「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」  修行

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 (2013) アメリカ
原題 Only Lovers Left Alive
監督 ジム・ジャームッシュ
出演 ティルダ・スウィントン   トム・ヒドルストン  ミア・ワシコウスカ  ジョン・ハート

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

孤高のカリスマ・ミュージシャンとしてアンダーグラウンドな世界で創作活動を続けるアダム(トム・ヒドルストン)は現代を生きるヴァンパイア。
デトロイトに住み、誰にも聴かせる事の無い音楽を自分の為だけにひっそりと創り続けている。
タンジールに住む恋人のイヴ(ティルダ・スウィントン)が彼の元を訪れ久々の再会を果たす。
彼らは何世紀も愛し合い「汚れない血液」を糧に生き続けてきたのだ。
そんな折 イヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が現れ 平穏なアダムとイヴの生活に変化が起こる・・・。


オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
アンニュイ・・・

ジム・ジャームッシュ 4年振りの新作は現代を生きるヴァンパイア達のダーク・ロマンス。
良くも悪くもジャームッシュの作家性溢れる作品でした。
音楽、ファッション、家具、風景、どれをとっても監督のこだわり、嗜好が満載です。

人間にその存在がバレないようにひっそりと生活するヴァンパイア達。
何世紀も生き続けてきた彼らにとって 現代社会は非常に住みにくい汚れた世の中。
彼らの命を繋ぐ血液も、純粋な物が手に入りにくくなっている。
血液提供(?)する人間が空気や水を汚し、自己破壊的行動を繰り返す為に己の血も汚れたものになっているからです。
グルメだな。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
純粋な血液を味わうイヴ  極上の赤ワインってところですかね~

イヴを演じるティルダ・スウィントンの優しげな声がいいですね。
シルバーの長い髪を揺らしながら、ゆるゆると音楽に合わせて踊るイヴ。
生命感を感じさせない冷たい爬虫類のような彼女の存在感がイヴのキャラとピタリとハマっていました。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ アダム宅録
アダムさん、宅録中

ツンデレで、イヴに甘える年下の恋人アダムを演じるトム・ヒドルストンも素敵です。
彼の低い声は、劇中流れる第二の音楽のよう。
ヴァンパイアのアダムは「孤高のアーティスト」のメタファーでしょう。
知る人ぞ知る、その世界ではカリスマ的存在のミュージシャンなのに、創作した音楽を一般に公開することには全く興味がなく、ただ自分の楽しみの為にひっそりと自宅で創作活動をするアダム
これ、つまり監督ジム・ジャームッシュ自身の投影なんでしょうね。
彼の「これが、俺の好きな世界、描きたい世界。分からない奴らは観なくていいよ」的メッセージなのでしょうか。
アダムが忌み嫌い軽蔑感を顕にする「ゾンビ達」 
おお~ゾンビも出るの?と、ちょっと小躍りしたら、それって我々人間の事だったという(爆)
純粋なヴァンパイア=孤高のアーティストは現代の猥雑なカルチャーに融合することが出来ず、どんどん淘汰されて行く運命なのでしょうか。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
妹エヴァを演じる ミア・ワシコウスカ  キュートです♡   

古き良き時代にこだわり、どんどん生きる事が困難になっているアダムとイヴに比べて、妹エヴァは新しい時代をエンジョイする事が出来る。
血液の純粋さにもこだわる事なく、音楽業界で働く男性の「汚れた血」を飲んでも
「ちょっと気持ちが悪くなったわ」と言いながらもケロっとしています。
彼女の奔放な生き方を許す事が出来ないアダムは始終イライラとし、結局エヴァを追い出してしまいます。
まあ、勝手気ままに行動するエヴァを観てて、わたしも腹立ちましたけどねw

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
繊細すぎて現代を生きることが辛いアダムさん   悪いけど髪切ってくれよ


これぞジャームッシュ!な2時間ちょい。
いやぁ、しかしね、正直ほんっと眠かった^^; 久々に寝ないように頑張りましたよ。
ある意味「修行」(爆)
独特のグランジ・ロックちゅ~か、古い50年代風ロックが非常に眠気を誘い、アダムさん作の音楽が流れるたびにウトウトしかけて「嗚呼・・・アダム堪忍、音楽止めて」と思ってしまった。

映画の前に食べたカレーうどんで温まった体にw アンニュイな音楽、暗い映像が穏やかな眠りを誘う~・・・。
一緒に行った友達はとてもお気に召したようで良かったです。
ジャームッシュの世界観が好きで、ドップリ浸かりたい方には最高かと思います。

考えてみたらわたし、ジャームッシュの映画で好きだな、面白いなって思ったの「ナイト・オン・ザ・プラネット」と「コーヒー & シガレッツ」ぐらいで、後者も途中で眠気に襲われる事が多かったなぁと気がついた。
他の作品も世界観にイマイチ乗れなくて、退屈とは言わないけど眠さを我慢するのが大変だった。
無粋ですんまそん。まだまだ修行が足りんなぁ。

個人的には、ラスト近くで初めて見せるアダムとイヴの表情と行動に
「やった!これこれ、これを観たいのさ!」と思ったのに、その先が語られる事なく映画はアンニュイに終わる・・・。
いや、そこから先がわたしの好きな世界なのにぃぃぃ・・・でした。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
このティルダ姐さんの表情 素敵でしょ? これですよ観たかったのわ!!

もっと空腹で頭がスッキリしてる時に 再び観たら、別の感想を持てるかも鴨~。
嫌いな世界観では無いのに、どうしても眠くなってしまって、通してちゃんと観るのが辛い映画でした。
この、映画を観ながらの「修行感」以前にも感じた事があるなぁ、何だっけなぁと、つらつらと考えて思い出しました。
あれです、あれ!「ベルリン・天使の詩」
天使が人間になる以前のあれこれが味わい深いものの、ちょ~~~~眠いw
作家性の強いアーティスト系映画って わたしには向かないのかもな。
ま、しゃ~ないな(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

観てません。^^

ものすごく観たいとも思わないのです。
評判よかった「ブロークン・フラワーズ」も
私には合わなかった。
ゴダールに代表されるような作家型の最も
得意とする“映像のウンチク”に入れるか
入れないかであってね。居心地の悪い呑み屋で
無理して呑む必要はないのであってね。^^;

「ベルリン・天使の詩」、35分過ぎたあたりで
確実に睡魔来ますね、あれは。
「2001年宇宙の旅」も。(笑)
神がかり的素晴らしき映像美、なんですけどね。

Re: 観てません。^^

jiji姐さん

はいはい、ゴダールも厳しいですw
今回も うとうと・・・としかけて、話が頭に入らず しかもたいしたストーリーがあるわけでも無いw
本当に好きな人だけが解る映画だと思います。
「呑み処・ジャームッシュ」はわたしには居心地悪うござんした(-_-;)

あー「2001年宇宙の旅」も何だかな~なのです。
確かにね、映像は素晴らしいのですけど、やはりそこに物語が欲しい。
いつか「なるほど!」と思える日が来るのでしょうか、来ないと思うな(*_*)

No title

ありゃーー、最近お気に入りのトムヒがヴァンパイアと聞いて楽しみにしてるのだけど・・
ぎゃは、お願いやめてな音楽をかき鳴らしてくれるのね。
ジャームッシュ特にはまらないし、ベルリンもわかるしで・・
私も寝るかも~。
でもそんな世界を覗いてみたいと思います。修行頑張るw

Re: No title

pu-koさん
いやいや、けして退屈な映画では無いのよ~
わたしは、あまりエンジョイ出来なかったけど同行の友達はとても好きって喜んでた。
トムヒが甘えん坊な感じで魅力的です。
お楽しみに!(^ー^)
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ