スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ネオン・デーモン』 デートに選んではいけない映画・オブ・ザ・イヤー

『ネオン・デーモン』(2016)フランス=デンマーク=アメリカ
原題/The Neon Demon
監督/ニコラス・ウィンディング・レフン
出演/エル・ファニング ジェナ・マローン アビー・リー・カーショウ 他


ネオン・デーモン


トップモデルを夢見て田舎からロサンゼルスに来たジェシー(エル・ファニング
天性の魅力を持つ彼女は、すぐにトップモデルへの階段を登り始める。
しかし彼女を羨むモデルたちが道を阻もうとする。
そんな中ジェシーもまた業界の毒に染まっていくのだったが……。


ネオン・デーモン
16歳のジェシーのモデル事始め


ネオン・デーモン
お姉ちゃんをシュールに並べるの好きねレフン


ネオン・デーモン
あんた生意気よ!……とかそーゆーのは無い


ネオン・デーモン
独特なレフンワールドが炸裂


出たよ、レフンwww
さすらいの運転野郎ゴズリンちゃんの純愛にうっとりだった『ドライヴ』で夢中に。
しかしオヤジのカラオケとバイオレンスガチファイトな『オンリー・ゴッド』はドン引き&爆笑だった。
そんな「俺のワールド」を突き進むレフンの新作は「美こそ正義」のファッション業界に渦巻く狂気と欲望がテーマ。
ただ今絶賛上映中ネタバレ厳禁なので、以下感想をざっくり。


1)映像が凄い

ネオン・デーモン
原色万歳


レフンと言えば原色を使った印象的な映像。
赤!青!緑!紫ーーーピンク!!
ヴィヴイッドな色が溢れる映像は今回も絶好調。
Wikiって知ったんですが、レフンは中間色の見えずらい色覚障害があるんですね。それゆえにあの強いコントラストの画像に拍車がかかるのかな。
ちょっと他では経験できないアミューズメントみたいな映像体験できます。


2)音楽もなんか凄い


ネオン・デーモン
極才色の画面に大音量の音楽でレッツ トリップ!


『ドライヴ』で、うおっっ!てなったユニークな音楽の使い方は健在。正直あれは非常にツボった好きだった。
一転『オンリー・ゴッド』でおっさんのカラオケを延々聞かせるシュールなエンディングには爆笑。
ま、演出として音楽が観客を圧倒させてるので、結果成功なのか。
今回も「クラブなう」みたいな臨場感凄い。
画面で何が起こってんのかよく分かんないんだけどねwww
雰囲気だけと言われればそーかもなんだけど、これにノレたら異空間に入り込めるのよね。


3)ストーリーが(トンデモ)凄い


ネオン・デーモン
大丈夫、血は撮影用です。


田舎から出てきた16歳の少女ジェシー。
天性の魅力であっという間に上昇していきます。
しかし周りは自分の美しさに自信のあるモデルばかり。
とうぜん嫉妬、妬み、愛憎うずまく弱肉強食のサバイバルな業界。
無垢な少女が業界に毒されて、果してジェシーの運命 は…って話しを想像してたんだけど。
いや、そうなんだけど、監督がレフンだった件。
なにこの斜め上を行く展開は?
目が点。
レフンどこ行くだろうなぁぁ…… ←遠い目
わが友 め ちゃんは恐らく観れないだろうな……とだけ言っておこう。


ネオン・デーモン
バンパイア。 ウソ。


ま~しかし、ジェシーを演じるエル・ファニングが可愛い!これは文句なし。


ネオン・デーモン
ほら!この天使感!おっさんコロっとやられてた


コケティッシュでいて小悪魔チックな空気感が最高。
彼女いわゆる美人じゃない、どっちかっつーとファニーフェイス。
ところが他のモデルたちがいわゆるモデル!ってタイプばかりなので、キュートさが際立つ。
業界慣れしてない初々しさが全身から溢れて天使みたいに可愛いかった。配役最高。それがね~、うふふ……。


ネオン・デーモン
大人な色気も醸し出しつつ……


ネオン・デーモン
ジェシーの出現で追い詰められるサラ


ジェシーの出現に怯え追い詰められるサラを演じるのは本物のスーパーモデル、アビー・リー・カーショウ。
この人『マッド・マックスFR』でワイブズの一人だったのね。
エキセントリックなキャラが本作に非常にハマって個人的には一番面白かった。


ネオン・デーモン
ウッフン


何かとジェシーを気遣うメイクアップアーティストのルビーにジェナ・マローン。
『ドニー・ダーコ』の少女のイメージが強くて、えー大人になってるーってちょっとまいった。ルビーは映画のキーパーソンです。


そそ、モーテルのいー加減な管理人役にキアヌ・リーブスが出てた。
うん、出てた。
「キアヌなんで?」だった。
出演の決め手って何なんだろうか?知りたい。
色々な「?」をわたしに感じさせながらキアヌ フェードアウト。
レフン「キアヌ僕の映画に出てよ」
キアヌ「お、えーよ」
……ぐらいのノリで出演決めてないかキアヌ?


ネオン・デーモン
いーのかキアヌ? いーのねキアヌ。


独特の映像と音楽、シュールで不思議な世界感。
個人的な感想はやはり非常に「デヴィッド・リンチぽい」けどリンチには届かないB級映画。
と言うと辛すぎ?
又は魔女の出ない『サスぺリア』とか。
雰囲気と思わせ振りといろんな意味で人を食った映画だったかな……ふふ。
レフンファンは手放し称賛かな。
わたしも嫌いじゃない。
でもか・な・り・観る人を選ぶ映画なので、「オシャレっぽいしエル・ファニング可愛いし🌼」ってデートに本作を選ぶのはちょっと……。
さて、これからレフンはどーすんのかしらとそれが気になるな~。


ネオン・デーモン
パリピな彼ぴっぴと自撮り~的なwww
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : エル・ファニング

コメントの投稿

非公開コメント

え!これオエオエ系なの!?てビックリしたけど、ドライブの監督か!!ライアン・ゴズリング見たさに映画館行って顔踏んづけるとこでオーエーーーてなった監督か!
…観たいよーな、やっぱやめとこ。みーすけ次詳細教えて(´ー`)それで満足しとくー。

Re: タイトルなし

め ちゃん

そうそう、そのレフン監督。
あ、そーだったそーだった、ゴズリン観たさに行ってえらい目に遭ったっていってたな(笑)
オエ~系っつーか……まあネタバレになるんでまた飯食いながらでも……www
独特な映像と音楽の体験は凄いんだよ。
でもあなたは苦手系かな~、ってシーンがラストに怒濤かなぁぁ

No title

私もおっさんのカラオケ映画よりはこっちが好き。
エルちゃんのカリスマ性も際立って、目の保養になったよね。
しかしラストはぶっ飛んだね~。
レフン新作出すたびにまじどこ行くんだって思う(笑)
目の障害がこの色彩を生み出していたとは。
欠点を利点に変えてしまうのも才能だな。
キアヌ仕事選ぼうよw

Re: No title

pu-koさん

ホントpu-koさんの言うとおりレフンよ何処へ行く?だよー。
でもあの映像や音楽のセンス、ハマるとたまらないのも事実。
わたし記事をまとめながら、『ドライヴ』がハリウッド一作目だから特別にマイルド(あれでwww)で、本来レフンが追う世界はこれとかオンリー~なのかしらとか色々思いながら……
まあ、一言、キアヌ仕事選ぼうよwww

No title

わははは、キアヌ言うなれば「カメオ出演」ってやーつ?

ダコタねーちゃんをちゃっちゃと追い抜いちゃった感アリアリのエル嬢。
私はこの子の顔あんまり好きくないのさ。
体ばっかいっちょ前で顔は万年小学生だろ!?え?言い過ぎかや?

ダコタはブが付くサイクになっちゃったしね。コレまた言い過ぎ?

レフン監督って言われても・・・
私、最近めっきり邦画に走っちゃって監督名がワケワカメ???
『ドライヴ』は観た。うん観た。その監督なのか。
ゴズリング観た観た。
あ、『ラ・ラ・ランド』こっちもかかってるから観に行こうっかな!?

締まらん話で〆てゴメンm(__)m

Re: No title

chacoさん

キアヌのはカメオ出演とかでは無いなー。もっとガッツリ出てるけど、この役にわざわざキアヌを配す意味が……気をてらったのならば大成功だろうけどキアヌ的にはどーよ?と(笑)

エル・ファニングはこのおぼこ顔が映画にバッチリハマってて良かった。
子役は大人になると様相変わって残酷な事になるケースがあるからなー。あの有名な、お化けが見える子を演じてた人とか……💧
子役激スルーのわたしが珍しくハマった『ルーム』のジェイコブくんが真っ直ぐ育ってほしいと願っている。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。