「マッド」 Boy meets MUD

「マッド」 (2012) アメリカ
原題/Mud
監督/ジェフ・ニコルズ
出演/マシュー・マコノヒー タイ・シェリダン ジェイコブ・ロフランド
   リース・ウィザースプーン サム・シェパード マイケル・シャノン 他

MUD


アメリカ南部、アーカンソー地方。
両親と川岸のボートハウスで生活する14歳のエリス(タイ・シェリダン)は、ある日親友ネックボーン(ジェイコブ・ロフランド)とひと気のない川の中州に遊びに行く。
洪水で木の上に乗り上げたボートを秘密基地にするのが目的だったのだか、そこで二人はマッド(マシュー・マコノヒー)という男と出会う。
身を隠して暮らしているマッドに興味を抱いたエリスは彼のために食料を運び、次第に友情を育んでいく。
実はマッドは愛する女性の為に人を殺し、警察のみならず 殺した男の家族や賞金稼ぎに追われていたのだ。
最愛の女性ジュニパー(リース・ウィザースプーン)と再会し、逃走しようとするマッドを手助けするエリスとネックボーンだったのだが・・・。

MUD
14歳がバイク乗ってい~んか??? 南部の貧しい田舎町の風景がうら寂しくも美しい。

MUD

子供の頃に秘密基地遊びってわたしもしたした!あの楽しさってなんだったのかな~・・・。

かなり前からその評判を聞いて、日本公開を首を長くして待ってた本作。
名画座で一日一回公演(泣)しかも2週間限定(爆)の情報をゲット!仕事ほっぽって喜び勇んで観てきました。

「テイク・シェルター」で妄想男の狂気と翻弄される家族を描いて、夜中に観たわたしにいやぁ~な衝撃を残してくれた(笑)ジェフ・ニコルズ監督。
「もしもマーク・トウェインの短編小説をサム・ペキンパーが監督したとしたら」というイメージで製作したそうな。
現代版「スタンド・バイ・ミー」とか「ハックルベリー・フィン」と評されていますね。
なるほど、わたしも鑑賞中、子供の頃にカルピス劇場で見た「トム・ソーヤーの冒険」を思い出しました(笑)

MUD

この映画、主人公エリスの心の成長がメインテーマです。
14歳のエリスは貧しさが原因で関係が壊れ、離婚の危機を迎えている両親の問題に直面していて、「愛ってなんだよ」と思い悩んでいます。
でも、年上の女の子に絶賛初恋中でもあるんです。おませさんですね♪
わたし、子役にはかなりシビアで、「天才子役」とか言われてる子供の演技を見ても「周りでサポートしてる共演の大人がちゃんとしてるからだぞ」と冷ややかな目線で見ることの方が多いんですが、この二人、凄く良かった。
特にエリスを演じるタイ・シェリダン君、14歳の男の子の子供らしさと繊細さが共存したひたむきな感じがひしひしと伝わって来て、思い切り感情移入させられました。
マルコメ頭のネックボーンはまだちょっとお子ちゃまな等身大の男の子って感じで、このジェイコブ・ロフランド君も良かったなぁ。

MUD
天パの髪も伸び放題で汗臭さがスクリーンから溢れそうなマシューのマコちゃん。でも惚れ惚れする♡

そんな二人が運命的に出会う謎の男、MUD=マッドにマシュー・マコノヒー。
文字通りMUD=泥 にまみれた汚い逃亡者をマコちゃんが南部訛りも男らしく演じています。
このマッドの抱えているミステリアスな雰囲気や 好きな女性の為に自らの損得も考えず行動する生き方に衝撃を受けたエリスは強くマッドに惹かれていきます。
マッドとジュニパーをが幸せになる事がエリスの考える「本当の愛の形」の答えのように感じているのかもしれません。
まだ少年の彼には、大人の愛の複雑さは理解出来ないんでしょうね。

MUD
大人なんて嘘つきだ! この強い目がいいんですよ~。

ネックボーンと二人奔走するエリスですが、手痛い裏切り行為に合い、感情を爆発させてマッドに殴りかかるシーンでは、こちらも感情が昂ぶって涙を抑える事ができませんでした。
大人に対する不信感で大好きだったマッドと対立してしまったエリスですが、後半に起こる自分や家族も巻き込まれる大騒動がきっかけで人間的に成長するエリス。
両親の深い愛情や子供の自分の理解を超えたマッドの愛情に接することで大人の愛の形を知ることになるんですね。
エリスの感情がダイレクトに伝わって来てまたもや涙が溢れてしまった。 
くそ~~泣かされたぜ!!

MUD
ギャルパンツ(爆)で頑張るリース姐さん。 マッドよどこがそんなにいいのだ??と思ってしまった・・・。 

マッドの幼馴染で最愛の女性であるジュニパーにリース・ウィザースプーン。
田舎町の奔放な女性をシャクレ全開で演じててピッタリハマってました。
マッドの愛情に甘えて、ある意味彼の心も人生も翻弄させているんですよね。
最後の彼女の決断に、おいおい誰のせいでこんな事態になったと思ってるんだよ!とエリスでなくても腹の立つところ。
でもそんなジュニパーをやはり優しく許してしまうマッドのピュアな愛情が悲しかった。

MUD

それから、マッドの親代わりでもある世捨て人のような生活をしている老人トム役のサム・シェパード。
この渋さったら!ラストの活躍のカッコよさに痺れますから。

あと忘れちゃいけないこの人。
大概キッツいキャラの役ばかりのインディーズの王様マイケル・シャノン。
出てきた当初から全てをぶち壊すんじゃないでしょうね?!とかなり疑りながらハラハラして観てたんですが、ネックボーンを見守りながら大切に育てている物凄く優しい叔父さんを好演してて嬉しい誤算!
この人の普通の演技を初めて観たかも(笑)


どう見ても変質者っぽい笑顔ですが・・・ 

この叔父さん、川底の泥の中から拾ってきた廃棄物を修理して使っているんですが、途中エリスに語る話が印象的です。
「泥で汚れていても、汚れを落として磨くと、ゴミがちゃんと使える価値のあるものになるんだ。」
これ、エリスたちが大人になっていく過程で、色んな泥に見えるような物の中から、本当に価値のある光輝くものを見つけて行くんだよ、という映画のメッセージなんですよね。
うーん、このセリフをお気に入りの俳優マイケル・シャノンに語らせるニコルズ監督の優しい演出がいいなぁ♪
しかも、この叔父さん、ラストの大きな役割を担っていた事が分かり、もひとつ感激。
エンドロールに浸りながら、疑ってほんますんませんと、一人心で詫びていたみーすけなのでした。

でも何といってもワルっぽいのに純粋な少年の心を失わないマッドを演じたマコちゃんがステキすぎです♡
惚れ直しちゃったぜ! 今週末公開の「ダラス・バイヤーズ・クラブ」がますます楽しみです。

MUD
脱ぐの大好きなマコちゃんのお約束のサービスショット! やっぱ面長な男ってステキだわん♡

MUD

少年の心の成長と男女、夫婦の愛の形がアーカンソーの美しい景観と共に描かれていてうっとりします。。
しみじみとした希望に満ちたエンディングも良かった。
濁った河ではなく遥か遠くまで陸の見えない青い海は主人公たちの希望に満ちた未来のメタファーですね。
年が明けて 劇場鑑賞映画数はまだ10本も行きませんが、現時点でのナンバー1です!
全編を通して、男のロマンを描いてる本作ですが、出てくる女性の「秋の空」のような感情と行動に「女ってわかんねぇ生き物だなぁ~、でも好きだよ(笑)」って監督のメッセージぽいものを感じましたがいかがざんしょ?(笑)
上映館も上映数も少ないですが、とてもいい映画です。
チャンスがあれば絶対観てくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : マシュー・マコノヒー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『グランド・ブダペスト・ホテル』

□作品オフィシャルサイト 「グランド・ブダペスト・ホテル」 □監督・脚本 ウェス・アンダーソン□キャスト レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、       エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブ...

まさに良作!

20日のことですが、 映画「MUD マッド」を鑑賞しました。 アーカンソー州の川辺のボートハウスで両親と暮らしている14歳のエリス ある日、ミシシッピ川の島でマッドという男性と出会う。世間から隠れて暮らす彼にある頼みごとをされて・・・ 少年と逃亡犯の交流 設定と...

MUD マッド

↑のポスター、 観てない人が見ると何がなんだかわからんでしょうけれど 本作観た方は、ちゃ〜〜んとわかるポスター、ですよ。(^ ^) 独断と偏見、得手勝手、言いたい放題のこ ...

ジェフ・ニコルズ監督『MUD -マッド-』

MUD -マッド- (2012)アメリカ原題:Mud 監督/脚本:ジェフ・ニコルズ 出演:マシュー・マコノヒー/タイ・シェリダン/ジェイコブ・ロフランド/リース・ウィザースプーン/サム・ ...

コメントの投稿

非公開コメント

マコ甘えてばかりでゴメンね

みーすけさん、こんばんは!
カルピス劇場って、懐かしすぎる~!トム・ソーヤ、秀作でしたよね。私が今までの人生で唯一泣いたアニメ、ペリーヌ物語もカルピス劇場でしたっけ?
小汚いマコちゃんもいいですねえ。こんな浮浪者、そのへんフラフラ歩いてないかなあ。ガリガリになる前のマコでしょうか?やっぱサービス無駄脱ぎありなんですね。
リース姐さんがマドンナ的な役なのですか?!うう~ん?マイケル・シャノン、ほんと変質者にしか見えん!サム・シェパードしぶい!ナニゲに豪華キャストですね。希望に満ちたエンディング、そんな映画が観たい気分なので、これはドンピシャですね!

Re: マコ甘えてばかりでゴメンね

松たけ子さん

酸っぱい汗と汚れた体の臭いがキョーレツそうなマコちゃんでしたが、とってもピュアな愛情溢れる男でシビレましたぞ!
リースの何がいいの!?と何度思ったか(笑)
主人公の二人の少年の自然体な演技もとってもナイスで泣かされちゃいましたよ。

テアトル系の名画座で日本を縦断するみたいなんで、たけ子さんの地元広島でも上映するのでは?ぜひオススメです!
マコちゃんの痩せる前のナイスバディーを鑑賞して~♪

来るのかな~

こっち(札幌)へは。
シアター・キノ3月末までの番組には無いのよ。
「ダラス・バイヤーズクラブ」は来るけど。

粗製濫造のちゃちい邦画ばっか公開して
こういう香ばしそうな洋画がなんで細々と。

Re: 来るのかな~

jiji姐さん

香ばしいでしょ♪
マコちゃん主演でこの上映館の少なさ(涙)
洋画の配状況に危機感を感じますよ。
上演無くてもDVDでぜひ観てくださいね!
ホントにいい作品でした!

No title

わーい、ご覧になりましたね。もうこれ好き過ぎる~。
ジュニパーに惚れ込むマッドもほんとしょうもないし、まさしく泥まみれな男なんだけど
それでも大事なものを守り通す誠実な男気と純粋さに惚れるよね。
大好きなサム・シェパードも渋かっこよくてね~。
マッドが叱られてしょぼんとなるシーンはお気に入りです(笑)
そうそう、今回監督はミューズのマイケル・シャノンに素敵な役を与えたね。
私も「普通な」シャノンさん初めて見た(笑)

近くにいても遠く離れようとも、揺ぎない愛で見守ることもできることにも感動でした。
これはこちらではものすごいロングランでしたよ。日本でも公開館増えるといいな。

Re: No title

pu-koさん

やっと観ました!pu-koさんもお気に入りでしたよね♪
待ってた甲斐ありの本当に素敵な作品でした。
冷静に考えるとマッドって考えたらずな痛い男なんだけど、マコちゃんの演技で真っ直ぐな純粋さがダイレクトに伝わってたまんなかったよ~。
あー、わたしも怒られてシュンってなるとこがキュンてしたした(笑)
そっちはロングランだったのね…こちら各会場2週間のみ(-_-;)
来週末までに何とか時間合わせて、もう一度観に行くつもり!

きょう、観ました。

とてもよい映画。
アメリカ映画ってこういう一見暗いけれど
人の心丹念に拾う映画ジャンルって元々巧い。
このごろ余りないけどね、飛んだり跳ねたり多くて。(笑)

イーストウッドあたり好きそうな脚本だわね~って
見終わって一瞬思った私。(笑)

Re: きょう、観ました。

jiji姐さん

映画を観続けていると、たまにこういう宝物に出会いますよね。
久々にエンドロールの後もしゃかしやか席を立たず余韻に浸ってジンワリした映画でした。
姐さんの部屋にもメッセージ飛ばしておきました(^ー^)
これからローンなサバイバー観ま~す!
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ