スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エクソシスト』オカルト映画の金字塔 毎回泣く(ワシが)

『エクソシスト』(1973)アメリカ
原題/THE EXORCIST
監督/ウィリアム・フリードキン
出演/エレン・バースティン ジェイソン・ミラー マックス・フォン・シドー リンダ・ブレア 他


the exorcist



古生物学者であるメリン神父(マックス・フォン・シドー)は、イラクで古代遺跡の発掘中「悪魔パズズ」の偶像を発見し、不吉な予感を感じていた。
一方、ワシントンに住む女優クリス・マクニール(エレン・バースティン)は最近一人娘のリーガン(リンダ・ブレア)の奇行に悩んでいた。
病院の検査で全く異常が発見されないにも関わらず、日々エスカレートする娘の暴力、暴言、そして常識では説明できない超自然現象。
万策尽きたクリスは最後の手段として友人の神父に救いを求め、心理学者であり教会でカウンセラーとして働くカラス神父(ジェイソン・ミラー)を紹介される。
リーガンの様子に悪魔憑きを確信したカラス神父は、教会に悪魔払いを要請。熟練の経験者としてメリン神父が選ばれるのだった。


the exorcist
イラクの遺跡で悪魔の手触りを感じるメリン神父


the exorcist
幸せな母娘を襲う恐怖


the exorcist
少女の何が起こったか?


the exorcist
自らの信仰に悩む神父


the exorcist
もー何でもいいから誰かたすけて!!


the exorcist
三者の運命がボストンの一軒の家に集約されていく……


言わずと知れたオカルト映画の金字塔。
12歳の少女に取り付いた悪魔と神父たちの死闘を描いた同名小説の映画化です。
監督は『フレンチ・コネクション』の名匠ウィリアム・フリードキン。
先日1月12日に亡くなってしまった原作者のウィリアム・ピーター・ブラッティは脚色も担当し、アカデミー賞脚色賞を受賞しています。

も~、マジみーすけのオールタイムベストでございます!
ビデオ、DVD、Blu-ray三種持ちのあれです。
え?そこのあなた未見?
浦山鹿!まっさらな状態で味わえるなんて!
今回怖がりの友人のために恐怖画像はちょっと少な目でお送りします。


ストーリーはあまりにも有名なのでさらっと割愛。
ボストンで暮らす12歳の少女を襲う悪魔の恐怖とエクソシスト(悪魔払い師)との壮絶な闘い。
少女は神と信仰の力に救われるのか?


the exorcist
悔い改めよ!!!!


公開当時そのグロテスクな映像が話題になり、クリスチャンの多いアメリカで大ヒット、一大オカルトブームの火付け役に。
緑のゲロゲロ、首ぐるりん、など過激でアンチクライストなビジュアルがフューチャーされがちですが、巷に溢れる亜流オカルト映画(本作の2,3とか含むww)と一線を画すのは、まずブラッティの脚本の素晴らしさです。
悪魔の手触りを感じるメリン神父、その悪魔に翻弄される母娘、信仰に疑念を感じるカラス神父。
三者の運命がゆっくりと交差していきます
安易にオカルト傾向に物語が流れず、あくまで治療の一環として悪魔祓いを進める医者とか、話しはかなりリアル思考なんです。


the exorcist
ポルターガイスト現象が出るのも物語後半


そして、そんなドキュメンタリーでも観ているようなリアル感溢れる物語を、重厚な演出で描くフリードキンの手腕の素晴らしさ。
次第に常軌を逸していく物語が一気に動く悪魔祓いの儀式が始まるのは、なんと映画の残り30分。
じわじわとフィニッシュに持ち込むフリードキンの演出の巧みさに毎回唸ります。


この監督の演出にがっつり食いついて演技を披露する役者たち。
突如として娘を襲う怪現象に右往左往する母親クリスを演じるのはアカデミー賞女優で、現アクターズ・スタジオの学長エレン・バースティン。


the exorcist
もー疲れました……💧

次第に豹変していく娘の状態に戸惑い翻弄される母クリスを公演、惜しくも授賞は逃したもののオスカーの主演女優賞にノミネートされました。



the exorcist
ここ一番好き!印象的なシーン。


印象的でアートのようなポスターにそのお姿を映すメリン神父を演じるのが大好き、マックス・フォン・シドー
心臓病を抱え、高齢で、「だ、大丈夫か!?」とこちらが心配になるふらふらしたお姿で儀式を執り行うメリン神父を演じたシドーさん。
実は撮影当時まだ43~4歳だったとは!!
年老いたメリン神父の様相はメイクで作られたものだったのね。

the exorcist
このお姿が


the exorcist
ほら!おじいちゃんに!


リーガンの特殊メイクあれこれだけでなく、老けメイクのクオリティも凄い。ずっとホントにおじいちゃんだと思ってた。
現在はシドーさん87歳の本物のおじいちゃんです。
個人的には『コンドル』(1975)の殺し屋ジョベア↓の役が大好き🌼


the exorcist
しゃくれてるって?撃ちますよ。


さて、特筆すべきはカラス神父を演じるジェイソン・ミラーの素晴らしさです。
当初カラス神父にはポール・ニューマンやジャック・ニコルソンが候補に挙がっていたのをフリードキン監督の判断で当時無名だったミラーに決定したとか。
フリードキンぐっじょぶっっっ!!!
本作はアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジェイソン・ミラーの演技と佇まい無くしては語れないのよ。

the exorcist


※※ここから若干ネタばれです


本作、少女の悪魔祓いがメインのテーマ。
でも本当の主役はミラーが演じるデミアン・カラス神父なのです。
信仰を失いかけた神父がそれを取り戻すというのが裏のテーマ。

the exorcist
独居の母親を亡くすカラス神父。


大学で心理学を専攻し、ボクシング選手で、教会ではカウンセラーとして働くカラス神父。
心理学者としての彼は非常に現実的で、宗教より科学を信じる思考を持つ人のように見えます。
そんなカラス神父は母の死に自責の念を感じ、それが神への不信感となり、信仰へ疑念を持ってしまうんですね。
心の弱ったカラス神父に悪魔は攻撃の手を緩めません。
途中で何度も心が折れそうになるカラス。
それゆえメリン神父と共に行う儀式が熾烈を極めてしまう。

the exorcist
激しい闘いに精魂尽きた……


リーガンの体に巣食う悪魔がカラス神父に移動した時、本来ならば乗っ取られているはずの彼の最後の行動。
わたしはキリスト教徒ではないので、あれは神の力では無くカラス神父の精神力、心の強さだと感じるんです。
だからカラス神父の叫ぶ「NO!!!」が心に深く突き刺さり、その自己犠牲の姿に涙を抑えることが出来ないんですよね。
人を救うのは人の愛の力なのかなと。


the exorcist
この「NO!!!」で毎回落涙……💧


男の弱さとそこから立ち上がる美学、そーゆーものに弱いんよねー!
ええ、今回も泣きましたともさ、ええ、ええ。



20170121185855be7.jpg
殺人課のキンダーマンとカラス神父


心がちょっと和むキャラとして、映画監督の不自然な死を捜査する映画好きなキンダーマン警部を演じるリー・J・コッブがいい味を出しております。
脇役に至るまで手を抜かない配役をしていて、ほんといいよなぁ~。


the exorcist
捜査の手腕、なかなか鋭い!



聞くだけで雰囲気に呑まれるテーマ曲もいいね~




オカルト映画が苦手な方も観て欲しい名作なんだな~。
め ちゃん頑張って観ろよ!
ってことで軽く怖いの貼っとこう。免疫免疫!www


the exorcist
怖くない怖くない!


では!さらば!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

tag : ジェイソン・ミラー マックス・フォン・シドー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

で、出たーーーーー!!

忘れもしない『エクソシスト』!!
コレさDVDになってから観たんだけど、
ちょうど長男をはらんでた時で、つわりは全くなかったのに、
コレ観たばっかりに「オエ~」って戻しちゃった覚えが!!やだ~!
記憶が蘇るぅ~~~。

超こわかったんだよ、当時はね。私もまだ若かったから。
リンダ・ブレアの首が360℃廻る廻る、ベッドから浮く浮く、だみ声で罵倒する!
結果、真剣に見入ってた私は「オエ~」だったわけ。

泣いた記憶は無いな。ゴメンよ。
けど、神父と悪霊との闘いは忘れられない。神父様ガンバレ~!って応援したよ。
もう一回観ても「オエ~」ってクルかな!?イヤイヤ今なら平気でしょ(笑)

Re: No title

chacoさん

え?!吐いちゃったの?!
貴女、妊娠中になんて映画をセレクトしてるんスか(笑)
わたしも最初に観たのテレビ吹き替えだと思うんだけど、当時どう思ったか全く記憶に無く……長じてからソフトで鑑賞して深く感動したんだよね。
んーホラーオカルト苦手だとダメなのかな。
まあリンダ・ブレアの後半のあれこれは確かに凄いよね。
あ、いかん友だちが観なくなるやん!(笑)

chacoさん機会あれば再見してよー。
今なら大丈夫よ←軽いな(笑)

No title

あかん、、、最後の写真だけで私十分オエ〜てなる。。。
恐いもの見たさとか、やはりここまで長きに渡り話題になるってことはそれ相応の良作なんだとは思うので気にはなるよ、なるけど、、、お風呂とか入る時後ろが気になって振り返ったりしちゃいそうだな。。。
ところで今Amazonプライムでこらテラル観た。マークラファロ出てたんだね!やっぱ若い時かっこいいし声は一緒で色っぽいね☆

Re: No title

め ちゃん
え?!あれ一枚でオエ~なの?!
そっかー、てかみんな以外とホラーやオカルトがダメなんだねー。
ワシも幼き頃は怖かったけど観すぎて感性鈍ったのかなー。
じゃー週末観て次に用意してる記事の映画も君は無理だなー。観ながら、あ、これはわりとみんな引くなと思いながら観たもん。まあお楽しみに。

あ!ラファロ、『コラテラル』出てたなそー言えば!
彼、髪形や髭で雰囲気すごい変わるけど、あの茶色の瞳とセクシーな声が……❤

No title

そうだよね~。
ホラー苦手だった高校生の私が、友人宅にお泊りした日、親友と彼女のママと3人で観たのが最初。
その時は首とか緑のあれとかのことしか覚えてなかったけど、再見してカラス神父の最期の執念と自己犠牲に泣けたのよ。
ボロボロになって、神への不信を募らせながらも神父の仕事を全うする二人が尊とかったなぁ。
神はなぜ沈黙するのか・・・byガーフィールド
あ、それはスコ爺映画だった。はよ感想書かねば。

Re: No title

pu-koさん

おお!同士よ!!(笑)
そそ、多分最初はあのドロドロとかに気が行っちゃうけど、カラス神父の揺れる気持ちがしっかり描かれていて、信じるものを取り戻せた彼の自己犠牲が素晴らしく感動ものなんだよね。

あ!『沈黙』!pu-koさん観たのね。
わたしも来週観るよ。原作を再読しようか悩んだけど、観てからにするよ。
レビュー楽しみ💠
こちらはレフンのあれを必死で下書き中~。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。