「マイティー・ソー/ ダーク・ワールド」 親父も兄ちゃんも大っ嫌いだぁぁ! byロキ

「マイティー・ソー/ ダーク・ワールド」 (2013)アメリカ
原題/Thor : The Dark World
監督/アラン・テイラー
出演/クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン アンソニー・ホプキンス
   ステラン・スカルスガルド イドリス・エルバ レネ・ルッソ 他

マイティー・ソー ダーク・ワールド


「アベンジャーズ」の戦いから1年後。
英国で原因不明の重力異常が発生、これを調査していた天文物理学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)は原因をつきとめるべくロンドンへと向かう。
実はこの怪異は、マレキス(クリストファー・エクルストン)率いるダーク・エルフ達の仕業だったのだ。
彼らは宇宙が誕生する以前から存在していた闇の力を復活させ、宇宙全体を自らが統治するダーク・ワールドへ変えることを企んでいたのだ。
重力異常の調査を進めるジェーンは偶然宇宙滅亡を導く鍵となる“ダーク・エルフの力=エーテルを自らの身体に取り込んでしまう。
一方ソー(クリス・へムズワーズ)は宇宙の平和を取り戻すべく闘いの日々を送っていたが、心の中では常にジェーンを想っていた。
そんな折「世界の監視者」ヘイムダル(イドリス・エルバ)の助言によりジェーンの異変を知ったソーは、地球へ降り立ち二人は再会する。
ソーはジェーンを救うべく故郷アスガルドへ連れ帰るが、この行動はアスガルドのみならず全宇宙を危険にさらす事態を招くことになるのだった。

マイティー・ソー ダーク・ワールド
主役なのに、人気急上昇のロキにいいとこ持ってかれちゃってるソー 頑張って頂きたい。 

マイティー・ソー ダーク・ワールド
「ロキ様なんて呼ばれちゃってさぁ~参ったよ~」 ニヤニヤしてんぢゃね~よ! 改心せい!

「アベンジャーズ・プロジェクト」第二弾始動だぞ!
見逃すと繋がり分かんなくなっちゃって、次が楽しめなくなるので、外せない~。
前作から2年後、ソーは「アベンジャーズ」で一度地球に戻ってますが、暇が無かったり、ギャラやら尺やら大人の事情によりジェーンとは会えず仕舞いだったんですね。


再会のお二人さ~ん♪ イヨっ!お熱いね~!

で、以前からずっと気になってる事を先に書いちゃおうかな。
たった数日過ごしただけで、それこそチューぐらいしかしていない人をそこまで想えるものなんだろうか??
そうか、この二人は想い合えるんですか、深く愛し合ってるんですか、運命の人ですか、そうですか。


マイティー・ソー ダーク・ワールド
存在自体が迷惑になっちゃってるジェーン ナタリー・ポートマン相変わらずお綺麗です。 

で、今回ジェーンの身に起こった危機は地球や宇宙全てを巻き込んで大変な事になります。
前回の「アベンジャーズ」でニューヨークがめちゃくちゃになったんで、次はイギリスでよろしくって事で、ストーンヘンジやらロンドンで怪現象が起こります。
惑星直列やら謎の重力異常、またはそれを操作する装置なんかが唐突に出てきて「それってどうよ??」という子供みたいな突っ込みはしてはいけない。
この手の映画は「そ~ゆ~事もあるんだ」と納得しないと楽しめないのです。

マイティー・ソー ダーク・ワールド

闘いを通じて大人になったソーが落ち着いてて頼もしいんですよ。
アスガルドの次期王としての責任感から メンタルでも落ち着いてきてるのがわかりました。
お父さんのオーディン(アンソニー・ホプキンス)も頼もしいでしょう。

そんな安心印の主人公の動向よりも、今回やはりこの人の素行の悪さが際立ちます↓

マイティー・ソー ダーク・ワールド
色々あってヤサグレてますが、本当は泣きたい時~!なロキ。

すっかり人気者のロキ。演じるトム・ヒドルストン人気も赤丸急上昇中です。
ひねくれて信用できない嫌な役なんですが、根っこから悪くないかもと思わせてしまう魅力がロキのキャラクターにあるんですよね。
もちろんそれは、ロキの屈折した心の機微をトムヒがしっかりと演じているから。
この人の今後の役者人生に頼もしいものをかんじますね。いやぁ人気が出るのもわかる。

どういう経緯で ソーとロキが結託して戦うのか理由が気になってたんですが、そうかお母さんをネタにするのか!と納得。
お父さんのオーディンにも、お兄ちゃんのソーにもひねくれて素直になれないロキですが、やはり血は繋がっていないもののお母さんに対しては愛情いっぱいのお母さん子なんですよね~。
こういう繊細なところがチラ見えするから「この子心を入れ替えるのでは??」と思わされるんでしょう。
ロキの今後が気になって、次のシリーズも間違いなく観てしまうもん。

マイティー・ソー ダーク・ワールド
ジェーンを守ろうとする 母フリッガにレネ・ルッソ  今回はロキの行動のカギになってます。

前回は仁王立ちばかりでキャラクターのインパクトがあんまりなかったヘイムダル。
イドリス・エルバの人気と知名度アップにより 登場シーンもセリフも増えて嬉しい~。素敵だ♡
門番のヘイムダル、一生門番としてあそこに立ってるものと思ってたら、意外と被り物も脱げて普通に生活してるのね~と新たな発見!
ご飯とかちゃんと食べる暇あるの?なんて心配してたんですよ(笑)

マイティー・ソー ダーク・ワールド
カラコン痛くない?大丈夫?

前回はさらっと流されて、詳細がよくわからなかったアスガルドの全景や、城の内外なんかも丁寧に描写してあって、その辺りも世界感が広がって良かった。
普段アスガルドの人々は何やってんだろう?って疑問だったんですが、闘いの為に訓練したりしてましたね。
各登場人物の描き方も丁寧で、王であり父であるオーディンの苦悩や、父の命令を無視してジェーンを連れ出そうとするソーの決断も、前回のような奢り高ぶりからではなく、アスガルドの民の命を守るためという前提があるのが分かり、そんな所でもソーの成長を感じて嬉しくなりました。

ただ、今回の敵役の人たちのビジュアルが、新鮮味が無いというか、どっかで見たことある造形で・・・

マイティー・ソー ダーク・ワールド
ショッカーダーク・エルフの戦闘員さんは 13金のジェイソンマスク着用

マイティー・ソー ダーク・ワールド
ボスキャラのこちらはプレデターのコピーっぽいしなぁ

マイティー・ソー ダーク・ワールド
で、親分マレキス・・・ 「プロメテウス」と掛け持ちですか???

地球に戻ってからのソーとダーク・エルフ達の闘いはやはり迫力があります。
惑星直列の影響で、あちこちの世界が繋がっている為に地球と各世界を行き来しながらの戦闘シーンはワクワクするし、そんな中に笑わされる小ネタが入るのもいいですね。ソーを追っかける打ち出の小槌が健気^^
因みに今回ソーはロンドンの地下鉄に乗ります~。
ただ、決定打の武器に「そ、そんなのあるなら早く使いなはれ!」と心で突っ込みを入れたくなったのは許してもらおうかな・・・。

マイティー・ソー ダーク・ワールド

しかし、エンディングの状況に「わたしの流した涙を返せ~~!!」と思わされました。
ほんっと、このロキって野郎は、いくら生い立ちが不幸だからって、ちゃんと愛情与えられて育ててもらっといて、親兄弟や他人様にまで迷惑かけて もうね~、ロキ、あんたいい加減にまっとうになんなさい!!
そんなだから、お兄ちゃんみたいな人徳が無いんだよ!と腹が立つ。
でも嫌いになれない~(笑)
なんにせよ、今後のこの兄弟の行く末がかなり気になる所でございます。

あ、長いエンドロールの最後にお楽しみの映像があるので、皆さん席を立たずに我慢してくださいね。
「アベンジャーズ」シリーズはどれもこれも客席が明るくなるまで立ってはいけないのですよ、うん。

さて、地球に降りてきたソーはなにするんでしょうね? 働かないと食ってけないしね。
力だけはあるから、道路工事とかガテン系かなぁ・・・。
やはり地下鉄通勤かしら???(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

知的なトムヒだけど暴れん坊なロキを生き生きと演じてて、母性本能くすぐられるんですよね~。
そうそう、ソー(w)ってば、いつのまにやらお兄ちゃんらしく落ち着いたキャラになっちゃって。
やんちゃなソーも好きだったけど、穏やかなソーも悪くない。
にしても、アベンジャーズでジェーンが元気かをチェックするだけで会いにもいかなかったのは、尺やらギャラやらの事情があったのね(笑)

最後は私も「泣いて損した」気になった(笑)
次はロキ主役といううわさが・・ないかw

異星人は新聞記者・・といいたいところだけどソーには絶対似合わない。
やっぱり彼には力仕事で頑張ってもらいたいよね。
道路工事やきこりとか。子分のハンマー、コンコンで100人力。
地下鉄通勤の木こり、渋いぞ(笑)

Re: No title

pu^koさん

ほぼ主役はロキでは??な展開でしたよね。
儲かるなら何でもするハリウッド、ロキを使ってスピンオフって無きにしもあらず?

最後はオーディンになにしたんだ?!ってそうとうびっくりしてちょっとイラっとしました(笑)
誰がロキの暴挙を止めるのか、ちゃんと改心するのか、最悪な結果にならないように祈るばかり・・・
ってマーヴェルの映画相手にわたしゃなにを真剣に^^
それだけ人間ドラマに魅力があるってことで。

今回自分で気がついてちょっと驚いた事。
トムヒもちろん素敵なんだけど、クリス・ヘムズワースが結構気に入ってる事実!
彼のようなガチムチ系興味無かったのに、これはもしやチャニング効果???(笑)
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ