スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジャッジ 裁かれる判事』  ダブル・ロバート あざとくとも嗚咽

『ジャッジ 裁かれる判事』 (2014)アメリカ
原題/The Judge
監督/デイヴィッド・ドブキン
出演/ロバート・ダウニー・Jr  ロバート・デュヴァル  ヴェラ・ファーミガ       ヴィンセント・ドノフリオ ビリー・ボブ・ソーントン 他


The Judge



"金で動くやり手弁護士"として名を馳せるハンク・パーマー(ロバート・ダウニー・Jr.)は一流法科大学を首席で卒業しながらも、その才能を金持ち相手のを強引な無罪判決を得る事に使う強欲弁護士として知られていた。
忙しい弁護士生活のため、妻に浮気され結婚生活も破綻直前なハンク。
そんなある日、母急逝の連絡を受け、父 ジョゼフ(ロバート・デュヴァル)が判事として働く故郷へ帰省する。
絶縁状態だった暫くぶりの親子の邂逅は、穏やかとは言い難いものだった。
そんな時、ジョセフが、殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。
人々から絶大な信頼を寄せられる判事として法廷で42年間も正義を貫いた父。
衝突しながらも無罪を信じ弁護を引き受けるハンクだったが、次々とジョゼフに不利な証拠が浮上するのだった・・・。


The Judge
母の葬式での久々の再会もハグ無し握手のみの断絶感 辛ス!



The Judge
判事と被害者の過去の事件が大きな殺人動機に?!  そんな事より空が蒼いぞ・・・


The Judge
久々に "ヒゲの無い"ダウ兄  安定の演技だわ♡


2015年の劇場初め作品は、大好きなダウ兄ことロバート・ダウニー・Jr.主演の本作となりました。
んふふふーー。
観賞後トイレ駆け込んで、真っ赤に泣き腫らしたウサギ眼だったわたし。
はい、まんまと泣かされた。 えーえー単純ですともさ。
あざとくっても、なんでも、役者の演技が奮いつきたくなるほど素晴らしく、しかも親子の絆なんて題材に弱いみーすけ。
見事ヤられました はい。


The Judge
事件当夜の行動に齟齬があるのはなぜか???  言え親父!  言わん!!


絶縁状態の判事である父親にかかった殺人容疑を、息子が弁護する法廷サスペンス。
法廷サスペンスとして宣伝されてますが、ホントのメインテーマは親子と家族の絆の再生ドラマです。
でも法廷劇としても、ある事情で事件の詳細を言わないジョゼフをなんとか無罪にしようと奔走する息子ハンクの弁護シーンは手に汗握ります。
ただ物語の大半を割いて描かれるのは、20年も前にある事がきっかけで壊れてしまった父と息子の関係。
これが丁寧に描かれていて、役者の極上の演技も手伝い素晴らしい家族再生のドラマに仕上がっていました。


The Judge
「ワシの安定の演技は 当たり前って事で」  おみそれしました・・・ 


何といっても 殺人事件の容疑者になる判事を演じたロバート・デュヴァルの演技がすんばらしーんだから。
前回の記事にも書いたけど、80歳を超える年齢を感じさせない熱のある演技で、彼が出るだけで映画が締まるってやっぱりすごいですよね。オスカーノミネート納得です。
42年間、法に忠実であれと地元で働き町の人々の信頼も厚い判事。
頑固で子供との接し方にも柔らかみがなく、息子たちが父親を「判事(Judge)」と呼ぶ事で、その関係性が垣間見えるという上手い演出。
しかし厳しいだけでなく、子供たちが幼いころは彼らを抱き上げ、ハグして、一緒に遊ぶ柔らかい父親の面を覗かす昔の8ミリ映像をちゃんと見せる演出が泣かせる~。
決して愛情が無いなんて事はないんだよってちゃんとこちらに提示して、では何故フランクは父と決別してしまったのか?
ってのがミステリー要素になって楽しめるんだよねー。


The Judge
何故決別したか? それは言えないあしからず・・・


ちょっとネタばれだけど、病んだジョゼフの姿に衝撃を受けるシーンがあるんです。
正直もぉぉぉ、堪んなかった!
涙腺ダイレクトにキちゃってイキナリの嗚咽が止められず。
親が病気のシチュってあざとい! でも~ロバート・デュヴァルが上手過ぎて・・・。
降参。 泣かされてもしょーがねーわ、あれわ!!
父ジョゼフが被害者である殺人犯をなぜ軽い刑で釈放したのか?
その経緯が分かる最終証言でのデュヴァルさんの父性愛溢れる演技が、あーもー堪らん!
ダウ兄の弁論も素晴らしくって親子の隠された心情に涙腺崩壊だった。
泣き過ぎ? だって個人的にこーゆー題材に弱いんだからしょーがないんだもん。



娘を溺愛してるオトーサンを演じてて和むわダウ兄♪



共演者も演技達者がしっかり脇を抑えてます。

え~と、まずハンクの学生時代の元カノにヴェラ・ファーミガ。

The Judge
お色気担当 うっふん


学生時代の元カノは シングル・マザーでしっかり生きてる。
昔のようにちょっかい出そうとするけど、おいおい、親父の裁判優先しよーぜハンク!
安定のヴェラ姐さんです。
娘の父親に関する事実がけっこー笑えた


The Judge
久しぶり!のビリー・ボブ  意外とあっさりキャラ

映画で観たのが久しぶりな印象のビリー・ボブ・ソーントン。
法に公正であれという信念を持つやり手の検事を演じてたビリー・ボブ。
法廷メインの映画ならもすこしそのアクの強いキャラを前面に出せたろうけど、そこを掘ると映画のテーマ変っちゃうのでね。 意外とあっさりめな役どころでした。


The Judge
パーマー家の三兄弟 


個人的にはヴィンセント・ドノフリオ演じる兄グレンのキャラが良かったわー。
グレンは学生の頃、大リーグでやっていける程の素晴らしい実力を持った選手だったのだけど、"ある事故"がきっかけで肩を痛め選手生命を終わらせなければならなかった。
その事故が この家族に亀裂が入る大きな原因となっているんですが、それは観てのお楽しみ。
野球を諦め、頭のゆっくりした弟を支え地元で自動車修理工として働くお兄ちゃんグレンは、もしかしたらハンクに対して色々思うところもあったかもしれない。
でも二人が、がっしりとハグする兄弟愛に涙腺ゆるゆるだよもーー!
『フルメタル・ジャケット』 の "元・頬笑みブタ"  やっぱやるよね!


The Judge
頬笑みブタはやーめーてー・・・


・・・・さてダウ兄。 そう主演はダウ兄です!
久々にヒゲも無く "キャラ"入ってないダウ兄の演技はやっぱり上手いなクソ!でした。


The Judge
「 Year!!」 ここ若干 トニー・スターク 入ってるけどね!


『アイアンマン』 や 『シャーロック・ホームズ』 でダウ兄を知ったヤングは知らないかもだけど。
昔ダウ兄は・・・

じゃーーーーん!! アイドルかよ?!


ダウ兄お目め きらきら☆☆


やんちゃな頃のダウ兄かわいいかわいいかわいい♡
今まであんまりダウ兄に関してコメントしてこなかったんだけど、実はみーすけは昔からダウ兄の大ファンです。
あ、ファスは別格ってことでよろしく。 彼はもう殿堂っちゅーか、ファンとか超えてるんで・・・ってうるさいって? はい、すんません。

・・・んで、ダウ兄。
『チャーリー』や『愛が微笑むとき』で気になって、追っかけで『レス・ザン・ゼロ』観てその演技力に痺れたっつーね。
『オンリー・ユー』が好きすぎて3回観にいったのは懐かしい思い出でござる。
この人のドラッグによる出たり入ったりは周知の事だけれど、ドラマ 『アリー・マイラブ』 を途中降板してリハビリ施設入った時は 正直もう戻ってこれなかも・・・って思った。
ところがね~~、カムバックすんだよな!!
メル・ギブソンが、かなり助けてあげたらしいですね。ダウ兄、最近のメルギブ助けてあげて。

『ワンダー・ボーイズ』 『キスキス・バンバン』 『ゾディアック』『グッドナイト&グッドラック』なんかで印象的な脇役をこなしてーの。
で、自らのメソッドアクトをパロった『トロピック・サンダー』でオスカーノミネートされた時はほんとに嬉しかった♡
ダウ兄自らの波乱万丈な人生とキャラを買われての『アイアンマン』での復活は記憶に新しい所です。
やっぱ2005年に再婚した プロデューサーの奥様 スーザン・ダウニーさんの功績が大きいのかなと思うわ。
本作も嫁プロデュースですからね!


The Judge
亀の甲より 内助の功   『実録 アメリカン・あげまん』 


まあ、ダウ兄の事はまた別の機会に特集でもしよっかな~ 需要なくてもさ!
だってこちら非営利超個人経営ブログですから!


ありがちなストーリーとかってアメリカではあんまり評価思わしくないらしいんだけど、わたしは好きだわー。
役者の演技で納得できる映画ってやはりいーです。
じーさんの方のロバートさん、オスカーの助演男優賞にノミネートされてるので、授賞式前に観てほしいなぁ。



元アイドルも今やおじさん。
でも超チャーミングなおじさんなのです!
せっかくドラッグから脱却できたんだから、頼むから薬二度と手を出さないでね!プリーズと!
嫁!管理ヨロシクです!



The Judge
題 : 『ハイビスカスとおじさん』
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ロバート・ダウニー・Jr

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裁判以上の親子ドラマ

映画「ジャッジ 裁かれる判事」を鑑賞しました。 金で動く辣腕弁護士として知られるハンク・パーマーの絶縁状態の判事の父ジョセフが殺人事件の容疑者として逮捕される 42年間も法廷で正義を貫き 信頼も厚い父が殺人を犯すはずがないと弁護を引き受けるハンクだが疑わし...

「ジャッジ 裁かれる判事」

傑作。丁寧に作られている。笑いもあるし、泣きもある。幼かった頃の自分、今の自分、これからの自分、全てに様々に思いを馳せる事ができる。ぐるぐると色んな思いが頭の中を横切る。そして私は心底ロバート・ダウニーJr.が好きなのである。これまでの彼の作品では(個人的には)「キスキス★バンバン」が最高傑作と思っていたが、この作品はそれを凌ぐかも。ぶっちゃけ、黎明期からどん底期を味わい、押しも押されぬハリ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わーーーん、法廷ものは専門用語多くて字幕無しの劇場鑑賞ためらったんだよねぇ。
そっかぁ、親子の絆が主だったんだ。観ればよかった。残念すぎる~。
ダウニーは文句なしに素敵だよね。
そろそろ『アイアンマン』も身体に堪えるお年頃ゆえ、こういうヒューマンドラマで上手いところ見せてくれるのは嬉しいな。
奥様と二人三脚でしっかり頑張って欲しいね。うん。
DVDになったら速攻観る!!

Re: No title

pu-koさん

あ、そっかぁ。本格的な法廷モノって用語が専門的で難しいですよね。
わたしも字幕あっても半分くらいな雰囲気理解だと思うもん。
耳で分かるのって『状況証拠』ぐらいだもん(笑)
でも、裁判シーンていっても、心情を吐露するような演出に重きを置いてるので、そちらで生活しているpu-koさんならぜんぜんOKかと!
ソフト化したら是非!デュヴァルさんの演技たまんないですから。

> ダウニーは文句なしに素敵だよね。

でしょ?でしょ?でしょ??
チャーミングな人なんだよなー。憎めないキャラというか。
いや、別に憎もうとしませんけど(笑)

薬物で悲しい最期を迎える名優が多いので、ホントはダウ兄も心配なんだよ。
止めて何年も経ってるのに、ホフさんみたいに再開しちゃって・・・なケースがあるのでね。
頑張れダウ兄!
ずっと応援してるぞ!!
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。