「J の悲劇」 愛しすぎて 生きるのが辛い

「J の悲劇」 (2004) イギリス
原題/Enduring Love
監督/ロジャー・ミッシェル
出演/ダニエル・クレイグ  リス・エヴァンス  サマンサ・モートン  ビル・ナイ


JNO


大学教授のジョー(ダニエル・クレイグ)は恋人クレア(サマンサ・モートン)と郊外の草原でピクニック中に、風に煽られた気球の事故に遭遇する。
近くに居合わせた男性4人でなんとか気球を抑えようと試みるが、急な突風に煽られ気球が再浮上。
ただひとりロープにつかまったまま空高く運ばれた男が、墜落死してしまう。
ショックを受けるジョーだったが、後日事故現場に居合わせた男ジェッド(リス・エヴァンス)から接触がある。
最初は軽く受け流すジョーだったが、ジェッドの偏執的な接触行為がエスカレートしていき、精神的に追い詰められていくのだった・・・。


Jの悲劇
えへへ、ワイン開けようね♪   っちょ!う、うしろ、なんか飛んでまっせ!!!


Jの悲劇
ボンド直前のダニエル・クレイグ。 細い腰と小さなおちりがぁぁ可愛い!!♡


風邪抜けない・・・。映画館で咳込むので気を使って行きにくい。 早く「インターステラー」観てぇぇぇ!
連休中大人しく自宅観賞した映画語ります。
イアン・マキューアンの原作「愛の続き」を「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッチェル監督での映画化。
ブロ友 chacoさんが結構な勢いで絶賛されてるのにみーすけ未見。 
それダメじゃね? で観賞したんですが(chacoさん企業秘密の×××ありがとうございます♪)

いやぁ~、これねぇ~ 面白かったわぁ! 何で劇場公開時スルーしたのかな。
ボンド前のダニエルは当時のわたしは劇スルーだったと思われます。
しかし、内容もダニエル始め役者の演技も素晴らしい。
内臓を甘噛みされるような いや~な痛みを感じる映画ですが・・・。



何が凄いってね、chacoさんも絶賛している映画冒頭の気球事故の映像。
すっげ~!臨場感!!う~む、バカっぽい文章だなぁ、凄さが伝わらないぞ・・・。
手持ちカメラとロングとアップの映像の切り替え、編集が素晴らしく、あたかも自分が事故現場に居合わせているようなライブな臨場感があるんです。
これホント凄いです。 大きな画面で観たかった。
緑の広がるのどかな草原に突如現れた真っ赤な気球が大きく風に煽られる。
少年が取り残され、慌てて周囲にいる男たちが気球に取りつく。

Jの悲劇
事なきを得たと皆が安心した刹那・・・


一時は気球を下すのに成功するが、唐突に一陣の突風が吹き荒れ、再び気球はバランスを崩してしまう。
たかだか3~4人の男の力ではどうしようもない。
浮き上がっていく気球からばらばらと手を離す男たち。
しかし最後までロープを離す事の無かった一人の男が気球と共に空高くゆっくりと舞い上がっていく・・・ゆっくり。
残された男たちがそれを茫然と見守る・・・。

Jの悲劇


この間音楽は一切かからず(だったはず)会話と効果音のみ。
その妙な静けさが事故をリアルなドキュメンタリーのように生々しいものとして認識させられて、実際に目の前で起こった事故のように感じてしまう。
いやぁ~ミッチェル監督の演出上手いわ~。


Jの悲劇
墜落者の死体を発見するジョーとジェッド  


思わぬ事故の当事者になってしまったジョーは精神的なショックを受けるんですが、そんな彼に事故現場に一緒に居合わせたジェッドという男がイキナリ会いに来ます。
最初は事故のショックによりその事を語りたいのかと対応するジョーですが、そのうちジェッドの対応がおかしくなっていくんですよ。
あ!吊り橋効果だったのかな?!


Jの悲劇
ねえねえねえねえ話聞いて、喋って、相手して!   うぜぇ!!


原作は「恋愛の精神病」と呼ばれる ”ド・クレランボー症候群” を題材にしています。
軽くウィキってみたのだけれど、『自分と相手が熱烈に愛し合っている恋人同士である』と妄想的に思い込んでしまい、相手が『あなたのことを好きではない』と訴えてもそれを本気で言っているということが理解できない、という病気のようです。
いくらジョーが付きまとうな、やめろと言ってもジェッドの頭の中では二人はラブラブなため、「どうして拒絶するの?」とまるで被害者のように泣きが入るんですよ。


Jの悲劇
執拗にジョーに接触するジェッド   リス、気持ち悪ぃ。


このジェッドを演じるリス・エヴァンスが上手いんだなこれが! 「お前本物?」と思わすほどの怪演。
気持ち悪い。
観ててイラッイラする。
腰が低く、優しげなのに、粘着質で、断っても拒絶してもジョーの前に現れるジェッド。
事前情報入れないまま観てたので、映画のテーマ ”ド・クレランボー症候群” 知らないもんだから、このジェッドの行動に
絶対裏があって何か企んでると思ってたんだよな~。
だってリス・エヴァンスじゃん(笑)
ところが病んだ悲しき恋する残念イギリス男で参っちゃった。
翻弄されて 「あれ?なんかこいつ気味悪ぃぞ・・・」 とジョーが気付いた時はジェッドはすっかり「出来上がって」いるという恐ろしさ。


Jの悲劇
夜中 窓の外に立ってるジェッドを見つけて しょえぇぇ~ってなってるジョーの図 


精神的に追い詰められていくジョーを細やかに演じるダニエル・クレイグも上手いな。
やっぱ映画は役者の演技ありきだなぁと再認識。
この人巻き込まれ型の翻弄キャラが似合う。 
男っぽいのに妙な艶があって、その手の男性受けしそうな空気がだだ漏れでしたな。
ボンド前で、鍛えすぎないちょっと華奢な腰が・・・小さいお尻が・・・♡
顔は面長では無いけれど、ダニエル・クレイグってやっぱセクシーでいいですよね~~。


Jの悲劇
すっげ 褒められてる・・・


あ、映画語らねば。
気球のロープから手を離してしまったことへの罪悪感と執拗なジェッドのストーキング行為にアップアップなジョー。
でも警察行かねぇし、恋人のクレアはジョーの切羽詰った感情をどこかドライに受け流すんですよね。
おま!現場に一緒にいたくせになんだよそれ!ってこちらもムカつく。
どんどんメンタル追い詰められていくジョーが壊れていく過程がいたたまれなかった。
観ながら思ったんですが、このジョーという主人公、特定の宗教とか無くて(冒頭お祈りを拒否する)愛に関しても何かちょっと不思議な感覚があるような気がしたんです。
原作読んでないから、ホントのところはわからないけど、恋人とどんどん ギスギスしていってしまう過程で、もしかしたら彼は結婚まで考えていた女性とも本当の意味で心を開いて向き合っていなかったのでは? って感じた。
病んデレではあるけれど、ジェッドの方がストレートに相手に心を開いているように感じちゃいました。

Jの悲劇
個人的にどうでもよかったサマンサ・モートン   てめ、もっと彼氏に優しくしろっつの!


で、今回のみーすけ萌えパートです。
まず、やっぱビル・ナイおじさんだな。
ジョーの親友役で出てるビルおじさん、ホントにふっつ~~~~!普通の人を演じてる。
だけど、変な事しないかしらとなぜかドキドキ(笑) だってビル・ナイおじさんだからさぁ。
しかし今回は本当にびっくりするほど普通でした。
ファッションはちょとおしゃれでぬふふ♡ 好き♡

Jの悲劇
うん、まあ平たく言えば 「出てるだけ」 って事だけどね うん。


あと、まだまだ駆け出し「パフューム」前のベン・ウィショーがジョーの教え子役で出ててます。
これもまたなんとも思わせぶりなちょっと引っかかるキャラ(若干吃音)なんですよね。
ちょっとジョーに「そういう意味で」好意があるようなないような。 あて馬だろうか?
ベン・ウィショーもビッグになったなぁ。
英国諜報部の「Q」だもんね。 彼の「パディントン」(声だけど)の映画、クマ好きなんで楽しみ♪


Jの悲劇
 男性受けしそうだなって思ってたら、ガチでそっち系だったという。


しかしなんと言っても今回はクマよりリスだなリス。
この人も役の幅が広い人だよな~。最近はかなりの悪役なんかもしてますが、三の線のリスが一番好きかな。
端正なお顔してるんだよね ほんと、マーヴェラス英国産!!
ちょっとしゃくれててもいいのよ英国産!
顔が長いのよ英国産!
イケイケ!英国産!!! 病気ではありません。 多分。

Jの悲劇
うふ♡


んで、こ~やって遊んでるのも可愛い。 可愛い♪
もう分かる人だけで いい! 英国産 きゃわいい! っきゃわいい~~~~♡♡

 Jの悲劇
万人の理解など要らぬい。 でも、ね?きゃわいいよね??ね???


あうぅ!ちゃんと映画を語らなければ。
後半の長回し映像もこれまった素晴らしくって、サスペンス的要素もイケてます。
肩の上にインカムくっつけて(想像)ジョーの目線で友人宅から自宅へと駆けつける映像に釘付け。
もうこれは実際に観て感じていただきたいです。
結末もびっくりだしね。
ジョーとジェッドの混乱だけでなく、気球の事故はその場に居合わせた人々に少なからず影響を与えていて・・・。
ビター系エンディングだけれど、どこか救われる甘さがあったのが救いでした。 ちょと泣けた。
見逃してて、アタリな映画に出会えると うれしいわ~。
これ、お勧めです♪


Jの悲劇6
きゃ~~わ~~い~~い~~♪
万人の賛同など とうに諦めたわ ふふ・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Jの悲劇」

      製作:2004年 監督:ロジャー・ミッシェル 出演:ダニエル・クレイグ、サマンサ・モートン、リス・エヴァンス、ビル・ナイ、     スーザン・リンチ、ジャスティン・サリンジャー   この映画、視覚的にもストーリー的にも色々な意味で、               ...

Jの悲劇

この作品を“薄気味わるいホモの ストーカーもの”、と決め付けている レヴューを見たときには思わず 外の売るほどある「雪」をぶつけて やろうかと本気で思ったよ!(笑) 199 ...

コメントの投稿

非公開コメント

やっとこ

混ぜてもらえる映画記事に。(笑)

劇場で観ましたよこれ。
よかったでしょう!
小粒で派手さはないけれど
摩訶不思議な心理撹拌劇の巧さ炸裂。
アタマッコよき人の書き手と
映像のチカラ加減をよく知っている作り手が
すべらか〜にお作りになるとこういう渋い傑作になる。

Re: やっとこ

jiji姐さま

姐さまお久しぶりです!
これ本当に面白かったです!
上手い撮影映像を凄い編集でしっかり演出してて。
小粒だけど渋い!
こういう映画を観ると映画ファンで良かったなーって思います。
渋さがわかる自分もちょと嬉しい(笑)

えがったっしょ!?

こんばんわ~。

みた、みた、みたのね!!秘密基地で観れた!?(笑)

オススメする理由がわかっただろ?
深いんだよ。痛いんだよ。キモいんだよ、リス~~~!!
ん、もう自分がすっかり話の中に入り込んじゃうダロ?面白かったね!

私のレビューは、お子ちゃまが書いたみたいで恥ずかしいけど
一応TBさせて頂きました。受け止めてね~!

>内臓を甘噛みされるような いや~な痛みを感じる映画ですが・・・。
こ~んな文学的表現、わたしにゃ~到底ムリっす><リスペクトっす!

んが、英国産ラブラブは負けませんコトよ!
確かに、007前のダニエルって妙に男っぽくて優しそうで素敵&超イギリス臭くてキュン!

で、いつもラストを飾るファス様が今回は御出演されておりませんが。
スケジュール合わなかったのでせうか!?(笑)

秘密基地より愛をこめて

chacoさん

観た!観ました!
面白かった!
劇場の大きな画面でオープニングの気球場面観たかったッス~。

監督の演出と脚本と撮影と全て最高。
で、役者だな。
サスペンスも盛り上がるけど、残念男リスの演技が凄かったなー。
ダニエルも若くて(今より)セクシーで追い詰められてあうあうになってるのが堪んなかったな。
やっぱ英国産、腐っても英国産!ビバ!英国産!

あんまり毎回タダ働きさせてもなんなんで、ファスは今回 自宅待機です。
ま、また何の関係もない映画でご登場頂きます(笑)

No title

冒頭の気球シーン凄かったね。
そうそう、風の音の効果音に緊張感ざわざわで、ほんと怖かったの覚えてます。
でもってリスがとことん気持ち悪くて、ほんまもんにしか見えんところが凄い。
ウショー君なんて出てた?
ビルナイおじさんはやっぱりオアシス系だったなぁ。
最後の画像に笑っww
道路標識(?)でそこまで遊べるお二人さん素敵だわw
7年間前に書いたお引越し記事だけどTBさせてもらいますね。

Re: No title

pu-ko

リスの必死さが痛くて、切ないのに気持ち悪いという(笑)
もだもだしちゃうダニエルの演技も丁寧で、「あ、やっぱこの人上手い!」って再確認したよー。
思わぬ拾い物。まだまだ山のように未見の映画ってあるんだよなー。
だから映画はやめられない。
トラックバック届いたら反映させまーす。あざっす!
あ、剛さんてね、マーク・ストロングのストロング=つよい→か~ら~の、つよしさん、で剛さん(勝手に) へへ。美しき禿げ!

No title

TB飛んでなかったようなのでやり直したけどだめだったわ~。
申し訳ないっす。

Re: No title

pu-koさん

ありゃ残念。
互換性悪いのか、時々ありますよねー。
pu-koさんの過去記事読みたかった~。

これタイトルがあんまりだなーと思った記憶がある。もう10年も前なんだね。ダニエルクレイグはミュンヘンの時にひっそりカッコいいな。と思った記憶がある。
もう一人の人は、実は好きな皇帝プルシェンコに似ててカッコいい…

Re:

め ちゃん

原題がズバリ内容を表してるよね。
終わりのない愛、しかもそれが病気って。
巻き込まれた方は堪んないよね。
しかも病気よくなったら退院するかもよ。
ジョーの新たな悲劇か!?
ダニエル、「レイヤー・ゲーム」を観たけど、やはりボンドが素晴らしすぎて。
「カジノ・ロワイヤル」は本当に衝撃的に面白く、魅力のある作品だったな。

わはははは!
リスがプルシェンコて!!
最近悪役多いけどキュートな三枚目の役も捨てがたい。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ