「ブルー・ジャスミン」 花の命は短くて・・・

「ブルー・ジャスミン」 (2013)アメリカ
原題/Blue Jasmine
監督/ウディ・アレン
出演/ケイト・ブランシェット アレック・ボールドウィン サリー・ホーキンス
    ボビー・カナヴェイル ピーター・サースガード 他
  
Blue Jasmin

かつてニューヨーク・セレブリティ界の花と謳われたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。
しかし、裕福でハンサムな実業家、ハル(アレック・ボールドウィン)との華やかな結婚生活は終わりを告げ、資産も家財も全てを失い、独りサンフランシスコの空港に降り立った彼女を支えるのは、その自尊心だけだった。
庶民的なシングルマザーである妹 ジンジャー(サリー・ホーキンス)の質素なアパートに身を寄せるジャスミン。
自らの再起を賭けあれこれと取り組むものの、華やかだった過去を忘れられない彼女は、不慣れな仕事と勉強に疲れ果て、精神のバランスを崩してしまう。
そんな時、パーティーで知り合ったエリート外交官の独身男性ドワイト(ピーター・サースガード)を、彼こそが自分を救ってくれる存在だと思い込むジャスミンだったが・・・。

Blue Jasmine
俺の女房美人でっしゃろ~?  も~ダーリンってばぁぁ♡   嗚呼華やかな過去

Blue Jasmine
無一文でもブランド物を着る姉とファストファッション全開の妹

Blue Jasmine
「やった! これを逃してなるものか・・・」  ジャスミンの運命や如何に!?

監督、脚本ウディ・アレンによるブラック・コメディ。
華やかな生活から一転、無一文になった元セレブ奥様のジャスミンをケイト・ブランシェットが演じ、今年のオスカー主演女優賞獲得を始め多数の賞レースで一人勝ちした事は記憶に新しいですね。

主人公のジャスミンは若くして実業家のハルに見初められ、大学を中退して結婚。
ニューヨークでセレブリティとして過ごしていたのですが、ハルの詐欺まがいな事業がFBIに摘発逮捕され、豪華な家財も資産も全て国税局に没収され無一文になってしまいます。
そんなジャスミンが唯一の肉親である妹を頼ってサンフランシスコにやってくるところから始まる本作。
フライト中お隣に座った女性に、華やかな生活の様子を延々しゃべり続けるジャスミンは、既に不安定な感じがビンビン伝わってきます。
そして、そのおしゃべりからジャスミンという女性の人となりが説明せずとも端的に伝わるという、手堅い演出。
現在と過去を行ったり来たりしますが、流れがスムーズで混乱することがありません。

Blue Jasmine
君は何も心配しなくていいんだよぉ。   うふふ、わかったわハニー♡

Blue Jasmine
騙された・・・

なんと言っても、演技賞総ナメしたケイトの演技がやっぱ圧巻でした。
ジャスミンという女性、元セレブ、今無一文。
の、くせに、飛行機のチケットは「つい習慣で」ファースト・クラスを買ってしまう女。
世話になっている妹を見下すような言動はするわ、いやはや謙虚さが無いというか、KYというか、はっきし言って、いけ好かない女です。
ところが、どんどん彼女が追い詰められ、目が座り、独り言を言い出す頃には、この気の毒な女性がなんとか幸せになれないものかと心で応援しているんですよね。

Blue Jasmine
あたしゃエリートと結婚してセレブ生活に舞い戻んだよ!文句あっか!? 

ウディ・アレンの映画って、これぞアレン!ってカラーが強くて、群像劇でもコメディーでもサスペンスでも、メロドラマでも出演者の個性が全てアレン節に染まるなぁって思うんですよね。
役者の個性よりも、監督の作家性が勝ってて、みんなが彼の描く世界に馴染み、いい意味でいちキャラクターになってしまう。
ところが、本作でのケイト姐さんの存在感は、ウディ・アレン作品の中にいようとも、少しも霞む事なく、しっかりとそのオーラを放ちながら、フィルムの中で生き生きと悲惨に、ジャスミンになっていた。
凄い。やっぱケイト凄い。いやウディ・アレンの演出なのかな。いや、やっぱケイトかな。どっちだ(笑)

Blue Jasmine
嫁が若いんでね、頑張ばらんとね・・・

いやしかし、やはり流石のウディ・アレン。
100分に満たない上映時間で、生い立ちから、セレブな過去、貧乏現在まで全てを詰め込み、とっ散らかる事なくまとめ上げる語り口の脚本は本年度オスカーノミネート。
超庶民な妹ジンジャーのモヤモヤなんかも描きつつ、ジャスミンの栄枯盛衰を描ききるストーリー・テラーとしての手際の良さには呻ります。
「人が集中できるのは90分が限度」と、映画は基本100分以内!とバッサり切りまくる編集の腕。
「あ、俺がんばった演技が切られてる!」って思った役者がきっといるに違いない(笑)
いや、偉そうな事語れる程アレンの作品観てないですけどね。
有名どころをちょこちょこっとで、好きな作品は「ミッドナイト・イン・パリ」なんていうアレン初心者ですけどね。
そんなやつが偉そうに語るなよという苦情は受付けませんけどね!

Blue Jasmine
俺、元祖ジャック・ライアンなんだけどね。 顔は当時の2倍に膨れたけどね。

頑張った演技を切られたかどうかは知りませんが、転落の本来の原因、ジャスミンの夫ハルに、「レッド・オクトーバーを追え!」の頃より体型2倍増になったアレック・ボールドウィン。
これがもう、いかにもな配役で笑えました。絶対不正や浮気をしてるっぽい顔で、やっぱしてるんだもんな(笑)
狡猾な男がハマってました。そのくせ根っこは弱い男だったんでしょう。

Blue Jasmine
肩に垂れたストラップがチープさを助長してます。 

庶民感あふれる妹ジンジャーにサリー・ホーキンス。
きっとバツイチの原因はジャスミン夫婦なのに、血が繋がっていないにも関わらずジンジャーは姉に優しい。
自分はジャスミンとは遺伝子が違うからと、背伸びを望まない地味な彼女。
あまりにも身の丈を悟りすぎて上昇志向のないジンジャーは無一文居候のジャスミンに説教されたりするんですが(笑)
ジャスミンに感化されてちょっと冒険するんですけど、結果はなぁ。残念感のある男を惹きつける何かがあるのか・・・。
サリー・ホーキンスもこの役でオスカー助演にノミネートされました。

Blue Jasmine
サースガードってば何だか急に顔の上部が伸びたような気が・・・ 

眠いの?って聞きたくなるほど、いつも3/1 目を閉じてる感ありの表情と、胡散臭い笑顔が健在なピーター・サースガードがジャスミンが救世主と考えるエリート外交官を演じてます。
あんた実は結婚詐欺ぢゃないでしょうね~?って最後まで疑ってしまった、すまんかった。

ジャスミンの頭の中だけに響く思い出の名曲「ブルームーン」のメロディ。
もしかしたら彼女は壊れてしまった方が幸せなのかも・・・とさえ思えてしまう程気の毒で哀れ。
ウディ・アレンの紡ぐジャスミンの人生はあまりに残酷で切ないながら、超ドライで辛口な演出に乾いた笑いが出ます。
なんと残酷なブラック・コメディーだろうか。
元セレブな女の転落の人生をこれでもかと皮肉り、おちょくる意地の悪さ。
でも全編には軽妙なウィットを感じる実にウディ・アレンらしい映画でした。
いや、そんなにあれこれ観てないんですけどね、ごめんなさいね語っちゃって。

Blue Jasmine
あ~、空が蒼いわ・・・。

鑑賞後、隣に座る友達と顔を見合わせ一言 「キツイわ~~」って^^;
神戸祭りに浮かれる晴天の日曜に観てきたんですけどね。
観終わって出てきたら、美しい初夏の蒼空がグレーに見える程ドヨ~ンと凹んでた。
友達と一緒で良かったよ、そそくさと日も高いのに飲みに行ったよ。
気分が落ちている時、メンタルが疲れている時に観るとますます落ちる事は必至(笑)
逆にこれを笑い飛ばせるくらいの強い精神力を持たねば!と思うんですけどね。
へなちょこみーすけはまたもや惑うの巻。
ま、無事に酒の力とファスのお顔で浮き上がりましたけどね~♪
ジャスミンにも頑張って欲しいところです。
ケイトの演技と素敵な音楽とウディ・アレンの毒に浸れる100分弱。ぜひご覧あれ。

Blue Jasmine
っけ! 呑まにゃやっとれっか!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブルージャスミン』:ケイト・ブランシェットの主演女優賞なるか

オスカー特集今日ウディ・アレン監督のシニカルドラマ『ブルージャスミン』をDVD鑑賞しました。ブルージャスミン(2013)アメリカ原題:Blue Jasmine 監督:ウディ・アレン 出演:ケイト ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

流石のウディ評です♪
私も監督作品あまり観てないけど、みーすけさんのレビューすごい納得した。
ケイトは悲惨なヒロインを繊細かつ豪快に演じ、確かにウディ作品に染まりきってないのもよかった。
とにかく後半に向けジャスミンが可哀想でね。
おっしゃるように狂ったほうが楽かも  
そう思ってしまうくらいって本当に悲惨。最後は泣けちゃいました。
サースガードは『17歳の肖像』で前科ありのw胡散臭さ(笑)
てか、お顔上部やばいね(笑)

Re: No title

 pu-koさん

いやいや流石なんてお恥ずかしい^^;
ウディ・アレンのファンの方には「何を分かったことを」とシバかれるかも(笑)
セレブに対して辛口ながら、庶民に対してもさりげに上から目線の彼の演出がまた面白くてね。
しかしケイトの演技は凄かったね。
ドワイトに振られて戻った時の彼女の黄色い脇汗染みを観て「うわぁぁぁ」と鳥肌立ったよ。
ぶっちゃけ、あんな風に落ちちゃう程悪いことしてないのにジャスミン・・・。
待っても来ないバスを待ち続けるのかしら。嗚呼切ない・・・。
そうそう!上に伸びたサースガードは前科持ちなんでね。
つい疑ってしまったよ(笑)

ブルーまつたけ

みーすけさん、こんばんは!
イタい女の話、大好きです。みーすけさんのレビュウ拝読し、ますます観たくなってきました♪
ヤな女がコワレてきて可哀想になってくるって展開が、なかなかいいですね~。ケイト・ブランシェットの顔、怖すぎる!目つきがヤバいですね。
ウディ氏の映画って、私もそんなに観たことないです。「誘惑のアフロディーテ」とか「マッチポイント」とか、面白かったけど。やたらと長い映画に辟易することが多い中、2時間以内にコンパクトにまとめられてるのは、集中力のない私には大助かりです。

Re: ブルーまつたけ

たけ子さん

ケイトさんの次第に壊れる様は痛いながらどこか滑稽で、可笑しくそして泣けるという何だか説明の出来ない不思議な体験でした。
ジャスミンの腋汗は一見の価値あり。セレブも腋汗かきます!(笑)
ウディ・アレン、老いても侮れない!

No title

オスカーゲットのケイトの演技を楽しみにしているのですが、まだ観れてません~(^^;
巣晴らしレビューを読ませてもらったので、益々観るのが楽しみになってきました。
てか、やっぱり画像についてる一言に笑ってしまいますw
作品観たら、もっと笑ってしまいそうです(爆)

Re: No title

じゅりさん

いやぁ、これシニカルなブラック・コメディですが、悲しい話でちょっと泣けます。
ついつい画像のコメントで遊んでしまうので、作品の本質を伝えてましぇ~~ん(笑)
ケイトの演技が本当に素晴らしいので、ぜひ観てくださいね。
音楽も素敵だったし、老いてもなお枯れないウディ・アレンはやっぱ凄いっス!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ