「ジゴロ・イン・ニューヨーク」 セクスィ~・タトゥーロ♡

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」 (2013)アメリカ
原題/Fading Gigolo
監督/ ジョン・タトゥーロ
出演/ジョン・タトゥーロ  ウディ・アレン  ヴァネッサ・パラディ  シャロン・ストーン  リーヴ・シュレイバー 他


ジゴロ・イン・ニューヨーク


ニューヨーク、ブルックリンで三代続いた本屋を畳むことになってしまった マレー (ウディ・アレン)。
かかり付けの皮膚科の女医パーカー(シャロン・ストーン)にレズビアンの彼女と三人プレイをする男を探していると相談され「一人知っているけど1000ドルかかるよ」とつい口にしてしまう。
彼の頭に浮かんだのは、いい年をして定職にも付かず花屋でバイトする友人のフィオラヴァンテ(ジョン・タトゥーロ)。
「無理だよ、俺はイケメンじゃない。」と尻込みする彼を「お前はセクシーだ。女にモテモテじゃないか」とおだて、軽いノリで男娼ビジネスを始めることになる。
フィオラヴァンテの女性への繊細な心遣いとマレーのポン引きとしての口の巧さが功を奏してなんとビジネスは大繁盛。
そんなある日厳格な宗派の高名なラビの未亡人アヴィガル(ヴァネッサ・パラディ)がセラピー目的でフィオラヴァンテの元を訪れるのだが・・・。


ジゴロ・イン・ニューヨーク
上杉忠弘氏のイラストポスターがオリジナル版より断然ステキで今回の扉絵に使用。

コーエン兄弟等の作品でその鬼才ぶりを発揮している曲者役者ジョン・タトゥーロ。
実は監督・脚本もこなしカンヌでカメラ・ドールもゲットしている多彩な人なんですよね。
今回共演にウディ・アレンを起用しという事で話題の本作を観てきました。
大好きな「ビッグ・リボウスキ」のジーザスがジゴロ役?!マジか?!
ウディ・アレンがポン引き役?これは似合いそう(笑)
色々な意味で期待を高めながらの鑑賞でしたが いやぁ~、楽しかった、ステキだった、好きだわこの映画♪

ジゴロ・イン・ニューヨーク
俺様はやるときはやるんだよ!  おお!ジーザス!ほんまかいな??

ブルックリンで三代続いた本屋のおやじマレー。商売ベタが祟り閉店に追い込まれてしまいます。
この先どうしようか・・・と思っていた矢先、思わぬきっかけで男娼商売を始めることになります。
ジゴロとして白羽の矢を立てたのは仕事を転々とし、定職にも付かず花屋のバイト3日目の友人フィオラヴァンテ。
なぜコイツを?! 観客も本人さえも???状態。
まあ、他に適当な知り合いが居なかったってことだろね(笑)


ジゴロ・イン・ニューヨーク
俺はイケメンぢゃ無いから無理だって!  うん、まあ、確かに・・・苦笑

ジゴロ・イン・ニューヨーク
ジョージ・クルーニーにないセクシーな魅力があると フィオラヴァンテを乗せるマレー  兄貴と比べる??(笑)
 

口が達者なマレーに乗せられて、ジゴロ稼業を始める事になるフィオラヴァンテ。
ダークなスーツを身にまとい自分で活けた花を携え女医を訪れるジーザスフィオラヴァンテが、いや、そうなるだろうなとわかっちゃいたけど、もうスっとしててホントにセクシーなんですよ!!
ゴージャズな女医を演じるシャロン・ストーンがダンスにメロってなって泣きますから!
あのシャロン・ストーンがですよ!(笑)

ジゴロ・イン・ニューヨーク
わたし男を買うのは始めてで緊張してるのよ・・・って姐さん またまたぁ~。

フィオラヴァンテの「女性に細やかな心配りが出来る」という意外な才能が功を奏して、また口の達者なマレーの客引き能力も相まって男娼ビジネスは大繁盛。
冴えない中年男フィオラヴァンテがあっと言う間にイケてるナイスガイに変貌するんですよね。奥様たちメロメロ♡
てか、監督~、自分の欲望を注ぎ込み過ぎてやしませんかぁ?(笑)
ホントにあんた素人ですか?とフィオラヴァンテの前身が気になってしょうがなかったのはわたしだけでしょうか??

ジゴロ・イン・ニューヨーク
百戦錬磨っぽい女を相手に軽やかなステップを披露。 てかあんたホントに元パイプの修理工なの?


ある日セラピーと称してマッサージを受けに来た高名なラビの未亡人アヴィガルと出会うフィオラヴァンテ。
ユダヤ教の中でも厳格な宗派に属する彼女は、6人も子供がいるにも関わらず亡くなった夫にもろくに体を触れられた事が無かったと(!?)泣き出してしまう。
そしてたちまち二人は惹かれあう事になるのですが・・・。
いやいやあのね、子供がいるのに体に触れてないって、それってどういう夫婦生活??
この宗派では女って子供を産む道具扱いって事?とそっちの方が気になってしょうがなかったわたしですが、誰が説明してくんないかな・・・。

ジゴロ・イン・ニューヨーク
プラトニックなデートを重ねる二人。 お花もらうとやっぱり感激するよね~♡すぐに枯れて捨てちゃう事になってもさ(笑)


ジゴロ・イン・ニューヨーク
もごもごと早口で相変わらずなウディ・アレンですが、コメディーセンスが光ってて いやぁ笑わされましたわ。

映画を面白くしている大きな要因はタトゥーロの配役の巧さ。 
まずこの人を起用した事でしょう!14年振りに他人の映画で役者に徹したというウディ・アレン。 
トボけたおっさんポン引きの役がハマってて、彼が何かしたり喋ったりするだけで、そりゃも~可笑しくて可笑しくて。
アレンは自分でキャラや演技の幅が広くないとインタビューでも言ってますが、まあ高名博識な学者とか天才老医師なんて匂いは皆無ですけどね、ふわふわと口も腰もステップも軽いお茶目なおっさん演じさせたらやっぱり上手い。
小粋でチャーミングで憎めない可愛い爺さんですよね。
”マイケル・コルレオーネ”ネタは会場皆さん爆笑。 映画観てる観客だと映画ネタギャグの受けが良くてノリがいいよね。

ジゴロ・イン・ニューヨーク
この年でジゴロの役はちょっとなぁ・・・。   いや、ウディ、お願いしたいのはポン引きの方だってば。


他の共演者ではシャロン・ストーンが実にシャロン・ストーンらしくゴージャスでした。
ケミカルも使ってるでしょうけどね、でも彼女の放つオーラと美しさってホンモノなんだなぁと今回改めて実感。
遊び好きな女医を生き生きと演じていて素敵だわ。
片やヒロイン役のヴァネッサ・パラディーはNGだったよ。ラビのユダヤ人寡婦に見えないって。
喪に服すやつれた未亡人役だからか、頬がげっそりで(元々かな)空きっ歯が気になって、フランスの小悪魔の魅力全く無し。ジョニーのせいでやつれたか? この配役だけは「???」だったなぁ~・・・。

ジゴロ・イン・ニューヨークジゴロ・イン・ニューヨーク
ほほほ!私に対抗するたぁ100年早いわ! げへへ、すんまへん。  


軽妙な会話にお洒落な音楽、美しいニューヨークの風景にちょっと切ない恋。
そして思わず吹き出してしまうコメディーの楽しさ。
大人が笑えるセクシャルなギャグは、ちっとも下品でなく、タトゥーロのセンスが光ります。
口当たりのいいデザートを食べたような、心地よい幸福感に満たされるステキな映画でした。
今更ながらウディ・アレンの魅力にも開眼。
アレンの作品って観たつもりであまり観てないので、これを機会に昔の作品を観直してみようかな。

ジゴロ・イン・ニューヨーク
ジュテームもアモーレも飽きたし、そろそろニューヨークに戻って一本撮ろかいのぉ・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:ジゴロ・イン・ニューヨーク Fading Gigolo ヒトの心を溶かすものは何か。

ジョン・タトゥーロ初督作品。 で、共演がなんと、ウディ・アレン! アレンは自分そのまんまの感じで、しゃべりまくり。 かかりつけの美魔女の皮膚科医との会話の中で、1000ドルの儲け話が転がり込み、タトゥーロを説得。 なんとタトゥーロに男娼になれと迫るのだ! ...

意外と儲かるジゴロなビジネス

30日のことですが、映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」を鑑賞しました。 試写会にて 潰れそうな店をなんとかするため本屋の店主マレーは花屋を営む友人フィオラヴァンテをジゴロに仕立て上げ、男娼ビジネスを始めようと思いつく。 フィオラヴァンテを説き伏せジゴロビ...

【映画】 ジゴロ・イン・ニューヨーク

ジゴロ・イン・ニューヨーク (2013)アメリカ原題:Fading Gigolo 監督:ジョン・タートゥーロ 出演:ジョン・タートゥーロ/ウディ・アレン/ヴァネッサ・パラディ/リーヴ・シュレイ ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

観ったーーーーーいーーーーーーっっ!!
めっちゃ面白そう
タトゥーロってそういえば監督もしてたのね。観たことない~。
ジゴロぶりもすごく楽しみ。役得?(笑)半自伝?(笑)
ウディもこういうのうまそうですなぁ。
最近はすっかりおじいちゃんになって、役者としての味も出てきたのかな。
そのうちに俳優としてオスカー獲ったりしてね。
毎回みーすけさんの画像につけたコメントがピッタリすぎてツボw

Re: No title

pu-koさん

観ってーーーーー!(笑)
自分の欲望とか理想を詰め込みましたね、てなタトゥーロのすかしたジゴロ姿。
音楽や画面がやたらに洒落てて、ニューヨークへの愛も感じました。
しかし、やはりウディ・アレンのコメディセンスに脱帽なのでした。可愛い!

スキッ歯ヒロインの決断に「え?そう来るの」?って思ったけど、大人は色々あるのよねー。
楽しめるよ、オススメ♪

No title

この映画はほんと面白かったね。ちょっと疲れた古い感じの雰囲気とクラシックジャズと
ペットみたいな可愛らしい動きのウディでさ。途中でジョンタチューロ(ごめん変換ができん)が普通にセクシーにみえたねー。足長いし。あれ以来、家でのBGMはクラシックジャズにしとります。

Re: No title

め ちゃん

わはは! タチューロて(笑)なんかスイーツみたいで美味しそう。

ジャジーな音楽が良かったよねぇ♪
いつもはアクの強い役ばかりやってるタトゥーロがすっかり二枚目で。
役によって華を出し入れできるって、役者って凄いね。
ブレないウディ・アレンの演技が最高に笑えた。
やっぱこの爺さんすげーわ(笑)

No title

観ました~。
小粋でやっぱり好きな作品でした。
スキっ歯バネッサは独特の存在感だったね。
インタビュー観るとタトゥーロは彼女を起用したのは大正解だったって。
男性と女性で感じ方違うのかも。
ニューヨークにあんなユダヤ人コミュニティがあるのが不思議な感覚で
映画的に面白かったです。
TBさせてもらいますね。

Re: No title

pu-koさん

小粋な映画でしたよね!
うん、ヴァネッサ絶賛みたいだね。
てか記事読んだらわたし毒吐いてるね~(笑)
ヴァネッサは個人の嗜好だなぁ。きっとあんまり好きぢゃないんだ(キッパリw)
今思い出すと主演の二人とシャロン姐さんの印象しか残ってないもん(-_-;)
またソフトになったら観てみよう。
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ