スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルベージ 2!!

こんにちわ。「梅雨のジョン・グッドマン祭り」が続いているみーすけです。
あいかわらずデップ―観れてませーーん。
もうこのまま静かにフェードアウトしてもいっかな~、でも意外と明日行ったりするかも。

さて特に評判もよろしくないのに、観たけど記事を仕上げてなかったサルベージシリーズ 第二弾。
前回はイマイチ楽しめなかったという根本的なところが理由でしたが、今回は違う理由でレビューに昇華できなかった作品をどぞ。


20160627211322273.jpg


『完全なるチェックメイト』(2015)アメリカ
原題/Pawn Sacrifice
監督/エドワード・ズウィック
出演/トビー・マグワイア ピーター・サースガード リーヴ・シュレイバー

冷戦下真っただ中の1972年にチェスの世界王者決定戦がアイスランドのレイキャヴィクで行われた。
現チャンピオン、ソ連のボリス・スパスキー(リーヴ・シュレイバー)に挑むアメリカ人挑戦者のボビー・フィッシャー(トビー・マグワイア)は試合へのプレッシャーに追い詰められ心を病んでいくのだった。


Pawn sacrifice
天才と天才の国のプライドを懸けての闘いが!!


実在の天才チェスプレイヤーボビー・フィッシャーの伝記を『ラストサムライ』などのエドワード・ズウィックが監督。主演のトビー・マグワイアはプロディーサーに名を連ねています。


Pawn sacrifice
天才過ぎて逆にオカシイ人になっちゃう


幼い頃から天才的なチェスの才能があったフィッシャーは自信家でエキセントリックな性格に加え突飛な行動を取るなど、なにかと注目の的。
そんな彼のキャラクターがプレゼンされたものなのか、天才となんとかは紙一重の成せる技なのかは謎ですがかなり突飛な人だったようです。
冷戦中の国政ゆえになかなかスパスキーと対戦できないストレスに加え、長年頭脳を酷使するあまり頭ん中オラオラになり、次第に常軌を逸していくフィッシャーを演じるマグワイアの憑依みが凄い。


Pawn sacrifice
マグワイアのイッチャッてる目が!目がもう!もう!


対するスパスキーを演じるリーヴ・シュレイバー。
ソ連のチャンピオンも背中に色んな物を背負って勝負を受けているわけで。
静かな演技ながら、天才すぎる人の危うく脆い雰囲気を発していてとても良かった。
ここ何作かのシュレイバーいいですねー。『スクリーム』のcotton100% 出世したね!


Pawn sacrifice
今回は刺されへんで

役者も演出も物語もよい。
ではなにがダメで記事を上げられなかったか?


ワシがダメ
なんと壊滅的にチェスのルールが分からないときた!!



本作はオーラス、世紀の対決での「神の一手」で ビビビビっ!が全ての映画なんですよ。
「何かわかんないけど、今の勝ったんだよね?」
では一本の記事に仕上げるあれこれが書けない辛み~。

分からなくても楽しめると皆さんおっしゃっるけど、限度があるっちゅーね。
わたしのチェスの知識ときたら、『007:ロシアより愛をこめて』でオープニングにちょろっと出てくシーンと、刑事コロンボの『断たれた音』で見た知識ぐらいしか無いからね へへん!
あ、クリストファー・ランンバートが元嫁と出てた『美しき獲物』ってあったな。
あれはチェスのルール知らなくても観れたなー、メインがおサイコさんの犯罪だったからか?


完璧なるチェックメイト
駒の名前さえろくに分からん始末


ルールを知ってたら、1000倍面白かったと思うと、残念無念。
実在のフィッシャーとスパスキーの経歴や、チェスの試合がアメリカとソ連の国を挙げての代理戦争のようになってしまった当時の政治的背景に関しても、もっと知識があればより楽しめたと思うし。
要はわたしがアホって事です。知識が無いと楽しめない作品てありますね。
日々是勉強。
フィッシャーのチェスのコーチ、ロンバーディ神父を演じたピーター・サースガードの静かな佇まいが美味しゅうございました。
と、ミーハーな事しか語れないぜ、っち。


Pawn sacrifice
……っち




次!


20160628181157528.jpg


『マネー・モンスター』(2016)アメリカ
原題/Money Monster
監督/ジョディ・フォスター
出演/ジョージ・クルーニー ジュリア・ロバーツ ジャック・オコンネル


番組ディレクター、パティ(ジュリア・ロバーツ)が担当する投資番組「マネーモンスター」。
司会を務めるリー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)は、その巧みな話術で視聴者へ株式投資による資産運用の方法を紹介し高視聴率を上げていた。
しかし、リーの助言通りに投資した株が大暴落し、全財産を失った男カイル(ジャック・オコンネル)が放送中のスタジオに乱入。
銃を振りかざしリーを人質に取り立てこもってしまうのだった・・・。


Money monster
男前な兄貴は久しぶりざんす~❤


テレビ投資番組の生放送中に起こる公開人質事件と、株価操作のトリックに挑む本作のメガホンを取るのはジョディ・フォスター。
主演にジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツというMr & Mrsオーシャン。
番組に煽られ全財産を無くし、自暴自棄になり番組を占拠する青年にイギリス出身の新鋭ジャック・オコンネル君。


Money monster
彼女よく鼻に付くんだけど今回はそーでもなかったよ


オープニングに安定優良視されていた会社の謎の株価大暴落のニュースが流れ、それを受けて、リズミカルに流れるカメラワークに人気司会者リー・ゲイツが映し出されます。
おお・・・久しぶりに素敵なクルーニー♪
番組のオープニング曲に合わせ、軽やかなステップを踏み、”いかにも”なキャラで登場。


Money monster
兄貴踊ります


カンペ通りに喋らないリーにいらいらしながらキューを出すディレクターのパティ。
番組が進むうち、カメラから見切れたバックに一人の男がいるのが映ります。
「誰あれ?またリーの勝手な仕込み?」
パティがつぶやいた途端、その男がカメラ前に乱入、持っていた銃をリーに向けて叫びます。
「お前の言うとおりに投資して全財産失った!!この野郎許せん!!」
「ええ~~・・・そんな事いわれても・・・」と顔面蒼白になるリーなのですが・・・。


Money monster
ちょ、ちょ、ちょいまち!!!


畳み掛けるように始まるテレビ局での人質事件。
ジョディ・フォスターの演出は切れがあり、それを受けてクルーニーもロバーツもしっかりした安定の演技で応えます。
そして、人質犯カイルを演じるオコンネルがいい味を出してるんですよね~。
・・・で、なんで記事アップできないかと言うと・・・。



要となる株価操作のトリックが壊滅的にわかんねーーー!!


もーねー、ホント経済わっかんね。
円高と円安も「海外旅行行っとく?」ってなレベルのわたし。
株価が上がるとドーナル・グリーソン? って親父ギャグでごまかすのも辛いわwww
黒幕的な奴がいてですねー、なんか株の操作をして悪いことしてるんですよ。
でもなんかそこがフワっとしかわっかんなくて、人質事件のこれからドーナル・グリーソン?はドキドキと観れるんだけどね。


Money Monster
人質事件の展開はスリルあるのよ!


株価操作とか、なぜそーなったか?
物語の核心部分が解らないもんだから、色々終息しても「あーそーかい。で?」てな感想も書けないぜ。
「なんかさ~、株は怖いね~」で一本の記事に仕上げることができませんでした。
要はわたしがアホって事です。知識が無いと楽しめない作品てありますね。
日々是勉強。
久々にカッコいい兄貴が観れて良かったな へへ。
と頭悪い感想で〆ときます。 


Money monster
なんやこのセレブ臭漂うメンバーは


アバウト・タイム
因みにドーナル君は出ません悪しからず。


はい次!!



Civil war


『シビルウォー : キャプテンアメリカ』(2016)アメリカ
原題/Captain America: Civil War
監督/アンソニー・ルッソ
出演/クリス・エヴァンス  ロバート・ダウニー・Jr  スカーレット・ヨハンソン セバスチャン・スタン 他



『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の出来事から約1年後。
ヒドラの残党のテロ計画を阻止するため、スティーヴ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)率いるアベンジャーズがナイジェリアのラゴスに出撃する。
しかし戦闘中に一般市民の犠牲者を出してしまい、アベンジャーズは国際社会から批判を浴びる事になってしまう。
一連の状況から、常人を超えた能力を持つヒーローたちを国連の管理下に置く規定を取り決めた「ソコヴィア協定」への賛同を巡り、キャップとトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が対立。
チームは二派に分かれてしまう事になるのだった・・・。


Civil war
もーー、なーかーよーくーー


言わずと知れたマーヴェルシリーズ、『アベンジャーズ』から、今回の主人公はキャプテン・アメリカ。
今回は今までも何かと揉めていたキャップとアイアンマンが、国連傘下への是非を巡り対立してしまいます。
ちょっと前にスーパーマンとバットマンが喧嘩してた内容と同じ案件で揉めるという内容。
もーーー喧嘩はやーーめーーてーー!!
平たく言えばそんな話なんですけどね。


Civil war

なんで記事アップできなかったか?
どの時点まで遡って、今現在に至る物語やあれやこれやをきちんと整理して書くことに奮闘したここ数週間。

あーきーらーめーまーしーーたーーー。
みーすけの文章力ではりーむーでしたーー!


一個人としては非常に面白かったし、このシリーズは物語がある程度一段落付くまでずっと付き合うつもりでいるんですが、もうレビューとか書くには登場人物多すぎるし、物語も入り組んでるし、それぞれのキャラに対してもいっぱい思い入れがあって、あれこれ書きたいって想いが重すぎて……。
頑張ったんですけどね、ええ、無理でした てへ❤
なので可愛いダウ兄の画像を貼っときますので、そちらをお楽しみください。


Civil war
ちゅー❤ 仲良き事は美しき事かな


さて、今回はみーすけの残念さゆえに記事に出来なかった映画をご紹介しました。
ああ、もう、映画を観るのも文章書くのも、日々是勉強ですなぁ。


ではラストは『スクリーム』での若きシュレイバーの画像でおわかれしましょう。さらば!!


Cotton 100%
出世しまっせ したした!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありゃー、それぞれ一本の記事にして十分成り立つと思うんだけど、みーすけさん的にはゴーサイン出せなかったか。
『マネーモンスター』は私も『マネーショート』で思いっきり置いてけぼり食らったトラウマがよぎって劇場見送り。
他のレビューでファイナンス事情分からなくてもOKって言ってて、観ればよかったと後悔したんだけど、そりゃわかった方が面白いはずだよね。チェスしかり(笑)
ま、でも苦手分野ってのはあるわけで、「そこんとこがわからなかったよ」ってレビューでいいんじゃなかろうか。
という私も『アベンジャーズ』は)「わからん」の程度超えそうで、挑むまでもなく撤退したんだけどね(笑)
シュレイバーさんはいい役者になったね。

Re: No title

わたし映画を五感でとらえてるみたいなところがあって、感動したらその時の感動やショックを言いたい書きたいがぶわぁぁぁってなってブログより先に帰り道でTwitterで垂れ流したりもするのよ。
でも面白かった……に水差す「なんか分からん」があると……。
『完璧なる……』は特にるーるさえ分かれば、あのラストの一手でもっと鳥肌感動したのに!と思って悔しかった!

お金は分からんわー。でも人質事件の経過はスリルあるので観てみてー、ソフトでwww
ねね、シュレイバーいい役者だよね!俄にマイブームだわ。

No title

おっと、ここにもコメ。

私もね、リーヴ・シュレイバー昔から気にかけてたオトコなのさ。
主役は張らんが、そこそこキーマンで出てるよね。

ゴメン眠い。。。新しぃ記事にもコメ入れました。ヨロ

Re: No title

chacoさん

リーヴ、ここ数年すっごいいーんですよ。
そそ、キーマンになるってことは、それだけとゃんと演技できないと、なんのこっちゃになりますからね。
灰汁の強い悪役から、静かに燃える男まで幅が広くて、流石!って感じです。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。