「ダラス・バイヤーズクラブ」 激痩せマリオの生きる権利への闘い

「ダラス・バイヤーズクラブ」 (2013) アメリカ
原題/Dallas Buyers Club
監督/ジャン=マルク・ヴァレ
出演/マシュー・マコノヒー ジャレット・レトー ジェニファー・ガーナー 他

DALLAS BUYERS CLUB

1985年、アメリカ南部のテキサス州ダラス。
電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性で余命30日と診断される。
突然の事態に驚愕し当初は事実を受け入れられないロンだったが、エイズについて猛勉強する。
アメリカ国内では認可されている治療薬が少ないため代替治療薬を求めて向かったメキシコで、未認可医薬品やサプリメントを密輸できないかと思いつく。
病院で知り合ったエイズ患者、トランスセクシュアルのレイヨン(ジャレッド・レト)とともに非合法組織ダラス・バイヤーズクラブを設立、日々世界各国を飛び回って特効薬を密輸入するロン。
しかし当然司法当局に目をつけけられる事になり、ロンの残り短い生きる権利と司法との闘いが始まる。

DALLAS BUYERS CLUB
エイズの診断に頭真っ白なロン。 登場いきなりギスギスに痩せてるマコちゃん しょえ~~(汗)

DALLAS BUYERS CLUB
こちらも18キロ減量してレイヨンを熱演したレトー君。パンスト伝線してまっせ。

今年のオスカーに作品賞、主演、助演男優賞他多数ノミネートされている話題の本作を公開初日に観てきました。
主人公のロンは酒と女とドラッグにふけり、ゲイに対する偏見を持つ典型的なレッド・ネックなテキサス男。
そんな彼が医師からエイズの感染で余命30日だと宣告されます。
当時俳優のロック・ハドソンがエイズ感染したと報道され、同性愛者だけがかかる病気だと誤った考えが万延していた時期。当然ロンも病気を受け入れることができません。
しかしエイズに関して猛勉強すると、同性間の性行為のみならず、ドラッグ使用の注射針や避妊具無しでの異性間の性行為でも感染する事が分かります。
過去の「あんな行為やこんな事」がロンの頭を駆け巡り、ようやくその事実を受け止めるに至ります。

DALLAS BUYERS CLUB
娼婦を呼んではしゃぐものの、「余命30日」が気になって行為に集中できないロン。 そりゃそ~でしょ。

DALLAS BUYERS CLUB
口ひげのせいで 激痩せしたスーパー・マリオに見えてしょうがなかったよ マコちゃん。

担当医であるイヴ(ジェニファー・ガーナー)に当時まだ認可されていなかったAGTという試験薬の投与を要求するロンですが、断られてしまいます。
生きる事への執着に目覚めた彼はAGTを求めてメキシコへ向かい、そこで知り合った無免許医の治療により、瀕死の状態から回復するロン。
そこでAGTの強い副作用は末期の患者に投与すると命取りになる事実を知らされます。
ロンは自分が回復するのに投与されたアメリカでは未認可な薬品やビタミン剤を密輸入する事を考えるのです。

DALLAS BUYERS CLUB
男性陣の激痩せぶりに反して腰周りのドスコイ感が気になったよ、ジェニファー・・・

しかし、ゲイ・コミュニティーに嫌悪感を持つロンが、販売ルートを広げるのは難しい。
そこで病院で知り合ったトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れ、世界中から仕入れた薬をさばくために考え出したシステムが「ダラス・バイヤーズクラブ」なんですね。
会費を募って、必要な薬を無料で配布する。名目的に薬の売買はないわけです。
しかし、彼らの前に立ちはだかったのが、AZTを推奨し始めた医師たちと製薬会社に政府。
個人の健康のために薬を飲む権利を侵害する国の動きに対して、弁護士を雇い、残り少ない命を掛けて生きる為に政府や司法に闘いを挑んでいくのです。

DALLAS BUYERS CLUB


世界中で仕入れた治療薬を密輸するくだりがスパイものみたいで楽しかった。
牧師やビジネスマン風スーツで世界各国を飛び回りあの手この手でアメリカ国内に持ち込みます。
牧師姿はいかにも怪しげだし、撫で付けた髪と痩せこけた体に着たスーツがブカブカでありえない程似合ってなかった(笑)
ロンはインターフェロンを求めて日本にも来るんですが、この日本人医師を演じた役者の日本語がビックリするほどカタコトで一気に現実に戻された(汗)
いや、本編にそれ程影響はしないかもしれないけど、もうちょいちゃんと日本語喋れる役者を配役してもらいたいもんだなぁ。

DALLAS BUYERS CLUB
この左の方、同僚に何か喋ってましたが、「はぁ?何て言いましたぁ??」でしたよ・・・(爆)

DALLAS BUYERS CLUB
唐突に「マチェーテ」のチーチ・マリン演じる元ワルの牧師を思い出したのは世界でわたしだけではなかろうか・・・。

当初自分が生き残る事だけが目的で慈善の意志などなかったロンが、次第に自分が毛嫌いしていたゲイ・コミュニティーの希望の星になっていく過程が面白い。
違法な未認可薬品を密輸するアンチ・ヒーローなロンがカッコいい!
レイヨンが壁に飾ったマーク・ボランと同じく、ロンもまた彼のヒーローなんですね。
またロン自身もレイヨンとパートナーとして行動していくうちにゲイに対する偏見が無くなり、不思議な信頼関係が築かれて行きます。
テキサスはかなり保守的な地域。かつては自分が行っていたゲイに対する差別や偏見を自らが元同僚や仲間たちから受けることになり、過去の自分の行為を反省し精神的に成長するんですよね。
迫害されたロンの「俺はまだ生きてるんだ!」と叫ぶ言葉が胸に響きました。
また、スーパーで出会った元同僚がレイヨンに対して行った行為に腹を立て、無理やり握手させる場面。
そのロンの態度にちょっとはにかんで嬉しそうに笑うレイヨンが可愛くてほっこりしました。

DALLAS BUYERS CLUB
”大切な所”意外全身脱毛したレトー君。 このトランスファーっぷりを見よ!

DALLAS BUYERS CLUB

「死なない事に必死で生きてる実感が湧かないんだ」と呟くロン。
でも、その生への執着が彼を駆り立てる原動力になっているんですね。
腰はドスコイながら(しつこい)このイヴ演じるジェニファーの存在は映画の癒しになって良かった。
二人のプラトニックな心の交流に気持ちが暖かくなりました。

マコノヒーとレトーの激痩せぶりが公開前から話題になっていた本作。
でも、痩せて役作りをしたそのあとが大切。
彼らの肉体改造は、キャラクターに命を吹き込みスクリーンで生き生きと輝いていました。

妖艶でいて可憐なトランスセクシャルを演じたレトー君の演技が素晴らしかった。
こういう役は変に目立ちすぎて主人公を食ってしまう傾向が多々ありますが、彼の演技は、しっかりと主役を引き立て、しかも強い印象を残しています。
G・G助演男優賞に納得です。
しばらく映画から離れていたレトー君、そのキラキラ王子顔はタイプではないけれど(笑)役者として今後も楽しみです。

DALLAS BUYERS CLUB
始めて二人がハグするシーン、二人の心の繋がりが伝わって来て良かったな~・・・。

でも、なんと言ってもマコちゃん凄いよ!です♡
役のために役者が減量増量するのは珍しく無い昨今。
痩せたからって賞取れるってもんじゃね~よという意地悪い意見も聞かれそうですが、そんな事は百も承知で役づくりに挑んだであろうマコノヒー。
こういう難病モノって、そのいかにもな展開があざとくて時に鼻白んでしまう事がありますが、本作はその一歩手前で主人公ロンの内面を伝える事に成功して、過剰な感動を煽ることなくロンの気持ちが心に響いてきました。
これは演じるマコノヒーの演技力、表現力の賜物でしょう。
ロンという実在の人物を過剰に美化する事なく、等身大の人間としてその苦悩や心の成長が伝わって来て、結果それが深く鑑賞者の心に残ります。
やはりこちらもG・G主演男優賞に遜色ない演技だと思いました。
受賞時の変なダンスも可愛かったし、マコちゃん本当に嬉しそうでしたよね~♪

DALLAS BUYERS CLUB
病状が進行してヘロヘロなロン。 クレジットされてないとマコちゃんって分かんないよ~!

ここ最近の出演作「マジック・マイク」「ペーパー・ボーイ」とアクの強い演技が印象的なマコちゃん。
「ウルフ・オブ~」でも観終わってなにが印象に残ってるかと言うと、ディカプの上司役のマコちゃんが口ずさむあのヘンテコなハミングだったりするもんね(笑)
つい最近観た「MUD」も最高だった♡
一時期はちょっと低迷していた感もありましたが、ここ数年で役者として一段も二段もステージアップしているのではないでしょうか。
今年のオスカー、まだ主演男優賞の演技は5人中3人しか観れていませんが、今の時点でわたし的にはマコちゃんの演技が頭一つ抜きん出ているってっ感じです。
本作での体重増減が原因で体調を崩しているというニュースを読んで、心配です。
早く回復してまた素敵な演技で魅了して欲しいですね!

DALLAS BUYERS CLUB
激痩せマリオではなく、素敵なマコちゃん貼っときます。この頬から顎にかけての長さと縦ジワが堪んなぁ~い♡♡











関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : マシュー・マコノヒー

コメントの投稿

非公開コメント

マコ祭☆

みーすけさん、こんばんは!
マッドに続いて、真打のダラスですね!マコ祭りですね♪
あ~。やっぱマコちゃんレトちゃんが素晴らしいみたいですね!マコちゃん、ほんま激やせしたマリオみたいだわ。役者魂炸裂に感嘆。以前の、おバカな色男マッチョだったマコも、ワタシ的には超イケてたので、オスカー獲ってもたまには肩の力を抜いた姿、見せてほしいです。
あ~。私も早く観に行きたいです!

Re: マコ祭☆

松たけ子さん

あはは!
自分でも期せずしてのマコ祭りになりました~♪
役者魂ここにありなふたりの演技をたけ子さんも早く堪能してくださいね。
わたしもラブコメやってたマコちゃんも好き~。
演技派になっても幅広い作品選びで頑張ってもらいたいですよね。

No title

出た~。激やせマコノヒー。
とことん頑張りぬくロンに熱いものがこみあげるよねぇ。
変装密輸シーンは笑えるし、レト君との友情にほっこりするし面白かったですね。
GGの妙なダンスウケた、ウケたw
オスカー獲ったら「んんん~♪(ドンドン)ぽぉ~!♪」 やって欲しい!
あ、ライバル作品だからダメかなw

Re: No title

pu-koさん

あの痩せ方は尋常ぢゃ無かった。
クリスチャン・ベイルの「マシニスト」もちらつきましたよ(笑)
レトーくんの静かなフェードアウトが悲しかったなぁ。

あのマコちゃんのハミング曲、映画界ではかなり話題になってるし、オスカーの授賞式でネタとして使われないかしらん?
あそこだけ観たいもん(笑)
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ