「ミッドナイト・ラン」 See you in the next life.

「ミッドナイト・ラン」 (1988)アメリカ
原題/Midnight Run
監督/マーティン・ブレスト
出演/ロバート・デ・ニーロ チャールズ・グローディン ヤフェット・コットー 
デニス・ファリーナ ジョー・パントリアーノ ジョン・アシュトン 他

ミッドナイト・ラン

元シカゴ警察官のジャック・ウォルシュ(ロバート・デ・ニーロ)は、今はしがないバウンティー・ハンター。
仕事料を受け取りに「マスコーニ保釈金融業」のエディの元にやって来たジャックは、新しい仕事を依頼される。
ギャングの金を横領し、慈善事業に寄付したという会計士ジョナサン・マデューカス=通称デューク(チャールズ・グローディン)をLAへ連れてくることだった。
手際よくNYでデュークを捕まえたジャックだったが、デュークの命を狙うギャング一味とギャングを追うFBIとの争奪戦に巻き込まれ、また、仕事を横取りしようとする同業のマーヴィン(ジョン・アシュトン)にまで邪魔をされ、一晩で片付くはずの護送はアメリカ横断の逃避行になってしまう。

ミッドナイト・ラン

ミッドナイト・ラン

毎週1本は必ず劇場鑑賞してるんだけど、今週はオフがバタバタしてて、時間が取れないんですよね~。
って~事で好きな映画をアップしようかな。
みーすけの不定期特集「オールタイム・ベスト」シリーズ。
もうセリフを覚える程何回も観てるのに、思い出したらまた観たくなる。
アクション・コメディーの傑作であり最高のバディー・ムービー、ロード・ムービーでもある「ミッドナイト・ラン」です。
デ・ニーロの出演作で好きなの3つ上げてみそ~、って言われたら、色々悩むけど、取り合えずこの作品は外せないな、と言うほど好きなんです~♪

バウンティー・ハンターとその賞金首の会計士の逃避行を描く本作。
生き生きと楽しそうにジャックを演じるデ・ニーロの軽妙な演技が最高です。
警察時代に仲間から裏切られた過去があり、どこか人を信用しない頑なな性格のジャック。
そんな彼がデュークとの逃避行を続けるうちに心を開きいつしか友情のようなものを感じるようになるんですね。


モーズリーのIDを盗んでポーズ! これ、アドリブなんだって!! お茶目さん!

「ビバリーヒルズ・コップ」「セント・オブ・ウーマン」のマーティン・ブレスト監督の演出は、アクションだけでなくそれぞれのキャラクターを丁寧に描いていて、登場人物が皆とても魅力的です。

何と言ってもこの作品、相棒のチャールズ・グローディンの功績無くしては、ここまでの名作にならなかったかもしれない。
デュークは真面目な顔をして言うことやる事かなりウィットに飛んでいて、ジャックとのキャラの対比が抜群。
のべつまくなしにタバコを吸うジャックにその危険性をくどくどと説明するデューク。
消そうとして消さないジャックのリアクションに反応するデュークの表情が笑えます。


デュークのウンチクにうんざりするジャック。この頃はまだ公共の乗り物でタバコが吸えたんですね。

最初はただの賞金稼ぎと連行者の関係。
それが、何だかしっちゃかめっちゃかの状況に陥り、呉越同舟な逃亡状態に。
だんだんとお互いの事が分かっていく過程で心の繋がりが出来てきます。

ミッドナイト・ラン

デュークのおせっかいのおかげで、長年会いたくて会えなかった別れた妻と娘に再会する事になるジャック。
追われる身となっているのを知った娘が(可愛い♡)ベビー・シッターで貯めたお小遣いをジャックに渡そうとしますが、彼はそれを受け取らない。
家族に会った後、それまで乱暴だったジャックの態度が明らかに変わります。
表情も優しくなり、デュークを車に乗せるときにコートの裾がドアに挟まらないように、丁寧に直してあげるジャック。
このちょっとした行動で、ジャックという男が実は心優しいナイス・ガイなんだとこちらに伝わるんです。
デ・ニーロの自然な演技が素晴らしいのはもちろん、それをちゃんと拾うブレスト監督の演出が上手いなぁ~。
観ていてほっこりする、このシーン大好きです!

また、この映画、脇役の演技を楽しむ面白さを教えてくれた作品でもありました。
共演者のキャラとセリフの面白さに夢中になり、何回観ても楽しい。

ミッドナイト・ラン
じゃ~ん!モーズリー御一行様なり。 部下もおバカです。

まずはFBI捜査官 アロンゾ・モーズリーに「エイリアン」のヤフェット・コットー。
ジャックにサングラスやIDまでちょろまかされて翻弄されちゃう。
凄みを効かせてる割に、簡単にジャックにしてやられちゃって、こんな捜査官で大丈夫なのか?
マーヴィンを事情聴取する度にタバコをかすめるギャグの繰り返しとか、ツボに入るとたまんない。
ラスト、空港での捕物の後のニヤリとした笑いにこちらも釣られてニヤリ。

ミッドナイト・ラン
いっつも怒鳴ってる間抜けなエディ。柄シャツに柄ベスト、ソックスはペイズリー柄です。どんなセンスだ。

「マスコーニ保釈金融」エディー・マスコーニにジョー・パントリアーノ。
彼を認識したのはこの作品から。もうこの頃すでに髪が薄いぜ(爆)
待てど暮らせど戻ってこないジョンにしびれを切らしてマーヴィンを雇うんですが、その時のセリフ「ウロウロしやがって、だんだん遠くへ行きやがる!」が好きだわ~。
独特の声と早口のセリフ回しが印象的でワルから三枚目まで幅広い役を演じてますが、ズラを付けると別人みたくなるんです。
「メメント」とか「バウンド」が印象的かな。
一時はパントリアーノ目当てで映画観てたくらいハマった(笑)最近映画ではあんまり見かけないので残念。

ミッドナイト・ラン

何かって~とジャックに殴られて気を失うバカキャラ、マーヴィンにジョン・アシュトン。
ブレスト監督の「ビバリーヒルズ・コップ」で真面目なタガート警部を演じてましたよね。全くキャラ違う!
マーヴィンは何度もジャックにフェイントかまされて殴られるものだから、空港捕物シーンでのジャックの本当の警告を聞こうとしなくて、ほんっとハラハラしました。
お約束なギャグがストーリーに効いていてお見事!

ミッドナイト・ラン

ジャックと因縁のあるシカゴのマフィア ジミー・セラノにデニス・ファリーナ。
劇中着ているバブル臭漂うイタリアブランドっぽい柄セーターが時代の流れを感じるな(笑)
この人、マフィアやギャングの印象が強いけど、刑事やFBIなんかも演じてますね。
出てきた途端に、何か胡散臭い感じがたまらん、愛すべき役者さん。
「スナッチ」のダイヤ商人の役が好き♪

ミッドナイト・ラン
バカ1とバカ2

左のバカ1の彼は「アンタッチャブル」でショーン・コネリー♡演じるマローンにカナダの山小屋で死んでるのに銃を口に突っ込まれて、しかもまたもや撃たれるという災難な役で出てますね。
↑目がイっちゃってるよ

ミッドナイト・ラン

ニューヨークから始まるアメリカ横断の逃避行は追う者追われる者の駆け引きが面白く、全編飽きることがありません。
アクションとサスペンスと笑いの緩急のバランスが最高です。
またサングラス、ビールボトルの歌、飛行機怖い症候群、レッド・コーナーズ・バー、動かない腕時計、チョリソ&エッグズ、様々なアイテムが物語に散りばめられていて、それが映画のアクセントとして凄く効いている。
脚本が抜群に面白いんだな~。

ミッドナイト・ラン

ラストの落とし方がまたいいんです。
ロスへ向かう飛行機の中で諦めモードのデュークとただタバコをふかして喋らないジャック。
エディーへ到着したことを知らせるジャックのナイスな計らい。

さらりと言い合う「See you in the next life (来世で会おう)」は何度聞いても堪んない。
一度だけジャックが振り返るも、そこにはもうデュークの姿はない・・・。
くううううぅぅ!!!なんて粋なエンディングだろうか!
恐らく彼らは二度と会うことは無いでしょう。
でもその友情は深くお互いの胸に刻まれているんですね。
バディー・ムービならではのこのカタルシス。

脚本の面白さと監督の演出の巧さ。
無駄な部分が全くなく、主人公から脇役まで全ての登場人物が魅力的。
アクションに、笑いに、そしてジンとさせられる申し分のないストーリー配分。
素晴らしい!名作だよね、やっぱ。
これを未見という人が羨ましい。だって、あの初見時の感動を味わえるんですもの。
で、鑑賞後の満足感をまた味わいたくて、またもや観てしまう。
そして映画の世界にずっと浸っていたいと思うんです。
お墓に持って入りたい、いや、それこそ来世でも観たい映画です。
ブレスト監督、ベン・アフレックの超残念映画「ジーリ」以来めっきりお名前聞きませんけど、またこんな素敵な映画作ってくださいよぉ・・・。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミッドナイト・ラン

アタマがアホンダラにならない限り、このブログは続けましょうと 決めておりますが、開設当初からズーッと思い続けているというか いつかこの映画だけは取り上げたいという映 ...

コメントの投稿

非公開コメント

まさに

“シッポまでアンコ鯛焼き”映画。(笑)
約30年前か~~(遠い目)
映画は時代を映す最たるものだけれど
流れているココロの行き交いや通じる温かさは
いつの時代も観る者のココロを熱くさせるよね。
語りの上手さも含めて本作などは最高のご馳走映画!
わざわざ交通費かけて前払いで不味いメシみたいなのも
たまには見せられるけれど(笑)本作のような極上娯楽
映画にぶち当たる幸福感は、何ものにも変えられない。
映画館出たら外の景色変わって見える!この感じ。(笑)

Re: まさに

あ!jiji姐さんもお好きなんですね!^^
そうです、まさに あんこたっぷり鯛焼き映画(笑)
まあ、「映画好き」と言う人で これが嫌いと言う人はまずいないのでは?
30年物なんだ!!驚きです。
ちっとも古さを感じない。
その辺でやってる「お金返して」映画なんかと比べ物にならない一級品ですよね。
そうです、観終わったあとの幸福感。
映画観ててよかったな~と至福の時間を味わえる映画ですね♪

No title

好きすぎる~!!!
私もデニーロ映画で一番好きなのは?と訊かれたら、「好・・」の時点でこれ挙げます(笑)
だんだん優しさが見えてくるデニーロもほんと上手いし、
こんな楽しい会話を生み出す脚本も素晴らしい。
まさに最高のバディ映画。最初に見たときの興奮は忘れませんとも。
最後ホロリとしたあとにタクシーのあんちゃんとのやりとりにまた爆笑でした!

Re: No title

pu-koさん
「好・・」で即答(笑)
そっか~、pu-koさんも大好きなのね。
だよね~だよね~、映画観てる人はやっぱこれ外せないよね♡

あはは!「てめぇ、バカ コメディアンかよ!?」ね。
そりゃ~$1,000 でタクシー乗れないでしょ^^:
ジッパーを上まで上げてしょうがないと歩き出すジャック。
外は寒いけど、心の中は暖かさに包まれてる そんなエンディング。
くぅぅぅぅぅ~~~!たまんな~~い!♪

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ