばか 出まくりっす!  

chacoさん

わたしもホフさんの訃報はショックであの日一日、いや暫くボンヤリしてしまったの覚えてます。
彼の生き急いでしまった俳優人生が悲しくて。
これからもっともっと役者として素晴らしい将来が待ってるであろう才能が薬によって終わってしまうのが
とても悲しく悔しかったですね。
この作品、彼の演技が堪能できるし、chacoさんの同級生のデフォーも素晴らしいので、劇場行くのは今忙しいでしょうし、DVDになった暁にはきっと観てくださいね。
そうそう、やっぱ映画って好みがあるのでレンタルしちゃう気持ち分かります。
わたしもいくらいい映画と言われても、カンフー系とかMGMクラシック以外の最近のミュージカルがどうしても苦手でね~。
TSUTAYA行っちゃいますよね~。

最近のわたしのファスバカぶりは自分でもちょっと抑えが効かないので、少し落ち着くまで長い目で見てくださいな。
どんだけ好きか?そりゃも~なんつ~か、アレすぎて自分でも分かりません・・・(汗)

No title

だね~本当はスパイなんて地味な仕事なはずだもんなぁ。
確かにショーン・コネリーなんか目立ちすぎてあかんはず(笑)
ホフさんの遺作・・・
劇場見送ったけど、来週にはDVDになるので楽しみに観ます。
銀行家のデフォーさんなんてほんと珍しい。
あ、でも今日は私もデフォーさん劇場で観たよ。
何やっても嵌るんだから凄い。
他のキャストの演技も楽しみです。

Re: No title

pu-koさん

ショーン・コネリー顔が濃過ぎてすぐ面が割れてお陀仏だろうな(笑)
本編終わって「ふわぁ~面白かった、続編観たい!」と思った所にホフさんへの追悼文が出て。
そうか、もういないのか。新作も観れないのかっ・・・て改めて寂しいやら悔しいやら表現しづらい
怒りみたいな気持が溢れちゃいましたよ。
彼の最後の演技をゆっくり味わってください。
ロビン・ライトのどや顔もカッコいいです。
で、デフォーさんがね! 普通でキマってた!
どっちかって~と、妖怪顔なのにね(笑) 素敵です♪
え?え?pu-koさんが観たデフォー出演作ってなんだろなんだろ???
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ