『クリード チャンプを継ぐ男』 想像以上に泣けまっせ

ご無沙汰しております、みーすけです。
『ロストボウイ』が想像以上に、響いております。寒いのもいかんわ。
映画や読書や作文(ブログな)に、集中できず、色んな事が詫び錆びで、どーでもいーやな投げやり状態でござる。
年末に書きかけてた記事の変なテンションの高さにそんな今の自分が付いてけなくてwwボツろーかと思った記事。
でも映画はとても面白かったし、せっかくなのでそのまま投稿。
以下、年末のテンションとゆーことで。
今回は、観賞後は何故か駅の階段駆け上がる衝動が起こる『クリード』です。


『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)アメリカ
原題/Creed
監督/ライアン・クーグラー
出演/マイケル・B・ジョーダン  シルヴェスター・スタローン  ビアンカ 他


クリード チャンプを継ぐ男


元ヘビー級チャンピオンでありリング上でその命を落とした伝説的ボクサー、アポロ・クリード。
アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)はそんなアポロの息子でありながら自分の出生前に父を亡くしていたためその存在を知ることなく成長していた。
しかし彼の体の中にはボクサーとしてのアポロの血が受け継がれていたのだ。
突き動かされるように仕事を辞めボクサーへの道を歩もうとするアドニス。
かつて父、アポロと死闘を繰り広げたライバルであり、生涯の盟友であったロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)に自分のトレーナーになってもらうため一路フィラデルフィアへと向かうのだったが・・・。



鍛えて腹六つに割れてるドニーのあしたはどっちだ?!



2015年公開作品の傾向の一つとして、過去人気大爆発だった名作の今さら?!な続編やリブートがたくさんあったなーって事。
本作はあの「エイドリアーーン!!」で有名な、名作……でないのもあるけど 、『ロッキーシリーズ』で、主人公ロッキーのライバルであり熱き友情を分かち合った盟友アポロ・クリードの息子を主人公にするという ”おおー、この手があったか!” 的作品。
監督は『フルートベール駅で』で注目されたライアン・クーグラー。
息子版があれば、次は孫? 永遠にシリーズ作れるね、良かったねー映画会社。と・・・あまりのあざとい戦略に観に行く気なんてさらさらなかったんですよ、ええ。
ところが、多くの方の”本当に観てよかった!なキラキラ感想が溢れかえってたもんで。
えー?まじー?そんなに言うなら騙されてやろーか?
かなり上から目線で鑑賞。
で・・・。
み、み、み、観てよかったっすーーーー!!!!!


クリード チャンプを継ぐ男
何かに突き動かされるようにボクシングの道へ進むドニー


父親を知らず唯一人の身内の母を亡くし、施設を転々として育った少年アドニス=ドニー。
怒りを拳にぶつけあちこちで問題を起こす彼の元に一人の女性メアリー・アンが現れ、自分の亡くなった夫、伝説のボクサーアポロ・クリークがドニーの父親であると告げるのです。


クリード チャンプを継ぐ男
愛人の息子を養子にするたぁ、肝の座った女性だ。


メアリー・アンに引き取られ息子として育ったドニー。
贅沢な生活、きちんとした教育、職場での昇進も決まったドニー。
しかし彼の体に流れる父アポロの血がどうしても彼をボクシングへと誘います。
ボクサーになる事をあきらめられないドニーは仕事を辞め、育ててくれた母メアリー・アンに別れを告げフィラデルフィアに向かいます。
そこにはかつて父アポロと死闘を繰り広げたロッキーがいるから・・・。



ライバルでありながら、熱い友情で結ばれていたロッキーとアポロ


亡き父アポロの素質を受け継いだ原石のようなドニーと、かつてアポロと死闘を繰り広げたロッキーの出会い。
本作は別に過去の『ロッキー』シリーズを観てなくても充分楽しめます。
でもねー観てたほうがあちこちに落ちてる小ネタを拾えるのでより楽しめるんだよな。
いやさー、これ系映画は内容ってシンプルでしょ。
落ち目の、または新人のボクサーが、わーーって頑張ってがーーーっとやって、がつーーーんって壁にぶち当たってどかーーーんとすっきりエンディングに持ち込む!!
・・だいたいこんな感じでしょう。
本作も父の才能を受け継いだドニーがロッキーの力を借りてボクサーとして成長する物語......って安っぽい続編かしらん?って思ってたら大きく裏切られまっせ。
監督、脚本を手掛けたライアン・クーグラーの演出はこれが長編二作目なのか?!と驚愕もの。
オリジナルへのリスペクトを感じるエピソードを入れ込みながら、ドニーのボクシングへの飽くなき渇望を丁寧に描いている演出がとにかく上手い。



ぬおおおお!!!


ドニーの説明できないボクサーへの餓えはきっと会ったことのない父親を追い求める行動なのかも。
素質はあるものの粗削りなドニーのボクシングがロッキーにコーチを受けることによりどんどんと卓越したものへと変化していく仮定は観ていてウキウキします。
しかしマイケル・B・ジョーダンの割れた腹筋すげかった。
ただのマッチョでなくてボクサーらしい絞った身体は惚れ惚れするほど。
ボクサー=不良のありがち設定を敢えて使わないドニーのキャラが新鮮だった。


クリード チャンプを継ぐ男
打つべし打つべし!!


本作の主人公はあくまでドニー。
ロッキーは脇に回り彼をサポートするかつてのミッキーのような役回り。
しかーーし!そのロッキーが本作のメインテーマにあるのは間違いないわけです。
台詞を覚えるほど『ロッキー』が好きなクーグラー監督の愛着ぶりがそこここに散りばめられた演出はロッキー観てるこっちには溜まらずニヨニヨしちゃいました。



うっきょきょー!で有名なシーンのここも……



しっかり登場しまっせ!!


いやぁーもーねー、爺さんになったロッキーがとにかく愛らしいんだわ!
ボクシングから離れて久しいロッキーは、妻の名をつけたイタリアンレストランを経営しながら静かに余生を過ごしている。
かつてのチャンピオンの力強さはなく、ただの好々爺なおじいちゃん。
愛する人々が次々といなくなってしまい、平穏に、しかし寂しく余生を過ごすロッキーの姿にいちいち鼻の奥がツンとしてウルっとして困った。
最初はドニーの依頼を断るロッキー。
しかし恩人であり親友のアポロの息子となればなってしょうがない。
おもちゃ屋の売れ残ったぬいぐるみみたいだったロッキーの表情にポっと光が灯るのがわかって、またもや涙腺きゅーんだよー。


クリード チャンプを継ぐ男
おじいちゃん言うなよ!!


最初はトレーナーを固辞したものの、やはり親友アポロの息子を捨て置けないロッキー。
父親を知らないドニーは知らずロッキーに父性を求め、またロッキーも孤独を癒す家族としてドニーを心の糧にしていくわけです。
ドニーのボクシングも本物になっていく。
そして!!
・・・とうぜん二人の前に大きな障害が出現するわけです。
その大きな障害が提示されたとたん「あー、これ嫌いな奴だわー」って思っっちゃったんですよー。
登場人物が何らかのトラブルに合う中で今回のチョイスはなー、これ最後までどちらかが隠して話が進んで、最後に涙涙~ってやつ?
いや、単純だから泣くけどさ~、辛気臭くて嫌いなヤツだなーって思った。

と・こ・ろ・が・だ・よ。

本作が面白いのはドニーがとってもいい子ってところ。
幼い頃は荒んでいたものの、メアリー・アンに引き取られ大切に育てられたドニーはリッチで今どきっ子でハングリー精神に若干欠けるおぼっちゃんなところがあるんだな。
そんな彼が如何にしてボクサーとしてのハングリーさを見いだすか?
大人な男として成長するためのきっかけ、「ファクター」として「その障害」を上手く使いストーリーを盛り上げるのが上手いなと。
これ好き、いいですとても!グッドな展開!!


クリード チャンプを継ぐ男
師弟を超え実の親子のように引かれ合う二人


ファイナルはとうぜん大がかりな試合シーンになるわけで、それがもーたまらんわけですが、そこに行きつくまでにすでにぽろぽろ泣かされてるっつーの。
そしてドニ―がロッキーに叫ぶセリフで!ガツン!!
はい、涙腺けっかーーーーーい!

涙でかすんでスクリーン見えねーぞ、画面が霧の摩周湖だぞ字幕読みづれーのにスタローン滑舌悪くてセリフも聞き取りにくいって、クソ、よく観えねー、もっかい観にこなきゃ、ってここでロッキーのテーマ流すかぁぁぁぁ!!あざとーーーーい!!のに嗚咽!嗚咽しながら映画鑑賞って、く、苦しい、息ができない、涙止まんねー!鼻水だらだらー!しゃくりあげるのを抑えることができなーーい、こんな涙腺崩壊イン劇場は何時ぶりであろうかーー、嗚呼、感動した満喫した!
嘘じゃなくホントこんな感じだってば手羽。


クリード チャンプを継ぐ男
やっちまえーーーーー!!!
っとクライマックスは怒涛の感動だぜ。


公開前にケーブルで過去のシリーズ一挙上映なんてしてくれたもんで、復習ばっちりでね。
シリーズの後半なんて「観たっけ?」って思ってだけどこれが意外と観てる。
やはり1作目の衝撃。あと、アポロとのあれやこれやがイー感じなパート3ぐらいまでがいいねー。
がっつりアポロとロッキーが熱い友情で結ばれてブロマンス感満載。


クリード チャンプを継ぐ男
うふふ!水かけちゃうぞ!!  やぁだぁ~やめてよぉぉ~❤


でロッキー4でアポロが”あんなことに”になっちまってなー。
でもしかし、そうでないとロッキーに火が点かないので着火マン扱いなのかって思ったりな。
この頃のスタローンは絞りに絞って外見もかなりイケてたころですな。

クリード チャンプを継ぐ男
別人だなこりゃ(笑) いやカッコいいよ。




……と、ここまで年末書きかけてましたとさ。
っつーかですね、わたしっていつもこんなアホみたいな感想垂れ流してるんスね。
冷静に読むとなんだこりゃなんだなー。
まーいいや。
ロッキーってさー毎回バカにしながら観て毎回ウルッてさせらせてたわって思い出しました。
本作もホントに感動しました。
スタローンのロッキーとしての集大成でもあります。
そして本作で見事ゴールデン・グローブ賞で助演男優賞をゲットしたスタローン。
いやー、良かった!おめでとう!!
会場もわたしもめっちゃ盛り上がったもんね。
嬉しそうなスタローンの表情にこちらも釣られて笑顔になったな。
おめでとうスタローン!ランボーシリーズではゲット出来なかったよきっとww

クリード チャンプを継ぐ男
古い友人ロッキーにお礼が言いたいのーーー!

っつーことでお勧めです、はい。
公開終わってんのかな?
もしやってたら是非ぜひ観てちょーね。
さて、そろそろワシも復活しますん。
ロストボウイを乗り越えて頑張るぞ!ゴーゴーゴーー!!
って今『メメント』観てたらエンディングの曲ボウイさんーーおろろん……💧💧
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

エイドリアーーーン!

スタローンは飛びぬけて好きって役者じゃないけど、
『ロッキー』は別だで。多分、全シリーズ観てるハズ。

階段駆け上りたくなるんかい?生卵コップに何個も入れて飲みたくなるんかい?

読んでマジで「イイ」ことは分かったが、良すぎてそんなに泣けるんなら、
わたしゃ~無理だべ。って、もう映画館ではやってないか?
ソフトになったら必ず観るぜぃ!オイオイ泣きながら。家なら泣き放題!
私の場合、予告で泣くオンナなんで、そこんとこヨロシク!

『メメント』って、またまた懐かしいじゃないか。記憶が10分しか残らない、
的なヤツだったよね。体じゅうに文字書いてさ。ガイピ生きてるかな~!?

ボウイさん、みーすけ殿を早く立ち直らせて~~~v-421

Re: エイドリアーーーン!

chacoさん

いやーこれねーバカにして軽い感じで観に行ってヤられましたわ。
わたしもスタローンて好き!じゃないんですが、って、初期のランボーではちょっと持ってかれたとゆー過去はあるけど、(笑)そんなに特化して注目してないし。
どっかスタローン……って語尾になにかへんな笑みが浮かぶ系な役者なんですが、ロッキーは観ちゃうのー。
で、そんなロッキーが大好きなクーグラー監督の演出が巧みでねー、グイグイ引き込まれます。
って、chacoさんも全部観てる組なんですな!
なら涙腺決壊決定力不足ス。
もー、後半えぐえぐしながらの鑑賞でした。
ソフトになったらぜひ!!!

そそ、『メメント』、素敵なガイピの記憶できねーよ男子のあれです。
ガイピも最近色物系になっちゃって……(涙)
『プロメテウス』なんて誰やねん状態だったし『アイアンマン3』もなー。
昨日再見した『LAコンフィデンシャル』では初々しくて素敵だったなー。
頑張って盛り上がって行きますので、ヨロシク!腰をお大事にね。

No title

いいじゃないか。年末のテンション!(笑)
私もお墓に話しかけるロッキーとか、なんかもう色々たまらんで試合前からあちこちウルウルしたなぁ。
監督のオリジナル好きの、でも決して同じことするんでなくて、リスペクトな演出が良かったね。
あのトランクスやらあのタイミングでのテーマ曲とかさぁ。
盛り上げどころ知ってるよ。うん。
監督の今後にも期待しちゃいます。
スタローン、オスカーはどうだろうね。
今年は助演男優賞が意外と本命なしな感じなので気になります。

Re: No title

pu-koさん
> いいじゃないか。年末のテンション!(笑)

いーかな?(笑)まあだいたいこれが通常運転だもんね。

ロッキーのキャラに頼ったn番煎じな内容でなく、ちゃんとクリードを描いたところが良かったねー。
でもやっぱりポイントはロッキーにあって暗くならず清々しい終わりかたするのも良かった。
ロッキーは元気でいてほしいもん。

オスカーノミネートされてる中で観たのまだこれだけだから、なんとも言えないけど、トムハやラファロよりスタローンがご祝儀的に貰えそうな気がするなー。

さて、ちょっと浮き上がってきたので今日はリアル・ライフ オン マースを観てきますーー!
ってこれもボウイさんの曲かかるんだよね?
気合いで受け止める!!
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ