『クリムゾン・ピーク』 ゴシックホラーとドリフの邂逅……?

『クリムゾン・ピーク』(2015)アメリカ=カナダ
原題/Crimson Peak
監督/ギレルモ・デル・トロ
出演/ミア・ワシコウスカ  トム・ヒドルストン  ジェシカ・チャステイン チャーリー・ハナム 他





霊感があり幽霊が見えるイーディス(ミア・ワシコウスカ)。
10歳の時亡くなった母親が現れ「時が来たらクリムゾン・ピークに気を付けなさい」と謎のメッセージを遺すのだった。
長じたイーディスは資産家の父親が行う企業コンベンションで準子爵トーマス(トム・ヒドルストン)と出会いたちまち恋に落ちてしまう。
そんな折イーディスの父が不可解な死を遂げ、それをきっかけにトーマスと結婚したイーディスは、幼馴染の医者アラン(チャーリー・ハナム)の反対を押し切りトーマスと共にイギリスの屋敷へ向かい、彼の姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)共に生活しだすのだったが・・・。




ボウイさんショック未だ癒えないところにアラン・リックマン先生まで・・・。
かなり凹んでるみーすけです。
頑張ろう!元気出していきましょう!
ホラーを楽しく紹介する方 みーすけです!
今回は『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督のゴシックホラー『クリムゾン・ピーク』です。


幼い頃から霊的なものがみえてしまうイーディス。
彼女が最初に見たのは10歳。亡くなった母の幽霊が出て来て。
「愛しい娘よ。来たるべき時が来たらクリムゾン・ピークに気を付けるのですよ」
と謎のメッセージを伝えます。


クリムゾン・ピーク
てか、お母さんならこんな怖がらすような事してやんなよ、と思いつつ。


美しく成長したイーディスは父の仕事を手伝いながら、自分の体験を生かし幽霊が登場する小説を執筆する文系女子。
ちょっと『若草物語』のジョーを彷彿とさせるようなキャラで、幼馴染のアランは恐らくイーディスに心を寄せているのだけれど、肝心のイーディスはアランだけでなく恋愛に興味が持てないんですね。


クリムゾン・ピーク
霊感あり文系不思議ちゃん腐女子。


そんなある日、イーディスの父親が開催する企業コンベンションに社交界で話題になっているイギリス貴族のトーマスが姉のルシールを伴い現れます。
案の定急速に惹かれあうイーディスとトーマス。まーそりゃトムヒだしなww


クリムゾン・ピーク
キラキラ王子さま登場なり☆ 


しかしイーディスの父親は二人が親密になるのにワケあって横やりを入れ邪魔をします。
そうこうしてるうちに突然謎の死を遂げる父親。
邪魔がなくなりあっっちゅーまに結婚する二人。
新婚の二人はアメリカを離れイギリスにあるトーマスの屋敷へと向かいます。
もちろん小姑のルシールも一緒ね。


クリムゾン・ピーク
不可解な死に方をする父親。 怪しすぎ。


トーマスの屋敷は、冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、「クリムゾン・ピーク」と名付けられた場所に建っているんですね。
母親の幽霊が警告した場所に奇しくも住むことになるイーディス。
屋敷での暮らしに慣れてきた頃から不可解な出来事が起こりだすのでした・・・。


クリムゾン・ピーク
大きいけどボロい屋敷。「大きなお世話じゃ」


オタクなギレルモ・デル・トロ監督の趣味全開なゴシック・ホラー。
はっきり言って『パシフィック・リム』ぜんぜんダメだった。
『パンズ・ラビリンス』もなー、あんまノレなかったなー。
好きなのは『ヘル・ボーイ』シリーズ!
ロン・パールマン演じるヘル・ボーイの無垢でイノセント(子供作ってますけど)なキャラが最高に可愛くて。
本作も監督独特の原色ドロドロとお耽美感が炸裂。美しい。
ゴシック調の豪華な、けれどボロんちょんな屋敷の造形がとにかくすばらしい。


クリムゾン・ピーク
住みたくないけど。


クリムゾン・ピーク
屋敷と一体化したよーなトムヒ。 彼のコスプレはお家芸だな。


霊たちはひたすらイーディスに警告のメッセージを送るけれど、その他は特に悪さをするって事は無く、おどろおどろしいゴーストにイーディスは超怖がるけれど(そりゃそーか)、観てるこっちは大して怖くない。
クリーチャーの造形や撮影は確かにホラーだけど、監督の意図は怖がらせることに重きをおいてないなって感じました(ビビらせようとしてスベってたならゴメン)
幽霊が怖いよー系映画を期待しちゃうとちょっと残念かも。
ネタバレだから避けますが、「幽霊の出現」よりも幽霊になった「原因」の方が遥かにおっかなくてドロドロしてるよなって感じました。


クリムゾン・ピーク
このようにクリーチャーはちゃんと出ます。

クリムゾン・ピーク
アップ画像でどぞ。イー感じにデロってます。


トムヒ以上にミア・ワシコウスカもコスプレにハマる女優ですね。
ブロンドにけぶるような眉の美しいカーブをしかめて、恐れおののくワシ子が可憐。
幽霊とか屋敷の謎に翻弄される若き新妻ワシ子。
クラシカルな衣裳が素敵で、特に信じらんないぐらいおっきなパフスリーブのナイト・ウェアが可愛いくて~♪ やるじゃん新妻。
でも、初夜の新妻がいきなり上に乗るのはどうかと思うぞ。

クリムゾン・ピーク
新妻上に乗ります。



クリムゾン・ピーク
こちら初夜の新妻を上に乗せちゃうほう トム・ヒドルストンです。


発明好きな落ちぶれ貴族のトーマスを演じるトムヒのそりゃー素敵なことよ❤
ただでさえ美しいのに、コスプレハマるもんだから、洗練された容姿と身のこなしにファンはメロメロでしょう。
まさに王子様。
トーマスに舞踏会に連れ出されたイーディスが二人でワルツを踊るシーンがそりゃーもー素敵でございます。
恋愛に興味のない「霊感あり文系不思議ちゃん腐女子」でもメロってなるわな。
わたしの中のトムヒって「ロキ」のイメージが強すぎて、「陰で悪魔的微笑を浮かべんじゃねーか?」とか「これ実は化けてんじゃねーの?」とか「兄上出てくる?」なんて気を散らしながら最初は観てたんだけど、いやー、デル・トロワールドにぴったりハマってうっかりうっとりしちゃったよ。


クリムゾン・ピーク
Shall we dance? Sure!!


役者がみんな映画の世界観にぴたりとハマってた中、群を抜いていたのが、ジェシカ・チャステインです。
出てきた途端あれやこれやオーラ出っぱなし。
本作を本当の意味で引っ張るのは彼女でござる。



デバガメってます。


とにかくジェシカの怪しさ妖艶さが際立っております。
・・・って怪しいってはっきり書いちゃってますけどね、ネタバレ以前に出てきた途端「あ、あんた裏あるよね!なんかわからんけど、普通じゃないよね!」
な雰囲気出っぱなしな演出やん(笑)
途中感情を爆発させてオートミールか何かが入った鍋をバコーーーーン!!ってする場面があるんだけど、ワシ子もワシもしょええぇぇぇ~ってなったもんな。
怖い怖い。


クリムゾン・ピーク
なにさ?


ゴアな演出がかなり出てくるので、血が苦手な方はちょっと辛いのかなぁ。
わたしはそっちも平気ですが。
お化けやゴアシーンより、醜い業で狂った精神に引っ張られ破滅に向かってしまう人間の恐ろしさ、哀しさの方が怖いなと思った。
でも何が一番怖かったかっつーとね、蝶とか蟻とか虫のアップがやたら多くて!
それがもう、「らめぇぇぇ」ですわ💧


クリムゾン・ピーク
やだぁもぉぉ蝶とか触るなよぉぉぉ


どハマりなキャストとゴシック美術と演出のアンサンブルがいい雰囲気でした・・・んだけど・・・。


~~~WARNING~~~

こっからは若干ネタバレです↓  ↓↓↓↓


エンディングへ向けてガガガガっと色んな事が起こる怒涛のクライマックスなんだけど、えーと、なんつーか、演出が、あれは・・・ドリフか?
可憐なイーディスが足首を骨折してるにもかかわらず、「骨折?なにそれおいしいの?」並みに闘う一連の演出がギャグやん!
声を出すのは辛うじて我慢したけど、ブフォッッ!て吹いた事をここにご報告いたします。
やたらと 野村芳太郎監督の名作『八墓村』が頭をよぎり(あの小川真由美は怖かったな~)ギレルモ監督も観たのかしら?オマージュ?不思議な演出だったわ~。



ゴシックホラーとドリフギャグの邂逅ってか?


ゴースト譚なオープニングから、胸キュン恋愛エピソードを経て、殺人ミステリーへ移行し、本来のゴシック・ホラーからバトル系アクション風味でドリフで落とすと。
トムヒが可愛そうで可愛いい❤
とっても(色んな意味で)痛いけど。
わたしの中でぐいぃぃぃぃんとトムヒのランクが上がりました、って事は記しておこう。
〆のワシ子のドリフアクションもいーよ。
と、いう感じの映画でした。


・・・ってこんなレビューでいーのか???
ゴメンなさい、まだいつもの調子が出ないんす。
今回はこれで許して。
グンナイ ベイベー。


観てね❤ って可愛いーー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : トム・ヒドルストン

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「クリムゾン・ピーク」

ゴシック・ホラー。大好物のジャンルだ。怖く、グロく、美しく。そして、怖く、グロく、美しく、と撮らせたら、今の所私にとってベストはギレルモ・デル・トロ監督である。監督お得意のクリーチャーは今回はあんまり活躍しないが、ヨーロッパ怪奇の館を「あるある」で表現。非常に雰囲気があり、怖さ倍増。しかし、こんなに西洋風の恐怖なのに、私の心の中に浮かび来る言葉はただ一つ。そう、日本の民間伝承で伝わる「親の意...

【映画】ギレルモ・デル・トロ『クリムゾン・ピーク』

クリムゾン・ピーク(2015)アメリカ原題:Crimson Peak監督:ギレルモ・デル・トロ出演:ミア・ワシコウスカ/トム・ヒドルストン /ジェシカ・チャステイン/ チャーリー・ハナム日本公開:未定NYに暮らすエディスは父親の主催する発明家コンベンションにやってきたイギリスの貴族トーマス・シャープに見初められイギリスに嫁ぐが・・英国男優総選挙 特集 9回目 今日はキュートで...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっと出たね~八墓村w
私も終盤は笑ったわ。
トムヒが可哀相なのに、でも笑える(笑)
ドロドロな事情もどうでもいいっつーところあったけど
コスプレトムヒが素敵で、ボロだけど重厚な屋敷の造形もよかったなぁ。
TBさせてもらいますね。

Re: No title

pu-koさん

やっぱ笑うよね?!
八墓村でなけりゃシャイニングかはたまたサスペリア2か。
ワシ子のシャベルさばきがツボすぎる~!
劇場はシーンとしてたのでわたしのぶふぉっ!!がちょと浮いたww
映画的には「えー?あっらー」なんだけど、トムヒが素敵で、他はまーいっかって思えるという不思議な映画。
彼はグラビアよりも動いてるのが断然素敵だわ。
今ならランク、ヴォイ先生を抜くわ。
だからどーしたでしょうけど!えーえーそーでしょーともよ。

こし~~~~><

すっかりコメが遅れました。
実はこの季節持病の腰痛が・・・

PC前のイスに座るのも辛い。
昨夜自分ちの記事をUPしたけど「手短に」でした><

えっと、トムヒに全く興味がない私としては
「ま、いっか」って思っちゃったりして。ゴメンよ。

こっちの寒さはハンパね~から(てか全国的だね)
腰、大事にします。ではこの辺で。スマンのう。まともなコメじゃなくて。
みーすけ殿も風邪などめさぬようm(__)m

Re: こし~~~~><

chacoさん

わたしもコメント遅くなりました。
腰はだいじょーぶですか?
身体の中心が痛いと何もできないですよね。
気分も落ちるし💧
わたしも寒くて風邪なのか何なのか分かんない体調不良で週末撃沈。
今朝にはなんとなくよくなってる社畜な自分が悲しい……
お互い気を付けましょう。

ってここは映画のコメントな映画の(笑)
あのねーー、トムヒってハマるとたまんないですよ。
ロキあたりからお試しあれ。この人素顔が非常にチャーミングでその落差にヤられる。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ