「ショーン・オブ・ザ・デッド」 ダメンズ VS ゾンビ

「ショーン・オブ・ザ・デッド」 (2004)イギリス
原題/Shaun of the Dead
監督/エドガー・ライト
出演/サイモン・ペッグ ニック・フロスト ケイト・アシュフォード ビル・ナイ 他

ショーン・オブ・ザ・デッド

ロンドンの家電量販店に勤めるショーン(サイモン・ペッグ)は、仕事も無気力、惰性で生きてる冴えない男。
ガールフレンドのリズ(ケイト・アシュフォード)とのデート場所はいつも同じパブ「ウィンチェスター」で、しかも親友エド(ニック・フロスト)のコブ付きデート。
そんな煮え切らない態度のショーンに愛想をつかしたリズにある日とうとう振られてしまう。
がっくり意気消沈したショーンだが、エドとやけ酒をした翌朝起きてみると街中がゾンビだらけになっていた!
一念発起したショーンはリズや母親を助け出すためにゾンビで溢れる街中へ飛び出すのだが・・・。

ショーン・オブ・ザ・デッド
な~んか通行人が変なことになってますが、当然気がつかないおバカコンビ。

ショーン・オブ・ザ・デッド
やっと事態の大変さに気付いた時には・・・ 二人共若い!

ショーン・オブ・ザ・デッド7
ゾンビの群れから家族を奪回する為に頑張るショーン。 頑張れダメンズ!

祝!「ワールズ・エンド」来週末公開☆ 待ってたよ~~ん!
って事で、エドガー・ライト、サイモン・ペッグ+ニック・フロスト トリオの記念すべき第一作をばアップ。
ゾンビ映画の金字塔 ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」への愛情たっぷりなパロディ映画。
ゾンビ好き、しかも大好きなビル・ナイ♡出てるって情報ゲットで観たくて観たくてDVD出て即買いしたっけ。

ショーン・オブ・ザ・デッド
ゾンビの真似してなんとか逃げようとする御一行様。

主人公のショーンは仕事も適当、長年付き合っているリズとの将来も真剣になれず、オフは同居している親友でニートのエドとゲーム三昧。
夜な夜なパブ「ウィンチェスター」で飲んだくれているダメンズ野郎です。
とうとうある日愛想をつかしたリズに振られてしまう。
やけ酒かっ喰らって朝起きると、街中に大量のゾンビが出現している! 
何をやっても真剣になれないダメ男ショーンは彼女や家族や友人達とサバイバル出来るのか?!という映画。

ショーン・オブ・ザ・デッド
避難場所に選んだのは、おなじみのパブ「ウィンチェスター」 ゾンビがうようよでえらいことになってますが。

冒頭から何となく”ゾンビ・パンデミック”を予感させる不気味さを匂わせながらも、それを笑いへ昇華させる脚本が上手いですね。
脚本も担当してるS・ペッグと監督のE・ライトがロメロ・ゾンビの大ファンだとか。
いや、分かります、彼らのロメロへのリスペクトを感じさせる設定ですもん。
まずもってゾンビがノロいってとこから(笑)
ニュースキャスターが真面目に「頭部の切断か脳を破壊してください」と警告するくだり。
オリジナルを観てたらより楽しめるんではないでしょうか。いや未見でも面白いけどね!

ショーン・オブ・ザ・デッド
なんかっつ~とソファーに座って一休みするショーンとエド

ショーンとエドの二人が醸し出す、何とも言えない緩い空気感がこの映画のキモでおバカ二人のやり取りがなんせ可笑しい。
だらしなくドアを開けっ放しにしとくもんだから、ゾンビが入ってくるし~。
ゾンビ撃退に使用するレコードネタやら、籠城先に選んだパブまでの逃亡途中のドタバタで巻き起こる出来事に大笑い。
そんな中、ちゃんとしなきゃ感に駆られて頑張って皆んなを救出しようと奮闘するショーンをことごとく邪魔するエド。
空気読まないマイペース炸裂で、周りをゾンビに囲まれても携帯が鳴れば「ちょっとタンマ」って話しだす始末。
いや、ゾンビにタンマは通用しないって(笑)

ショーン・オブ・ザ・デッド
きゃ~~!穴空いてるのに死なない! ってもう死んでるんでね。

ショーン・オブ・ザ・デッド
ガブガブシーンも手を抜かない丁寧な作りになってていいわ~♪

ショーン・オブ・ザ・デッド
ビル・ナイ♡演じるショーンの義父フィリップ。 さすがいい仕事してまっせ♪

コメディーだけど、ゾンビ映画なんで、殺戮場面とかグロい映像はしっかりと演出。
この辺りを手抜きしないでちゃんと描いてるからよけい笑いの場面が可笑しいという相乗効果ね。
イギリス人なんで籠城するのはモールでは無くてパブってのもいいですね。実にイギリスらしい。

緩い笑いにホラーに活劇、家族愛や友情にちょっとホロっとして、そしてラストのほのぼの感。
QUEENの楽曲も効いてて、エンディングでオリジナルのテーマ曲を使用してるのもムフフと楽しめる。
下手なリブートゾンビ映画より絶対面白いですから!
ホラー苦手な友達に「大丈夫、笑えるから!」と自宅に呼びつけてDVD鑑賞会。
ゲラゲラ笑ってたんで、ホラーやスプラッター苦手な方も大丈夫かと。ほんと面白い、快作です。

ショーン・オブ・ザ・デッド
この二人の友情は永遠なのです・・・(笑)

本作なんと日本で劇場公開してません。
まあ当時全くの無名だった彼らだからしょうがないけど、映画会社バカだね~。
サイモン・ペッグは大人気であちこちの映画に引っ張りだこ、ニック・フロストもアメリカのテレビドラマの主演が決まったとか。
そしてこのトリオの三部作の新作「ワールズ・エンド」がもうすぐ日本公開だよん。
あ~ん楽しみですぅぅぅ♪

ショーン・オブ・ザ・デッド

個人的趣味で普段のビル・ナイ貼っとこうかな。
あんまり需要があるとは思えないけどさ、いいんだもん。好きなんだもん♡


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

tag : ビル・ナイ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勿論大好き!!!
その後やっすいゾンビコメディもたくさん出たけど、手抜きのないゴア描写に
ゆるーいユーモア、それ主演2人のキャラでもってだんとつ面白いよね~。
ニコラス・ホルト君の『ウォーム・ボディ』ではゾンビの真似ご一行様のパロディまで登場して嬉しかったわ。
ビルナイのエピソードはちょっとホロリでした。
そっか、まもなく『ワールズ・エンド』公開ですね。
おバカだけどちょい切ない映画だったヨン。

Re: No title

PU-KOさん

ゾンビコメディのパイオニア(笑)
色々出ても、役者の個性や映画の持つセンスとか抜きんでてるよね~。
> 手抜きのないゴア描写に
そう、ここです。これ手抜き感なくちゃんとしてるのがいいんだな~。
で、ビル・ナイのお義父さんの愛情が、ほろり・・・でそのあと爆笑。
緩急の妙に酔いしれる←大げさ(笑)

> おバカだけどちょい切ない映画だったヨン。
ええ~?!「ワールズ・エンド」切ない??!!
んんん~~気になる~~~楽しみ♪
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ