「鑑定士と顔のない依頼人」 老いらくの恋は金がかかる

「鑑定士と顔のない依頼人」(2013)イタリア
原題/The Best Offer
監督/ジョゼッぺ・トルナトーレ
出演/ジェフリー・ラッシュ ドナルド・サザーランド 
   シルヴィア・フークス ジム・スタージェス 他

鑑定人と顔のない依頼人

その天才的な審美眼で有名な美術鑑定士であり、一流の競売人でもあるヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)
結婚もせず、仕事関係以外では親しい者もなく、天涯孤独の男。
彼の孤独を癒すのは、自分が仕切るオークションで、売れない画家ビリー(ドナルド・サザーランド)と密かに手を組んで格安で手に入れた女性肖像画の数々。
自宅の隠し部屋に飾られた肖像画の女性達と過ごすのが至福の時間なのだ。

そんなある日、ヴァージルは一人の女性クレア(シルヴィア・フーク)から美術鑑定の依頼を受ける。
指定された屋敷に赴くも、当のクレアは現れず、電話でしか会話しようとしない。
実は彼女は「広場恐怖症」で自宅の隠し部屋から出て他人と顔を合わすことが出来ないのだ。
そんな彼女に次第に興味を持ち心惹かれていくヴァージルは・・・。


コレクションに囲まれてウットリ・・・なヴァージル

「トルナトーレが送る極上のミステリー」 
そうか、これミステリーだったのか(笑)
わたしミステリーというよりも、老年期にさしかかった孤独な男の恋物語として観たんですよね。

主人公のヴァージルは現実の女性に興味が持てないいわゆる二次元オタク。
その偏執的な感じがクローゼットに陳列するように並ぶ手袋や、レストランで自分の名前入りの食器で食事する様に現れています。

鑑定人と顔のない依頼人
ズラ~~リと並ぶ革の手袋コレクション 収集癖野郎だな

一言で言って偏屈で変なおっさんなわけですが、そんな彼が初めて三次元の女性に心惹かれてしまうんです。
それが「顔の無い依頼人」クレアなんですが、これが、イマイチ魅力満点の女性では無いんですよね。

鑑定人と顔のない依頼人
誰も居ないと思いリラックスして部屋で過ごすクレア

鑑定人と顔のない依頼人
・・・をこっそりと彫刻像の後ろに隠れて覗くヴァージル  変態やん!(笑)

フェロモンたっぷりの女優を配役しなかったのはトルナトーレ監督の狙いでしょうか。
ムンムンなグラマー美人だと、ヴァージルはきっとおっかなくて興味を持てなかったでしょうから。
この辺上手いなぁと思いました。

それから、この人♡
手を組んで高価な肖像画を落札するビリーにドナルド・サザーランド

鑑定人と顔のない依頼人

龍の背に乗り空を跳び、霞でも食って生きてる種族みたいなサザーランド。
わたしこの人大好物。
残念なコピーみたいな24時間野郎の息子より断然親父の方がいい!
もっちゃりとした喋り方といい、ねっとりとした視線といい、たまら~~ん(笑)

鑑定人と顔のない依頼人

修理屋を営み、ヴァージルに恋愛指南もする青年にジム・スタージェス。
すまん、スイッチ入らないわこの人に(笑) 


ミステリーならば、ネタバレ厳禁。何をどう言えばいいのかな。
途中まではトルナトーレ色満載。
絵画の美しさや屋敷の造形等魅力的だし、屋敷の向かいのカフェにいる小さな女性の使い方なんかも面白い。
エンニオ・モリコーネの音楽にもうっとりなんです。
ところが、「依頼人」クレアの謎が分かり出すと急に物語が減速してしまって・・・。
謎がね、何となく読める。
こーなったらイヤだなぁ、これってもしかしてああなる?な方向へ物語は進む。
監督のサディズム全開ですよ!

ジェフリー・ラッシュはさすがに上手い!
偏屈な変態親父を雰囲気たっぷりに演じています。
ただ、わたしの主観ですけど、彼ってどっか洒落っ気があるじゃないですか。
一度も女性と恋愛したことの無い、気難しい無骨な主人公のキャラに何か違うなぁ~とちょっと思ってしまった。
それこそゲイリー・オールドマンとかアラン・リックマンなんかが ねっとりと(笑)演じたら・・・。
もっとラストのこれぞトルナトーレ!みたいなラストがストンと来たような気がするんですよね。
スティーヴ・ブシェミとかもど~かな~。あ、ブシェだと映画の味が全く変わってしまうか^^;
皆さんどう感じましたか?

鑑定人と顔のない依頼人

クレアの「あのセリフ」に込められた本当の気持ちはどうだったんでしょう?
ヴァージルは自分の心の中にある答えを信じて・・・。
いや、もしかしたら分かっていてもそれを信じたくなくて、あの場所へ向かったような気もします。
彼がこれから生きていく心の糧として・・・。
老いらくの恋は身を滅ぼすんですね。今から心しておかなくては(笑)


あ、あと、 ネタバレは未観の方に対してルール違反だと分かってますが、一言、一言だけ言わせてー!
なぜ、なぜ、何故監督はドナルド・サザーランドを配役したか!!
友情に熱いパートナーの彼。
サザーランドが、ふっつーーーにふっつーーーの役しますか?!
それだけーーっごめんなさい!!(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鑑定士と顔のない依頼人

邦題が微妙ではございますがね〜^^; 顔がないわけではなく顔はあるのです。 ↑の女性ですがね。 このヒロインを絶世の美女に「しなかった」トルナトーレ氏、賢い! かと言 ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、いいなぁ。これ観たいリストにフィルマークしてます♪
ミステリーというより、変質狂オヤジの恋物語として観た方がいい感じかしら。
龍の背に乗ってそうなパパ・サザーランド私も好きです~。
でも彼にはちょっとエキセントリックな役やってほしいよね。
最近観たのが、ルコント『列車に乗った男』のリメイク
なんと、ロシュフォール翁のやってた教授を演じてたんですよ。
いったいどんなキャスティングやねん!とツッコミましたわw

Re: No title

pukoさん

変態変態って書いてますが、わたしの主観だよ (^_^;) でも、変態(笑)
映像綺麗だしそこにモリコーネが被さるとトルナトーレ汁満載です。
二回観ると更にネタ振りが分かって更に楽しめるかも。観て感想聞かせてくださいね~♪

サザーランドで?!リメイク???
何でそのチョイス(笑)
でも彼の役で大好きなのは意外と「普通の人々」の普通の父親だったりする。

変態に1票!

芸術なんて変態と隣り合わせですよ。(笑)
ろくでもないこの世だって笑い飛ばせでもしないと
心動かす映画だって作れないし。

名優ドナルド・サザーランド。
「普通の人々」ですか~渋いなぁ。^^
私は翌年の「針の眼」の冷酷スパイだな~。
お父さんにたっぷりあって息子に無いものは
「胡散臭さ」。これに尽きる。
息子さんも「スタンド・バイ・ミー」あたり、
まだ影あったんですけれど、最近じゃ
鉄砲持った前田吟みたいだ。

Re: 変態に1票!

jiji姐さん
> 芸術なんて変態と隣り合わせですよ。(笑)
やっぱそうですよね~。
それぐらいの毒や味が無いと、出来上がった作品なんで無味乾燥ですよね。
わたしも変態に再投票!

> 私は翌年の「針の眼」の冷酷スパイだな~。
以前ビデオで観たことあります!
カッコよかった~♡
気持ち悪い役や変な映画が多いのにすごく惹かれるんです。
その「胡散臭さ」が色気になってる。
息子は何か絞りカスっぽいなぁ 残念。

> 鉄砲持った前田吟みたいだ。
ぎゃはははは!!
も~爆笑ですってば!! jiji姐さん 上手い!!^^
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ