サルベージ記事とジョン・グッドマン推し

こんにちわ、『デッド・プール』行けてないみーすけです。
乗り遅れ感パないですが、俺ちゃんよりも先に名画座でやってる『スティーブ・ジョブズ』通算8回目を観ちゃったアホの子な今日この頃です、みなさまは如何お過ごし?


さて、昨年秋以降観たけど記事上げてない映画が溜まってきちゃいました。
途中まで書いてパッション無くなったり、映画の内容薄ぼんやりして忘れたりww
垂れ流し文章ですが途中まで書いたものを電子の藻屑にするのがちょっと切ないので、今回レビュー・ショートバージョンでお送りいたします。

どぞ。


ミケランジェロ・プロジェクト

『ミケランジェロ・プロジェクト』(2014)アメリカ

原題/The Monuments Men
監督・主演/ジョージ・クルーニー
出演/マット・デイモン ビル・マーレイ ジョン・グッドマン ケイト・ブランシェット ボブ・バラバン ジャン・デュジャルダン


第二次大戦中、ドイツの占領下のヨーロッパ各国で、大量の美術品がナチスに略奪されていた。
美術品を守るために専門家たちが『モニュメンツ・メン』として招集されるのだった。


兄貴監督、主演でキャストも豪華だったにも関わらず、上映が一旦中止。一年遅れでの公開には裏で政治が動いたと動かなかったとか、色々都市伝説あり。
美術品奪回を遂行する兵士ではない美術の専門家たちの奮闘が描かれていて、悪く無かった……ような記憶←感想薄ぼんやりだなー。
皆が期待したような戦争痛快大作戦!では無かったよね。
兄貴は根が真面目だから監督作品は固いものが多いんだよね。オーシャンズシリーズを期待したら肩透かしかな。
日本ではこの後公開された、『黄金のアデーレ』が全く同じ題材を(方向逆だけど)扱っていて、もしかしたらそのおこぼれ的に公開されたのかもしれないなー辛口。


ミケランジェロ・プロジェクト
面長、垂れ眉、最高!

個人的にはジャン・デュジャルダンの役がとても好きで、泣けました。
この方容貌がとても好みなので、もっと頻繁に映画に出てほしい。


ミケランジェロ・プロジェクト
兄貴も甘える


あと、「ジョン・グッドマンが出てる映画は観ちゃう人カテゴリー」所属の人として観る責任を果たした的なww

ミケランジェロ・プロジェクト
体大きくて、走るの辛そう~

少し御無沙汰だなーと思っていたら、いい仕事してる新作映画が!!
って他の映画の事書いちゃダメじゃん。
とにかく本作は印象薄かったんだよ。
鑑賞時、体調でも悪かったんだろうか。
ゴメンね兄貴。



次!


ヴィジット

『ヴィジット』(2015)アメリカ
原題/The Visit
監督/M・ナイト・シャマラン
出演/オリヴィア・デヨング エド・オクセンボウルド他


休暇を母方の祖父母の家で過ごすことになった姉弟。
初めて会う優しい祖父母は姉弟に不思議な三つの約束を伝える。
1)楽しい時間を過ごす
2)好きなものを遠慮なく食べる
3)夜9時半以降は部屋から出てはいけない
しかし夜に妙な物音を聞いた姉弟は、恐怖のあまり約束を破りドアを開けてしまうのだった・・・。


ヴィジット
祖父母と楽しい休暇を過ごすはずが……


シャマランがモニュメンタリーを撮った。今更。
別にいわゆる一つのシャマラントリックは期待して観たわけでは無かったけれど、なぜ、今、シャマランがこーゆー系の映画を????という思いでいっぱいになりながら帰宅したおもひで……

細かいテクニックは流石なのですよ。
姉が映画マニアで日常を録画してドキュメンタリーにするという流れで進む物語。
いきなりのおばあちゃんの行動と尻に
「あ、これあかんやつやー」ってびびったし。
こうやって改めて資料見直すとなかなか怖かったような、面白かったような気もするんですが。
感想ノート読むとかなりご立腹してますねー自分ww
ケーブル垂れ流してて落ちてきた本作を観たら、うわ!掘り出し物だったなーと思うかもしれない。
しかしお金払って劇場で観る映画では無いなと。
シャマランという名前が大きかったのかもしれないけれど、わたしはシャマランに特に何も期待はしてなかったので、やはりな、しかし腹が立つって感じでした。
なんだろう、体調でも悪かったんだろうか?


ヴィジット
おばあちゃんは怖い


the visit
おじいちゃんも怖い


あ、後ね、わたくしホラーやモンスターやお化けもゾンビもスプラッタもどーんと来い!なんですよ。
唯一ダメなのが「虫」なんですが、今回新たに「汚物」というカテゴリーが追加です。
バンザイ。
あざっす。


ヴィジット
志村うしろーーー!的怖さもあります



次!

The Walk

『ザ・ウォーク』(2015)アメリカ
原題/The Walk
監督/ロバート・ゼメキス
出演/ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ベン・キングズレー 他


1974年8月7日、綱渡り師フィリップ・プティはツインタワーの間にワイヤーを貼り綱渡りをするという無謀な挑戦を行うのだった。


The Walk
わ、わ、わ、やめなはれ!


フランス人のパフォーマー、フィリップ・プティが今は無きワールドトレードセンターのツインビル間を綱渡りした実話をロバート・ゼメキスが監督した本作。
わたし高所恐怖症気味で、迫力ある予告映像が怖い!でも観たい!どうせなら!と、なんと3Dで観た!
友達に『ザ・ウォーク』どうだった?って聞かれたわたしの答え。
「綱渡りの映画だったよ」


The Walk
あんさん!やめなはれ!!


物語は非常に小気味良く進むし、なかなかスリルとサスペンスありで観てる間は面白かったんですよ。
ただ、家に帰ったら観たのを忘れてる系作品っちゅーか。
プティがセキュリティの網をかい潜り、建設途中のワールドトレードセンターに入り込んで、ツインビルに綱を渡す下りはとてもハラハラするし、実際にパフォーマンスを始めてからの映像はさすがだなーゼメキス監督凄いねー!だったんですけどね。
なんでしょうね、特に感動もせず、ふわ~そんな事があったんすかっ・・・て感想でした。
もっとちゃんとレビューしたいんだけど、あんまり詳しく覚えてないんだよなー((-_-;)
ゼメキス監督、レヴィット君、すまん。
体調でも悪かったんだろうか。
すみません、出直してきます。


The Walk
やーめーなーはーれーー!!


・・・さてサルベージ、如何でしょうか?
なぜ途中で記事書くの止めたか分かるクオリティな文章。いやん!別に電子の藻屑にしても良かったんじゃね?なんて言わないでぇぇwww
書きかけ記事まだまだあるのよ~、またそのうち懲りずにこそっとあげます。
え?要らないって?しょええー。
なんだか生ぬるい感想ですみませんでした。

さて、次回予告!


ジョン・グッドマン


ジョン・グッドマンの話題の新作を週末観て、メチャメチャ頭の中ジョン・グッドマンだらけですナウ。
これは近々に一本記事書きます。
はぁー、やっぱ自分の物指しで「面白かったなー」って思わないと、感想って書けないですね。
ってはっきり言っちゃった!!
さらば!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : ジョン・グッドマン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、まとめられちゃってるw
という私も劇場で観てテンション上がらないまま(というか、ちゃんと消化できないものが多い)葬り去ることも多いからね。

で、『モニュメントマン』はギリギリだよね(意味フ)w
「汚物」カテ超アカンのは同じww
『ザ・ウォーク』はドキュメンタリーの方が感動したんだけど、なんでだろね。

ジョン・グッドマンの画像の笑顔!
こういういい人っぽさと悪人っぽさを自由に操るところがみそだわな。
レビュー楽しみにしてます~。

Re: No title

pu-koさん

まとめちゃったwww
1)は兄貴監督ながら、ホントにギリギリだよね!悪くないけど!面白かった?って聞かれて、即答出来ないつらみ。

2)汚物はほんまあかん

3)役者の演技も演出も映像もいいのに、なーーんも残らなかったという稀有な作品。映画ノート見直すまで観たのも忘れてたわww 体調でも悪かったんだろうか?

ジョン・グッドマンの好い人なのか悪い人なのか、非常に楽しかった新作は、しかし何を書いてもネタバレになるという非常にレビュー書きにくい作品で……。
感想が新鮮なうちに書きたい!
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ