スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『6才のボクが、大人になるまで。』  家族を見つめて12年

『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)アメリカ
原題/Boyhood
監督/リチャード・リンクレイター
出演/イーサン・ホーク  パトリシア・アークエット  エラー・コルトレーン  ローレライ・リンクレイター


Boyhood


メイソンJr.(エラー・コルトレーン)は6才。
父母の離婚後、姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とともに母親オリヴィア(パトリシア・アークエット)に引き取られ暮らしている。
父親 メイソン・シニア(イーサン・ホーク)はアラスカに旅に出ていて1年以上会っていない。
ある日母オリヴィアは、祖母が住むヒューストンに引っ越すと言い出す。
大学に通い、教師への道に挑戦するというのだ。
やがてオリヴィアは大学で離婚歴のある2人の子持ち、ウェルブロック教授(マルコ・ペレッラ)と出会い付き合いはじめる。
そして再婚。
メイソンの新しい家族との生活が始まるのだが・・・。.


Boyhood
引っ越しなんかイヤ! ママなんか大嫌い! お姉ちゃんは反抗期


Boyhood
6才のボクが → →  15~6才の頃かな?

6才の少年メイソンJr.が大学入学するまでの成長と家族の変節をキャストを変えずに12年間カメラに映して話題の本作。
今年のゴールデン・グローブ賞 ドラマ部門の作品賞、監督賞、助演女優賞を獲得しています。
これね、ものッ凄く普通のふっつーーーっの家族劇なんです。
あ、家族的にはいろいろありますよ? 
メイソンの両親は離婚してて、ママは引っ越して大学に通う決意をし、パパはアラスカに旅行に行ってて(らしい)長い事会ってない。
引っ越したら当然学校も変るし、環境も変わる。
新しい出会いがあり、友達も変わり、ママは再婚して新しいパパと義理の弟妹兄姉ができる。
実のパパとも隔週であって交流を続け、義理のパパはお酒を飲んで暴れるようになって・・・


boyhood
12年も経つと、ビジュアル変るよなー


・・・と、言う感じな 難あり家族の日常が主人公メイソンの目を通して淡々と語られる映画。
昨年のサンダンス映画際で大絶賛。
今回の賞レースでもあっちこっちの映画際でノミネートや受賞をしています。
・・・正直、どうなんでしょうか?
映画の手法として12年間ドキュメンタリーのようにキャストを変えないで撮影する。
まずそれは凄いですよね。 役者の成長に合わせて脚本もかわるだろうし、その辺り監督の采配全てにかかってる。
観客はゆっくりと流れる家族の変節に自分の家族の事を重ねて観たりするから心に沁みる。
それは分かる。 すっげー分かる。

ただね・・・  爆弾投下してよろしいか?
みーすけさぁ、ぶっちゃけ途中眠かったんだわー。
さーせん身も蓋も無くて。

確かにママの恋愛下手のせいで子供たちも苦労して紆余曲折ある。
そこを深く突っ込んで描かない、いつものリンクレイター風味な描き方。
嫌いではないけど、眠い時うざい『ビフォア~三部作』 をちょっと彷彿と・・・。
隣のおば様は 豪快にいびきをかいていらっしゃいました。 とほほ・・・。


Boyhood
小さな男の子がどんどん大きくなるのは観ていて楽しい♪

Boyhood
頑張って自立するママだけど、 男選びが超残念


G・G助演女優賞を見事にゲットしたママ、オリヴィアを演じるパトリシア・アークエットはいいね。
22~3歳で妊娠してしまい青春なんて無かったと愚痴りながらも、大学に通い自分と子供のために頑張ります。
ただ、男選びに難あり~な残念ママ。
後半、高校卒業したメイソンに感情をぶつけるシーン。 
自分の望みや要求を犠牲にしても子供を愛して生活してきたオリヴィア。
独りになってホッとする反面、急に感じる孤独感に戸惑う彼女の気持ちが切なく、愛しかった。
母の愛って深くて大きいなぁ。 ありがたいありがたい・・・。


Boyhood
取り残される孤独感にちょいパニくるヴィクトリア。  パトリシア姐さんも老けたな~。


わたしアークエットの声や優しげな話し方が好きなんですよね。 とってもキュートでしょ?
ドラマほぼ観ないけど、彼女の『ミディアム』は観てたな。
最初から立派系でしたが、シーズン進むたびにどんどん体が膨れるなーおい、と思ってた。
ええ、映画でもしっかりと12年間の変化をば・・・


boyhood4腰パン
ギリ 腰パンできた12年前

Boyhood
顔がすっとしてて可愛いので分かりにくいけど迫力の二の腕とおっぱい


Boyhood
ま、演技には関係ないですからねー  どすこい!!


ちょっとねみぃーぞって、隣のおばちゃん起きてよ、って思ってたんだけど・・・。
中盤以降、メイソンが中学生ぐらいになると、だんだん引き込まれだしたんですよね。
子供のメイソンの考えは漠然としてるけど、思春期のメイソンの感情が想像できてちゃんと響くからかな。
12年と一口に言っても少年が青年になる12年って大きいですよね。
自分的には多分12年前と今ってほとんど変わらないんだよな(ビジュアルの話はや~め~て~)
頭ン中なーんも変わってないし、なんなら劣化してるだけで。
大学の頃の漠然とした将来もボンヤリとしか想像出来なかった頃を思い出して、ちょっぴり感傷にも似た感情が起こっっちゃいました。


Boyhood
メイソンの前には 何処へ続くかわからない無数の道があるのね・・・


学生の頃って、楽しいけどふんわりとした不安があった。
でも全く現実的でなく、ちゃんと想像する事ができなかった将来。
メイソンの前には何処までも続く道が広がる。 何処へ向かうのか本人も分からない。
でも選択肢は無数にある。
ラストの美しい風景の中で、ちょっと照れてるメイソンの笑みが可愛らしく清々しい。
そして 羨ましくなりました。 じんわり。
自分でも まだまだ目標を持って前に進む事はできるかも・・・って思えました。
で、結果的に じんわりと心に響く 優しく温かい いい映画でした。
あ、褒めてるじゃん。 そうよ、好きよ。


Boyhood
だいじょぶ! 失恋しても 次にまた可愛い女の子が出てくるでしょ?


ま~しかし、少年が青年になる12年ってビジュアルもそーとー変るよね!
オーディションって、親や親せきの顔も見てどんなふうに成長するか想像してキャスティングするのかな?
だってどんな風に成長するか、はっきり言って博打でしょう?

で、エラー君の変節ってさぁ・・・

Boyhood


途中から あれ?若干残念方向に・・・ゲフン! ゴホン!!
大丈夫! ハー●ー・ジョエル・ほにゃらら君よりは全然セーフです!
てか、、最後ベン・ウィショー化しとるがな。


本物のウィショー氏↓

Boyhood
ボク ほんもの。

Boyhood
パトリシア 「あれ?ベン・ウィショー?」


あと、お姉ちゃんを演じてたローレライ・リンクレイターは監督の実の娘。
ちょっと間違った方向に成長してるような気がするのはわたしだけか???


Boyhood
リンクレイター監督 娘の方向性の監修が必要でわ・・・?


成長と言えばリンクレイター組の彼、イーサン・ホーク。
親になるには早すぎる年齢でデキ婚したパパは、子供を愛しながらも家庭人として生活する事ができない。
そんなふらふらしたパパをイーさんがいい感じに演じてました。


Boyhood
パパと喋って!!  ってダダこねてます。


だんだんと親として、社会人として成長するパパ。
再婚して、子供ができて、変らず『家族』として付かず離れず子供と寄り添うパパ。
Tシャツを脱ぎ、スーツを着て、クラシック・カーをミニバンに乗り換え ちょっとラブハンドルなお肉をつけたパパ。
早すぎたために上手くいかなかったパパとママの結婚生活がちょっと悲しいな。


Boyhood
イーさん、 イー感じに歳を重ねてるなと


人として成長していくパパと青年へと成長するメイソンの両方を見ながら、自分が20歳前後だった頃の事がちらちらと頭に浮かびまくりました。
同時にイーさんの過去作、『リアリティ・バイツ』 が頭に浮かぶ!
これ、あのベン・スティラーの初期監督作だぜ!忘れてたわ。
甘っちょろい、青いぜ、と言われようがなんだろうが わたしこの映画が大好きなんですよねー。
頭いいのに、大学を卒業しても自分のしたい事が見つからずふらふらしてるイーさんがぴかぴかしてる。


Boyhood
おおおぉぉぉ・・・ 初々しい♡ 

なんて二人とも可愛いの!!  可愛いは正義!!
見よ!このウィノナ・ライダーの 「もうなんも言えねーー!」 な可愛いさ。
大好きだったよウィノナ ←過去形なのが悲しい

『リアリティ・バイツ』 猛烈に観たくなってきたな。 
ツタヤ行こう。借りよう。ウィノナ観よう!

Boyhood
うへぇ!
このころのウィノナって マジ可愛い超絶可愛い ひょっとして天使かも。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エラー君ベン・ウィショー化に爆笑。ほんとだw
ちっちゃいとき可愛かったのになぁww

で、途中、私もちょい眠くなった。
でも最後まで観ると清々しいつーか、心洗われるというか、ほんわか観終わる不思議な映画。
アークェット姐さんももちいいけど、ふらふわイーサンも嵌ってましたね。

『リアリティ・バイツ』未見なんですが・・
スティーラー初監督作品だったのかぁ。
ウィノナは今まで見た女優さんの中で一番可愛い。これいつかチェックします。

Re: No title

pu-koさん

子供の時に可愛くて、大人になると残念な俳優は色々いますが、エラー君はまだ発展途上なんで大丈夫かな。
ウィショー中ナウと言うことで。


映画の手法として、とてもパイオニアだし、観賞後の不思議な味わい深さと清々しさがいーよね。病んでるアメリカ人多いから、皆んな癒しを求めてこの作品に夢中になるのかな(笑)

『リアリティ・バイツ』、青いけど素敵な映画で大好きだよー。
主演二人のモダモダがきゅんとクる!
ベン・スティラーがまだハンサム路線に固執していたのが笑える。
ウィノナの可愛さは至宝級だね。演技もできる女優だったから、メンタル残念にならなかったら……と悲しい。
時間があったら是非観ちゃってー!

目覚めました(笑)

何とかこっちも更新!冬眠から少しお目覚め!

「6ボク」観たいね~!!
イーさん、イーね。

要は12年かけたドキュメンタリー映画だよね。違う?

あ、リアリティバイツ!!2人ともわっけーーー!!
ウィノナ可愛いからって、万引きは許されませんよ!!(あ、遠い昔か)

では、おやすみなさい。

Re: 目覚めました(笑)

chacoさん

そーです、平たく言えば12年を3時間にまとめたドキュメンタリー家族劇です。
普通は子供のキャストを変え、大人は老けメイクで対応の所を皆さんそのままでできるという画期的撮影方法ですよねー。
パトリシア・アークエットの膨れかたがリアリティ溢れてた。
リアリティと言えば『リアリティ・バイツ』←違うか
イーさんいーよねー。考えたらイーさんも子役出身だもんね。ハーレー・●ョエル・ほにゃらら系にならず素敵なおじさんになりました、良かった♪

ウィノナ万引きはいかんよね。『ブラック・スワン』でリアルに痛々しくて何か泣けた。

体調その他無理せぬよう!のんびり遊びに来てくださいね!ほな!

再来

あのさ、エラー君の完成図(笑)さ、

若干「ジョシュ・ブローリン」入ってないかえ?
いやいや、若干どころじゃねーぞ。。。私の目、ヘン?

ただソレだけ言いに来たんだけどさ。ごめんね。

Re: 再来

chacoさん

おかしくない!入ってる入ってる!(笑)
目付きの悪さっちゅーか、眉毛と目の近さがジョシュ・ブローリンだわ!
エラーくんの今後が気になるなぁぁぁ……
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。