「ゴーン・ガール」  That's what he wants.

「ゴーン・ガール」 (2014) アメリカ
原題/Gone Girl
監督/ディヴィッド・フィンチャー
出演/ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  キャリー・クーン  タイラー・ペリー
     キム・ディケンズ  ニール・パトリック・ハリス 他

Gone Girl


ライターのニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は大恋愛の末に結婚。
ニックの故郷であるミズーリ州に引っ越して、幸せな夫婦生活を送っていた。
ところが、結婚5年目の朝にエイミーが失踪してしまう。 居間は荒らされ部屋には血痕が。
「エイミーは誘拐されたのか?殺されたのか?」 事件は全米注目の的になる。
そんな中、失踪現場の自宅の状態に不審な点が見られ、犯人としてニックに容疑が掛かりだす。
果たして真相は? エイミーの行方は?
物語は意外な方向へ流れ出すのだった・・・。


Gone Girl
リア充爆発しろ!のお二人さん   世界は二人の為にあるのね~♪


Gone Girl
エイミーを探せ!  エイミーの失踪は全国レベルの騒ぎに


Gone Girl
オレなんもやってねぇってのに!!    え~?そうなの?


Gone Girl
わ・た・し・を・み・つ・け・て・・・・・


こんにちわ。 寒くて死にそうです。 毎朝(まじで)泣きながら起きてるみーすけです。
さて、寒いけど観てきたよ!
「セブン」「ゾディアック」「ソーシャル・ネットワーク」のデイヴィッド・フィンチャー監督が女性作家ギリアン・フリンのベストセラーを映画化。
脚本は原作者自らが担当しています。

で、キターーーーーーーー!!
フィンチャー監督!、やっぱズキュンとした映画撮るねぇぇ。
この秋一番面白かったぞよ。 
わたし、こ~ゆ~ ドロっとした汚泥のような人間の内側を描いてる映画が好きだってことなんだなぁぁ 一見爽やかさんなのにな てへ♡
でね・・・ ミステリー仕立てなサスペンスなので ネタばれせずに レビュー書くのが非常にムズい。
困った困った。
いっそ記事アップを年末ギリギリまで引っ張ろうかなとか考えたんだけど。
ま、いいや、ご覧になってない方は極力スルー方向で4649!


Gone Girl
それでもよければ読んでちょ  どぞ~


さて本作、前半と後半パートで映画の目線がガラリと変わるんだよね。
どうしようかな、どう書こうかな。
前半エイミー失踪によりニックがマスメディアに対して行う捜査協力や、警察によるエイミー失踪に関する捜査状況を描いてるんだけれど、合間に夫婦の 出会い→結婚→新婚生活へと続く 「エイミーのリア充爆発日記」 がモノローグで流れます。
彼ら夫婦がピカピカの出会いをして、イチャイチャな恋愛を経て、ラブラブな新婚生活をいかに満喫しているか・・・が書かれている日記。
エイミーが語る夫婦の生活に陰りなんて微塵もないはずなんだけど、やはり2年経ち3年経ちすると状況が少しづつ動いていく。 ピンク色だった日記の内容がだんだんサーモンピンクになり・・・。
この中盤までの夫婦感の変化って 一般的なカップルではあるあるなんですよね。
ただ、これが事件と直接的に関わることが分かるので、観てるこっちは目を離せない。
淡々と物語は進むのだけれど、その変化にニックとエイミーと一緒になって
「あらあらあら・・・・」と翻弄されちゃうんですね。


Gone Girl
最初はスウィーティーな内容だった日記なのに、 とうとう後半こんな事がぁぁ


ベン・アフレックが演じるニックのキャラが悩ましい~♪ 
あ、イケてる方向の悩ましいでわなく(笑) いや、映画的には超イケてるってことか。
ニックの煮え切らない態度や、暴力を匂わすような雰囲気が漂うのに、事実なのか第三者の想像なのか線引きが曖昧。
ベンアフ本人の育ちの良いボンボン的チョロいアホっぽさがそのキャラにぴったりマッチしてるんだよなぁ。
彼の普段(なぜか)ちょっと感じる残念キャラを逆手に使ってお見事な演出。
浮気でもしてるんぢゃないの~?と思わせて やっぱりしてました! ってのも笑えるし。
極悪に鬼畜なのか、天然ヘタレなのか観てるこっちが翻弄されちゃうんですよね。
キャスティングの妙ですな。 フィンチャー監督の演出も上手いです。


Gone Girl
ど~もベンが映るだけでバカップルぽく見えちゃうんだよな。 なぜ??


てかさ~ベン・アフレックって 「アルゴ」 というオスカー作品を監督しちゃうような人なのに、ど~してかチョロい感じがしちゃうのってなんでなんだろう?
いや、嫌いでわない! そこは断言。 
でもなんだか 「・・・・・・ふっ」 って苦笑が浮かぶんだな。
顎のえくぼが間抜けだからか? 
そう、彼はみーすけの ”面長なのにあんまりスイッチが入らない俳優カテ" に所属なのだ。
他のメンバーに、アーロン・エッカードとかキアヌとか入ってるんだけどね、ま、ど~でもよかったっスね。


Gone Girl
カメラマンに言われ、笑顔の写真を撮られるニックのあいたた感


マスコミやメディアへの辛辣な皮肉も効いてる。
あのワイドショーのキャスターってば(笑) 
シロかクロかは別として、どんどん追い詰められ、メディアによってどんどん犯人ぽくなってくニックの運命やいかに?
てか、当初メディアの思惑通りに踊らされるバカっぽさがいかにもすぎてトホホ通り越しですわ。


Gone Girl
「嫁が失踪してんのに笑って写真撮るってドウヨ?!」  と簡単にネタになります  チョロいな


ニックの残念な感じが上手いわ~、てか素なのか?!素だよね?!と思わせるベンアフ万歳!
顎も間抜けで本編中ネタになってて 何度も吹きそうに(実は吹いた)なったりしたぞ~!
そゆとこ残念で可愛くて好きだぞ~! でもスイッチ入んねぇ~ぞ~! ケイシーの方がいいぞ~!!


Gone Girl
「まあ、オレ愛されキャラなの分かってるから、いっけどね」  イジられキャラでわ??


後半物語の視点がエイミーに変ってからの物語が なんつ~かこの映画の醍醐味なんですよ。
何というか、恋愛でも結婚でもイチャラブ期間が終わると、まあ倦怠期やコレジャナイ感って起こることもあるでしょう。
しかしこの夫婦の何というか、信じらんない感って・・・。
ああ~ダメダメ ネタばれしちゃう!
てか、配役の妙と申しましたが、エイミーを演じたロザムンド・パイクはオスカーノミネート間違いないだろな。
このエイミー役はかなりの争奪戦だったらしく、本作のプロデューサー リース・ウィザースプーン(違うな)、ナタリー・ポートマン(いや違う) シャーリーズ・セロン(違うわ違う)なんて名前もあがっていたらしい。
で、フィンチャー監督が選んだのは「次に何をするのか想像するのが難しい女優」てな理由でパイクを選出。
これ大正解だと。
このなんちゃってボンド・ガールのロザムンド・パイク
美人なんだけど毒気がなくて、イマイチ印象に残りにくい女優・・・だった。
このイマイチ知名度低しだったパイクがエイミーを生々しくリアルなものに感じさせてくれます。
この役で今後彼女の人生大きく変わるであろうことは、観た人なら納得していただけるかと。


Gone Girl
元ボンドガールだし 脱ぐわよ~ん


あと、二ール・パトリック・ハリス演じる病んデレ系エイミーの元彼が痛い!色んな意味で!
友達と、このキャラの色々と痛い事に関してかなり盛り上がったのだけれど・・・。
男としてある意味本望なのでは?とか 痛すぎて逆にきもちいのでは?とか ちょっとフィニッシュ早過ぎない? とか ※自主規制の為フォントを小さくしております
んんん~~・・・。
殿方、お気をつけあそばせ。 世の女性って意外とダークでディープなんです。
ま、観た人しか分かんないスね へへへ♡


Gone Girl
「早いのは 脚本がそうなっていたの!」  あ~、はいはい・・・


男女の 夫婦の 人間関係の 愛情や繋がりに対するこだわりって怖いなぁぁって思いました。
可愛さ余って憎さ百倍とか、坊主憎けりゃケサまで憎いとか、嫌よ嫌よも好きのうちとか(あ、違うか?)
ニックの行くも戻るも地獄な感じと、それでも愛なのか?なエミリーの病ンデレ感とか、とにかく怖いっす!
怖い。うん。これ好き。 
監督作品の中で個人的に一番好きな「ゾディアック」の上をいくかも。
男と女の間には 汚泥たっぷりな深い溝があるのですね・・・。
てか「Gone girl. That's what I want」なニックに励ましのお便りを!
んでベンアフの「セルフ顎ネタ」 をお楽しみに!
是非ご覧ください・・・ってそこ!?
ああ~やっぱほんのりネタばれだわ すみませ~~ん!


Gone Girl
顎だけでなく 演技も頑張ったから観て・・・   うん!ちゃんと分かってるよ!


Gone Girl
うふふ♡ これからわたしは成り上がる!  そ~でしょうともよ・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゴーン・ガール」

とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているのか、などのミステリー仕立てになっているが、途中から加速度的にスリラーになっていく。アカデミー賞のノミネート(主演女優賞)もされたこの作品。面白...

『ゴーン・ガール』

□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月20日...

ゴーン・ガール

夫婦喧嘩映画は嫌いじゃない。 正直、けっこう好んで観る。 台詞がうるさくて苦手なアレン作の中では異色な「インテリア」、 あれだって夫婦仲うまく行ってないことが核にある。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

行く気マンマンだった

…ってタイトルが過去形だけど、多分行けないだろうな。

ずーーっと前から鳴り物入りで宣伝してたじゃんか!
そりゃ~観たいゎさ。
面長でもキュンと来ない派、ソコ笑ったけど、超同感!!
キアヌしかり…はいはい、右に同じく。

どこがネタバレ部なのかさえ分からんが、このレビューでも
十分ミステイク、ちゃう、ミステリアスだべ。

この女優さん、どっかで観てるよ。淡白なお顔立ち、でもヤル時ゃ~ヤル的な。。。

ベンについては自分で顎の話を出すくらいだから、
馬顔、ケツ顎は自覚してんだね(笑)
しかし、みーすけさんもかなーーりベンのこと「ボロックソ」に言ってるじゃないか。
うんうん、って頷きながら読んだ私も私だけどさ。くっくっく

寒さこらえて観に行こうっかな~!!行っきて~~~!!

雪見舞い

chacoさん

ちくしょー!面白かったよ!
いやぁ、ホントはご覧になっていただきたいけれど、この天気をおして出かけるのは無謀かと。
人間の心の奥底のドロドロげろげろの汚泥たっぷりな内容です。
女って(てか人間て)怖い。 
ある意味社会病質者です。
だめだ、ネタばれだ
とにかく観てのお楽しみ・・・うふふ♪

ロザムンド・パイクが凄いよ。

いや、ベンアフにボロンチョンですが、けして嫌いでないの!
そこんとこ4649!
でもね~なんかね~スイッチ入らない(笑)弟のケイシーの方が深みがあって好きなんだな。
長男長女ってどっかポヤンとしてると思いません?最初の子で甘やかされて育つからかな。
なんかボンボンぽくて切れがないのな、ベン。
っだ!わたし長女だ!そこはスルーで!


ところでそちら雪だいじょぶですか???
暖冬予報?なにそれおいしいの?って感じの寒波ですが、ホントにホントに気をつけてください。
今朝は神戸も晴れてるのに山から雪が吹雪いていて泣きながら出勤。
そちらの方なら「なめんなよ」レベルなんだけど、きっと(汗)

記事ありがとー❤️最初から最後まで緊張感あったね。てか終わった瞬間隣のおっちゃんが「こんな最後かよ❗️」てゆっとった(笑)まさかおっちゃんハピーエンド期待してた??!
この話、誰もが共感できるだろうね。ギリギリ社会人として一線越えてないだけで。ふふ。。
フィニッシュはもっとギリギリまで頑張んなきゃね。ふふふ。。。

Re:

め ちゃん

頑張ったけど仄かに香るネタバレごめんだったわ~。
てか、そのおっちゃんあの話に明るい未来を想像できるんだろうか?
フィンチャー監督、結婚に何か恨みとかあるのかしらん。
やはりニックに励ましのお便りを!
そして、フィニッシュはせめてもう少し長く……ふふ。

No title

ベンアフの顎ネタ私も一人で吹いたわ~w
これ面白かったね。ね。
もう少しオスカー前哨戦でも話題になっていいはずだけどな。
後半盛り上がれ~。
ロザムンド嬢の無機質な感じがこうなるかと愕き。
ベンアフの浮気相手のバカっぽさと、それに輪をかけて父親みたいに振舞うベンのバカップルにも笑ったわぁ。色々最高でした(笑)

Re: No title

pu-koさん???

・・・でなければゴメンなさい。 多分pu-koさんだよね?

今朝エンタメニュースを歯磨きしながらチラ見してたら、本作がLAあたりで
行われた何かの賞をゲットしたとかなんとか報道してましたね。
でもベンアフはチラっとしか映ってなかったけど。
ベニーちゃんとエディくんのネタがメインでしたな。
やはりベンアフ、なにかと軽く扱われてる(笑)

ニックの浮気相手バカっぽかったわ!!(笑)
記者会見がいかにもな感じで!
女性キャスターの対比も一流と三流の描き分けやキャスティングが
あざといくらいで上手いな~と一人ウケた。

ロザムンド・パイクの捨て身の演技は個人的にかなりキたので、オスカーノミネート
されたらいいのにな。
ベンアフの「素」のパフォーマンスもね(笑)

No title

うぎゃ。ごめんなさい。
名前も入れずに投稿しちゃってる。
はい、私です。あ、バレてるねw

Re: No title

pu-koさん

うん、バレバレ♪

ロザムンド・パイクの眼。

きれいではあるけれど、怖い、って私、
過去作品でも感じてましたから、監督さん
その辺あたりよくご存知で起用なされたかしらね。

アフレック兄はどれ観てもピリリ感が僅少警報発令中。
初代スーパーマンに扮した映画など
あまりにもハマってらして可哀想になったほど。
特に本作での、無駄にりっぱなボディなど
パチンコ屋CMに出てらした某野球選手みたいで。(笑)

懐かしい「ファーゴ」もTBさせていただきましたが
果たして無事届きましたかしら。
「インター・ステラー」は何度も飛ばしましたが
どっかに落ちましたかね。

Re: ロザムンド・パイクの眼。

jiji姐様

パイクの瞳孔パカっと開いた綺麗な顔が怖かったですね~。
そこまでやる?!と もしかして母親の見えないプレッシャーで
歪んだ被害者なのかしら?とか終わってから色々考えましたが。
ベンアフ(笑)
なぜか笑えるベンアフ。
そそそ!無駄にガタイのよりあの体!
パチンコのCMの野球選手って?キ●ハラとかですかね?
弟ケイシーの繊細な暗さがあれば彼ももうちょい重みが増すかも・・・。


> 懐かしい「ファーゴ」もTBさせていただきましたが
> 果たして無事届きましたかしら。
こちらは届きました!
ブシェを愛でる映画です♪
> 「インター・ステラー」は何度も飛ばしましたが
> どっかに落ちましたかね。
こちらもだいじょぶ、届いております!

雪の被害のニュースを見て心配してました。
そちらだいじょぶですか?気をつけてくださいね。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ