スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくっと 第87回アカデミー賞 ノミネーション

きたきたきたきたきたーーーーー!!!

第87回アカデミー賞

きた!!! 全ての映画ファンが楽しみに待つ(だよね?!)アカデミー賞がやってきます。
現地時間1月15日に、第87回アカデミー賞の 飲み・・・違う、ノミネーションが発表されました!
ノミネーションのプレゼンターが 「なんで あんた?」 なクリス・パインだったことは50メートルぐらい向こうに置いといて・・・。

第87回アカデミー賞
なぜクリス・パイン? と思うのはわたしだけ? あ、うん、そーか、はい。

ところで本編のプレゼンターは 『ゴーン・ガール』 で色んな意味で "昇天" していたニール・パトリック・ハリスです。

第87回アカデミー賞
色々と "ザ・昇天!!” なハリス氏  ドラマ「天才ドギー・ハウザー」観てたわー。

ところで、ぶっちゃけ今年のオスカーは全く予想ができません!
言いきっちゃうもんね。 予想とかしません、できません。
なぜなら、ほとんどの作品が受賞式後の日本公開だから!

てゆ~か、映画業界いい加減にせぇよと俺は言いたい!
うん、確かに今の日本って洋画離れしてる。それは肌で感じる。
洋画の興行収入って邦画の2時間ドラマ映画とかに負けてんだよね。 そんな時代なのかと悲しい。
で、配給会社は苦肉の策として、授賞式後の公開の方が話題性で興行収入が上がるのかもしれん(確証ないけど)という戦法でやたらと3月以降に公開を設定するんですよね。 だよね?間違ってたら優しくスルーして。
でもね、映画観てるか未見かでセレモニーのわくわく感が違うのよ!!
って映画ファンはみんなそう思ってるはず。
もっとそーゆー映画ファンを大事にしないとますます洋画離れが進むぞ 配給会社。


・・・・っふ・・・文句は言うまい。 ←言ってるし
昨年は ほぼノミネーション作品観てたので超盛り上がったアカデミー賞だったわ。
今年はスイッチがイマイチ入らないにゃ~、それでも楽しみアカデミー賞!
でわ! 予想はできないけど、以下今年のノミネート詳細です!

まずはどっどーーーーっんと

☆作品賞☆

第87回アカデミー賞

『アメリカン・スナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『6才のボクが、大人になるまで。』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
『Selma (原題)』
『博士と彼女のセオリー』
『セッション』

って、今の時点で観てるの『グランド・ブダペスト・ホテル』だけだな。
面白かったなぁ~、でも2014年のマイTOP10にかすりもしなかったな(笑)
これは単に個人的嗜好、趣味も問題で、ウェス・アンダーソン監督のある意味集大成的作品だったと思います。
個人的にはウィレム・デフォーのノスフェラトゥ感とレイフ・ファインズのコメディセンスがツボだった。
あと、エイドリアン・ブロディの曲がった鼻が夢に出てきた・・・怖かった。

クリント・イーストウッドの 『アメリカン・スナイパー』 が 2月21日公開なのでギリギリ観れますね。
イーストウッドって間違いない! って日本で絶大なる信頼感あるでしょ。でも実はみーすけここ最近のイーストウッドってイマイチつまんねぇ。
どきゅん!キたーー!って作品は『ミスティック・リバー』と『ミリオンダラー・ベイビー』で、正直ここ10年で好きだったのって『グラン・トリノ』ぐらいかな。 もちろん及第点はちゃんとあるんだけど、正直そこまでぎゃあぎゃあ言うほどでわないっつーか・・・あ、スナイパーに撃たれる? しょーがねーな。

『6才のボクが、大人になるまで。』は頑張って今週末までに観る予定です。
12年かけて少年の成長と家族の変節を描くって・・・。
リチャード・リンクレイター監督は『ビフォア~三部作』であるカップルの一日を出会い、再会、その後という時の流れで描いていて、その手法を進化させた作品って感じですね。
『ビフォア~三部作』って嫌いでないけど、途中の二人の会話がかなりどーでも良くて、疲れてる時に観たらイライラした経験ありですが、『6ボク』は楽しみです。 また観たらレビューします。

デキ婚約でるんるん♪なベニーちゃん主演の 『イミテーション・ゲーム~』 ぐらいは2月中に公開してほしかったな。 彼は今の日本で一番ノリノリな英国人なんだから、なにも引っ張ってオスカー後に公開設定しなくてもな。
どんどん公開日遅れてたさし、もう!

みーすけが大好きなホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』も楽しみだし、J・K・シモンズがG・Gで助演男優賞ゲットした『セッション』もちゃんと公開されるようで良かった♪
アカデミー賞が好きそうな題材キング牧師を描いた『Selma (原題)』のみ公開日未定ですね。
で、どれを一番期待してるかっつーと、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が手掛けた『バードマン~ 』 が観たい!とにかく早く観たい!
予告や映画紹介で観た映像の流れるようなカメラワークやマイケル・キートンの雰囲気にすでにタダものならぬ「みーすけ好き好き!」オーラを感じてます。
 
次! ☆主演男優賞☆

第87回アカデミー賞


スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
エディ・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

コメディがメインだったスティーヴ・カレルの悪役が超楽しみだわ。
てか、これは可愛い可愛いわたしのチャニング♡が出るのでね。 公開が待ちきれない♪

第87回アカデミー賞
実際の殺人事件の犯人を演じるカレル氏と殺され役の可愛い可愛いチャニング♪


なにげに3年連続のノミネートのブラッドリー・クーパー。 凄いね、酔っ払い続けた甲斐あって出世したね!


ま、今回はベニーちゃんとエディくんとキートン氏の三名での票取り合戦ではないでしょうか。
オスカーはゲイが好きだから、ベニーちゃんの役は美味しいだろうし。
ただG・G獲得済みのエディくんとキートンさんが強そう。


第87回アカデミー賞
クリソツ エディくんのホーキング博士 早く観たいぞ!

第87回アカデミー賞
でもやはり、この濃い顔と映像がわたしの嗜好をくすぐるのです!

はい次!☆主演女優賞☆

マリオン・コティヤール 『トゥー・デイズ、ワン・ナイト』
フェリシティ・ジョーンズ  『博士と彼女のセオリー』
ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
リース・ウィザースプーン 『ワイルド』

やっぱきたねロザムンド・パイク。  『ゴーン・ガール』自体はベンアフ(マイナス)効果で全く無視されてますが(汗)
面白かったのになぁドロドロしてて、しかもブラックに笑えて。
まあ、でもパイクは納得のノミネートかと。

第87回アカデミー賞
ふふふふふ・・・ いまどきの元ボンドガールは出世するのよ。 多分。


実力あるのは分かり過ぎてるマリオン・コティヤールやますますしゃくれるリース・ウィザースプーンの『ワイルド』な顎も強いでしょうが、でもぉ ここはやはり肩と背中のシミ・ソバカスの量で すぽぽぽぽーーん!とジュリアン・ムーアではないでしょうか。
受賞遅すぎって感じ。 好きです姐さん♡


第87回アカデミー賞
いーかげん賞ちょーだい ちょーだい ちょーだい   病んでます


☆助演男優賞☆

ロバート・デュヴァル 『ジャッジ 裁かれる判事』
イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
J・K・シモンズ 『セッション』

助演男優賞は実力派の役者ばかりがノミネートされてますね~。
ロバート・デュヴァルの 『ジャッジ 裁かれる判事』は大好きなダウ兄主演!ダブルロバートだわ♪
これ、今週末観る予定なので、またレビューしますね。

第87回アカデミー賞
へへ♡ ダウ兄 多分今夜会える・・・

しっかしロバート・デュヴァルって息の長い役者ですよね。 
やはり『ゴッド・ファーザー』のイメージが強いんだけど、もー出てるだけで安心できるというか。
オスカーって高年齢の候補者に甘い傾向あるんで チャンスですよ爺さんのほうのロバート!

マーク・ラファロ♡が『フォックスキャッチャー』に出てるのね!
よれよれになればなるほどセクシーなマーク・ラファロ。 面長でも英国人でもないけど大好き♡

第87回 アカデミー賞
セクスィー・ラファロ♡
 
『バードマン』にはエドワード・ノートンまで出てるのね。 
あとね、イーサンがオトーサン演るんだぁーと、『リアリティー・バイツ』を観たわたしは感慨深いす。
やはり観てないから予想なんできないけど、この賞は誰が取っても嬉しいラインナップ。

第87回 アカデミー賞
童顔だったけど、いい感じに歳取ってるなぁ "イーさん" 




さて、 ☆助演女優賞☆


やはりここにパイン氏がいる違和感パねぇ

パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
ローラ・ダーン 『ワイルド』
キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』

映画に出たら当然のようにノミネートされる神・メリル姐さんに関しては もう殿堂入りでいいのでは?
凄いよね、ほんとにこの方は!

第87回アカデミー賞
ザ・神女優、余裕のノミネート    あたりまえじゃー

G・Gではパトリシア・アークエットが 12年間でダイエット広告の逆バージョン並みに体系を変えて受賞してましたが。
あ、太ったから受賞ではないですよ!
観てない作品ばかりで正直コメントのネタがないので ごめんねパトリシア姐さん。

第87回アカデミー賞
もーしわけないので、どすこい前の綺麗な写真を・・・


最後!☆監督賞☆




アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』
ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
モルテン・ティルドゥム 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』

なんだか今年のノミネーション、自分のスタイルを強く持った個性的作風の監督が選ばれてるのが印象的ですね。
てか、もーなんでもいいから早く観たいよ未見の分を!

ってな感じで駆け足のご紹介でした。
さて、現地時間 2月23日のセレモニーが楽しみです!

*************************************

・・・で、今回うちの妄想ファスとヴォイはまた一緒にテレビで観賞するのでしょうか?


☆ここから 妄想みーすけ劇場 ショートバージョン☆


この間ジェームズと散歩してた時の事。

「ねえマイケル、2月の23日の夜 予定開いてる?」
「どーだっけなぁ?」
2月の23日って、確か・・・
「開けて! 開けといて!! オスカー授賞式一緒に見るの!」
あ、やっぱりか。 オスカーナイトだな。
「え~? またぁ? お前最近酔っぱらうとわけわかんねー事言うんだもん」
この間酔っぱらったジェームズは、ソファーで寝てる俺と一緒に寝ようとしてベッドに押し込むの大変だったんだ。
お前最近 酒の飲み方おかしいぞ?
てか、キャラもちょっとおかしいかな???

第87回アカデミー賞
お泊まり無し! やだ!!

「今度は大丈夫だよ!」
ホントかよお前。 てかなんでそんな必死なんだよ? ちょっとこえーよ。
「んぢゃ、今回泊まりは無しな」
「却下!!」
「ええぇぇーー?またー?」
酒は飲んでも呑まれるなだぜ。 分かってんのかな。
てか、誰かこっそり呼ぼうかな・・・。



ヴォイ先生まさかの朝チュン狙い?!
ファス! 逃げて!! 逃げてーーー!!
次回妄想みーすけ劇場へ つづく・・・    のか?!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アカデミー賞
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー ジェームズ・マカヴォイ ロバート・ダウニー・Jr.

コメントの投稿

非公開コメント

色々なっとく

腰痛7割治癒状態の為、今夜の書道教室は休んだぜぃ。2年間で初欠席です。
クッソー!!休みたくなかったが、イタタタタ~には敵いませぬわ。

で、オスカーね~。
「グラントリノ」のくだりも納得だし、マイケル・キートン好きも一緒ジャン!

私も観てないのばっかだから、予想はよそう、なーんてな。(笑えん)
そそ、「リアリティ・バイツ」えがったえがった!あのイーさんが、「6ボク」の父親!
時は流れまくったのね~。

とりとめのないコメですまんの。腰をかばいながらのPCの為、頭が冴えない!
けどさ今年は、介護や子守に負けないで大好きな映画を「寝る時間を割いてでも」観ます!

…って、こんなとこで年頭の抱負らしい事を言ったところで「は?」だけど、
みーすけさんの妄想劇場のエスカレート塩梅も、私がちゃんと監修せねば。
頼むからチャニングを巻き込まないでね(笑)

ま、そんなこんなで、誰が&何がオスカーを手にすることやら楽しみだべ!
うううううう~、やっぱ、痛ぇ~~~(泣)サイナラ

Re: 色々なっとく

chacoさん

腰痛圧してのコメントあざーーす!
腰は辛いね分かる分かる。
二年前わたしもぎっくり腰をして半年整骨のお世話になりました。じっと座れないから、あんときゃ映画館にも行けなかったもんなー。
本当にお大事にしてくださいね。

でも映画は観たいですよね!
わたしも今年も時間作っていっぱい映画観て妄想垂れ流し頑張ります。
chacoさんのチャニング排除の監修は、「でもチャニング妄想読みたい」の裏返しのような……。
まあ、そのうちそのうち……ふふ。

とりあえず、来月のオスカーナイトを全裸待機で!!

No title

イーストウッド駆け込みでフィンチャーがゴーンなのはちと残念だなぁ。
同様にブラッドリー・クーパー滑り込んでジェイク落ちも ちょっとーー だったり。

うん、でもエディ君と『博士と~』が作品賞に入ったのは嬉しい。
でもほんと、日本はただでさえ公開遅いのに、有力作品をわざわざアカデミー後にとっとくのまじアカンよねぇ。色々予想してみんなで盛り上がってこそ、興行も伸びると思うんだけどなぁ。

ま、しかしなんだかんだ言って楽しみです。
今年は秘境から地味に盛り上がります(笑)

Re: No title

pu-koさん

激やせジェイクの演技は映画界で話題になってたもんね。観たいわ楽しみだわ。
ブラッドリーはどーなんでしょうね、イーストウッド効果なのかな。
『ゴーンガール』全く相手にされてないのが不思議。脚本とかでノミネートも無しなのね。
キワモノ過ぎ?わたしは『インターステラー』や『フューリー』の百倍面白かったけどなー。あ、比較作品もはねられてるか。

ほぼ観てないからアレだけど、それでも楽しみオスカーナイト!
pu-koさんの秘境レポート(笑)楽しみにしてまーす!
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。