「ドン・ジョン」 凹まない版「SHAME」

「ドン・ジョン」 (2013)アメリカ
原題/Don Jon
監督/ジョセフ・ゴードン=レヴィット
出演/ジョセフ・ゴードン=レヴィット  スカーレット・ヨハンソン  ジュリアン・ムーア 他

DON JON

イケメンで人あたりのいい性格のジョンは女子にモテモテ。
周囲からは伝説のプレイボーイ、ドン・ファンにちなんでドン・ジョンと呼ばれていた。
しかしお持ち帰りの生身の女子とのセックスでは満足できず、毎日ネットでポルノを鑑賞、自慰行為にふけり理想の性生活を追い求めている。
そんなある日、クラブで人生一の超ゴージャス美人バーバラ(スカーレット・ヨハンソン)に出会いお互いに意気投合。
最高の恋人ができ、ウキウキのジョンだったが、ポルノを我慢する事ができず、ある日バーバラに現場を発見され、ポルノ禁止令をだされてしまう。
隠れてこそこそスマホでポルノを鑑賞していたジョンはある日夜学でエスター(ジュリアン・ムーア)という年上の女性と知り合うのだが・・・。

DON JON
スカ子の女豹感がパないですが、意外と保守的・・・てか超計算女子ですな。


ちゃんと毎週教会通いして、家族とランチするジョン。 真面目ぢゃん(笑)

「(500)日のサマー」「ダークナイト ライジング」のジョセフ・ゴードン=レヴィットが初監督を務めたラブコメディ。
軽いノリのラブコメを想像してたんだけど、人間関係を通して精神的に成長する青年を描いていて、かなり好感触な作品でした。

レヴィットくん演じる主人公のジョンは素敵な外見と人あたりのいい性格で女の子にモテモテ。
彼の大事にしているものは 俺、俺の体、家族、教会、俺の友達、女の子とのセックス。
夜な夜な友人と繰り出しては必ず高ポイントの女子をお持ち帰りです。

しかしなんと彼はポルノ中毒!
生身の女の子とのセックスよりも自分の世界に浸れるポルノをやめる事ができないんです。
「シェイム」のファス♡が演じたブランドンはセックス中毒な自分をかえりみて自己嫌悪し凹みまくってましたが、こちらはち~とも悩まない。
実在の女子とのセックスは勿論いいけど、ポルノで自己処理する方がず~っといいんだよ~んとあくまでポジティブ。
ジョンがPCで鑑賞するアダルト画像がバンバン出てくるけど、あっけらかんと開放的な演出でいやらしさを感じず、逆に可愛い~じゃんって笑っちゃう。わたしも大人になったもんだ・・・。


セックスの後もこっそり一人でポルノ観賞するジョン。 中毒だってば手羽!

パーフェクトなはずのバーバラとの生活は勿論たのしい。
・・・はずなのに、何か違和感を感じだしたジョンは夜学で同じクラスを取るジュリアン・ムーア演じるエスターという歳上の女性と知り合います。
基本的に女子には優しいジョンがなぜかエスターには腹を立てたり素の感情をさらけ出します。


70年代のポルノ本をプレゼントしたり、百戦錬磨なジョンが翻弄されちゃう。

インディーズ臭炸裂なジュリアン・ムーアが良かったな~♪
過去に何かある感をさりげに感じさせるレヴィットくんの演出も上手い。
エスターがジョンに語る「あなたはいつでも一方通行なセックスだけ。自分中心で女の子と本当の関係を求めてないのよ」というセリフにジョンは初めてはたと自分の女性感や恋愛観に疑問を持ちます。

虚像のポルノの女性との空想でしか満足できないジョン。
一方恋愛映画の理想の王子様像を求めるバーバラ。
結局二人とも成熟した大人の関係を持つことができていないんですよね。
若い頃の恋愛にありがちな勘違い感が描かれていて、うーむ、なるほど・・・と。
劇中スマホばかりいじって一言も喋らない妹が最後に放つ一言にジョンも家族もわたしも大いに賛同でした。

他者とのコミュニケーションを取るも、つい自分本位な考えを相手に求めてしまいがちな生活。
そんな中ジョンが見いだした答えは至極当たり前だけどとても大切な事。
説教臭くならずに明るく答えを出すレヴィットくんの演出がセンスあって良かったなぁ♪
ラストにジョンが見つけた答えにとても暖かい気持ちになって、ちょっぴりジンとしちゃいましたよ。


デジタルでなく、フィルムで撮影したレヴィットくん。

監督第一作とは思えない、なかなか上質な成長ドラマ。
彼のフィルム・メイカーとしてのセンスは侮れないものがあります。
可愛いだけじゃなかったね!


この垂れ眉がなんともかわゆいのぉ~♡ 

レヴィットくん、「HIT RECORD」というプロダクションを設立していて、映像関係だけでなく、絵画、音楽ありとあらゆるアーティストと一緒に仕事をしようと呼びかけています。
子供の頃からショービジネスの世界にいると、毒されて変な方向に行ってしまう面倒な人も多い中、彼の志の高さというか、賢さも好感持てます。
役者としてだけでなく、映画人としても今後の活躍が楽しみです。



そうそう、劇中バーバラ・スカ子が夢中で観るありがちな恋愛映画にチャニング・テイタムとぎょろ目のアン・ハサウェイがカメオ出演。
レヴィットくんの人脈かな。思いがけずチャニングが観れて、何だかお得感ありでした♡


泣かないで、ジャガイモちゃん♡
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こっちは来週からです。

別にかわいいとはあんまり思わないけれど(笑)
才能人のようですね、ジョセフ君。
みーすけさん記事ですっかり観たような気に
なっておりますが一応鑑賞予定に入っちょります。
J・ムーアお姐さま相変わらずご活躍ですね~
なりふり構わず次々ご出演、ワーカーホリックか。(笑)

で、例の「MUD」、やっと来月2週間(それも1日1回)
いつものシアターキノで上映決定。(やらないよりイイ)
5月は大好きなアラン・カミング主演「チョコレートドーナツ」と
6月はW・アンダーソン「グランド・ブタペスト・ホテル」楽しみ。
ツンドラ道もかなりアスファルト見えてきて
待ち焦がれた北国の春、なんとなくキモチ的にもウキウキ。
映画館行脚にも拍車かかりそうであります。^^
ところで、みーすけさん、これからの鑑賞予定は?

Re: こっちは来週からです。

jiji姐さん

> 別にかわいいとはあんまり思わないけれど(笑)

あら、わたし面長、細面のタレ眉顔がタイプなんで~♡
ストーリーを記事に盛り込み過ぎかしら(汗)でも観てくださいね。
小作りだけど、キチンとまとまった映画。彼の映像センスはなかなかだと思います。
鑑賞後のぶった切り待ってます(笑)

「MUD」とうとう上陸ですか!一日一回上映扱いはどこでも同じですね。
これ実にアメリカらしい映画でした。ストーリーも少年もいいけど、マコノヒーが実に良かった。
個人的にまだ今年これ超えるの無いです。jiji姐さんの感想や如何に?!

アラン・カミング!「チョコレート・ドーナツ」わたしも楽しみ!こちらも5月頃ですね。
W・アンダーソンもレイフ・ファインの使い方が面白そうで期待してます。

この後は、時間が合えば「ローン・サバイバー」。
ケイシー・アフレックの「セインツ」とエドガー・ライトの「ワールズ・エンド」はマスト!
H・ジャックマンとG・ジレンホールの「プリズナーズ」
コーエン兄弟や、ケイトとメリルのオスカー関連の2作も外せない。
そこに「キャプテン・アメリカ」と「XーMEN」を挟み込むという。

う~ん!気持ちのエンジンかかってきました!♪
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ