『ブルックリン』アイリッシュガールのあしたはどっちだ?!

『ブルックリン』(2015)アイルランド=イギリス=カナダ
原題/Brooklyn
監督/ジョン・クローリー
出演/シアーシャ・ローナン エモリー・コーエン ドーナル・グリーソン 他


Brooklin


1950年代、アイルランドの小さな町に住むエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は姉の計らいでニューヨークに移り住むことになる。
アイルランド教会の支援でブルックリンの高級デパートで働き出すエイリシュだったが、都会の暮らしに慣れずひどいホームシックになってしまう。
しかしパーティーで出会ったイタリア系移民の青年トミー(エモリー・コーエン)と出会い恋をする事で見違えるように生き生きとするエイリシュはニューヨーカーとして日々を過ごすのだった。しかしそんな彼女のもとに故郷から突然の悲報が届き・・・。



50年代、アイルランド移民の少女の青春と成長を清々しく描き第88回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた本作。
監督は『ダブリン上等!』のジョン・クローリー、脚本は『アバウト・ボーイ(大好き!)』等の原作者であり『17歳の肖像(これも大好き!)』のニック・ホーンビィ。
主演は『つぐない(大好きだけど嫌い!だけど好き!)』で印象的な美少女を演じたシアーシャ・ローナンがすっかり大人の女性に成長して主人公エイリシュを演じています。



アイルランドに住むエイリシュは姉の計らいで教会のつてを頼りアメリカへ移住することに。
しかし故郷アイルランドの小さな町しか知らないエイリシュは大都会ニューヨーク・ブルックリンでの生活になかなか馴染む事が出来ません。

Brooklin
アイルランドからの大勢の移民のうちの一人エイリシュ


高級デパートの接客でも笑顔でスムースな会話をする事ができず、姉からの手紙を読んでは郷愁を募らせホームシックに拍車がかかるばかり。
そんなエイリシュを見て移民の統括をしている教会のフラッド神父(ジム・ブロードベント)は彼女に大学へ通い会計を勉強する事を勧めます。


Brooklin
もー辛くて働けましぇぇぇん……💧


少しずつ世界を広げだしたエイリシュはとあるパーティーで知り合ったイタリア系移民のトミーと出会い大きく変わる事になります。


Brooklin
「命短し恋せよ乙女」ね!


恋愛する事で心が浮き立ち、自分にも自信が持て、自然仕事も勉強もはかどり、どんどんと明るく美しくなるエイリシュ。


Brooklin
ドヤぁぁ。この変わりよう!!


将来を誓い合った二人の前途にしかし暗雲が立ち込めます。
故郷アイルランドから思いもよらぬ悲報が届き、エイリシュは急ぎ帰省することになるのですが・・・。


Brooklin
恋人たちに訪れる試練とは??


アイルランドの移民系映画は『イン・アメリカ』や『アンジェラの灰』等、良作だけれど超貧困とか背負った家族の重みとか、暗い!重い!不幸~!みたいな印象が強かったんですが。
ところが本作は若いエイリシュが新天地でニューヨーカーとして成長する感じがポジティブで、貧困や貧乏で食べるものにも困って……的なエピソードが出なくて、ちょっと新鮮だった。


Brooklin
田舎の娘がすっかり洗練された女性に……


それに時代設定が大好きな50年代中頃~なのでファッションや音楽も素敵でエイリシュと一緒に楽しむことが出来ました。

で、本作がいわゆる移民物とちょっと違うのが、ある理由があってエイリシュが途中アイルランドに里帰りするという設定。
アメリカナイズされた主人公が故郷に戻り新たな目線で世界を見るというストーリー。
アメリカでの生活に慣れ、戻ってきた故郷は、辛い思いでもあるけれど堪らなく懐かしくもある場所。
以前は無かったスキルと知らず成長したマインドで、自分を拒絶していたと思っていたアイルランドが、帰省を優しく迎えてくれることに知らずウキウキとしてしまうんですね。

Brooklin
故郷での思わぬ出会い…… きゃーードーナル君❤


アメリカで待っていてくれる愛するトミーの事を考えると心苦しくもありながら、彼女が戻ったことを喜ぶ家族の顔を見るとさっさと戻る事ができないエイリシュ。
そんな時ジム・ファレル(ドーナル・グリーソン)という魅力的な男性と出会いトキメいてしまうんですよね~。


Brooklin
アイリッシュボーイ、ジムとの出会いで揺れる乙女心。 ドーナル君素敵❤


二つの国にそれぞれ想いがある故に、揺れてしまうエイリシュの心。
そして最後の彼女の決断は??
「え?!あ、そーなのかい!」とちょっと意外だったけれど、まー、そーだよね、真っ当だよね、そーするよね、とわたしは納得できました。
結構この「あなたならドースル?」な感じが鑑賞後頭をグルングルンして、妄想シュミレーションが楽しかったんですよねー。
いや、だってさー、そこでそっち行っちゃうのはやっぱなー、んーー好みはなーそれだけどさーー、やっぱそれはあまりにもねー、とかねー、と。
頭の中渦ぐるぐる巻いたけど、これ、観た人にしか分かんないあれやこれやだよね、へへ、観てwwwww

わたしは地元で脛齧り組みですが、実家を遠く離れてる方、日本を離れ海外で生活してる方なんかは、また違った感慨があるのではないでしょうか。
暖かく素敵ないい映画でした。


さて、主演のシアーシャちゃん。


Brooklin
うう!この透明感な! この子が……


『つぐない』のあの少女がもうすっかり大人だもんね。いや、ホント欧米人の成長の早さ怖い。
彼女まだ21~22歳なんだけど役作りなのか、けっこうなドスコイ体系でちょっとびっくりした。
きっとエイリシュはこの後子供をいっぱい生んでどっしりしたアイルランドの肝っ玉母ちゃんになるんだろうなーって雰囲気満載だった。彼女けっこうデカいしね。


Brooklin
かんわいかったなぁぁ~❤ こーなって


しかし『ラブリー・ボーン』での美少女の透明感は健在で、ホームシックで接客しながらさめざめと泣くシーンなんてこちらももらい泣きしそうなほど儚げでさ~。


Brooklin
キメっっっ!!! すっかり大人の女性になっちまったな。


それからエイリシュのイタリア人の恋人トニーを演じるエモリー・コーエン。
お初だわ、知らんわ~『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』出てんの?息子の役かな?
イタリア訛りがキュートでいいじゃーないか。
エイリシュへの一途な想いが溢れる表情が可愛くてイーーーーってなった。
シアーシャがデカくてエモリー君が小柄で、肩を寄せて歩くシーンなんかで、セミが木に止まってるみたいに見えたのはワシの目の錯覚ってことで・・・。


Brooklin
ほら、やっぱシアーシャでかいってば


そして本作はまたもやドーナル君が出演しているのです。
半分くらい過ぎた辺りでイキナリ出てくるドーナル君。
いつものちょっと奥手だったり、事件に巻き込まれてあうあうしたり、煮えきらなくてウニャウニャする、なんとなくそんなイメージのドーナル君はいません!


Brooklin
今回のテーマは王子様!!

例えるならば、王子様とか良家のご子息!!
彼の背後から気品が溢れておった、参った。
あのオーラってプライベートのカンバーバッチとかから出てるアレだわ。
いやホントに今回のドーナル君の役どころはそんな感じなんだよ!
凄い。また化けやがったドーナル君。
ホント何度も書いちゃうけどさー、ドーナル君、今後ドーナル?っていじってたのがつい1年~1年半前。
お父さんの七光りあり?なんて多少穿った見方もしてましたが、彼は本物ですね。
役者としての器がすこぶる上等だわ。これからもこのまま真っ直ぐ役者道を貫いておくれよドーナル君と願うばかりだよ~ん。

ではここらで、ドーナル君のオフショットを見ながらお別れしましょう。

さらば!!


Brooklin
パパと~~


Frank
ファスと~~~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : シアーシャ・ローナン ドーナル・グリーソン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へ?そっち??って私も相当思った(笑)
でもすっごい好きな作品でした。

シアーシャちゃん大きくなったわ~。
『つぐない』では華奢なイメージだったけども
いつのまにかボディにも風格が。

でも今一番七変化を楽しめるのがザッ君とドーナル君だわな。
ジンジャーなドーナル君が、こんな洗練された役もできるようになると
正直思ってなかったんだよね。
演技力がついても外観がついていけんだろと勝手に思ってたの。
ごめんよ~。
本作では本当に王子みたいに素敵だったわ。


Re: No title

pu-koさん

ね、え?ホントにいーの?それでいーの??ってなったよね。
まあチョイスが違うと物語の本質が変わってしまうし、爽やかな成長恋愛ものから、ぐっとどろどろの泥沼恋愛ものになってしまうもんねwww
あの雑貨屋のばばあ(言葉悪くてごめんなさい)最悪だよね。あーゆー人ホントやだけど、いるんだよねー。
でもエイリシュの決断はあのばばあwwの意地悪ありきだもんねー。

しかしなんと言っても本作何が一番印象に残るかってドーナル君よね。
凄いね。なんかもー他に言葉出ないわ。よくよく見てもハンサムさんではないってところがね。凄く不思議な顔してんのに。
本作であの王子様オーラ!!
とにかくしばらくドーナル君とザッ君は追いかけ必須です!!

No title

あ、この娘わかるよ。子役のイメージあったけど、娘に化けちゃったのね。

あのさ、みーすけさん、別にいいんだけどさ、
ファスは定番だとしても、私のチャニング(か?)にも惚れちゃって、
「長けりゃ~いいってもんじゃない」面長のカンバーバッチ似のオーラがある
って言う、ドーナル君にもキュン死にしちゃって、困るじゃないか!!(爆)

でもさ、分かるよな、作品ごとに素敵な殿方が出現してくるこの贅沢さ。
何ならその手法にまんまとハマってやろうじゃね~か。だろ?

私は何が言いたいのか。。。。。

今ね、オールスター観てるんだよーー!!野球大好きだからさ!
ではでは~。

Re: No title

chacoさん

子役があっちゅーまに大人になる=自分も年取ってる
って事で、なかなかにイタイwww

いやいや、ドーナル・グリーソンはホントにたまらん。
このカメレオン感!
今最も楽しみなのは(ファスを除いて)ドーナル君とザッ君です!
今回のドーナル君はマジで王子様だった。別に役的にはちょっといいとこのボンボンなんだけど、溢れる品格とか人物の清廉さが下手したら貴族とかロイヤルなモノを感じさせた。イートン出ですか?位のwwwアイルランドの話だっちゅーね。
たまらん。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ