サルベージ記事とジョン・グッドマン推し

こんにちわ、『デッド・プール』行けてないみーすけです。
乗り遅れ感パないですが、俺ちゃんよりも先に名画座でやってる『スティーブ・ジョブズ』通算8回目を観ちゃったアホの子な今日この頃です、みなさまは如何お過ごし?


さて、昨年秋以降観たけど記事上げてない映画が溜まってきちゃいました。
途中まで書いてパッション無くなったり、映画の内容薄ぼんやりして忘れたりww
垂れ流し文章ですが途中まで書いたものを電子の藻屑にするのがちょっと切ないので、今回レビュー・ショートバージョンでお送りいたします。

どぞ。


ミケランジェロ・プロジェクト

『ミケランジェロ・プロジェクト』(2014)アメリカ

原題/The Monuments Men
監督・主演/ジョージ・クルーニー
出演/マット・デイモン ビル・マーレイ ジョン・グッドマン ケイト・ブランシェット ボブ・バラバン ジャン・デュジャルダン


第二次大戦中、ドイツの占領下のヨーロッパ各国で、大量の美術品がナチスに略奪されていた。
美術品を守るために専門家たちが『モニュメンツ・メン』として招集されるのだった。


兄貴監督、主演でキャストも豪華だったにも関わらず、上映が一旦中止。一年遅れでの公開には裏で政治が動いたと動かなかったとか、色々都市伝説あり。
美術品奪回を遂行する兵士ではない美術の専門家たちの奮闘が描かれていて、悪く無かった……ような記憶←感想薄ぼんやりだなー。
皆が期待したような戦争痛快大作戦!では無かったよね。
兄貴は根が真面目だから監督作品は固いものが多いんだよね。オーシャンズシリーズを期待したら肩透かしかな。
日本ではこの後公開された、『黄金のアデーレ』が全く同じ題材を(方向逆だけど)扱っていて、もしかしたらそのおこぼれ的に公開されたのかもしれないなー辛口。


ミケランジェロ・プロジェクト
面長、垂れ眉、最高!

個人的にはジャン・デュジャルダンの役がとても好きで、泣けました。
この方容貌がとても好みなので、もっと頻繁に映画に出てほしい。


ミケランジェロ・プロジェクト
兄貴も甘える


あと、「ジョン・グッドマンが出てる映画は観ちゃう人カテゴリー」所属の人として観る責任を果たした的なww

ミケランジェロ・プロジェクト
体大きくて、走るの辛そう~

少し御無沙汰だなーと思っていたら、いい仕事してる新作映画が!!
って他の映画の事書いちゃダメじゃん。
とにかく本作は印象薄かったんだよ。
鑑賞時、体調でも悪かったんだろうか。
ゴメンね兄貴。



次!


ヴィジット

『ヴィジット』(2015)アメリカ
原題/The Visit
監督/M・ナイト・シャマラン
出演/オリヴィア・デヨング エド・オクセンボウルド他


休暇を母方の祖父母の家で過ごすことになった姉弟。
初めて会う優しい祖父母は姉弟に不思議な三つの約束を伝える。
1)楽しい時間を過ごす
2)好きなものを遠慮なく食べる
3)夜9時半以降は部屋から出てはいけない
しかし夜に妙な物音を聞いた姉弟は、恐怖のあまり約束を破りドアを開けてしまうのだった・・・。


ヴィジット
祖父母と楽しい休暇を過ごすはずが……


シャマランがモニュメンタリーを撮った。今更。
別にいわゆる一つのシャマラントリックは期待して観たわけでは無かったけれど、なぜ、今、シャマランがこーゆー系の映画を????という思いでいっぱいになりながら帰宅したおもひで……

細かいテクニックは流石なのですよ。
姉が映画マニアで日常を録画してドキュメンタリーにするという流れで進む物語。
いきなりのおばあちゃんの行動と尻に
「あ、これあかんやつやー」ってびびったし。
こうやって改めて資料見直すとなかなか怖かったような、面白かったような気もするんですが。
感想ノート読むとかなりご立腹してますねー自分ww
ケーブル垂れ流してて落ちてきた本作を観たら、うわ!掘り出し物だったなーと思うかもしれない。
しかしお金払って劇場で観る映画では無いなと。
シャマランという名前が大きかったのかもしれないけれど、わたしはシャマランに特に何も期待はしてなかったので、やはりな、しかし腹が立つって感じでした。
なんだろう、体調でも悪かったんだろうか?


ヴィジット
おばあちゃんは怖い


the visit
おじいちゃんも怖い


あ、後ね、わたくしホラーやモンスターやお化けもゾンビもスプラッタもどーんと来い!なんですよ。
唯一ダメなのが「虫」なんですが、今回新たに「汚物」というカテゴリーが追加です。
バンザイ。
あざっす。


ヴィジット
志村うしろーーー!的怖さもあります



次!

The Walk

『ザ・ウォーク』(2015)アメリカ
原題/The Walk
監督/ロバート・ゼメキス
出演/ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ベン・キングズレー 他


1974年8月7日、綱渡り師フィリップ・プティはツインタワーの間にワイヤーを貼り綱渡りをするという無謀な挑戦を行うのだった。


The Walk
わ、わ、わ、やめなはれ!


フランス人のパフォーマー、フィリップ・プティが今は無きワールドトレードセンターのツインビル間を綱渡りした実話をロバート・ゼメキスが監督した本作。
わたし高所恐怖症気味で、迫力ある予告映像が怖い!でも観たい!どうせなら!と、なんと3Dで観た!
友達に『ザ・ウォーク』どうだった?って聞かれたわたしの答え。
「綱渡りの映画だったよ」


The Walk
あんさん!やめなはれ!!


物語は非常に小気味良く進むし、なかなかスリルとサスペンスありで観てる間は面白かったんですよ。
ただ、家に帰ったら観たのを忘れてる系作品っちゅーか。
プティがセキュリティの網をかい潜り、建設途中のワールドトレードセンターに入り込んで、ツインビルに綱を渡す下りはとてもハラハラするし、実際にパフォーマンスを始めてからの映像はさすがだなーゼメキス監督凄いねー!だったんですけどね。
なんでしょうね、特に感動もせず、ふわ~そんな事があったんすかっ・・・て感想でした。
もっとちゃんとレビューしたいんだけど、あんまり詳しく覚えてないんだよなー((-_-;)
ゼメキス監督、レヴィット君、すまん。
体調でも悪かったんだろうか。
すみません、出直してきます。


The Walk
やーめーなーはーれーー!!


・・・さてサルベージ、如何でしょうか?
なぜ途中で記事書くの止めたか分かるクオリティな文章。いやん!別に電子の藻屑にしても良かったんじゃね?なんて言わないでぇぇwww
書きかけ記事まだまだあるのよ~、またそのうち懲りずにこそっとあげます。
え?要らないって?しょええー。
なんだか生ぬるい感想ですみませんでした。

さて、次回予告!


ジョン・グッドマン


ジョン・グッドマンの話題の新作を週末観て、メチャメチャ頭の中ジョン・グッドマンだらけですナウ。
これは近々に一本記事書きます。
はぁー、やっぱ自分の物指しで「面白かったなー」って思わないと、感想って書けないですね。
ってはっきり言っちゃった!!
さらば!!

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : ジョン・グッドマン

今更!! 第88回 アカデミー賞総括

第88回アカデミー賞
今年の司会はクリス・ロックでーす

年度末やら春眠やらでボンヤリしてるうちに今年も終わっちゃいましたなー、オスカー。
毎年開催までそわそわうずうずで、その分終わると寂寥感と燃え尽き感を感じちゃいますなー。
あー宴の始末。
さようなら・・・って終わっちゃだめか。

今年も垂れ流しちゃおうかな毎度残念な感想文的オスカー総括を!!

えさて、お約束。
今年も一番言いたい事だけ先言っちゃおう。
相変わらず主要なノミネート作品がほぼ公開前。
『オスカーを当てよう』キャンペーンだと??観てないのに判断できるかっちゅーの!
何を根拠にみんな投票するんじゃろう?ファンだから?
ま、それはあるね(笑)
でもさー、もーさー、毎度言ってて飽きたけど、それでも言うよ!いーかげん、オスカー授賞式前に映画公開しろよ配給会社さんよ!!
海外行って観ろよってか?!OLは簡単に休めんのじゃーー!

・・・っふ、一番言いたい毒は吐いた。
でわ!
『第88回アカデミー賞を振り返る』



主要部門で白人ばかりがノミネートされ、不穏な空気がありましたが、それを全て司会のクリス・ロックやゲスト達が自虐的ギャグにして場を盛り上げてました。
あと、役者や技術系の受賞が全く無かったダークホース的作品が作品賞を取りましたな。
んで、まさかのスタローンが助演賞逃したのもちょっとビビったわ。
色々ありましたが、その辺は他の公式とか見てください。
以下、あくまでみーすけの感想でござるよ。

感想その1)マッド・マックス 怒りのデス・ロード

第88回アカデミー賞

いや~~~!映画ファンとしてかなりわくわくしたよね!
なんてったって、あのお祭り映画『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』(以下 マッマ)の快進撃すげーなーー!!
最多6部門ゲットでございました。
V8!・・・でなく、V6V6V6!!

第88回アカデミー賞
うっひょーーーー!!!


撮影、音響、編集、美術など、ジョージ・ミラー監督が表現したい世界をいかに作り上げたかって事が高く評価されたって事ですね。
かつて「俺の映画」とか言われてた(これもどうかと思うけど)マッド・マックスシリーズは今や「俺の、わたしの、みんなの映画なのだよ!
ミラー監督に監督賞あげたかったなー。

第88回アカデミー賞
内助の功。編集賞ゲットの奥様と監督。

狂気の世紀末的バイオレンス・アクションムービーにハリウッドはもちろん世界中が狂喜乱舞したんだな~・・・としみじみと。
「Oscar goes to ......」 で マッマが呼ばれるたびに盛り上がるスタッフや監督、トムハとシャーリーズの顔を見ながらこっちも嬉しくなっちゃった。
いや~、今、リバイバル上映してまっせ!
お祭り映画だから!大きな画面でぜひぜひ観て!!


感想その2)マーク・ラファロがセクシー過ぎる件

第88回アカデミー賞


んんもぉぉぉぉぉ!!!
なんなのマーク!このおじさんてば、映るたんびにうう、う、ウィンクすんのよーー!
1回じゃないのよ。2回も3回も!なんだよてめぇ確信犯じゃねーか!
間違いなくセクシーオーラが出ますわねーふわぁぁん・・・。

マーク・ラファロは危ない。
一人マーク・ラファロ広報室からのおしらせでした。

第88回アカデミー賞
「男も乳がん気を付けて!」とインスタ上げたラファロ。あざと……!!


感想その3)ディカプー

第88回アカデミー賞
若い

悲願のオスカーをディカプーがやっとゲット!
他のノミニーたちは「もしオレとっちゃったらどーしよー、怖い・・・」って思ってたはず。
変なプレッシャーっての?なんか笑えた(笑)
やったねディカプー。しかしディカプーも41ですか。

第88回アカデミー賞
※注意 ジャック・ニコルソンは右です

演技に文句は全く無いんだけど、なんでかねー、どうしてもスイッチ入らないのよねー。
どーもダメなんだなー。あ、ま、向こうもワシなんかお呼びでないのは分かってんだけどさーへへ。
初期の頃はちゃんと新作追っかけてたんだけどな。
やっぱ顔面がヒラメだからかなー。おおきなスペースをまんべんなく使ってて効率いいんだけどね。
そんであの子供声がなー💧
今回の『レヴェナント』は途中から怪我で声が出せなくる役らしく、あの苦手な子供声が気にならないと某PU-KOさんがおっしゃってた。
『レヴェナント』 4月公開ね。
レオ様(おお、映画人生で初かもしれないレオ様呼び)
演技でわたしを酔わせておくれ!!


第88回アカデミー賞
寒いんじゃーー過酷なんじゃーー!!

はは、しかしこんなに真剣にディカプーの画像をあさったのも映画人生初でござるよww
映画期待しております、レオ様ww っぷぷ! 痒い!(笑)


第88回アカデミー賞
共演のトム・ハーディとディカプー……
トムハ顔ちっちゃ!!
てか多分ディカプーの顔がでかいのか……


感想その4)ファス&アリシア

第88回アカデミー賞
なにこの可愛いカップル!!


GG賞に引き続きイチャイチャしてたマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィカンダー。
もー嫉妬や妬みを突き抜ける、スウィートで可愛いカップルですねー、うう……。

アリシアの受賞にほんとに嬉しそうなファスを見てたら、
「そーかそーか、もうさっさとファス似の子供をいっぱい作って、その素晴らしい遺伝子を後世に残してくれ!」
と菩薩のような微笑みで画面を見つめたよみーすけ。


第88回アカデミー賞
ぷちゅ❤ おいおい!おかん見とるがな!


公開ちゅーですがな公開ちゅー!!
ごちそうさま!いーねー幸せ満喫だね!
因みに今回、ファスのお召し物はトム・フォードです。

第88回アカデミー賞
素敵だ……❤


さてそんなこんななオスカー授賞式。
詳しい各賞は大手サイトをどぞ。わはは!手抜き!

取り合えず作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』

第88回アカデミー賞
マーク・ラファロよ❤
あとマイケル・キートンは『バードマン』ですっかり復活したねー。良かった。


第88回アカデミー賞
お喜びの皆さん。みんな『レヴェナント』だと思ってたんだろな。ワシもそー思ってた。


第88回アカデミー賞
嬉しくてオスカースタチュー持ち出そうとするラファロ❤


第88回アカデミー賞
こちら演技賞の皆様。


超余談なんですけどねー。
毎年会社でネットに頼ってハラハラする生活に疲れ果て、今年は2月初旬にWOWOWに加入。
29日当日は会社を休み式典をライブで楽しむ・・・予定だったのに・・・。
まさかのノロ感染でダウン。拾い食いしたのかと同僚にいじられましたが、してません!!そんな事!
感染症なんで予定外に連休してもーて、とてもじゃないが閏年の超月末の月曜に休めなかった・・・。
というわけで、今年も長いトイレ休憩を取るみーすけであった。
くそ・・・来年こそは・・・夢の当日ライブを・・・。


でわクッキー貪るモーガン・フリーマンを見つつ

第88回アカデミー賞
モグモグ


さらば!!

テーマ : アカデミー賞
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー トム・ハーディ マーク・ラファロ

R.I.P. David Bowie





GG賞発表で浮かれていた月曜の午後、お昼寝から起きるとpu-koさんから何やら不穏なDM。
分けがわからずTLを開くと流れてきたいきなりの訃報でした。


1月8日に69歳のお誕生日を迎え、最新アルバム『ブラックスター』を発表したばかりのデヴィッド・ボウイが亡くなってしまいました。
突然の彼の訃報に世界中のファンが驚愕しました。



8日の誕生日に『ブラックスター』を発表したばかりでした。




オッドアイのスターマンは星に帰還しました。






1947年1月8日、イギリスのロンドン南部ブリクストン生まれ。
本名デヴィッド・ロバート・ヘイワード=ジョーンズ。






本格的な洋楽デビューが遅かったみーすけをどっぷりなブリット好きへ導いてくれたのがボウイさんでした。

『レッツ・ダンス』から入った遅咲きファンだったけれど、当時のボウイさんの輝くばかりの美しさとカリスマは、今のミュージシャンや俳優では例えようが無いほどの衝撃でわたしは夢中になりました。





初期からグラム時代、ドイツ時代からのファンの方はこの時代のボウイさんの音楽にあまりいい顔をされないかもしれませんが、当時文字通り”ロックスター”として露出していたボウイさんは眩いばかりに輝きそれはそれは魅力的でした。
MTVから流れるPVにうっとりし、当然の流れで彼の過去作を聴き、グラムロックという未知の世界に誘い、音楽の世界を拡げてくれたのもボウイさんでした。



わたしの神曲 『Heroes』



自らの音楽とイメージのスタイルを変える事を臆さず攻めまくり、時代の先端を行くスタイリッシュさ、そして「change」を繰り返しながらも「ボウイらしさ」を印象づける独特の個性。
グラムロックからドイツ三部作的な前衛的音楽、アメリカに渡りソウルを取り入れ、世界のチャートを賑わすブリットロックを発表し、殻に閉じこもらず次々とそのスタイルを変えるアグレッシブな姿勢はいつもキラキラとしていました。



大阪城ホールのライブの思い出は宝物


音楽だけでなく、その魅力的で美しい容姿を活かして俳優としても活動していたボウイさん。

『地球に落ちてきた男』で空から降ってきた文字通りスターマンを演じていた彼は、演技がどうこうというより、とにかくスクリーン上でのカリスマ感が凄まじいという印象でした。





彼の不思議なイメージとダブるエイリアンやヴァンパイア、魔王といった異界の者だけでなく日本でもヒットした『戦場のメリークリスマス』の英国軍人セリアスの華麗でどこか中性的、しかしながら芯のある不思議なキャラクターはボウイだからこそ作り出せたものだったのではないでしょうか。



教授の演技は痛々しかったけど……ww


映画との繋がりは役者としてだけでなくて、多くの楽曲提供はいまさら書き記すこともないでしょう。


彼の曲がスクリーン上で流れる度に感じる感動はファンならではの楽しみ。
また、サントラで曲を聴いた人が新たにボウイのファンになる新たな喜びでもあります。

Bowieさん



メディアを最大限に利用し、くるくるとそのスタイルや表情を変えながらロックスターであり続けたボウイさん。
新たな楽曲を発表したばかりで、またメディア上に登場してくれることを楽しみにしていたのに。




これが8日の誕生日、亡くなる2日前に撮られた最後のオフィシャルの写真です。
彼のこの笑顔に昼休みに人目もはばからず号泣してしまいました。
最後までロックスターであり続け、きらびやかな姿をメディアへ配信していたボウイさん。プロとしてのその姿勢に感動せずにはいられません。



地球に落ちてきたスターマンは静かに星に帰還しました。
たくさんの音楽をありがとう。
おやすみボウイさん。


テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

tag : デヴィッド・ボウイ

恒例 年明け早々 輝け!第三回天邪鬼みーすけ杯

明けましておめでとうございます!
えー年末からちょいと知恵熱出してたみーすけです。
本年も残念ブログをヨロシクお願いいたします❤

さて毎年年明け早々イキナリ前年を振り返る、勝手にランキングを今年もやりまっせ!

☆☆輝け!!第三回 天の邪鬼みーすけ杯!!☆☆
まずは前年度の劇場鑑賞トップ10から!

1位『マッド・マックス 怒りのデスロード』

Mad Max
もーーやだこんな生活ーーー!!!

やっぱこれだね。久々にソフト2本以上購入できる金額を劇場鑑賞に費やした通称マッマが1位ですね。
なんと言うか久々に映画!を観たって感じの映画だった。
シンプルなストーリーにイケてるヒーローとかっくい~ヒロインと救いようのない悪役がどーーん!ばーーん!!グイイイン!!ってド派手なアクションにあうあうあう...でウルってきて最後のパナいカタルシスで、あうぅぅもっかい観なきゃと思わせる映像の力。
わたしのTL は日々マッマで溢れ返りトムハ祭りにえらいこっちゃえらいこっちゃV8 V8 V8 !!俺を見ろ!!
トムハ万歳!ありがとうジョージ・ミラー監督!天晴れ文句なしの1位です。

child 44
うふふん❤ 主演作が連続3本公開のまさしくトムハの夏!でした。


2位『セッション』
セッション
ファッキンテンポーーーー!!

僅差で2位はこちら。
畳み掛ける緊迫感と緊張感スリルとサスペンス!のくせに音楽映画だと?!ww
二転三転するストーリーに翻弄される主人公と観客を一手に引き受けるのは素晴らしいJ・K・シモンズの神演技。
彼の「ファッキンテンポー!!」はみーすけ杯流行語大賞受賞。
何人に劇場行けと勧めたか配給会社何かくれ。
本作も緊張に継ぐ緊張の末のエンディングのカタルシスが堪らなく、エンドロールでは体から一気に力が抜けてまるで自分でも何か達成できたような不思議な高揚感と多幸感は例えるならばおせっs(ry
お正月です!今年こそは品格のあるブログを目指します。

セッション
くるくるっとな!!


3位『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
MIP5
お?あざとい??俺☆スターだし


おっとーー!みーすけがまさかのトム・クルーズ推しです。こんなありがちな順位って。
しかし今回のイーサンのスパダリ振りにはみーすけもベンジーもメロメロ。
面白い映画を!というトムちんのパッションが溢れまくった極上エンタメ。
なんかノれなかった1、2からお?ってなりかけるシリーズ3、4の流れを踏まえながらどーーん!とサブキャラをしっかり描いたチームプレーな演出が見事にハマってトム・クルーズごめん!ってなりました。
次もぜひこのメンバーで製作して欲しいッスってかサイモン・ペグが可愛すぎてきゅうう~んですわ!ベンジーまじ姫すぎだよ!

MIP5
ふわぁぁぁ~ん❤


4位『ナイトクローラー』
ナイトクローラー
顔芸!!!!

ここでミニシアター作品から、ジェイク・ジレンホールの怪演が心底気持ち悪かったこれ。
いやージェイクすげかったー。
サイコパスが金目当てで始めたビジネスが天職だったために、正に何とかに刃物状態。普通の顔をして生活している自分の廻りにもひょっとしたらいるかもしれない主人公ルーの怖さ。
マスコミ業界を皮肉りながら、どんどんダークになるストーリーに引き込まれるのは底知れぬ不気味さと恐ろしさを文字通り体を張って演じたジェイクの白眉ものの演技故。なぜオスカーノミニーを逃したのか不思議。
普段は可愛いジェイクの乗り移ったような演技にただただ圧倒されて観賞後の気分はすこぶる最悪だけどな(笑)

5位『フォックスキャッチャー』

foxcatcher
5位...お兄ちゃんぼく頑張ったのに。 この子はできる子なのよ!!

いーじゃないのよ立派よ5位!
後味悪い感なら『ナイトクローラー』に負けず劣らずな本作。実際に起こったメンへラ大富豪の元オリンピック・チャンピオン殺害事件の真相を淡々と描いた本作。
主演のスティーヴ・カレルの怪演はもちろん、共演(いや主演だよね)のチャニング・テイタムのじゃがゴリレスラーの脆くも切ない心理演技が凄く良かった。
もー、この線で頑張ればいーのに『マジック・マイクXXL』みたいな事するからなんとなく残念にされちゃったりするのよー。出来るじゃがゴリなんだからー頑張ってチャニング可愛いよチャニング。
あとオスカー助演にノミネートされてたマーク・ラファロの演技が秀逸です!
ってか熊みたいな体型とビックリする前頭葉での役作りでも消せないセクシービームをなんとかして欲しい件。


無理矢理順位つけたけどどれもいい映画だった6位以降

6位『君が生きた証』
rudderless

役者ウィリアム・H・メイシーの演出だからと舐めちゃいけない。これ最高にズシンとくるいい映画だった。
主演のクラちゃんことビリー・クラダップのヨレ加減が最高に良かった。クラちゃんファン増えたらいいのになーでも増えたらちょっと寂しいなー歌上手いなーセクシーだなー子犬みたいで可愛いなーやっぱ演技上手いなー。
大好きな作品です。たくさんの人に観てもらいたい。


7位『バードマン』
Birdman
もうこのあたりで爆笑スイッチ入ってたまらんかったっす

今年のオスカー作品。夏前まではもっと上位だったけど強烈なのが多かったせいでここまで後退。
しかし自信のセルフパロディのような役を演じたマイケル・キートンと流石な役者馬鹿エドワード・ノートンの演技に酔いしれ驚き爆笑するという。
あんなに笑うとは思わなかった。劇場の閉塞感と流れる映像、音楽にヤられたな。


8位『黄金のアデーレ 名画の帰還』
ヘレン・ミレン
ほほほほほ!皆のもの傅きなさいっての!

デイム・ヘレン・ミレン様。彼女無くしては語れない。
ツンと顎を上げて前を見つめ逆境にも負けず闘うマリアに何度涙腺を刺激されたことか。あと共演のライアン・レイノルズを見直した。今までバカにしててゴメンねライアン。演出の巧みさや絵画の美しさに酔いしれ鼻水ずるずる間違いなしです。


9位『クリード チャンプを継ぐ男』
クリード チャンプを継ぐ男
おじいちゃんお口臭... うるさーーーーい!!!

おっとーこれはいきなりのブログアップ前の作品です(只今作成中なり)
ロッキー神話にあやかったn番煎じなボクシング映画と思ってたら度肝抜かれるからね!スタローンの役者として、ロッキーとしての集大成的作品。助演でゴールデングローブ賞にもノミネートされてます。この際あげようよーもう多分この後は無いよー。
とにかく新鋭監督ライアン・クーグラーの演出が巧みで、ぐいぐい引き込まれる映画力。これはぜひ観てほしい!!


10位『パレードへようこそ』
Pride
はぁぁ~ビルおじさん 可愛い❤

スコットランドの田舎町から始まった炭鉱閉鎖反対活動が大きな波になっていく奇跡。
大好きビル・ナイに萌えた映画でもありました。
イギリス人キャストが皆魅力的でガツンは無いもののジワジワくる感動。
音楽もいいよ!お勧めです。


......次点、次点な。
バカにしてたら異様に美味しい映画だった『ターミネーター:新起動/ジェネシス』や『キングスマン』『U.N.C.L.E』も面白かった。『ジョン・ウィック』も苦手なキアヌにゴメン!だったし近々の『スペクター』もなんやかんやでやっぱおかわり映画だしね。
取りこぼしあると思うけどまあこんな感じでしょうか。


☆☆番外でソフト鑑賞分よ!!☆☆

何でソフトスルーだ馬鹿野郎賞『ウォーリアー』
warrior
うおぉぉぉ 思い出しても涙が出てくる......

劇場鑑賞であれば間違いなく上位に食い込んだであろう本作、
とにかくトムハが!!こ、子犬のような寂しげな瞳と屈折した内面を台詞に頼らず演じたトムハがとにかく素晴らしい作品。
お兄ちゃんを演じたジョエル・エドガートンの演技も素晴らしかった。
父親のせいですれ違い壊れてしまった家族の再生をレスリングと絡める物語にぐいぐい引き込まれ、あーたもー最後は感動でえーーん!ってまじえーーんって幼稚園泣きして次の日目が腫れた件。
なぜこのように素晴らしい作品がソフトスルーなのか??謎すぎて呆れる。
これはトムハファンでなくとも是非観て!!

warrior
トムハってまじ子犬だよね。 ほんと可哀想で可愛かったよぉぉぉ


早く上映しておくれ賞『Slow West』
slow west
もーねー貴方が映画に出るだけでみーすけは幸せよ❤❤

はいきたーー!ファスきたーーー!!
こちらは日本版のソフトにさえまだなってません。ネットダウンロードで鑑賞。
これも年末記事とちゅうまで書いて仕上がってないわー。
主演はもちろんマイケル・ファスベンダー
ワケありガンマンが恋人を探す少年の用心棒になり広野をさ迷うという本作。
題名通りゆったりと、そしてシュールに流れる物語の雰囲気が特徴的。
でも銃撃のシーンはううう!緊張!
あーこれどこまでならネタバレになんないかなー、ウェスタンちょっと苦手なんだけど、これは面白かった!てかファスですもの、そりゃね。
字幕入りも観てみたい。イギリス版なら日本語訳入ってるかな。探してみよう。
とにかく劇場公開を切に願う!!頼むよ配給会社!


さてここからはもらっても嬉しくねーぞ!いやん、そんなこと言わずに~はみーすけ杯オリジナル賞です。


いっぱい稼いだで賞チャールズ・ダンス様!!

The Imitation Game
レストラン経営でもしてますか?  うっせ!

今年観た劇場作、プラスソフトやケーブル合わせてもしょっちゅう出てるわ!って感じだったチャールズ・ダンスさん。
いやぁ、なんでしょうこの需要感。素敵だからいーわ別に。
面長の英国紳士ってだけでなく、不思議な魅力のあるダンスさん。活躍嬉しいわーって事で今回の受賞。ダンスさん受け取ってこの想い♪お誕生日同じ日よ!


お帰りなさいで賞に元祖英国男子のヒュー・グラント


ヒュー様
重力に逆らわない潔い顔面垂れっぷり!

一昔前はヒュー様と言えば「ジャックマン」でなく「グラント」だったんだよねー。
元祖英国男子ブームの担い手ヒュー・グラントを『コードネーム U.N.C.L.E』で久々に拝見。
パニック障害とかあっちこっちでお子さま作ったりとか暫くスクリーンで観てなかったけど、そろそろ本格的に戻ってくるのかな。
やっぱヒュー様好きだわー。もう年齢的にラブコメは無理ってどこかのインタビューで読んだけど、この人の纏う独特の空気感って大好き。
お帰り!待ってたよ!ということで今回ヒュー様にこの賞を贈呈。


おお!そうだ 輝かしきコメント賞
chacoさんがベニーさんを称して言った『顔が長いにも程がある』 

chacoさん!あとベニーさんもおめでとう!そして おめでとう!!

缶バッチ
なんか凄く嬉しくない!!



ああ、新年早々またダラダラ垂れ流しちゃった。お前のブログ長いンだよ!ってすみません、あれもこれも書きたくてつい助長になってわたしはタランティーノかっつーああ!そんな偉いもんじゃねーよねゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいいぃぃぃ!!
今年もヨロシクちゃん!!てへ❤
おっとお約束、今日の素敵なファスをどぞーー。

ファス
なーんかまた表彰されちゃって俺  へへ❤

『スティーヴ・ジョブズ』で飛ぶ鳥落とす勢いのファス。
あーー今年はひょっとしてオスカーゲットなのかしら??!!
てか早く公開してくれ早く早く早くーーー!!

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

tag : チャールズ・ダンス マイケル・ファスベンダー トム・ハーディ

サクっと発表!公式『英国男優総選挙』とぶーたれ雑記

さて、ようやく公式『英国男優総選挙』の結果がネット掲載OKになりましたね。
てゆーか、最近このネタばっか書いてるような気がする(笑)
いやー、なんか時間が取りにくくてちょっと劇場から足が遠のいてまして。
今充電期間。 週末連チャンで頑張ります。


発表!公式『英国男優総選挙


いやいやいやいや・・・想像を絶する結果でした、みーすけ的に。
まだまだ映画業界を分かってないって事か。
人気の物差しとか、流行り役者の傾向とかがまったく分かってなかったのか。
かなりビックリした。
そして個人的には全く美味しくないのでスクリーン買わなかった。ごめんなさいー、出版社潰れないでねー。
ま、結果は結果なわけで受け止めましょうぞ ぐぬぬ・・・。

以下 結果


トムヒ

1位 トム・ヒドルストン

ええ、まあこれは予想の範疇でした。
名門出の上品さと気品にお茶目な性格とチャーミングな笑顔。
頭脳優秀、眉目秀麗、しかもファッションセンスも抜群!!そんな彼に皆さんノックアウトなのね。
みーすけ的にはソーのバカ弟、ロキのイメージが大きいんですが。
続々公開される新作情報が落ちてきて、ファンの方は待ちきれないんでしょうね。
おめでとうございました。


ベニーさん

2位 ベネディクト・カンバーバッチ

おーーーーっと!!キング退く!
育ちの良さからくる気品と舞台映えする長く大きな顔にヴァリトン・ボイス。
2年連続でキングを守っていたベニーさんが今年は2位と後退!!
『SHERLOCK』クラスタで保ってるようなこの選挙だったのに、どーした?!
でも、年明けに時代設定をオリジナルになぞった新作が放映されるので、またググっと人気も戻るっっしょ。
おめでとうございました。


英国俳優総選挙発表3

3位サイモン・ペグ

すげーぞペグちん大躍進!!
勝因は 『MIRN』でのベンジーの姫っぷりかと。
イーサンとベンジーのブロマンスにあうあうされた腐女子のハートをがっちり掴んだサイモン・ペグがまさかの3位。
お気に入りの役者が人気出ると嬉しいわ♪
おめでとうございました。

以下10位まで コメント雑。  画像は個人的趣味でイン。 

4位 マーティン・フリーマン 
ジョン、おめでとうございました。

5位 ポール・ベタニー  
ふぇー、組織票の強さ? 個性派(だよね?)ベタニ! おめでとうございました。


裏英国総選挙
6位 ジェームズ・マカヴォイ 
ヴォイ先生!ちょっと下がったけどランクインしてるもんね、おめでとうございました。

7位 アラン・リックマン 
こちらの先生も安定の入閣だ。おめでとうございました。

8位 ヒュー・ダンシー  
人喰うなよ。 おめでとうございました。

9位 コリン・ファース  
キング、おめでとうございました。

10位 ルーク・エヴァンズ 
ドラキュラ、おめでとうございました。


11位~20位  コメント荒みます

11位 リチャード・アーミティッジ 
ホビット観てねーなー
12位 オーランド・ブルーム  
だからホビット苦手だから観ないんだってばー


トムハとわんこ
13位ト ム・ハーディ  
祭りの中心トムハもこの位置かー。そっかー。それにしても可愛いな♡

14位 エディ・レッドメイン オスカー効果とかあれこれ
15位 ベン・ウィショー Qで注目?パディントン? 潜在ファン多いね 


生き神様
16位 ゲイリー・オールドマン  
ああ、神様・・・ランキング低すぎる・・・。

17位 クリスチャン・ベール 
普段忘れてるけど、意外とイギリス人なんだよね。
18位 ダニエル・ラドクリフ  
どーでもいい
19位 ダニエル・クレイグ  
ボンド効果あんまないんだなー。
20位 アンドリュー・リンカーン  
ゾンビ退治がんばって

以下30位まで・・・ ますますコメント荒みます

21位 ジェイソン・ステイサム イサムー!
22位 ローレンス・フォックス 叔父(エドワード)は好き
23位 ニコラス・ホルト 「俺を見ろ」 うん。
24位 ダン・スティーヴンス ダウントン効果♪
25位 リーアム・ニーソン 闘う親父
26位 ジュード・ロウ セクシー山伏 
27位 ユアン・マクレガー 尻出し好きよ。
28位 ヒュー・グラント 英国ブームの元祖。U.N.C.L.E楽しみ
29位 ショーン・ビーン 豆豆
30位 トーマス・サングスター おっきくなった

はいはい、皆さんおめでとうございました!! っと。

・・・・なんかテンション低い?いえ、そんな事・・・・・・・
はいはい!低いですがそれがなにか??
ねえねえ、ちょっとさー、30人も英国系俳優出してきてさー、なんで彼の名前が出ないのかな???
誰の事かって?
決まってるっしょ!マイケル・ファスベンダーだわさ!!

ファスどん
天使降臨

なぜ?!なぜファスのファも出ないの??
CIAの陰謀か?
どっかの悪の組織の仕業か?スペクター?ショッカー?ウ、ウロボロス??

そんなに上位には来ないだろうとは思っていましたが、まさかの選外
日々わたしのTLをあんなに潤すファスの人気が無いなんて、そんなことは絶対にあり得ない!
俺の票どこ行った? 3回投票したけど、それでは全く足りないって事なのか。

わたしは昔から一番手に食いつかない癖があって、主役より脇役に目がいく映画の見方をする傾向大で。
しかも顔より演技重視で癖のある役者が好きなので、妹に「ブサイク好き」なんてイジられてた。
ファスにびびびっとキタとき、「うわ!!こんな正統派ハンサムに痺れるとは!」と自分で驚愕だったんですが・・・。
違うの?素敵だよね?ね?
まだまだ知名度低いって事なのかな。
ま、いいや、ファスが素敵で演技が素晴らしくて天使なのは揺るぎない事実だから。

ファスヴォイ
天使♡


みーすけはぶーたれた今回の結果、皆様のご感想いかがだったでしょうか?
ご意見頂ければ幸甚。 なんつて。
さてと、本日から週末にかけて連日映画鑑賞予定でござる。
このクサクサを映画鑑賞で払拭じゃ!!
でわまた。

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー 英国男優総選挙

裏!!『英国男優総選挙』 なりよー

本日21日に雑誌スクリーン発売されましたね。
って事で、第3回 『英国男優総選挙』も無事発表されました、良かった、まだ読んでないけど。
さて、その前に、本人と知人以外どうでもいー的 勝手にみーすけ選

裏!『英国男優総選挙』 結果発表なり


裏英国俳優総選挙
さら~っとね、流してね、よろしくね。


10位ベネディクト・カンバーバッチ

裏英国俳優総選挙
ノーブルなのですよ、ええ。

はいイキナリ来ましたベニーちゃん!
公式の方では恐らくトップ争いをしているであろう彼がいきなりですが、まあバカ野郎の戯言なんで。
あなたの演じるシャーロックがすげー好きだよ~。
ベニーちゃんが演じたからここまで人気が出たんだろうなってのは素直にそう思う。それほど配役がピッタリだよ。
あ、わたしは丸くて短い顔より長すぎる方が好きです。長いに程がなくてもそっちのほーがいいです。
よろしくお願い致します。


9位ユアン・マクレガー  

英国俳優総選挙
そーいえばおでこのホクロ取りましたね。

もしかしたら彼の事書いたことないかもだけど、昔から好きなんですよねー。
なんせ『トレインスポッティング』 『シャロウ・グレイヴ』辺りの衝撃は凄かった。
とっちゃん坊や的になるかなーと危ぶんだ頃もありましたが、いい感じに年を重ねて、それでも尚キュート。
いい位置で仕事してると思う。
すぐお尻出しちゃうとこも、巻き込まれてあうあう言ってる役も、驚くほど素敵な歌声も好き。
なんやかんやでユアンが出てる映画は必ず観てしまうんだな。
顎割れ苦手だけど、ユアンならいーの♪


8位クリストファー・リー

裏英国総選挙
目力

初恋の人なので(推定3歳頃)。
彼が亡くなった時のSNSでのファンの方の荒振りに、
「あ、わたしの初恋間違ってなかった」 と思ったね、うん。
どっちかってーと、マント着て血ぃ吸ってるリー様を好きになったのだけどw
生きる伝説だったけど今年とうとう鬼籍に入ってしまいました、悲しい。
でもリー様の遺した膨大な作品リストを見るにつけ、未見の作品をこれからも視聴する楽しみがあると自分を納得させてます。
本当に濃い素晴らしい役者人生に拍手。


7位マイケル・ケイン

裏英国総選挙
若い~キレイ~素敵~~♡

80過ぎて未だ現役。
A級だろうがB級、C級だろうが仕事を選ばない姿勢がある意味凄い。
もうおじい様だけれど、冷たい瞳に艶っぽい下睫毛がやっぱたまんないス。
映画を観始めた頃からスクリーン上にいらっしゃって、未だ楽しませてくれてる。
この方の過去作品も未見がけっこう多くて、追っかけて観るのが楽しみなうえ、新作も落ちる喜び。
ケイン様、ありがとうケイン様♡


6位マーク・ストロング

裏英国総選挙
輝く!・・・頭頂部・・・

何度だって言います、髪?なにそれおいしいの?
定員確定気味なこのリストに数年前新星の如く現れた輝く姿(上の方)
そのエキゾチックなお姿に多種多様な出演作が多々あり、過去作漁るのが今、マイブーム。
『シリアナ』でジョージ兄貴の爪を剥いだのはつよしさんだったのか!!テメぇこのやろ、赦しちゃおっかな。
おおおお~~、つよしさん素敵つよしさん♡


5位トム・ハーディ

裏英国総選挙
この子犬のような瞳が・・・うるうる

「にわか」と言われようと、なんだろうと、この夏の祭りに抗えなかった。
彼の魅力は子犬のような濡れた無垢な(たぶん)瞳だな~♡
『ウォーリアー』はソフト鑑賞ながら、劇場鑑賞とあわせても今年のトップ5に入る作品でした。
みんな観て!
ちょっと夏の祭り感が薄れてきてるけど、『マッド・マックス 怒りの~』はソフト発売でまたもや祭りに火が投下!
みーすけ的にはギャンドルちゃんと共演の『Drop』公開まで祭りは続くのだ、The show must go on.


4位ジェームズ・マカヴォイ

裏英国総選挙
やんちゃっぽいところも好き♪

ここで永遠のスコティッシュボーイ、ヴォイ先生登場。
イギリス英語を喋ってるヴォイ先生の話し方がとてもキュンとくる。
王子様然とした優しい演技、感情を溜めに溜めて一気に吐き出すような哀の演技、非道を尽くすゲスな演技、ちょっと頼りない殺し屋もヒーローの若かりし頃もタムナスさんも、ヴォイ先生が演じればどれもこれも魅力的。
見た目から入りましたが(ええ、そうですとも)そのしっかりとした演技力でさらにファンに。
いい加減ファスを自由にしてあげてください。


3位ゲイリー・オールドマン

裏英国総選挙
神様若い~~♡


神様だから。
いやホント、役者仲間からの絶大なる信頼、リスペクトがハンパないこの方。
彼を演技の神様、見本とする業界関係者、ファンが多いのは周知の事実。
一世を風靡した頃のキレた悪役、キワモノ、アクの強い役のイメージを嫌いここ数年は落ち着いた優しい役も演じています。
何を演っても、「ああ上手いなぁ・・・」としか思えないんだなー、ほんと神様。
もともと容姿に惹かれてファンになってないんだなー。映画観て、なんて役者だ!って感動から入ったんだなー。
考えに考えても、この位置を下せなかったっす。
神様の神演技をこれからもロヨシク。


裏英国総選挙
トムハも大好きないい顔です♡


2位ビル・ナイ

裏英国総選挙
・・・っふ

ビルおじさん♡ 先日『アバウト・タイム』を再見してまたもや号泣させられましたがな。
奇をてらったモンスター、優しさ溢れる父親、悪役、ロックスター、とりあえずビルおじさんが出てると嬉しい♪
『スティル・クレイジー』でわたしをクレイジーにさせたビルおじさん。
いつのまにかジワジワとわたしの中に広がってきて、おいマジかよ2位だよ。
もんの凄く考えたけど、やっぱこの位置だわー自分でもびっくりだわ―。
で、引き続き一人広報室開設中です。 よろしければ Let's join me!

裏英国総選挙
・・・っ腐


1位マイケル・ファスベンダー

裏英国総選挙


てゆーか、他に誰がいるんだって感じで。
不動の1位はもう、当ブログを見慣れてる方なら「あー、はいはい、そーねあなた、はいはい」 な結果です。
演技も容姿も秀でたドイツとアイルランドのハイブリッド役者。
マイケル・ファスベンダー
彼が1位を退く時は、みーすけの中で仰天同地な変革があったと思って頂いて結構かと ←おおげさ
キャラクターが憑依したような役作り、溢れるフェロモンと艶、お家芸なエモーショナルな泣き演技、細い腰と小さなお尻。
ええ、もうそりゃ外見から入りましたわ!それがなにか?? それがね、この、こいつの、演技、演技力がーーー!!
やっぱねー、役者は演技できてナンボですわ。いくら見てくれ良くても、棒読みなセリフ回ししたり、不自然なデカい演技してたら飽きられるのも時間の問題。
このファスって奴はそこが!!その演技力が!!何に惹かれるかって、その実力よ! あと顔も体もですけどね ええ....
うう~こんなどストライクな人が同じ世界にいるなんて。
神様、ファスを造ってくれてありがとう。

裏英国総選挙
キメ!!


そして・・・

別格 殿堂入り ショーン・コネリー


裏英国総選挙


すみません、ファン歴長く想いが重すぎて、もはや順位付けとかできませんでした。
リー様初恋から道が付いてキュンを知る5歳児(推定)。
みーすけ永遠のダーリンです。
ランクとかそーゆー次元で語れなかったス。
正に三つ子の魂百まで、貴方への忠誠はわたしのDNAの中にあります。


以下選外、無理やりの順位付けですが。
11位サイモン・ペグ   丸顔なのに!じわじわと(みーすけの中で)ランクを上げたペグちんが!ベンジーは姫でした。
12位コリン・ファース  四角い顔だけど!これぞイギリス人!ってなコリンさん。『Love actually』の彼が大好きです。
13位ダニエル・クレイグ ボンド役に新風を吹き込んだ彼の功績は大きい。
14位アラン・リックマン  魅惑のヴェルヴェット・ヴォイス♡ 
15位チャールズ・ダンス 誕生日が同じだからw 『エイリアン3』の頃より今の方がだんぜん素敵♪

あとねー、超顔長いヒュー・ローリー、瞳孔開いたマシュー・グッド、闘うイサム、ジェイソン・ステイサムもいーね♡
自分で選んどいてなんですが、我ながら、なんだろかこの加齢臭漂うメンバーは
引退した方やら、片足突っ込んでる方やら、鬼籍の方もいらっしゃるし、頭髪の薄さもパない。
そして20代が一人もおらぬい。
アメリカ人俳優が入ってくるともっとフレッシュに・・・ならねーか(笑)
3歳児の頃からこんなだもん、しゃーねーよ と開き直る。
てゆーか、わたしはおじさんとおじいさんとハゲが好きです(ただし英国俳優に限る)
誰か忘れてないだろか?? まあ英国関係なら美味しくいただきますので♪
あ!唯一アレックス・ペティファーが20代!
顔がーー!好きーー!もっと演技うまけりゃ上位も夢じゃないよ←上から

裏英国総選挙
『マジック・マイク』以降見てないなー。 女行くより演技磨けよ!

ほぼほぼ頬から顎にかけて長さのある人で占められておりますな。
ええ、もう、それが趣味嗜好ということです。勝手な裏総選挙です。うひひ♪
さて、公式の順位が気になります。こんな順位とはアンドロメダ大星雲より遠くかけ離れていることでしょうよ。
はやく雑誌買いに行かなきゃですね!

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー ショーン・コネリー ビル・ナイ 英国男優総選挙

『英国男優総選挙』予想

月初やら衣替えやら食欲の秋やらで映画が全然観れてません。
「安西先生・・・映画が観たいです」
クソ、ストレスたまるぜ。ブログの更新も亀ですません。

さて、秋と言えば映画好きの方はもちろんご存じでしょう。
英国俳優を愛する映画ファンが自らの萌えやら愛やらを心おきなく吐き出す甘露な企画
英国男優総選挙がもうすぐ発表です。

英国俳優総選挙


投票は8月に既に終わっていて、発表が10月21日発売の「SCREEN」誌で発表・・・のはずでしたが先日母体の出版社倒産ニュースが流れて、え?どーなんの?
協賛のイマジカBSも大変だろうなーと勝手に危惧している今日この頃ですが、まあ他の出版社から発売するんだろーねたぶん。 ←危惧した割に他人事

ブロ友pu-koさん始め皆さん記事にされてるし、今回はスルーでいっかなと思ってたんですが、今朝pu-koさんに
「カウントダウン一緒にどーよ?」(もっと上品にw)と、お誘い受けまして。
そーなると断る理由なんざねーぜ!!って事で突貫記事アップしちゃうぜ!!

明日10日がひっそり誕生日だったりする 自分お祝い企画でもある。
「天邪鬼みーすけの映画な日々」プレゼンツ 
勝手に予想 『英国男優総選挙

参考までに過去のランキングを以下に。

第1回 英国男優総選挙(2013年)
1位 ベネディクト・カンバーバッチ
2位 アラン・リックマン
3位 ジェームズ・マカヴォイ
4位 トム・ヒドルストン
5位 ダニエル・クレイグ
6位 ゲイリー・オールドマン
7位 マーティン・フリーマン
8位 ロバート・パティンソン
9位 オーランド・ブルーム
10位 ユアン・マクレガー
11位 コリン・ファース
12位 エディ・レッドメイン
13位 ジェラルド・バトラー
14位 ベン・ウィショー
15位 ジュード・ロウ

第2回 英国男優総選挙(2014年)
1位 ベネディクト・カンバーバッチ
2位 トム・ヒドルストン
3位 ジェームズ・マカヴォイ
4位 マーティン・フリーマン
5位 アラン・リックマン
6位 ダニエル・クレイグ
7位 ゲイリー・オールドマン
8位 マイケル・ファスベンダー
9位 コリン・ファース
10位 サイモン・ペッグ
11位 ポール・ベタニー
12位 ジュード・ロウ
13位 ユアン・マクレガー
14位 オーランド・ブルーム
15位 サム・ライリー


出演作品が続いて露出が多くなると自然ファンも増えてその分ランクが上がる傾向ありますよね。
あと、この総選挙って同日でなければ何回でも投票できるというオイシイ仕組みがあって、日を改めて同じ俳優に何度も投票したり、日々違うお気に入りの役者を何人も挙げてもOK。
組織票で強い人が絶対いる。
過去の傾向を見ていて「おお」と思ったのが、意外と皆さんピカピカした外見だけでなく、渋いところを押さえるなってこと。
容姿だけでなく、ちゃんと演技力を評価した選出されてるなーと思うんだな。
アラン・リックマンやゲイリー・オールドマンがしっかり10位内に入っていて、信頼できるランキングだわーと思います。
そんな過去の傾向を鑑みつつ、
以下第3回 英国男優総選挙・予想です

【1位】ベネディクト・カンバーバッチ

これは不動の人気ぢゃねーかな。
BBCドラマ『シャーロック』が火付け役となって日本に第二次英国男子ブームを巻き起こしたのは彼ですと言って過言でないカンバーバッチ。
来年年明け?BBC放送予定に最新版トレーラーがSNSで拡散されたばっかですね。


これ超最新トレーラー。 どぞ。

「ベネさん」「ベニーちゃん」「缶バッチ」「ベン」、色んな相性で呼ばれてるベニーさん。
ドラマから派生してベニーさん人気はうなぎ上り。
とにかくこの企画自体、ベニーさんファンが支えているようなところがあるんでないかい??(笑)
携帯やパソコンの壁紙をデフォルトから変える事のない某友人が、
「壁紙をベニーに変えた」 と若干頬を染めながらスマホを見せてくれたときに、
「あ、これかなりアカンヤツや・・・」と思ったね(笑)
春の『イミテーション・ゲーム』の好演はまだ記憶に新しいところ。
うん、あの演技は良かった。
隠し切れない育ちの良さのため、若干役を選んでしまう傾向はあるけれど(個人的意見ですよ!)この総選挙には影響はないじゃろう。
「ハロッズ」から毎年発売されてるYear Bearの今年の子、名前が「ベネディクト」ときたもんだ(あざといなーw)


英国俳優選挙
余裕の1位だから僕

コアからレアまでかなりの人に支えられ今年もやっぱ1位なんじゃないかな。
まあ、ちょっと辛いこと言うと、ベニーさんのファンと言うより、ベニーさん演じるシャーロックのファンの人が多いんじゃないかなー。わたしドラマはあまり観ないけど、『シャーロック』は美味しく戴きました。
まあ、すべての方がファンって事もなく。
「長けりゃいーってもんじゃない」って言ってるchacoさん、刺されますよ(笑)


【2位】トム・ハーディ

この夏の「トムハ祭り」は凄かった!!
あの『マッド・マックス 怒りのデスロード』の盛り上がり。
映画3本連続配給だし、未公開だった『ウォーリアー』のソフト発売になるし。
間違いなくこの夏はトム・ハーディの熱い夏」だったと!
圏外から一気に来るのではーー?



まかしとき! サムズアップくださいませ❤


過分に個人的嗜好が入ってる?
いーんだ非営利個人ブログだもん。
年間3本も主演映画が上映されたら知名度も上がるだろうし、ここは期待を込めて!
まあなー、『チャイルド44』は中々に残念なロシア訛りだったし、『マッド・マックス~』はセリフが少なくて、しかもフュリオサ大隊長を演じたシャーリーズ様が素敵過ぎたり、悪役のイモータン・ジョーやウォーボーイズ達が人気出すぎたりしてますが、ぐぬぬ・・・。
大丈夫トムハ!頑張れトムハ!
と、期待を込めての2位です。



pu-koさんからもらった画像。やっぱ子犬系だな❤



3位【ジェームズ・マカヴォイ】

ヴォイ先生キターー! この人ねー意外と強敵です。
なんたって過去2年間不動の3位をキープでっせ。
だから今年も3位(笑)


「マイケル・・・」 (髪の)在りし日のヴォイ先生近影


永遠のスコティッシュボーイ、ヴォイ先生が潔く髪を剃り挑む次回作は『Xーメン』のチャールズ・エグゼビア。
髪なんか無くても可愛いものは可愛いのだ❤を体現。
固定ファンが多そうなヴォイ先生は今年も健闘するだろね。



髪ちゃんと再生してます


4位【トム・ヒドルストン】

出演映画はそんなに多くないけど、やたらと人気のあるこの方。
高貴な出身でその辺りも英国男子好きな腐女子の♡ハートをがっちりキャッチ!かな。
ワガママなバカ弟、ロキの印象が強いんだけど、なんとゆーか溢れ出る隠しきれない気品的な香りがしますです。
ジャガーのCMは素敵だったな。
トムヒも組織評つーか、コアな固定ファンが
多そうなんで、4位で。



庭の植木に埋もれても素敵なトムヒ様


5位【マーティン・フリーマン】

『シャーロック』で一躍大人気はこの人にも言えるな。
ジョン・ワトソンのマーティンしかほぼ観てないけど、チャーミングな人だよね。
某大手酒造サントリー(言ってるw)のCMに出たのには驚いた。



プライベートのファッションがめちゃお洒落さんです♪


マーティンも組織票多そうなんで。
毎年いい位置でランキングしてるから今年も手堅く5位でどーだ?



6位【コリン・ファース】

コリンも根強いファンが多いよねー。
オスカー保持者の貫禄で6位でどーだ?


うふ、自撮りー❤


つい最近の『キングスマン』でのまさかのアクションが記憶に新しいコリン。
いやーあのスーツはホントに素敵だった。
優しい彼氏から、ビッチなスパイまで幅広い演技力。
『シングルマン』での悲しきゲイ教授役はわたしの大好物でねー。
なんせ艶があるよね。素敵だ❤


なんだこの紳士っぷりは!



7位【ダニエル・クレイグ】


7位でどう?只今燃え尽き症候群で、「もー次作007の話し、今はやめて」なんて言ってますが。
ダニクレ素敵だなー。
007を新たな境地へ導いた彼の功績は凄い。
そんなダニエル、ボンドももちろんいいけれど他の作品でのちょっと病んでる系とか細やかな演技が素晴らしい。上手いよー。
年末のボンド効果でランクもう少し上かな?



どーしても『スペケター』って脳内変換(笑) 年内一番観たい。



8位【サイモン・ペグ】


いやー、『MIRN』で姫すぎたペグちん!!
今年絶対上位に来ると思う。イーサンとベンジーの友情、又はブロマンス、はたまた妄想BLに脳みそパーーンなった人大勢いるかと。
昔からお気に入りの俳優だったけど、正直ここまで人気と知名度が上がるとは思ってなかった。
主演でもアンサンブルでも独特の空気感があって、コメディを演じながらもそれが映画に馴染んで浮かないのは彼の演技力と役者として持ってるギフト的なものがあると思うぞ!
今後の期待も込めて8位でどーだーー!



パグ顔ペグちん♪ 今後も期待大!!


9位【マイケル・ファスベンダー


あああーー貴方が素敵すぎて生きるのが辛い。
いや、個人的なランクはあれですあそこです。
でも今回は当てに行ってるんでね。
ファスに関しては語り出すとキリないので。
もっと上位に入ってもいい演技力と容姿だけど、日本ではまだ突き抜けないなー。
出演作目白押しでファンとしては楽しみで楽しみで夜しか眠れんぞ。
あ、ヴィキャンデルちゃんとの破局報道はガセだったということだけ、記しておきます、凹み💧



アンニュイおファス♡
わたしの天使がアンニュイポーズ取ってます。


10位【ゲイリー・オールドマン】

神様だから。



参ったな(照)



11位~15位 
アラン・リックマン
ユアン・マクレガー
ベン・ウィショー
エディ・レッドメイン
ニコラス・ホルト

この辺り順位は分かんないなー。
誰か忘れてないかな?
こんな感じのなんちゃって予想でどーでしょーか?
オリジナル、そしてみーすけ私的ランキング共にまた後日アップいたします。

え?みーすけの1位?だからそんなの聞くだけ時間の無駄だよ。
発表楽しみですね。
寒いけど全裸待機で結果を待ちます!

お預けファス♡
1位誰かなー?? わくわく♪

っっく・・・メガトン級に可愛ゆすファス!!! 

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー トム・ハーディ 英国男優総選挙

NEWYORK TIMESのファスください!!

祭って騒いだトムハにすこーーし浮気しちゃったりなんかしてた夏が過ぎ。
秋ですね、爽やかですね、映画観ましょうね。

最近あまり表に出さなかったみーすけのファス廃マインド。
そろそろ溜まってたきたファスへの愛が燻ぶりだしたので、ここらでいっちょガス抜き企画、久々のファス詰めです。

※注意
今回マイケル・ファスベンダークラスタの方以外は「なんじゃこのブログは?」な、局地限定需要な記事投下です。
「ああ、こいつまたやってんなー( 苦笑)」と 生暖かく見守っていただければ幸甚。

今週SMSに落ちてきた 『ニューヨーク・タイムズ』 掲載のファスの記事。

『ファスが人妻すぎて生きるのが辛い件』


新妻ファス

“‘But, god, I really, really, really wanted to act.’’

「ああチクショウ、俺は本当にホントにどうしても演技がしたかったんだ」



10月全米公開の『Steve Jobs』に合わせた特集記事。
インタビューの内容はむふふんふん♪とネットでサーチして読んでください。

まあ、あれです、あちこちで彼が語っている過去のこととか、彼の演技に対する熱い役者魂を語った内容でした。うふふん❤

以下抜粋


演劇学校に何度も不合格になり、30歳になってもパブでバーテンとして働きながら「演技をしたい!!」と切望していたブレイク前の下積みの頃の話し。


セリフを何度も何度も何度も読み、体に染み込ませて、それでも尚、繰返し台本を読んでセリフを繰り返し体に叩き込む役作りの事。


重く切ないキャラクターを演じながらも、カットがかかるとあっさりと役を脱ぎ捨てプライベートに役を一切持ち込まないこと。


何度読んでもファスのプライベートの話しは楽しい(ワシが)


そして、今回撮り下ろしの写真ですが……





あーーーーーー❤
もーねー、ほんとねー、なんざんしょ!このミューズっぷり!!




洗濯?せ、洗濯してんのか?!




な、何を楽しそうに干したり取り込んだりしてんのさ?!



あ、ダーリン帰って来た?


こ、これはアレか?アレなのか?!
ひ、人妻ファスの穏やかな日常風景を切り取りました的アレかーー?!


キャプションは

『人妻ファスと俺(誰?)の日常』ですかーーー?!



ダーリンのパンツ❤


ムッキーーー!可愛いから2度貼りしてやるぜ!



ダーリンの……以下略


ダーリンて誰?!ヴォイか??ヴォイなのか?!
ふわあぁぁ!
あざとい!ファスあざとい!!



ちらっ……

あ、煽るなよぉぉ……。



あ、そーだ、路ちゅーしてたアリシア・ヴィキャンデルちゃんともめでたく?破局したしな。
「人の不幸を祈るようにだけは なりたくないと 思ってきたが」 と中島みゆきが昔歌っていましたが、いや、正直嬉しいぜ俺は。
ファスはねー、もーあっちこっちで女すぐ行って、共演者食ってもいいです別に。
ただ「マジ惚れなのは演技だけなんだ」って感じでいてほしいかなと。


正直彼は家庭に収まるタイプではないんだよな。
なのに、なんだろか、この写真のアットホーム感・・・てゆーか、人妻感!!
間違いなく旦那(やはりヴォイか? それとも最近噂になったオスカー・アイザックか?)を待つ新妻の昼の家事風写真。
撮影者や本人にそんな意図が無かろうと、腐ったみーすけのセンサーは察知だ!
あうう・・・も、妄想が・・・。



寂しいから枕抱いちゃうもん……


「もん」って!「もん」ってーーー!!
はぁはぁ……
まあ勝手にわたしが言わせてるわけだけどさ。
うぐぐぅ、このあざとい天使め!
苛めちゃうぞ!
大丈夫かみーすけ?大丈夫です!



そんなファス主演 ダニー・ボイル監督の『Steve Jobs』 10月全米公開です!
てゆーか、てゆーか、早く日本公開しろーー!!! 来年まで待つのが辛ス・・・


トレーラーをどぞ・・・


ファスジョブ
このショブズ感


似てねー似てねー言われてましたが、出来上がりのこのつるっとした感じ、とてもジョブズじゃあーりませんか!!

顔形を作り込まなくても、演技力で成りきる術を、マジックを、役者としてのギフトをこの人は持っているのですよ。
嗚呼待ちきれない『スティーヴ・ジョブズ』
はよーさっさと公開してくれ!なぜ来年まで待たすのじゃ配給会社よ!
世界一公開の遅い国日本に住む辛さよ。
『マクベス』もさっさと公開してくれ、すんのか?しろよ!!

……というファス愛駄々漏れな独り言でした。
ふしゅぅぅぅ……おやすみなさい。



マグナム触んな

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー

『マグノリア』  フィリップ・シーモア・ホフさんの事

P.S.ホフさん
もっともっとホフサンの演技が観たかったよ・・・


さて、7月23日は昨年2月に急逝してしまった フィリップ・シーモア・ホフマンのお誕生日でした。
もしもホフさんが元気にしていたら、48歳になっていたはずでした。
追悼でなくとも、ケーブルを垂れ流していると彼の演技を観る機会はとても多い。
ホフさん外見がおデブちゃんで、風貌も爽やかな好青年!ってのとはちょと違う(笑)
でもイケメンの外見で売る役者や若手アイドルでは手を出すのに躊躇する役を嬉々として(見えるw)演じるホフさん。
実年齢は若いのに初老や爺ちゃんの役も、華麗にメタモルフォーゼしてましたねー。
残念な同級生、悲しきおかまちゃん、大バカ野郎や冷徹な悪役、そして優しい善人まで膨大なキャラをその素晴らしい演技力で演じ分けていたホフさん。
ホフさんが50代、60代になった時の円熟の神演技をホントーーーに観たかった。
彼の死は映画ファンのみならず、映画業界全体の大きな損失だったなーと今更ながら悔やまれて仕方がありません。


さて、ホフさんの作品で何か一本・・・と考えてたんですが、どーしても絞れなくて。
てゆーか、ホフさんの「マーヴェラス・演技」を思うとき必ずみーすけの頭に浮かぶキャラが二人いるんですよ。

ホフさん
ダーク好き好き♡こっち向いて♪

一人はポール・トーマス・アンダーソン監督の『ブギー・ナイツ』のおかまちゃん、スコティ。
もー、わたしこの作品のスコティがほんと可愛くて大好き。
マーク・ウォルバーグ演じるダーク・ディグラーが好きで好きでしょーがないスコティの残念で可哀想な可愛さってゆーのかな(笑)
でも、スコティの事はホフさんが亡くなった時の追悼記事にちょこっと書いたんで、今回はもう一人思い浮かぶ好きキャラ。
同じくP.T.A監督の『マグノリア』に出てくるフィルの事、書きたいですぅぅ。


『マグノリア』(1999)アメリカ
原題/Magnolia
監督/ポール・トーマス・アンダーソン
出演/トム・クルーズ  ジュリアン・ムーア  フィリップ・ベイカー・ホール  フィリップ・シーモア・ホフマン  
    ウィリアム・H・メイシー  ジョン・C・ライリー  ジェイソン・ロバーズ 他


magnolia


ロサンゼルスを舞台に、一見関係のない男女9人の24時間を描く群像劇。
誰かと誰かがちょと繋がっていて・・・というアレです。
全然つながらない人物関係もあるのだけれど、オーラスに起こるちょっとびっくりな事象に登場人物全員が洗礼を受けるので、結果物語は繋がって収束するんだけどね。
3時間以上ある長丁場。
映画としては好きなのだけど、出てくるキャラでどーしても好きになれない(上手いって事なんだけどね)人物がいて、そこを無視しながらの毎回視聴になるんですけどね。
トムちんの素晴らしい演技とか、ジュリアン姐さんの迫力とか、メイシーさんの相変わらずなトホホ感とか色々レビューすることはあるんだけれど、今回は映画のレビューとは違くて。
登場人物の一人ホフさん演じる看護師のフィルのイノセントさだけを書きたいと(笑)


ホフさん
本作の善意 天使 看護師のフィル


ホフさん演じる看護師のフィルは大手テレビ局のプロデューサーで、現在末期癌で自宅療養中のアール(ジェイソン・ロバーズ)の介護をしてます。
看護をしながら、話相手も務めるフィルはアールの過去の大きな後悔の話を聞かされ何とか力になれないかと考えるんですね。


なんら特別な演技をする訳ではないのに 全身から優しさが滲み出てるフィル


まあぶっちゃけ、アールの生き別れの息子を探すことに協力するわけですが、その息子フランク演じるのがトムちん。
フランクは男性向け自己啓発セミナー『誘惑してねじ伏せろ』を主催して講演でぼろ儲けしてる話題の人物なんだけど。
しかし、なんちゅ~セミナーだ!(笑)

ホフさん
「おマンをてなずけろ!!」   はいはい今日は脇役なんでハケてハケてー。

フィルはフランクのセミナーの電話番号が知りたくて男性ポルノ雑誌を電話で注文するんだよね。
でも恥ずかしいもんだから、まず食べ物とか普通の消耗品を頼むんです。
ねーねー世の男性ってさー、例えばコンビニでいわゆるひとつのゴム製品が欲しい時に、必要ない水とかアメとかガムとかも一緒に買うものなのかな?
そこはバシっと男らしく「うすうす」とか書いた(想像です)箱を一個、女子バイトのレジにはやっぱ置けんもんなんかのぉー。
聞いてみたい。
あ、ネットで買うのかな?って、まーいーか。
で、フィルです。
電話なんだから顔見えないんだし「プレイ・ボーイを一冊!」って頼めばいいものの、あれこれ注文するフィルってば(笑)
しかも注文担当にバレてるし。 愛いやつじゃ(笑)

ホフさん
「雑誌以外、キャンセルしますかー?」って聞かれちゃうフィル(笑)


そんなフィルの涙ぐましい努力のおかげで、フランクとアールの父子の対面があるんですけどね。
やっぱこの映画、ここでのトム・クルーズの泣きながらの罵倒が最高に素晴らしい場面だねー。
普段トムちんの演技がどうこうなんて考える事ってないんだよね、わたし。
でも本作で(たぶん)初めて、トム・クルーズの演技って凄いんだって思ったんだよねー遅くてさーせん。


ホフさん
憎くてしょうがなくて、罵詈雑言しか出ないのに、堪え切れない父親への愛情慕情。 たまらん(涙)

で、↑ 熱演してるトムちんの左後方にぼんやり映ってるでしょ?
フィルです。


ホフさん
良かった良かったと咽び泣いてるフィルです。

トムちんの迫力ある演技が凄いのであれなんですけど、本作でのホフさんのふわっとした演技がわたしはとても好きなんだな。
アンサンブル映画なので、役者はみんな自分のパートをものっ凄く力入れて頑張ってます。
そんな中、ふわっとした印象ながら、でも決して力を抜く事なく極めて自然体で天使のようなフィルを演じてたホフさん。
このホフさん演じるフィルが観たくてDVDをセットする事もあるほどでね。
好きなんだなーこのキャラ。

ホフさん
しょっちゅうハフハフって口が開き気味のフィル(笑)  


さっきもチョロっと書いたけど、「うざいな・・・」って思うキャラがいるものの、映画としては好きなので”うざいうざいも好きのうち”って事で何回も観てるんですけどね(笑)
で、毎回フィルって天使だなぁ~、って癒されるんですよ。
残念ながらホフさんの新しい映画を観ることは叶わないけれど、ファンとしては彼の演じた素敵なキャラを何度も何度もスクリーン上で楽しむことができるから。
こうやって彼の遺した作品を愛すことで、ホフさんを追悼したいと思います。
皆さんも今週末、ホフさん出演作を何かご覧になってはいかがでしょうか?

ホフさん
ホフさんの神演技はスクリーンでずっと輝き続けるんですよね。 

テーマ : 好きな俳優
ジャンル : 映画

tag : フィリップ・シーモア・ホフマン

怒涛の週末イベントとか 一人広報活動とか・・・

台風来てますね。
その影響で クソほど暑いんですけど!!
でも暑い時ほど活動的になる方みーすけです。
体も心もノッてるうちに『アベンジャーズ AoU』 の再戦とか、『マッド・マックス 怒りの~』でトムハと火を噴くギターを再堪能しときたいわー。
うずうず・・・。

さて、まさかの連投記事アップで、気まぐれフル稼働しているわがままブログですが。
今日は雑記でお茶を濁そう。 
いえ、決して今書いてる記事で煮詰まってるわけではございませーーん。

先週末は映画業界熱かったねー!!
まずサンディエゴで ※コミコン2015 が開催されて多くのハリウッドセレブが大集合でSNSは大騒ぎだったよ もー!

※コミコン・インターナショナル (Comic-Con International)
毎年7月か8月の4日間、カリフォルニア州サンディエゴで開催される、漫画などの大衆文化に関するコンベンション
wiki参照なり


コミコン2015
なんざんしょ!この豪華な面々!! 

これみんなヒーローもの系に出演すんのよ!!
左後方に、スマホから辛うじて逃れて背伸びしてるファスが見えますかーー?!
みんなはしゃいで楽しそうー。 いいなー行きたいーー♪
ちゃんとマーヴェルの重鎮、スタン・リーがいらしゃいます。


コミコン2015
こちらは『X-MEN アポカリプス』の出演者。

一昔前、アメリカン・コミックを原作とするいわゆるヒーローものの映画って、あまり露出のない新人役者が主演するってイメージだったと思いません?
今や実力派の重鎮や人気炸裂のハリウッド・アイコンが主演をするのは当たり前。
てか、映画界を牽引する役者はヒーロー物を通っときましょーや!って感じで。
そうそうみーすけも、これ系作品をお金出して映画館に観に行くようになったのって ここ10年くらいかもしれないもんなー。
先ずは 『魅力的な・好きな役者が出てるから』 が大きい。 なんせ役者至上主義なので・・・。
しかし、ゴージャスな役者が集まったもんだわね。 会場行ってみたいよーー♪♪


さてと、画像貼ろう。
趣味なので。

現在絶賛上映中の『アベンジャーズ/AoU』出演の皆様画像。
ちょい前のかな。

コミコン2015
「イエェェーイ」 挨拶するセクシー・ラファロ♡   てゆーか、両隣よそ見すんなよ!!


ベタニ
ベタニ!! AoU観て色んな意味で一番面白かったベタニです。 また記事書きます。


コミコン画像ではないんですけど、トークショー出演中のダウ兄。
もーねー、あまりのアホっぽさと可愛さについ貼ってしまったよダウ兄!



ベタなコメディアンもしないボケかた....

それから・・・・

コミコン2015
うっふん♡  うっとり♡

ファスヴォイが久々にツーショットかと思えばまさかの公式リア充爆発フォト落とされて!!
もー、もー、みーすけはもー!妄想スイッチ入るでしょーよーー!!
貴様らぁぁ!!確信犯かぁぁ!!



コミコン2015
来年公開 『デッドプール』のライアン・レイノルズと 可愛い可愛いわたしのチャニング♡

珍しくチャニングが体重をキープしたまま頑張っております!
ぽちゃぽちゃ入ってないです!
多分7月入ってすぐに公開になった『マジック・マイク XXL』のプレミアとかで太るに太れなかったか・・・。
そう チャニングファンの皆さん!マジック・マイクの日本公開が10月17日に決まりましたよ!!
ジャガゴリ萌えチャニング廃なみーすけとしては もう今から待ちきれないっちゅーね!!
チャニング来日しろ。

コミコン2015
体絞れてるうちに来い。 でもポチャってもチャニング可愛いよチャニング♡


一方こちらイギリスでーーす。
イギリスではウィンブルドン観戦のベニーさんが松岡修造並みの大騒ぎで・・・

べにーさん
ベニーさん、追い出されまっせ

べにーさん
落ち着けとパパに怒られ(想像)ちょっと落ち着いたベニーさん 

それからスタイリッシュすぎるトム・ヒドルストンも観戦されたようで。

トムヒ
もー、トムヒどんだけオシャレなんだよ!! 

てか、あんた狙ってるよねその表情!?

トムヒ
ふむ、カメラあの辺な・・・

トムヒの爪の垢でも煎じて飲ませたら、毎度同じようなT-シャツ着てるファスの残念なファッションセンスも上がるでしょうか?

コミコン2015
俺がファッション・トーク?    ぎゃはは!誰もあんたに聞かんて!!


・・・・さて、SNSでそんなあっつい情報がダダ漏れだった先週末。
個人的に一番のネタを。

『ロンドンのスーパーで1人で買い物しているビル・ナイに遭遇した』 という方のTwitterでみーすけは大騒ぎーー!
び、ビルおじさんはとても素敵でオーラが出ていたとのこと。

ビルおじさん素敵過ぎ
いやあああぁぁん♥

ビルおじさんが一人でスーパーで買い物するロンドンって素晴らしい!!
てか、ビルおじさん何買ったの?何?なに??
ビルおじさんは、スリムで、背が高くて、とてもジェントルだったとか。
ああああ~~~♡ 絶対いい匂いするよね! 
ふぅぅ・・・今週末一番萌えたネタであった。

ビルおじさん素敵過ぎ
横ブイだけの人ではなーーーい! ビルおじさん素敵ーー!!♡♡

さてと、萌え萌えを垂れ流してちょっとスッキリしただわさ。
普通の映画ブログに戻ろうかいのー。
んでもその前に今日は 『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』攻撃してきます。
ダダン・ダ・ダダン!!
さらば!

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

tag : マイケル・ファスベンダー ジェームズ・マカヴォイ ビル・ナイ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ