『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』  愛ならあるさ 映画愛!

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)アメリカ
原題/Avengers: Age of Ultron
監督/ジョス・ウェドン
出演/ロバート・ダウニー・Jr   マーク・ラファロ   クリス・ヘムズワース   クリス・エヴァンス
スカーレット・ヨハンソン  ジェレミー・レナー  ポール・ベタニー  ジェームズ・スペイダー 他


いやぁぁ~、何だか最近洋画が盛り上がってますね!肌で感じるんだよ盛り上りを!
『トムハ祭り』のせいかな? やっぱそうだね そうに違いない。
なんにせよいいことだ みんな映画館行って洋画観ろ。

さて先週末のコミコンでも世界的に盛り上がってたヒーロー映画。
マーベルコミック原作のヒーローで、主要な(金取れそうな)登場人物を集団にしたら、もっと需要がある(金取れる)んじゃね?という事から(たぶん)生れたヒーロー軍団 アベンジャーズ。
彼らを取り巻く世界観を「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)と呼ぶらしい。
そんなMCUの新作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』略して『AoU』が世界から遅れまくってやっと公開!!

配給会社が勝手に「愛を知る全人類に捧げ」ちゃったり、センスレス・ポスターや、予告でまさかのネタバレしすぎや、残念吹き替えでまたファン激怒 等々、公開前からSNSがかなりキナ臭かった本作を観てきたよっと!あらよっと!!


AoU


各キャラが単品で出ているシリーズが面白いので、ここまで豪華に集結したら嬉しくて鼻血ブーものですよ。
ただ、レビューが非常に悩ましい、難しい。
と言うのも、どこから遡って、どの辺りまで書いたらいいのか非常に悩むんだにゃ~.。 
ちょ、ま、「とりあえず観ようよ」って言いたいわたしの気持ち分かってもらえるでしょうか?
んん・・・それではダメかぁ、分かりました。
でわ簡単に・・・。


「神の国の跡目争い」から派生した、宇宙規模の兄弟喧嘩。そのとばっちりを受けしっちゃかめっちゃかになったニューヨークを何とか救った 前回の『アベンジャーズ』 から3年。


はぁー お疲れちゃん・・・


『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』において、90歳越えのDTヒーロー、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)と、彼が所属するS.H.I.E.L.D.(シールド)はまさかの身内の裏切りにも屈せず、悪の組織ヒドラを追い詰めなんとか追撃。



DT舐めんな!!


しかしヒドラの残党であるストラッカー達は「神の貰われっ子ロキ(今回出番なし)」の負の遺産の杖を利用して人体実験を行っていたのだ。


ふふふ、兄上許さん....   あ、ロキさん今回出番なしですよー


そんなヒドラの研究施設が東欧ソコヴィアにある事を突き止めたアベンジャーズは、施設を攻撃。
メンバーはDTキャップと同じくS.H.I.E.L.Dのメンバーの、仕事も恋も両立させたい方 お色気担当ブラック・ウィドウことナターシャ(スカーレット・ヨハンソン)


ムチムチプリン♡


超アナログな弓矢(!)という武器のみで生身でがんばる方 隠し妻疑惑のホークアイ(ジェレミー・レナー)



いや、正直ほんまこれだけで、よーやるわー俺って思うねん


神の子ソー(クリス・ヘムズワース)は『マイティー・ソー/ダーク・ワールド』で ロンドンでまたもや騒ぎを起こした愚弟ロキの不祥事に強く責任を感じ、神の国アズガルドから滅多に来れない筈の地球に わりとフットワーク軽く来て共に参戦。

AoU
食事時にも会話さえない確執ある兄弟の図


ニューヨーク戦でアベンジャーズとしての守りの限界を感じたトラウマをしつこく引きずるアイアンマンの中の人、病んトニことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ヒドラが秘密裏に開発していた人工頭脳の研究を使い、究極の防御システム「ウルトロン」の開発を完成させようと考える。もー、トニーいーかげんにしなさい。



だって俺 怖いのもーやなんだよー、ペッパー!


「トニー、それはやめた方がいーんでないかい?」
ある時はトニーのカウンセラー係り、ある時は怒れる緑の巨人ハルク、しかしてその実態は至って温和なセクシー胸毛のブルース・バナー博士(マーク・ラファロ)はウルトロンの暴走を危惧する。
が、「だーいじょーぶだって!」とトニーに懐柔されて開発は進む。そこは止めようよ!セクシーバナー!



トニーのわがままに弱いーのーよー♪


究極の平和をプログラムした筈のトニーだったが、ヒドラの陰謀により壊れた人工知能ウルトロン(中の人ジェームズ・スペイダー)が選択した究極の平和とは、平和を脅かす唯一の存在=人類の抹消という、『ターミネーター』におけるスカイネットや『X-MEN F&P』のトラスク社製センチネル的なものであった。 あちゃー、やっぱそうなるかー。


中の人ジェームズ・スペイダーですが、まったく被り物取らないのでスペイダーでなくてよくね?


あ・・・、最近ビジュアル残念な事になってるからかしらん・・・


トニーの強い味方の筈のAI ジャーヴィスの”体”を乗っ取っとり究極の対人類兵器を完成させるべく攻撃を始めるウルトロン軍団と、人類滅亡の危機を救うため迎え撃つアベンジャーズの新たな戦いが始まるのだった・・・局地的な東欧の超田舎街で・・・。


AoU
キメっっっ!!


ものっすごくバクっと要約すると、
『闘いにちょっと疲れた病んトニの引き起こした事が原因で、わりと色んな所でたくさんの人が本当に困る。』
って映画・・・かな?
あっっ、クレームはちょっと、すみません、ごめんなさい。


AoU
バナー博士の助言を聞かないトニー。  ダメだよー

『アイアンマン3』 時点でトラウマ克服できたと思ってたのに、意外と豆腐メンタルだったトニー。
もういい大人だしね、ちゃんとしないとね。
ケロヨン・ペッパーも社長業が忙しいでしょうが、パートナーのメンタルや行動をちゃんと管理しないと。


トニー、大丈夫かしら?  

間違えました!!



トニー、大丈夫かしら?


トニーとキャップの価値観の違いがだんだん顕著に表面化されてきてるのも気になるところ。
次の『キャプテン・アメリカ』でどうなるか不安だぁ。
いやーしかし、キャップって天使だよね、うん、DTだしね。頑張って貫いて欲しい! と。← 何をだ
彼の正義感とかヒーローとしての考え方って、ものすごく刹那的でわたしはそこが好きだ。
他の皆には心の支えになる「Sombody」がいるのに、キャップにはいない件。
シールドの一戦士として皆を守ろうとするキャップの姿勢はヒーローの鏡だなぁと毎回思うわけです。
嗚呼、キャップ、素敵だ。



彼の雄っぱいのファンがいっぱい・・・


それから、ソーね。ソーソー。
ソーとロキの確執は今回はあまり触れられなかったけれど、もーロキのひねくれ感にはほとほと呆れますからね。
いやーこの兄弟の行く末も気になって気になって、夜しか眠れません!


兄上の人の良さにつけこむロキの狡猾さ。 仲良くしろーー!



さて・・・
今回全てのキャラん中で一番期待して一番おかしく一番びっくりしたのがこちら。

AoU
誰?? ベタニ? ポール・ベタニー!!

赤鬼ベタニー!なんせ、このキャラがとにかく溜める溜める!!
煽る煽る!!
そして あらまあ!びっくり!な 出おち感!!(笑)
わたしと同意見の方がたくさんいるはずだ・・・。
この進化した赤鬼ジャーヴィスのあっと驚く動向にギャグか?笑ってもいいのか?とスクリーンに呟いたのもわたしだけではあるまい。


そして得に萌えたのはやはりバナー博士だなー。
この人もホント苦労人でねー。
幸せになって欲しいのになぁ。切なかったなー。ネタバレなんで言いませんけどね。
てゆーか今回やっと公式が 彼の、と言うか中の人マーク・ラファロのセクシーさを全面に押し出してきたのが嬉しくて!
やたらと上半身裸で胸毛を晒しておりました(笑)
世間がやっとラファロのセクシーさを認めたのだな・・・と1人広報室長としては感涙でした。



うっとり・・・♥



今回ちょっと、いや、かなり残念だったのが、過剰なネタバレに近い予告や宣伝。
もの凄く気を付けて「見ないように」「読まないように」暮らしていても、ふっと思わぬところから情報が入ってくる。
知らない方が明らかに楽しめるよね、ってネタが少なくとも2つ。
まあ、書きませんけど。
それに、宣伝で愛、愛って「愛押し」し過ぎなのも ちょっとお腹いっぱいかなぁ。
確かにあちこちに愛がある映画ですけども。
もうSNSでファンの方が散々吠えてることなので今更みーすけも書かないけどね。
知らなかったらもっと楽しめたのに!ってのが残念でした。


でもやはり、各キャラクターの苦悩や使命やらがどんどん大きくなってきて、ソロプレーがまたもや気になり、次のシリーズも絶対にまた観てしまうんだよなー。


おお、そう言えばちょいと雲隠れしてた丹下、もといフューリー長官も復活しますよー。
ふふ、出たがり。



戻ってきたの? やっぱり1人は寂しいの・・・💧


今回、究極に観てないと分かんないレビューになってしまったよ、反省。
でも悔いはない!
途中離脱してるそこのあなた!
騙されたと思って一緒にこのシリーズが完結するまで並走しましょうよMCUフリーク達と!
かもんじょいなす!!
お祭り映画を大きな画面で是非とも楽しみましょう!



祭りじゃー、踊れーー!! 落ち着きなさい。


メンタル強くなるんで許してね
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ロバート・ダウニー・Jr. マーク・ラファロ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありゃ、ロキは出てないんだ。いや~ん。

トムヒもロキでブレイクしたはいいけど、本来彼はアメコミ向きじゃないよなぁ。
というか、セクシーラファロもジェレミーもアメコミやってるのは違和感。
新入りはベタニーとスペイダーですって?絶妙なとこ持ってくるよなぁ。
でもこんな団体戦、AKBの世界だわな。

正直私はもうお手上げなんで(笑)
みーすけさん記事で楽しませてもらいます。

ところで昨日は劇場でジョブズの予告観たよ。
いつもよりアグレッシブなファスいい感じね。楽しみ!

Re: No title

pu-koさん

あーそうそう、なんてゆーか、子供の頃に観た色んな怪獣がいっぱい出てくる怪獣大戦争みたいな、そんな感じ(笑)
これはもう、お祭り映画だな、と思いながら肩の力抜いてボケーっと観るのが正しい観かたかな。
ただこれ以上キャラクター増やすと正直しんどいかなー。

ベタニがねーなんか困ったわー、色んな意味で。
わたしは密かに笑ってたんだけど、あれは皆の反応はどーなんだろうな。気になる。

トムヒ出ないの。あの兄弟の話は気になるので、ちょっとそこはひとつ観ときたいしなー。
切り上げ所が分からないのよねー。

って、いやーーん!
大きい画面でトレーラーもう観たの?!
きゃーー!!うらやましいーーー!!
早くこいこいスティーヴ・ジョブズ!
ファス来日しろー!!かもーーーん!

正直・・・

実はね、コレと「ファンタスティック・フォー」って
続編的な繋がりの映画かと思ってたんだ。お恥ずかしぃ。。。

とにかくクリス・エヴァンスはだーーーい好き!!
そんなに胸筋飛び出さなくても・・・って思うけど、
「セルラー」の頃の学生役の彼は初々しかったぜ。

顔がばっちしドストライクなんだよね~。
え?だーれも聞いてない?それはども。

大物出演者が多過ぎて、悲しいかなクリスが薄いじゃん!!
いやいや、胸板は厚いが。(ウマイッ!!)

Re: 正直・・・

chacoさん

あはは!いや、どのシリーズがどこで繋がるか、もはやよく分からなくなってるもんねー。
これ以上増やすと観てる方が混乱してしまうのでは?と1人勝手に危惧はしている件。

クリエヴァいーよねー。
この人の清潔感(普段は知らん)は萌える。
何もそこまで鍛えなくても、と思わなくもないけど。
基本細マッチョ派なんだけど、彼の雄っぱいは萌える。
あとチャニングとかチャニングとかチャニングとか....。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ