「グランド・ブダペスト・ホテル」 ニコルソンのいない展望ホテル

「グランド・ブダペスト・ホテル」 (2014)ドイツ=イギリス
原題/The Grand Budapest Hotel
監督/ウェス・アンダーソン
出演/レイフ・ファインズ  F・マーリー・エイブラハム  ウィレム・デフォー  ジェフ・ゴールドブラム 
    エイドリアン・ブロディ  シアーシャ・ローナン  トニー・レヴォロリ  ジュード・ロウ 他 いっぱい

The Grand Budapest Hotel


1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルの名コンシェルジュ 、グスタヴ(レイフ・ファインズ)は、その秀でた才覚で大勢の顧客たちをもてなしていた。
ある日、常連客のマダムD(ティルダ・スウィントン)が急死。その嫌疑がグスタヴにかかってしまう。
殺人犯の汚名返上と、ばく大な遺産を巡る攻防にグスタヴは信頼するベルボーイのゼロ(トニー・レヴォロリ)と共に駆け巡ることになるのだが・・・。


はぁ~、映画はコンスタントに観てるんですが、最近公私にわたり忙しく、なかなかブログのアップが出来ません。
アップを楽しみにしていて下さる少数の奇特な皆様すみません。
やる気はあるので見捨てないでたまに覗いてくださいね~。

さて、やっと観ました、世間で話題の「グランド・ブダペスト・ホテル」!
ある作家が1985年に発表した作品は、彼が1960年代に訪れたホテルで聞いた、1930年代の出来事を元にしていた、という物語。
ファンタジー仕立てなコメディ群像劇ミステリーとでも申しましょうか。
実に、実に、監督ウェス・アンダーソン・ワールドらしい彼の持ち味全開な作品でした。
わたしホテルが舞台と聞くとどうしても「シャイニング」を想像してしまうのですが、今回お化けもジャック・ニコルソンも出ません(当たり前)
登場人物は ↓ 以下 アンダーソン組のお馴染みさんから新人さんまで多種多様。

The Grand Budapest Hotel


多くの方々が記しているようにウェス・アンダーソン監督は、ちょいと観ればすぐに彼の作品と分かる強烈な個性がありますよね。
これがハマるかハマらないかで好き嫌いが大きく別れるところでしょう。
わたしは初期の作品が大好きで、その独特の世界観と、シニカルな笑い、絵本のような美術に夢中になりました。
ただ最近その様式美がパワーアップし過ぎて、前作「ムーンライズ・キングダム」 がなんかダメだったんですよね。
可愛らしいファンタジーに乗り切れなかったというか、毒が少ないっちゅ~か・・・。
なので、今回若干の不安も感じながらの鑑賞でしたがぁ。
好きよ!好き好き♡
彼の持ち味シンメトリーの映像に格式あるファンタジックな美しいホテルの美術が見事に調和していました。
そして素晴らしい美術を横から縦、そして奥行へと映し出す映像。
思わず吹いちゃった空撮!
アンダーソン監督、ある意味で頂点に達しちゃったのでは?
彼の集大成ではと思わせるほど完成された映画でした。


The Grand Budapest Hotel
このホテルの世界感! ウットリ~。

それにね、今回は毒があるんですよね~。 笑っちゃう毒ってのかしらん。
それはエロだったりグロだったりという種類のものなんだけど、けして下品でなく、大人なウィットに富む毒。
この独特の毒のおかげでファンタジーな展開が子供っぽくならず、映画に気品を与えていると思いました。
でもタカビーではないの!そこがいいの!!


The Grand Budapest Hotel
どっかのホテルのエレベーターみたいに血は噴出さないけどさ、こちら内装が真っ赤っか!

お客様が喜ぶのなら、夜のお相手も厭わない伝説のコンシェルジュが最高に笑えたレイフ・ファインズ。
最近ヴォルデモートな彼しか観てなかったんで、素顔が久しぶりだなぁって思ったんですが。
こんなコメディ演技できるなんて思いませんでした。
幅が広いぜ!役者の格が違うんだな。
ノーブルな喋り方がグスタヴにぴったりで、彼の飄々とした風貌とセリフ回しがいちいち可笑しい。
ここまでアンダーソンの世界にピッタリ馴染むとは思いませんでした。
そして、独特のギャグのタメ方、抜き方の演出に何度吹き出した事か(笑)


The Grand Budapest Hotel
事件の中心にある絵画の前で同じポーズ。   「似てるだろう?」  う~~む・・・


The Grand Budapest Hotel
「ノスフェラトゥ」 バイクに乗るの巻! てなウィレム・デフォー。 

個人的に一番お気にだった、キャラ立ちのウィレム・デフォー。
気持ち悪いのになぜか可愛いという絶妙なサジ加減な彼の演技は、出てくるたびに「うきゃきゃ!」と小躍り。
ジェフ・ゴールドブラムとの追跡劇をお見逃し無く。
デフォーって意外と小柄でちょっとビックリだったけど、あれはゴールドブラムがデカ過ぎかな。


The Grand Budapest Hotel


「ただの外人の女の子」化 爆走中かと心配していたシアーシャ・ローナン。
向こう側が透けて見えるんでないかい?てな透明感にまたもやウットリ。
そうよ!あんたの武器はその透明感なのよ!
わたしゃあんたに大人の色気なんて求めてないのよ!! って大きなお世話か(笑)
トニー・レヴォり演じるゼロと彼女の心温まる恋愛ストーリーも微笑ましくていいわぁぁ。

愛と笑いと切なさと毒。 
やるな~、アンダーソン。
この後映画撮れるのか、アンダーソン。
心配だぞアンダーソン。
でも期待してるぞアンダーソン!

The Grand Budapest Hotel

オーウェン・ウィルソンの出番が少なくてちょっと残念でしたが。
同じ曲がりっ鼻のエイドリアン・ブロディが頑張ってました。 あなた明らかに鼻曲がってるよね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル』

客の殺人容疑をかけられたホテルのコンシェルジュと新人ベルボーイが繰り広げるアドベンチャーを描くウェス・アンダーソン監督の新作『グランド・ブダペスト・ホテル』を観てきま ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しいなぁ、みーすけさん
アンダーソン映画よりみーすけさんの記事が楽しい(笑)
そうだよね、エイドリアン・ブロディ鼻曲がってるよね。。
じゃなくてw
私も『ムーンライズ~』にちょっとギャップ感じたのでw大人毒入りの本作の方が楽しめちゃいました。
レイフ・ファインズほーんとうまいしおかしくて最高でした。
監督は自分の世界を極めてきたよね~。

お忙しいのね。身体無理せずにね。

Re: No title

pu-koさん

おお、少数奇特の方!(笑)
楽しんで戴いておりますでしょうか・・・。

アンダーソン作品は、ちょっと変な人の毒を美しくこだわりのある様式と撮影方法で魅せられるから、ツボなんだと思うのよねー。
それが無いとディズニーだもんな。
今回は寝技なR・ファインズの独壇場と美術の素晴らしさで魅せられましたよ!
キャラ立ちの人も沢山出てて、楽しかったわ~。

ご心配ありがとねん♪
仕事とかでバタバタしてるだけなんで、大丈夫です!
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ