スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セッション』 のっっ まい ふぁきんっ てんぽーー!!

『セッション』 (2014)アメリカ
原題/Whiplash
監督/デミアン・チャゼル
出演/マイルズ・テラー  J・K・シモンズ


さて、オスカー関連作上映も一段落。
今回は最優秀助演男優賞、編集賞、録音賞を獲得の本作。
いやぁぁぁ、今年のオスカー関連作品達のクオリティの高さってば、毎回身悶えるわぁぁ。
今回はシモンズさんの演技に完全KOされちゃった 『セッション』です。


セッション



偉大なジャズ・ドラマーになるという野心を抱き、全米屈指の名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)
彼は伝説的教師フレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に留まろうと頑張っていた。
彼の指揮する“スタジオ・バンド”に所属すれば将来への成功を約束されたも同然なのだ。
ある日一人で練習するニーマンの前にそのフレッチャーが現れるが、アンドリューの演奏を数秒聴いただけで出て行ってしまう。
しかし数日後、再びレッスンに顔を出したフレッチャーは、クラスの主演奏者を差し置いて1年生のアンドリューに自らのバンドに移籍するよう命じるのだった。
期待に胸ふくらませ赴いた練習初日。 異様なまでの緊張感に包まれた教室。
「音楽を楽しもう」と優しげに声をかけてくれていたフレッチャーはがらりとその態度を変える。
指揮を執る彼はメンバーに罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さないのだった。
フレッチャーに翻弄されながらも、必死に食らい付いていくアンドリュー。
しかし、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していき、アンドリューの精神をギリギリまで追い詰めていくのだった。


セッション
偉大なドラマーになるべく 日々スティックを打つべし!打つべし!打つべし!


セッション
ぴっきーーーーーーん! なクラス。


セッション
イキナリ一人 教室追ん出されて 「マジ? 何これ怖い!」 なアンドリュー


セッション
おらおらおらぁぁ!  しょえぇぇー!イキナリ初日にこれっすか??


セッション
きたぁ!  「Not my fuckin' tempo ! 」  アタマ回るわぁ


セッション
ふ、ふぇぇ・・・    あーあ 泣かされちゃった


予告トレーラーで散々垂れ流されていながら、ついつい観てしまうあのフレーズ。
ただならぬ緊張感と興奮!
鬼教授と自分の才能に自信のある鼻っ柱の強い学生のガチンコ音楽対決。
音楽映画・・・いやこれ題材は音楽だけどはっきり言って スポ根映画だもん。
今回それ以外 あれこれ言いたくないわー。
てか、本当にシンプル作品なんです。 でも緊張と驚愕な作品なんです。
とりあえず、色々読んだり聞いたりする前に まず映画を観ることをお勧めします。
いや、もう、ほんとに面白いんだから!!


セッション
はい 注目!!


いや、もう、まず何が凄いかって、オスカー助演男優賞ゲットしたJ・K・シモンズの演技でしょう。
彼無くしてこの映画は語れない。
シモンズさんのハマりまくりの演技がなんせ 凄くて 凄くて 凄くてーーー!!


セッション
出た! 右手くるくる! もーこれクセになるよね?!


鍛えに鍛えたガチムチな体にぴったりとした黒のTシャツ、黒ボトム。
テカテカとひかる頭に脂が浮いた強面のフレッチャー。
ちょっとお下品な罵声とスラングで未熟な生徒の演奏に激を飛ばすフレッチャー。
なんせこのフレッチャーのキャラが強烈すぎて あっという間に持ってかれちゃうからね。
映画初っ端出てきたときはな~んかソフトな雰囲気なのよ。
「あれ?」 予告ではもっとすごいと思ったのにな・・・。 
って思わせてかーーらーーのーーー!!


セッション
はい出た!くるくる!  pu-koさんもじゅりさんもハマったくるくるよ!!


今まで燻し銀なクセある脇役で来たシモンズさん。
『スパイダーマン』 『ザ・メキシカン』 『バーン・アフター・リーディング』とかとかとか・・・。
ズラがあると別人に見えちゃうし、役によって印象が全く変わる なり切り系の超性格俳優。
上手いけれど、けしてトップに名前が挙がってくるタイプの役者ではありません。
そんなシモンズさんが今回この役を演じるチャンスを掴み、そこで彼の100パーセンをスクリーンに残せた幸運。
いえそのチャンスと幸運を掴むのも彼の実力って事ですね。
まさにハマり役!お見事! 
もう他の人が演じるフレッチャーなんて想像できない。


セッション
受賞おめでとう♡  セレモニーでの「両親に電話しなさい」ってスピーチ、感動したな。


音楽の為なら一切の妥協を許さないフレッチャーのストイックな姿勢は彼の服装や立ち居振る舞いに滲み出ていて。
一歩間違えば狂気とも取れる行いが、シモンズさんの見事な演技力により説得力があり突飛なものにならない。
いや、もう、ホント、やられました。
それぐらい印象深い演技を披露していて、助演男優賞間違い無しですね。


セッション
磨き甲斐ありそな後頭部


あまり語られてないけれど、主人公のアンドリューを演じたマイルズ・テラーの演技も良かった。
顔はちょっと情けないおぼっちゃん風だけれど、アンドリューは結構な自信家で、鼻っ柱も強い。
プライドも高くて、性格ははっきり言ってちょっとヤな奴なんだな(笑)
音楽に集中するために彼女の事なんかどーでもよくなっちゃうし、それをはっきり言っちゃうようなバカ野郎です。
死に物狂いでフレッチャーに食いついて行こうとするアンドリューの努力が凄い。
いや、ほんとスポ根です。


セッション
男の子だけど涙がでちゃう・・・


セッション
手のマメがつぶれて 血だらけになってるスティック  


この二人の衝突と不思議な師弟関係に関して様々な紆余曲折があるのだけれど、ストーリーとしては本当にシンプル。
お互いの音楽に対する愛とプライドと意地の炸裂。
どんでん返しに次ぐどんでん返しなストーリーと演出に翻弄されまくり。
圧倒され、翻弄され、緊張で奥歯ぎりぎりってして。
そして、予告で告げられたラスト9分の衝撃たるや!!
あの、あの、あうあうあう、す、すっげー驚愕な展開!緊張感!!
「う、う、う、うそーーーーん!?」な展開。
口アングリで思わず 「ううぁ・・・」って呻くあの展開。
何がって? いや、もう何も言えねぇぇーー! なのです。
真っさらで観て欲しいんです!
あえて例えるならそーだなぁ
『ユージュアル・サスペクツ』 のしょええ~な衝撃ラストとか!
『真実の行方』 のエドワード・ノートンの笑みとか!
『フォーガットン』 のうっそぉぉぉん!な、すぽぽぽぽーーん!とか!←これネタとして好きだわーw
ってことだよ!chacoさん!
しかも本作って犯罪ものでもサスペンスでもない、音楽映画なのにーー(笑)
スリルとサスペンスと緊張感とラストの衝撃。
ふいぃぃ、堪能しました。
エンドロールが流れた時、両手を握り込み、歯を食いしばってる自分に気が付いた。
ふわぁぁ って力が抜けて、溜息と一緒に笑いが込み上げちゃった。
あー面白かった って。
全編に流れるジャズも素敵でこれサントラ買いだな。
鑑賞後ジャズばっか聞いてる毎日です。


セッション
決意に満ちたアンドリューの表情がいい! って演奏中なぜ血まみれ?!(笑)


セッション
受けて立つ!! お互いしか見えてないガチンコ対決


さてと、相変わらず『事前情報入れないキャンペーン』実施中です。
てかPC調子悪くてまともにネットサーフィンできないってのが正解なんだけどねw
鑑賞後知ったのだけど、町山さん絡みでネット炎上してるんですね。
いやぁ、まー本物のミュージシャンの方とかが音楽的な解釈とか感じるのはしょうがないでしょうけど。
でも本作ってシンプルに映画として非常に面白いと思うんですよね。
近年こんなにエキサイトした映画ってちょっとないもんってね。
まあ『バードマン』しかり、あれこれと映画に関して意見の交換ができるのはそれだけ印象が強い映画という事でしょうし。
それって映画に魅力があるってことではないのかなってね。
なんせみーすけは、ホント、もう、面白かったっす。
とりあえず観ましょう!!映画館で!
今回あれこれいじりを挟む余裕がない。 てか色々書くと映画の面白さが伝わらないような気がするので。
たまにはシンプルに感想のみで締めますしょう。
へへ、映画ブログだからねーー。
とりあえずわたし もっかい観る!!



オフショットの二人  仲良さそうでホッとするわーもー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説

このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほどの熱い議論が。そこで、この「お節介な解説」では、その時に自分が調べて分かった事と良く見かけた論点について、なるべく簡潔に整理して書き...

「セッション」

キツイ作品だった。どうキツイのかは後述するとして、息詰まる熱い作品であった事は間違いない。強いパッションを感じるし、音楽の持つ底力に圧倒させられる。名だたる音楽学校で、何のコネも血筋もなく、ただひたすらドラムを叩く気の弱い青年。ただドラムが好きなだけだったのだが。火花散る師との闘いの中、抜擢、挫折、ひたすら文字通り血の滲むようなドラムの練習、自惚れ、自暴自棄…これの繰り返し。…これを我が息子...

セッション

セッション (2014) 【WHIPLASH】 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門シェイファー音楽院に入学したニーマン( マイルズ・テラー )。 ある日、フレッチャー教授( J・K・シモンズ )の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。 自信と期待を胸...

コメントの投稿

非公開コメント

これね~

これだったね、やっぱ。
パン一バードマンをも超えた、って映画は(笑)

いや~、みーすけさんの言ってる事よーーわかる。観てないけど分かる。
映画は単純なほど深くえぐれるし、わざわざ遠回りするストーリーより、
観ててスンナリ入って来るのが一番!!

だって女の子だもん。。。アタックは私が使ってる洗剤です。

あ、どんでん返し好きの私をお呼びになったようですが、
実は「ユージュアル・サスペクツ」は真ん中あたりで犯人が分かったのワタス!
カイザー・ソゼはぜってーアイツだって!足なんか引きずりやがってコノー。
「フォーガットン」のすぽぽぽーーーん!はジュリアンおばさんだろ?ハイ丸出し。
今日の映画では脱いでなかった(笑)…「フライト・ゲーム」です!

とにかく、観たいのは山々なんだけど、こっちの映画館ではやってないのだ。
んもーーーーー!!

良かったね、映画で心も身体も震え上がれるなんて最高だよ!
さ、還暦を迎える心の準備でもしておくか(泣き笑)

Re: これね~

chacoさん

あ、そー言えばうちの母も半ばで『この人カイザーでしょ』とか言ってたわ(笑)
わたしは映画館であぼーーん!でしたが。
劇場で観ると、あの閉塞された空間のマジックで色々考えられなくなって、ただ映画を受信するのみになる事があるんですよね。
この映画はあれこれ考えず翻弄されながら観るのがお薦めです。
ソフトになったら是非観て下さいね。
シモンズさんのクルクルっ!がハマるから(笑)

てか、もー明日ですよね!
大台おめでとう~♪
お誕生日楽しく過ごして下さいね!


No title

ホントホント、J・K・シモンズ以外にフレッチャー役は考えたくない(笑)
そうそう、マイルデ・テラーもとっても良かったと思います。
あはは~、磨き甲斐ありそなって(笑)クルッ!やってもらえるなら、いくらでも磨きますがなw
レイトショーでなかったら、もう一度続けて観たかったぐらいです。
曲はいまだに脳内ヘビロテ状態です(笑)
トラバさせていただきますね~

No title

これはサイコーーーー!!!だったよね!
シモンズのクルルっ!は病みつきだよ。
快感・・・ って、ハッ!私Sなのかしら?(笑)

そうそう、私も町山さんとどなたか音楽関係の方のバトルみたいながあるの昨日知りました。
町山さんが仰るのもわかる。自分の気に入った映画ぼろくそ言われて、観る前からクソ映画とスルーする人が出るのは最悪だもん。
でも、音楽家としてここがダメ!ってポイントをちゃんと言ってるんなら、それはそれでいいと思うんですよね。
理由も述べず「ダメ映画だから観るな」はアカン。(『チャイルド44』のヤフー映画のレビューに引いたばかりなので)

ま、でも誰がなんと言おうと、『セッション』は最高でした!!
捨てられた彼女が「自分が何になりたいかもわからない」子だったのも、脚本として上手いよね。
目的を達成するためとことん食らい付くアンドリューには合わないもん

最後のツーショット写真和むわぁ。仲良さそうで安心した(笑)

Re: No title

じゅりさん


あの見事な艶加減!卵で磨いてるのかしらん(笑)
主演二人の演技に引き込まれてラストまで一気にぐわーーー!でしたね。
ラストは周りなんか見えなくなってて、一気に二人の世界 ♥ あ、違うってw
そそ、演奏された曲が見事に頭をヘビロテですよ。
アマゾンで品切中で予約中ー。

ええー、レイトショーだけなんてもったいない!
上映館増えたらいーのにねー。

Re: No title

pu-koさん

面白かったよねーー!
シモンズさんのクルクルは映画史に残るアクションかと(笑)
長い役者人生を経て掴んだ当たり役。
只今感服させられちゃった。

町山さん達のバトル、そこまで詳しく読んでないけど。
そうそう、ちゃんとこーゆーことでダメだって解説してるのは悪く無いけど、影響力のある権威の方が『上映前』に観る価値無し系のコメントしたことに怒っているのかな。
映画はまず観てみないとダメだよね。で、そこで好き嫌いの意見が出るわけですもんね。

こちらに気を抜く隙を与えない脚本と編集の妙。
そうそう、フワッとした彼女をバッサリして、ちゃんとしっぺ返しも受け。
で衝撃のラスト!
マイルズのひ弱な顔が闘志に燃えてくるのが堪らなかったなー。
天晴れ映画。ヤられました!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。