『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』コリン・ファース「英国男優総選挙」一位記念

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』(2016)イギリス
原題/Genius
監督/ マイケル・グランデージ
出演/ コリン・ファース ジュード・ロウ ニコール・キッドマン ガイ・ピアース ローラ・リニー ドミニク・ウエスト 他


ベストセラー


やり手編集者マックス・パーキンズ(コリン・ファース)の元に無名の作家トマス・ウルフ(ジュード・ロウ)の原稿が持ち込まれる。
ウルフの才能を見抜いたパーキンズは親身に彼を支えながら処女作を出版、ベストセラーへと導くのだったが……。




1920年代、ヘミングウェイやフィッツジェラルドを世に送り出した名編集者と、鮮烈な文章で「Genius」と評された若き作家の友情と半生を描いた作品。
奇しくも先日の「英国男優総選挙」で一位!!に輝いたコリン・ファースの新作を観てきました。
おめでとーコリン!
共演は前髪離れ孤島化が危惧されているジュード・ロウ
監督のマイケル・グランデージはロンドンの舞台演出出身です。



1920年代のニューヨーク、ヘミングウェイやフィッツジェラルドの才能を見出し作家として世に送り出した名編集者マックス・パーキンズ。
彼の元に無名の新人…というか出版歴ゼロのトマス・ウルフが原稿を売り込みにきます。


ベストセラー
こんちわ!!僕の原稿読んで!!


情熱に任せて書かれた原稿は大量でもの凄い枚数。
しかし文章の中に光る原石を見出したパーキンズは「出版しよう」と契約を交わすんですね。
ウルフの文章は溢れんばかりの情熱が込められた語り口。
しかし言い方を変えれば思いが重すぎてくどいwww
ダラダラ同じような表現が続き、一つの事象を伝えるのに何十ページも費やしたりしてる。
おお、これってまさにわたしが翻訳本が苦手な大きな理由!!
比喩やら暗喩やらだらだら続くあれが苦手でさ~www


ベストセラー
この表現要らん! このキャラ好きだから語りたい!


あ、で、そんな語りは熱いがまとめ能力のないウルフを導くパーキンズの添削は、自らが赤ペン先生で手を入れることなく、ウルフ本人が答えを出すように舵を取り導くんですね。
きっとパーキンズ本人が文才ありありだったんでしょう。


そうやって生まれた処女作「天使よ故郷を見よ」はべストセラーとなり、ウルフは一躍文学界の寵児となります。
引き続きウルフは大量の書きかけ原稿(半端ない枚数!!)を持込み、またもや削除、書き直しの繰り返し。
本を仕上げる為に共に意見を交換する2人の信頼関係は作家と編集者を超え、さながら親子のよう。


ベストセラー
ジャズクラブに繰り出す二人。 音楽もいーよー。


パーキンズは愛する家族(妻と娘が5人!)との団欒を犠牲に、ウルフは愛人でありパトロンの舞台装飾者バーンスタイン夫人(ニコール・キッドマン)の激しい嫉妬に悩まされながらも、2作目「時と川の」を完成。
またもや大絶賛のウルフは文学界の「Genius」として囃し立てられます。
パーキンズとウルフの蜜月は長く続くように見えるのですが……。


ベストセラー
二人の友情はずっと続くかに思えるのですが……


大量の文章の中から光るフレーズを選択し、残りをばっさり切り捨てる編集過程はまさに生みの苦しみ。
編集と言う作業の尊さをしみじみ感じます。
駆け出し作家の原石文章を宝石にするのに、編集者の手腕は大きな割合を占めたのではないでしょうか。

しかしそれを編集者パーキンズ無しではベストセラーは無し得なかったと揶揄され、意地になって反発するウルフ。
その態度は親離れをしようとする子供の姿を彷彿とします。
芸術家の栄枯盛衰を凝縮するように体感するウルフの人生はさながらジェットコースターのようでした。それが降りる事のなかったジェットコースターってのが切なす。


ベストセラー
コリンは安定の演技力だねー


パーキンズを演じるコリン・ファースの演技は安定のグッジョブ。
ウルフに対する想いは仕事を超え、まるで息子のように愛情を持って見つめていたであろうパーキンズの内面が物静かな佇まいや表情から溢れ、さすがとしか言葉がないね。
5人の娘と妻と過ごす騒がしい家の中で、クローゼットに籠って読書する様子は「お父さん、場所ないのね~」って感じだけど、騒がしいけれど家族を愛している素敵なパパっぷりが感じられてとても魅力的だった。
流した涙に釣られなきしたよ💧


ベストセラー
ハンサム復活ーーー!!!


一方ウルフを演じたジュード・ロウ
わたし彼の演技を観て「あ、いいな~」と思ったの、『ガタカ』以来かもしれん。
ひぇ~、ひっさしぶりすぎか!大根とかそんなことは微塵も思ってませんよ!
上手いけど、初期の頃の衝撃的なフェロモンとか魅力がだんだん消えてきてるな~と。
しかし本作のウルフの大胆ながら繊細、大声で自信たっぷりに見えながら内面の脆さ、危なっかしさが溢れるキャラ作り、素晴らしかった。
天才肌のある種気難しいウルフという人物が非常にチャーミングに見えたのは、ひとえにジュード・ロウの表現によるものだと思います。


ベストセラー
美しい。 きっと大金使ってるね


ウルフに首ったけでちょっと病み入っちゃってる愛人のバーンスタイン夫人を演じたニコール・キッドマン。
この人病んでる演技特に上手いと思いません?
キャラは重くて面倒なバーンスタイン夫人だったけど。
ま~安定の美しさ。ちょっと美しすぎて怖いわ。
かなりケミカルやってるよね?
素でこの美しさ無理だよね??
ハリウッド、恐ろしい。


ベストセラー
普通のガイピ、久しぶりでない?


久々に素顔を見たような気がした、chacoさんお待ちかねのガイ・ピアーズも病める嫁に翻弄される没落フィッツジェラルドを、さすがの肩の力の抜けた演技でしっかり華を添えておりました。
もっとガツンと出演作観たいな。


ところで、このトマス・ウルフって作家。
ん~~全く知らなんだ。不勉強ですんません。
1920年代後半から1930年代にかけて一世を風靡し、当時落ち目だったフィッツジェラルドを小ばかにしたような態度を取り、飛ぶ鳥落とす勢いだったのに。
2016年、みーすけはフィッツジェラルドは知ってるけどウルフは知らない~~。
あ、読書家の方はご存じかもしれませんね。
でも、名声って儚いものだなぁぁと何だか切なかったです。
ちょっと興味湧いたので、トマス・ウルフ読んでみようかなって思いました。


あ、最後に一言。
ジュード、あんた 植毛したね。


ベストセラー
ん????


さらば!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : コリン・ファース ジュード・ロウ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コリン・ファース 一位おめでとー!
昨年9位からの大躍進でしたね。最近細くなって若返ったよね。
『キングスマン』でアクションさせられたのがよかったのかしら。

私もウルフさんという作家のことはなーんにも知らなんだ。
ハンサム復活ーーー!!!の画像が似合いすぎて笑ったw
珍しくアグレッシブ、でも脆さも醸し出しててジュード頑張ってました。
でもやっぱコリンがいいんだなぁ。街並みも音楽もよかった。
それにしても小説がこれほど編集者の腕で生まれ変わるものだとは驚き。
前髪孤島化のジュードは、植毛かなと思ったら山伏に戻ったりするんで油断がならん。
今回どっちだろう(笑)

Re: No title

pu-koさん

ホント大躍進でビックリだよね!間違いなく『キングスマン』効果でしょう。
本作では決して帽子を脱がなくて、クラシックなスーツ似合ってたし、物静かなエディターがピッタリハマって素敵だった。
下駄顔はあんまりスイッチハイラナイんだけどwwwこの人は別格だな。
で、ジュード・ロウが想像以上に熱くて、おおってなりました。
上手いんだけど、あんまり演技力どうこうって意識して見たことなかったかも。過去の素行の悪さがめだってさーww円熟してきたんだなーと。頭が離れ孤島でも山伏でも役者にはウィッグという強い見方があるし、演技が素晴らしければファンは付いてくるから大丈夫よジュード~♪ ←軽い
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ