「フィルス」  悲しきゲス野郎をお救いください

「フィルス」 (2013) イギリス
原題/FILTH
監督/ジョン・S・ベアード
出演/ジェームズ・マカヴォイ ジェイミー・ベル ジム・ブロードベント他

FILTH

舞台はスコットランド。
街がクリスマスを前に浮かれだした頃、日本人留学生殺害事件が発生する。
同僚を陥れるためなら手段を選ばない卑劣で最低な刑事ブルース・ロバートソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、この事件で手柄をあげ出世しようと目論んでいた。
ところが、捜査が進むに連れて、自分自身の最悪な過去、現在と向き合う事になり次第に彼の精神状態は崩壊していく。
そんななか「目撃者の女性」の存在が浮上して・・・

      FILTH

うおおおおおおおぉぉぉぉ!!!※注 ラッセル・クロウではありません

スコットランドの三白眼、ヴォイ先生主演の「フィルス」を観てきました。
「トレインスポッティング」の原作者アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化したクライム・コメディ。
ええ、勿論原作未読ですともさ。
トレスポが好きすぎるし、監督もこの作品がまだ2作目だし。上映館も超少ないし、あまり期待しないようにして、ヴォイ先生の演技だけは期待して観ました。

ただね、始まると漂うんですよ、わたしの好き系な臭いが(笑)
これ、ちょっと期待していいかもよ~って。

     FILTH
     何だこの野郎!!

題名の「FILTH」とは クズ、汚物、あと警察という意味があるスラングらしい。
主人公の刑事 ブルースはまさにその最低最悪なクズ人間。
同僚を貶める為にあの手この手で暗躍。賄賂、恐喝当たり前。
新人の刑事(ジェイミー・ベル)を引き連れ買春、酒、ドラッグ、同僚の妻と浮気。
ちょっっ おま 刑事だろ??という鬼畜な所業。
周りの人間を上から蔑む、俺様男なんです。
フリー・メイソンのメンバーでもあり、同じメイソンの友人の妻にイタズラ電話。
なんだこの男は、と共感も何もできない。

    FILTH7.jpg
  手に持ってるのは精液入りボトル。 なんだかな~(汗)

前半はこのブルースの悪辣な行動をドタバタと下品この上ないギャグで飛ばして行くんです。
露骨な描写も多いし、ギャグもかなり下品です。 いえ、笑いましたけど(笑)
後ろのおっさんも声出して笑ってたなぁ、すげ~お下劣なギャグで・・・
ちょっとこのままの状態で続くのかしら?と若干の不安を感じ出した頃、映画のトーンが変化する。

    FILTH6.jpg

行動があまりに破天荒なんで、この男メンタルに問題あるのでは?と思ってたらやはりそうなんですよね。
唯一の友人(?)とドイツにやりまくりツアーに行く頃からブルースのメンタルが崩壊し出すんです。
こいつ最低だなと笑ってたら、だんだん笑えなくなってくる。
一気に話がダークになって行き引き込まれます。

これはひとえにマカヴォイの存在感によるものでしょう。
常々思っているんですが、ヴォイ先生って普段は年齢より若く見えるベイビーフェイスですが、結構な三白眼で睨むと凶悪顔っしょ。
これが彼の演技の振り幅に高作用なんですよね。
今まではその容貌の爽やかな所を押した役が多かった彼、かなりのリスクを追いそうなヘビーな主人公を好演です。
いや~、ヴォイ先生演技の引き出し凄いから。彼の底力を感じました。
先日観た「トランス」でも悲しい病んだ男を演じてましたが、今回はその上をいきます。
彼のある意味ターニングポイントになる役かも。
しかも 今回もぬばぬば脱ぎますよ(笑)
例の小さなリュックに荷物パンパンに詰めたようなスタイル悪さをご披露~。
でも すら~っとしたきれいな体だと、主人公のクズ加減や悲壮感が出ないと思います。
い~んだよヴォイ先生そのままで!(激しく褒めてますよ!)

       FILTH

「トレイン・スポッティング」って無軌道な若者のドラッグ漬けな生活を中心に描いてました。
あれはあれで凄くかっこ良くて夢中になりましたが、本作は中年の家庭も社会的立場もある駄目人間の悲哀が強烈で、もうとっくにヤング(死語)ではないみーすけには、シンパシーこそ感じませんが(当たり前だよ)ブルースの痛みが気の毒に思えてしまってね。
状況が悪くなればなるほど、叫び 暴れ 自分を追い込んで高笑いをするブルース。
彼の笑いは慟哭なのだと分かり、そんな状況は自業自得によるものなのに、彼にある種の救いを与えてあげたくなります。
最後の展開もビックリでしたし、これ、面白かったです。
か・な・り・見る人を選ぶ映画ですけどね(笑)
ヴォイ先生の演技は一見の価値ありです!
監督のジョン・S・ベアードさん。
作家色の強い方とお見受けしましたが、作家監督って、ともすれば本人のマスターベーションっぽい映画に走って観てるこちらは置いてけぼり って事が時々ありますよね。
でもこの方の匂い好きかも。次の作品も観てみたいなと思いました。

映画のラスト、多分こうなるしか無いのかなぁ~と悲しく思いながら、残った一つの救いをブルースに与えてあげたいと思いました。
願わくばストライプのマフラーがもろい物であってくれと。
「ルールに例外は無し!」だったとしてもね。

FILTH

普段のヴォイ先生 爽やかね~
スコティッシュ訛りもキュートで大好き。
やっぱ英国産はえ~の~♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ジェームズ・マカヴォイ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下衆刑事(ゲスデカ)!

 私って、つくづく非国民です…  ついに始まりました!と後輩に言われて、何が?生理?と最低最悪オゲレツなボケかましたセクハラおやぢな私…  サッカーワールドカップで日本中が盛り上がってますね!後輩の男子たちの話題も、ワールドカップでもちきりです。三浦カズと...

スターのお仕事バトン

むずむずと映画大好き魂にまた色を添えてくれそうな バトンが『豆酢館』さんチでUPなされておりましたので   「 姐さんも、いかが? 」 っとおっしゃられる豆酢さんの甘 ...

コメントの投稿

非公開コメント

こちらでの

公開は来年、それも順次ということで。(- -)
北国はおくれて来るのがいつものこと。
それでも来るだけまし。^^

お話聞きまして
すぐに彷彿としたのは92年H・カイテル主演
「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」。
ほんと胸糞悪くなる刑事でございましてね。
N・ケイジでリメイクもございまして観ましたが
ありゃりゃのコケ作だったと記憶しておりますが。

ところでご報告をば。
「デッドマン・ダウン」⇒残念ながら配役ミス。
ほんとに映画的にダウンしちゃった。(- -)
本日は先ほど鑑賞「悪の法則」⇒曖昧模糊。(笑)

Re: こちらでの

vivajijiさん
上映来年ですか~。面白い風味の作品なので、姐さんの感想知りたいです。あと、マカヴォイの演技を観てほしい。
「バッド・ルーテナント」!あれを越えるのはまだヴォイ先生には無理かと(汗)
ニコラス刑事はもっと無理(笑)

悪の法則観られました?
判断に困るでしょ。役者たちの演技はいいのに、監督のマスターベーション…
台本が悪いのかな?
でも来週もう一度観るんです(笑)
二度観てダメならアウトなり。

No title

ぎゃはは、私これまで気づいてなかったけど、今回裸の後姿に「足、短っ」って言ってたわ(笑)
さなリュックに荷物パンパンに詰めたような・・って、みーすけさんうまいなぁ(笑)
しかし、しかし、マカヴォイの演技は本物でしたね。
何かで男優賞とってたのも納得。
ゲス野郎ぶりも痛快でしたが悲しみをたたえた瞳にもキュンでしたわ。
監督の次回作にも期待!! 
TBさせてくださいね。

Re: No title

pu-koさん

ね?ビックリするほど脱いだら(逆の意味で)凄いヴォイ先生。
鍛えれば鍛えるほどその凄さが(マイナスに)目立つ。
でもね、彼は「the 役者」なんですよ~!
この演技の振り幅に気持ちギュッと持ってかれるわぁ。
甘いマスクに似合わぬハングリーなスコティッシュ魂を感じるなぁ。
次回作はジェシカ姐さんと共演する甘系映画らしいけど、この振り幅(笑)
とにかく楽しみな役者であります!

TBあざーす♪

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ