『オオカミは嘘をつく』 脂禿げ枯れ でも面白い!

「オオカミは嘘をつく」 (2013) イスラエル
原題:Big Bad Wolves
監督:アハロン・ケシャレス
出演:リオル・アシュケナージ / ツァヒ・グラッド/ ロテム・ケイナン/ ドヴ・グリックマン 他


オオカミは嘘をつく



イスラエルのとある森で、かくれんぼをしていた少女が誘拐される。
容疑者として浮かび上がったのは、中学校教師ドロール(ロテム・ケイナン)。
刑事のミッキ(リオル・アシュケナージ)らは暴力的な尋問で取り調べするものの、証拠不十分で立件する事ができない。
そんな中、行方不明の少女は暴行されたうえ、首を切断されるという無残な姿で発見されてしまう。
また、ドロールへの行き過ぎた取り調べが原因でミッキは交通課に異動になってしまうのだが、ドロールを真犯人だと密かに追い詰めていた。
時を同じくしてドロールをつけ狙う男の影が暗躍していたのだった・・・。


寒い。 泣ける。
最近寒さの事ばっか考えて生きてるような気がする。
でも映画は観たい。頑張る って勝手に観ろですか? あ~そうですか。
さて、新年一発目としては、なかなか当ブログらしいチョイスでわないかと。
2013年の釜山国際映画祭で、タランティーノが大絶賛したという本作。
ちょっとちょっと!とっても面白い作品でしたのよ!奥さん!!
・・・・・と、思わずスーパーで立ち話する奥様が憑依するほどの面白さ でした。

しかし、レビューが書きにくい作品なんだよなー。
素人ブロガー(わし)泣かせ。
なんたって衝撃のラストとかネタばれちっくな事を書かないと魅力が伝わりにくい。
でも非常に非常に面白いのでたくさんの人に観てほしい~!
色々頑張ったけれど、12月末で関西上映も終わったって事で(多分)開き直ってかなりのネタばれゴメンな記事ざんす。

って~ことで

☆☆~WARNING~WARNING~WARNING~WARNING~~☆☆

今回開き直ってかなりのネタばれゴメンな記事ざんす。

本作未見の方はスルーしてください!
大事なことなので二回言います。 
か・な・り・ネタばれしてるから未見の方はするーして!


さて、warning は終わった、後はご自由に♪
最近、『事前情報あまり入れないで映画観るキャンペーン』実施中なわたし。
今回も劇場の短い予告の他は、ほぼ情報無し状態で観賞。
うん、それ大正解。
タランティーノが喜ぶ作品て事で、残酷描写を覚悟。 基本それ系好きだし。
脳内準備は70年代の ”エログロマカロニウェスタンど~んとこい!” 状態。
序盤いきなり、天使のような可憐な少女たちがふわふわと森の中でかくれんぼをしている描写が続きます。


オオカミは嘘をつく
マジ天使!な少女が森でかくれんぼをしている・・・・

オオカミは嘘をつく
まったく変な趣味はございませんが、キュン♡てするほど可愛い~♡


一人の少女が廃屋の中のクローゼットに隠れ、もう一人の少女は別の場所へ移動。
クローゼットの少女の元へ何者とも知れない人影が忍び寄り・・・。
緊張感を煽るオープニングの映像がまず良いんですよ。


オオカミは嘘をつく
か~ら~の~残酷な運命!   犯人鬼畜!!


短いオープニングから、事件発生、捜査に至る流れで刑事、容疑者、被害者の父親と三人三様の状況が的確に描かれていて、プラス演出の良さもあり引き込まれます。


オオカミは嘘をつく
暴力刑事ミッキ こちらかなり鬼畜デカ


イスラエルの警察機構ってよく分からないけど、それってあきらかに違法捜査じゃね?っていう強引かつ暴力的な方法で容疑者を自白させようとするんだな。
おいおい、それっていいのか?って思う観客=わたし
殴る蹴るの暴力を加えて自供させようとするのを上司に止められ渋々容疑者を解放する刑事たち。


オオカミは嘘をつく
な~んか弱々しい容疑者ドロール 

ふわっとした目撃証言のみで連続少女強姦殺人事件の容疑者にされちゃうドロールさん。
学校の先生。
不当逮捕の上、暴力で自白させられそうになってるのにやられっぱなしなへたれキャラ。
あんたそれでいいの!?ってこっちが腹立つような処遇にもじくじく我慢しちゃうんだなぁ。


オオカミは嘘をつく
ぬおおおおおおおおおおお~~~~!!


入念な下準備の上、容疑者を確保するべく事を進める報復の鬼と化した父親。
彼が容疑者ドロールを拉致監禁するまで結構引っ張ります。
こちとら早く拷問シーン観たいなぁって煽られて、けっこう焦れる・・・って自分がちょと怖い(汗)


オオカミは嘘をつく
さあ! It's Show Time !!  


残念容疑者ドロールは 彼を追っていた刑事のミッキと一緒に父親に拉致監禁されるんですが、この父親の拷問が映画の大きな売りであり要です。
てゆ~か、昨年春先に観たヒュー・ジャックマンが悪鬼な父親になってた『プリズナーズ』を彷彿としました。
裏『プリズナーズ』な本作の父親はまず容疑者に被害者の少女達が受けた惨い行いを説明します。
この詳細けっこう凄まじいっす。
少女達は犯された後、手指を潰され、足の爪を一枚ずつ剥がされ、意識のあるうちに切れ味の悪いのこぎり状のモノで首を切られて殺されているらしい。
それをね、お前に繰り返すよって言うわけだ 親父が。 容疑者に。
首切られる前に白状せ~よと。
凄い! ドキドキする!
どんな拷問始まる? しょええ~~~!!
あまりの凄さに観てるこっちも緊張して「ゴクリ・・・・」ってなるでしょ?


オオカミは嘘をつく
やぁめぇてぇぇぇ~!!!  ってね。


で・・・、いざ拷問が始まりだす頃から、「あれ?」ってなるの。
超焦らしとハズシが入る。  「ん?」
しかも、かなりあざとい! 「お?」
殴ろうとしてなかなか殴らない。 「おいおい」
タイミングをずらす。 「およっ」
また殴ろっかな?  「う!」
訪問者が来る。  「っだ!!」
残酷さとユーモアの緩急の塩梅が絶妙~~。
でも容疑者痛がり方がそこまで凄惨でないし、あ、いや、痛いでしょうけど正直 「ぬるいな」

「んんんんんん~~???」ってなってきて、あれ、これってもしかして?と思う。
そこへこれです、これ!

本編中わたしが一番破壊力あったのがこれ!!
被害者の父親の年齢設定!!
ちょ!おま、45歳て!?
pu-koさんダメだ!!みーすけマジ吹いた!!

オオカミは嘘をつく
ぎゃはははは!!! てめ、どの面下げて45歳!?  


無いわ~マジそれ無いわ!
そうこの禿げ親父の年齢が45歳というところで、「あ!」と予想が確信に変わった。
「あ、これコメディーなのね~~ん」って。
本作は非常に巧妙に良くできたブラック・コメディなのです。
だから残酷表現をメインに置いてない演出なんです。
だって絶対狙ってるもん!
残酷描写の外しや焦らしや煽りの緩急の塩梅が面白いんです。
見た目オーバー60の45歳の親父がにこにことケーキを焼き、母親に電話で怒られ、父親に拗ねるって。
わははは!!って思うこの辺から物語もヒートアップするんだけどね。


オオカミは嘘をつく
45歳親父の父親   しばらくBBQは避けたい


イスラエルという国ならでわの逸話も入り、アラブ人との確執なんかも描かれています。
馬に乗って唐突に現れるアラブ人男性。 
ちょいと苦み走ったいい男なんですけど、あの唐突感なに?
笑っちゃったけど。
彼の存在にわたしはどう反応すればいーの?こいつ犯人か?

正直何をされても頑なに無実を主張する容疑者にこちらも同情が起こってしまうんだな。
鬼畜デカも、なんかおかしいと思いだす流れになるし。
と・こ・ろ・が・ね・・・
実はドロールはある罪を犯していることが後半わかるんですよ!
で、それって鬼畜デカ、ミッキにとってとんでもなくダメージなことなんです。
ラスト10分の畳みかけるような驚愕の展開に衝撃でした。
果たして真犯人は誰か?!
容疑者ドロールの本当の犯罪はどこまで?
刑事ミッキの運命は?
復讐鬼の父親はこの後どうするのか?
・・・そしてエンディングでの少女の運命が気になって、夜しか眠れない!!
ミッキの同僚刑事の無能さが情けなくて目に沁みるぜ。
『プリズナーズ』のジェイク・ギレンホール演じる刑事なら、即効解決だろうな~と思いました。


プリズナーズ
おう!!任せとき!


ちょっと茫然としてエンドロールを見ながら色々心に浮かびました。
実は監督が本当に見せたいモノは残酷描写ではない。
そこに関わる人々の内面、感情をこそ描きたかったのではないかしらんと思い至りましたよわたしゃ~。
攻撃と報復を繰り返し続けているイスラエルの社会からインスパイアされて本作を撮った監督。
憎しみの連鎖から生まれるのは憎しみしかない。
疑いの目で見たら何も本質は見えない。
そういう事を言いたいのでは?
あ、違ってたらごめん、すまん。
タランティーノ絶賛て事だけど、分かる分かるという感じ。
タラちゃんの初期の頃の作品にあった粗削りながら原石チックなキュッとクるツボが本作にもあるんですよ。
バイオレンスを使ってそれをちゃかす事で真に伝えたい事を表現する。でもノリはあくまでも暴力的。
いや~、面白い映画だったわ!



せめて華を・・・  なんちゅう美少女


しかし・・・全編、脂ぎったり、枯れてたり、挙句は禿げ散らかしたりと 華の無い画像ばっかりなので、いい加減食傷気味にもなりますが、映画の内容が内容なので勘弁してくだされ。
ただ、登場する少女たちが これでもか!ってほどみな愛らしく、このあとの悲劇を考えると、辛ス。

面長系も英国男子もジャガゴリ可愛い系も出ていないけど、面白い映画は面白い!
ってことですね!
でもやはりあんまり華がなくて自分でいやなので、今回もファス田べん蔵さん、よろしくお願いします。
ブログに華を!!


ファス
まあ、いっけど 相変わらずのタダ働き・・・ 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ネタバレ】『オオカミは嘘をつく』世の中偏見に満ちている

オオカミは嘘をつく(2013)イスラエル原題:Big Bad Wolves 監督:アハロン・ケシャレス 出演:リオル・アシュケナージ / ツァヒ・グラッド/ ロテム・ケイナン/ ドヴ・グリックマン ...

コメントの投稿

非公開コメント

おおおおお!!

どエラくエグい内容かと思いきや…

笑っちゃうわけね?黒く笑っちゃうわけね?
拷問で、どっかの映画みたく耳でもそぎ落とすのかと思いきや
笑っちゃうのね?ほっほ~

確かpu-ko宅でもコメした覚えがあるけど、
面白そう、ってことは確かだにゃ。(そんな上から…)

こんなオススメ映画を紹介しても
やっぱ最後にゃ、ファス田氏に残業させるんだ!!
文句も言わず働く彼に同情さえ覚えますゎ(笑)

ってかさ、パンティずり落ち&足首流血の図、痛々し過ぎます。そこ狙いなの?ほっほ~

えっと最後に。ロテム・ケイナンって他に何か出てなかった?見たことあるんだよな…

Re: おおおおお!!

chacoさん

はい、黒く笑います。
でも笑わない人もいる、きっと。タランティーノや、ヴォイ先生の『フィルス』とかの笑いが分かんない人は無理かも。

少女のおパンツずり下がり映像から始まるしょっぱなはバイオレンス臭プンプンだけど、拷問始まる頃から本領発揮だよ。
chacoさん映画一杯観てるから、きっと黒い笑いが分かるよ。、ソフトになったら是非とも観て!

ん~、最近の当ブログでのファスの酷使ぶりは、気の毒ではあるが、まあ、頑張ってもらうということで。働けファス!わたしのために!!
今度はチャニングにでも頼もうかのぉー。

むむむむ!

ダメよ、ダメダメ~

うわ~、コレだけは使いたくなかった…苦渋の決断><

受け口チャニングは、私が先に契約済み!!
働かすなら、まずはマネージャーを通して!!
そっ、ワタス、ワタス!!

「マジック・マイク」アマゾンで安くなるのを待ってるんだから!
だからナニ?・・・だーな。

オオカミ、DVD出たら必ず観ます!だから~、チャニングはダメよ、ダ・・・・・・うっ

Re: むむむむ!

chacoさん

えええー!?ダメダメなの?
むうぅぅ……給料はずむよ、だめ?(笑)
しっかし可愛いよなぁ奴は。
ぽちゃぽちゃ感がたまりません♪
スティーヴ・カレルの演技が話題の『フォックス キャッチャー』楽しみだわ~♪レスラー役でっせ。鍛えて脇の肉締めてるのかな(笑)

ところで、さっきのコメントで出演者に覚えありなの?
ドロールさん?何に出てるんだろうか、調べてみます。

No title

私も父ちゃん45歳に吹いたよ吹いたw
無いよなぁ、ナイ!!(笑)
で、これ面白かったよね~。
結局大元の事件の犯人は誰やねんって思うけど、やっぱりあの唐突のアラブ人怪しくネ?とか思ってしまう私はやっぱり偏見を持って人を観てるわけで。。
監督の思うつぼに嵌ったなと思ったわ。
にしてもお仲間の刑事の捜査のずさんなこと。
でもね、家から出てきたドロールが手にしていたゴミ袋をミッキもチェックしてよかったと思うんだよ。
全てにずさん。ま、そんなこと考える余地を与えつつ、しっかりブラックコメディとして楽しめるところが最高でしたね。
私もネタバレレビューだけどTBさせてもらいますね~。

Re: No title

pu-koさん

普段目にしない役者ばかりが出る、馴染みのない国の映画って観るのためらいがちになるけど、これは大正解たった。
違法な捜査もずさんなデカも親父45も狙いだったら監督の思うつぼにハマりまくられたってことだね。
バイオレンスに笑えて、後で「んぁ?」って色々考えちゃってなかなか深い映画だったすね。
しかし気になるアラブ人(笑)

TBありがとー♪
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ