「シェイム」  だって好きなんだもん 偏愛男優シリーズ

「シェイム」 (2011)イギリス
原題/SHAME
監督/スティーブ・マックイーン
出演/マイケル・ファスベンダー キャリー・マリガン 他

シェイム

さてと、ブログ開始一ヶ月経過勝手にお祝い企画で(笑)個人的趣味シリーズでもアップしようかね。
マイケル・ファスベンダーを一躍世界的に有名にした本作。
ベネツィア国際映画賞始め たくさん受賞しましたね、おめでとうだね♡

もう客観的に観れないかもですが(笑)落ち着いて何度目かわからない鑑賞です。

ニューヨークで暮らすブランドン(マイケル・ファスベンダー)は、ビジネスマンとして仕事にも成功、高級アパートに暮らし、何不自由のない生活を送っている。
しかし彼はプライベートの時間 ほぼすべてをセックスに関する事に費やすセックス中毒だった。
ある日彼のアパートに妹のシシー(キャリー・マリガン)が転がり込んでくる。
恋愛依存症でリストカット癖のあるシシーとの生活に、ブランドンのある意味平穏だった毎日は激しくかき乱されて行く。

         シェイム
  多分お支払いは200ドル? 

シェイム
わざとたっぷりした肢体に仕上げた K・マリガン  今回は脱ぎます 女優ですから・・・

映画が始まってすぐに、度肝を抜かれました。
ブルーを基調にした画面、シーツの上に体温を感じさせない男が映し出される。
人形のようなポカンとした 表情のない端正な顔。
やがておもむろに起き上がる男・・・ぜ、全裸だ・・・。

         シェイム
  シーツの色が瞳の色に似合う~♡

(彼の全裸にクラクラしながらも)男の日常が普通では無い事がすぐに分かります。
日常的にコールガールを呼び、バーで出会った女性と道端でセックス、時間があればトイレで自慰行為、電車でタイプの女性を見つけると目で誘い、帰宅するとインターネットでポルノを漁る。
日常全てがセックスだらけ。そんな生活を淡々と続けている。
ブランドンの感情の感じられない性行為は ただの排泄行為のようにも見えます。

   シェイム
     目で誘われふらつくも怖気づく人妻。 気合が足りんぞ!

刹那的な生活を送るブランドンのアパートに妹シシーが突然転がり込んできます。
この兄妹、なにやら曰くありげですが、映画はその辺りの説明を一切しません。
ただ、他人との感情の交流をしようとしないブランドンが、シシーとだけは喜怒哀楽の表情を見せます。
彼女が妹だからだけではない何かを感じて気持ちがザワザワします。
彼らは過去に一線を超えてしまったのでは・・・
モノローグや説明が無いのが逆に色んな憶測や想像を掻き立てられます。
不幸な過去の生い立ちが彼らの今の状況に大きく影響を与えている事は間違いありません。

シェイム11

シンガーであるシシーがバーで「New York, New York」を歌うエモーショナルなシーン。
以前にもブログで書きましたが、このシーンがとても美しくて素敵です。
感情を込めて歌うその歌詞に 彼らの過去がぼんやりと想像できます。

シェイム
   モンロー意識してるよね!
          シェイム
       泣かないで、ブランドン・・・

シシーの歌に涙するブランドンの表情が堪らない。
アイルランドから渡米してきた兄妹に何があったのか。
多分彼らは親に虐待されていたのではないでしょうか。
愛情の代わりに憎しみや暴力を受けた子供は愛されないのは自分に非があると感じ、自分を傷付ける自傷行為に走る傾向があるそうです。
また、愛され方が分からないため、自分も他人の愛し方が分からず、他人との感情的な交流が不得手になったり。

シシーは男性を好きになると見境なく相手を追い回すいわゆる「重い女」です。
多分「都合のいい女」扱いもされてしまうのでしょう。
彼女もやはり人との距離感の取り方が分からないんですね。
キャリー・マリガンの幼い表情が痛々しくて悲しい。
子供のようにも、疲れた中年女性にも見える彼女の表情に気持ちがざわざわさせられました。



そんなシシーの行動にイライラするブランドン。
バスルームでの一人エッチを観られた上に毎日欠かさずチェックするアダルトサイトまで覗かれて(パソコンしまっとけよ)とうとうぶちギレるわけですが、そのあとズンドコに落ち込む。


あら・・・


「おかず」を全部ポイしちゃいますの

ブランドンのセックスは快楽伴わない、ある意味 自傷行為に見えます。
そこに感情の介在は存在しない。
排泄行為としてのセックス。
愛情の伴わない行為としてのセックスしかできない彼は だからこそ恋愛感情を感じた女性との行為に体が反応しなくなってしまう。



ブランドンのブランドン機能せず。   絶望感ピークっしょ・・・



大人なんだし、もっと何かやりようが無いのか?で評価が分かれるのかもしれません。
仕事もあり容姿端麗で女性に不自由しないのだし、人に迷惑をかけないのであれば「好きにしなさいよ」と。
ただ、ブランドンはシシーとの再会により、自分の中で何かが変わった事を感じている。
自分を変えたいと思ってしまう。
しかし、何をどうすればいいのか、彼には術が無いのです。

シェイム

本当は一番大切にしたいシシーの事を 結果傷つけてしまう自分への嫌悪感。
こんな風に傷つけ合いながらも、お互いを必要としてしまう事へのジレンマ。
初めて本当の気持ちを吐き出すように雨の中泣き崩れるブランドンの表情が秀逸です。

シェイム

「あんた好きにしなさいよ」と思えないのは、ひとえにM・ファスベンダーの演技力の賜物でしょう。
体だけでなく心の中の物全てをさらけ出すようなブランドンの表情。
気持ちを震わせられる演技あってこその映画だと思います。
心の中の澱を吐き出すように果てる彼の表情は悲しさ以外の何物でもありませんでした。
凄い役者が出たもんだ。

     シェイム

事の始まりも終わりもありません。
映画の最初に目で誘い合った主婦とまた同じ地下鉄に乗り合わすブランドン。
彼女は今回本気で誘っている。
そんな彼女をじっと見つめるブランドン。
ここで映画は唐突に終わります。
彼はこの後どうするのか? 何を考えているのか? 彼は変われるのか?
毎回 色々な事を考えながらエンド・クレジットを眺めてしまいます。

映画の主題の扇情的な内容で、かなりのボカシを入れないと日本での上映が不可だったとどこかで読みました。
まあ、確かにオープニングすぐのぶらんぶらんは、ちょっと凄いですが(笑)あとは変なボカシ過剰な画面のせいで 必要以上な猥褻感や下品感を鑑賞者に与えてしまうと思うんですよね。
これってマックィーン監督や役者に対する暴挙とさえ思えますね。
映画の主題に対して違った感想を視聴者に抱かせる映倫のやり方に,今回もなんだかなぁ~感が満載です。
是非輸入盤で再見して頂きたいと、思いますねぇ、いやマジで。


    6c1ab50f0fef25c16886edcb5103802f.jpg
素敵だ・・・♡

ただ脱ぎっぷりがいいだけの役者で無い事を、今後の作品できっと証明してくれるでしょう。
今後も出演作目白押しですからね。その確かな演技力で感動させて下さいファス坊♡
マックィーン監督の次回作「12 Years a slave」の日本公開を切に切に待つ今日この頃ですよ はい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー スティーヴ・マックィーン

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

都会の孤独を映す『SHAME シェイム』

今月のキーワード『プロメテウス』から今週は『プロメテウス』の主要キャストの出演作を観ていきます。まずはアンドロイド役が楽しみなマイケル・ファスベンダー『SHAME シェイム』 ...

コメントの投稿

非公開コメント

中欧系

ドイツ系美男の色気いま盛りですかな。^^
マキシミリアン・シェル、クルト・ユルゲンス(旧いね)
「戦場のピアニスト」。超汚いエイドリアン・ブロディ観た後、
後光が射しているかと思われたトーマス・クレッチマンの
ナチ将校の美しさたるや!(撮影も巧かった)
余談ひとつ。ナチの軍服、あれは世界一色っぽいそれだって
その昔、物知りから聞いたことあり。

本作はM・ファスベンダーありきの主演作でしたね~
ただ個人的に懸念しているのは知的美形はいいのですが
彼すでに出来上がってる静かな風貌なので「悪の法則」、
あの使われ方では、個性ド濃い他キャラの前ではいささか
どうしても霞むのでありまして且つ掴みどころ曖昧な役柄が
いかにも残念!R・スコット、アンタの責任だ!(←私の偏感想。笑)

Re: 中欧系

jiji姐さん
鋭い!そこなんです、心配なのわ!
出てきたときに既に素敵に(笑)仕上がり感 ありでアクが足りない。
鍋ならいいけど役者としては、今後課題になってくるのかもですね~。
しかし彼、意外と(あの落ち着きで)まだ36歳。
母方の血、アイルランドの気の良いフレンドリーさん的キャラや、引き出しあると思うので、これから色んな監督にドンドコ遊ばれて欲しいなと思います(^ー^)

スコット爺のは、キャラ的には前回のデヴィッドの方が断然面白かったですね。
スコット、お仕置きだべ~!

あはは、E・ブロディは確かにきちゃなかった(笑)
ナチの軍服は着ている輩は別にしてセクシー感ありあり!

ブログ開設一ヶ月、おめでとう~

きましたね。
そうそう、この作品のファスベンダーはいつもに増して体温低そうで、ブルーのシーツと妙に一体感ありました。
みーすけさんはさすがの鑑賞力と洞察力。
私は妹との関係など、まだ読みが浅いなぁと思いながら読ませてもらいました。
お祝い企画まだまだ楽しみにしてまっす。



Re: ブログ開設一ヶ月、おめでとう~

pu-koさん
ありがとーございます!
いやん、大先輩ブロガーのpu-koさんに誉められたら嬉し~♪
継続は力なり、マイペースで頑張ります。
ファスが出てくると、冷静に映画を判断出来てるか不安になるんですよね…
あ、仕事でわ無いからいっか(笑)

最近、リンクという便利なモノを知りました(遅い!)
pu-koさんとこ、リンクさせてもらっていいでしょか?
ヨロシクお願いしま~す♪

勿論

リンク大歓迎です。
こちらからもリンクさせてくださいませませ。
どうぞよろしく~。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ