「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 100万回 生きたトム

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (2014)アメリカ
原題/Edge of Tomorrow
監督/ダグ・リーマン
出演/トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン 他


edge of tomorrow


「ギタイ」と呼ばれるエイリアンの攻撃により壊滅状況になっている近未来の地球。
地球連合防衛軍で広報を担当するウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は前線での作戦の参加を断り、命令違反から二等兵へと降格処分を受けてしまう。
戦闘未経験ながら最前線へと送られたケイジはあっという間に命を落としてしまう。
ところが死んだと思った瞬間目が覚め、なんと戦地に赴く前日に戻っているのだ。
タイムループに巻き込まれ戦闘の前日から戦死するまでを何度も経験するケイジ。
やがて戦場で知り合った特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキがケイジの秘密を知り叫ぶ。
「目覚めたら私を探しに来て!!」


edge of tomorrow
しょえええ~~(汗) 戦場だけは堪忍しておくんなましぃぃぃ・・・。  ヘタレ炸裂。

edge of tomorrow
フルメタル・ビッチ=リタ  カッコよすぎだってば~♪

edge of tomorrow

秘密を共有する二人は共に闘うことに。  機動スーツの抜け殻感(笑)

桜坂洋のライトノベル小説「All You Need is Kill」を「ボーン・アイデンティティ」のダグ・リーマン監督、トム・クルーズ主演で映画化されたSFアクション。
原作が英語題名だけど、ダサいのか何なのか軽く変更されてますが(笑)

わたしスター☆トム・クルーズって好きとか嫌いとか関係無くホント興味無いんですよね。
最後に彼の映画をお金出して劇場で観たのがいつか思い出せないほど。
「マグノリア」かな?多分・・・。
今回共演のエミリー・ブラントが観たくて、TOHOシネマクラブの貯まったポイントがあったので観てやるかと上から目線で観たんですか。←タダかよ!!(笑)
うん、普通でした。
SFで言うところの「ループ物」「パラレル・ワールド」っつうのかな?
主人公のケイジはある理由で死んでも死んでも同じ日を一からやり直す能力を身に付けてしまう。
そのためギタイに殺されてもまた戦闘前日に戻ってやり直す。
ロール・プレイングゲームさながらのりロード、繰り返しの連続。

edge of tomorrow

もともと広報を担当しているケイジは実戦経験が全く無い。
それなのにいきなり前線へ送られたもんだからそりゃも~あっという間に殺されてしまう。
ところが、わーーーー!殺されたーーー!
ってなったのにはっと目が覚めると戦場へ出向く一日前の状況で目が覚めるわけです。
なんじゃこりゃ??
トムもわたしも混乱。
何回も何回も何回も 闘う→死ぬ→生き返る→闘う→死ぬ→生き返る→・・・・以下繰り返し何十回
死んでもリロードして生き返るのが分かっているのでね、あんまり緊迫感ないんだよなぁ。
でもそのロープレゲーム感がこの映画の面白さなのね。

edge of tomorrow
ぬおおぉぉ!! トムちん今回もスタントいらずでご自分で頑張っております。

最初は超へっぴり腰で、重い起動スーツでへこへこ歩いてるトムが笑えた。
カッコよくないへたれなトムなんてそうそう観る事ないし、かなり新鮮です。
そんなヘタレキャラなケイジも何十回、いや下手したら100回も200回も同じ経験を繰り返すのでどんどんスキルアップしていきます。
当初は戦場初体験で、ド素人だったケイジは経験を積み(記憶だけの経験だけどさ)だんだんと戦士として強くなっていきます。
で、後半はやっぱりイーサン・ハント化するのはお約束。
スターだもんね。そりゃそうでしょうともよ。

edge of tomorrow
エイリアンの「ギタイ」はデロンチョ~って感じで気味悪いんだけど・・・。

地球を襲うエイリアンがあんまり存在感無く感じちゃったんだよね。
デロデロドロドロしてておぞぞぞ~な外見ながら、
「まあ、襲われて死んでも生き返れるし」感が頭をよぎってイマイチ緊迫感を持続できないというか・・・。
いや、おー面白いなぁって観てるんですよ。ただイマイチ響いてこないというか。
ん~~、SFアクションってカテゴリーにわたしが乗り切れなかったのかなぁ。


edge of tomorrow
わたしが欲しければ強くなりなさい!  てなキャラのリタ。 カッコいい~~♪

今回何が一番ツボだったかと言うと 彼女エミリー・ブラントです!
もう「戦場の女神=フルメタル・ビッチ」のリタ・ブラタスキを演じる彼女がカッコいい!
実はケイジと同じループの体験をしていた彼女が映画の中で大きな役割を果たします。
ケイジが地球の平和より、彼女をなんとか生かすことの方に一生懸命 邁進するのもうなずける。

エミリー・ブラント、「プラダを着た悪魔」、「砂漠でサーモンフィッシング」他、クラシカルなイメージからイマドキなお姉さんとか、出る映画によってそのイメージが全然違ってて個人的に好きなんですよね。
今回彼女の男前ながら、繊細な魅力溢れるキャラがイマイチだったらつまんね~映画になってたと思うなぁ。
スキルアップに頑張るトムちんを「はい、死になさい!」って撃ち殺しちゃいますからね(笑)
いや、ハンサム・ウーマンです! 惚れるわ~。男優も女優もやっぱ英国産はええの~~。

edge of tomorrow
ガタガタぬかしとったら撃ち殺すど!! 、闘って死ねや!!

鑑賞中はなかなか楽しめたんだけど、2~3日経ったら「あれ?そう言えば観たよな・・・」って印象が薄くなってて。
心にあんまり残らなかったなぁ。
いや、でもトム・クルーズの映画なんで大外れはありません。
スターながら、一日で大阪、福岡、東京と弾丸プロモーションしてくれるトムちんのプレゼンは貴重です。
この人の仕事熱心さには正直頭が下がります。
って映画褒めてね~し(笑)
いや、まあ、普通に楽しめる娯楽SFアクションでした。
上映後、近くに座ってた女子高生が「え?分からん、全部夢やったって事??」って友達に聞いてた・・・。

いや、それ映画が違うがな!!

edge of tomorrow
それ、「バニラ・スカイ」やがな!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これ一番近くの劇場ですでに上映終わっててね。
昨日二番目に近い映画館も2回のみの上映になってて昨日駆け込んで観てきたよ。
2本斬りだったのもあるけど、退屈して途中寝てしまった(笑)
トムちんの死に方が笑えて楽しいんだけど、いまいち緊迫感と深みがないよねぇ。
もう少しリタとのロマンスを描いてもよかったんじゃないの?って思ったら続編が出るみたいね。
興行加減で続編なしでもいけるように一応決着させつつ、深いところは次回にって感じがしちゃったなぁ。

Re: No title

pu-koさん

寝たのね(笑)
高評価な感想ばかりがTwitterとかで落ちてくるから、ノリが悪いのわたしだけかぁって思ってたの。
ダグ・リーマンて事で期待してたんだけど、緊迫感と深みがなくて、軽ぅ~く普通すぎた。
ってまさかの続編??!!
需要はあるのか???
メカ好き、原作好きの人は萌え~なのかしら。
わたしは次はDVDスルーでいいや(笑)やっぱトム・クルーズに興味が無いのが大きいわ。
主演がファスに変わったら(絶対ありえないけど)5回観る(笑)
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ