「テッド」 ・・・ほ、欲しい!!

「テッド」 (2012)アメリカ
原題/Ted
監督/セス・マクファーレン
出演/マーク・ウォルバーグ ミラ・クニス セス・マクファーレン ジョヴァンニ・リビシ 他

ted

1985年ボストン郊外。
友達のいないジョン少年はクリスマスのプレゼントに一匹のテディベアをもらう。
「テッド」と名づけたぬいぐるみに毎日語りかけ「君が本当に喋れるようになったら幸せなのに」と願う。
するとジョンの願いが通じて、ある朝テッドは本当に命が宿ったぬいぐるみになるのだ。
親友になった二人はそれからずっと熱い友情で結ばれ共に成長していく。

そして時は流れる・・・
かつては「生きているぬいぐるみ」として一世を風靡したテッド(声・セス・マクファーレン)は今や落ちぶれ、酒と女とマリファナ漬けの自堕落な生活。
35歳になったジョン(マーク・ウォルバーグ)もレンタカー屋の従業員として働いているが、仕事にも生活にも真剣味のないダメンズ野郎。
昇進話にも気合が入らずテッドと共にマリファナをキめ、子供の頃から大好きな「フラッシュ・ゴードン」のビデオを見てダラダラと過ごす毎日。
4年間付き合っているローリ(ミラ・クニス)との将来も真剣に考える事ができないでいた。
しびれを切らしたローリに「テッドかわたしか選んで!」と詰め寄られ一念発起。
ジョンとテッドは初めて離れ離れの生活を始めるのだが・・・
     ted
    テッドも可愛いけど、M・ウォルバーグもかなり可愛い・・・

ted
一人暮らしの為に就活するテッド  こんなのがその辺を歩いてたら狂気乱舞ですよ!


        
最近タワレコやTSUTAYAにテッドを使った販促ポスターがたくさんあって、久しぶりに観たくなっちゃったw
実はわたし、自他共に認める大のクマ好き♡(・(ェ)・)
シロクマ、黒熊、パンダ、実物はもちろんの事 テディベアにも目がなくてついつい買ってしまう。
背中を叩くと「クーンクン」と鳴き、仰向けるといびきをかくぬいぐるみも持ってたりして(照)
で、本作アメリカンギャグが満載のコメディー・ファンタジー・ブロマンス。

面白いのが、「命を持つぬいぐるみ」として一時はマスコミを騒がしたテッドが、今や飽きられ普通の(?)おっさんなぬいぐるみとして生活している所。
「生きてるぬいぐるみ」の謎やら背景は一切切り捨てて、元有名人として世間が普通に接しているというコンセプトが可笑しいんです。

ted
  大嫌いな雷が鳴ると 一緒に「サンダー・バディー」を歌って追っ払う!  って・・・

このテッドのキャラが最高に可愛くて、可笑しい。 映画が受けたのはひとえにこのテッドのキャラのお陰。
ぬいぐるみが動く映像がよくできていて、まずそこにグッと来るのに、一言喋ると口から出るのは、毒舌、皮肉、エロトークって そのギャップが楽しいよ~♪♪ チラッと「宇宙人ポール」を思い出します。
テッドのRー15ギャグ、勿論お子様には絶対NGな内容。てか、意味わかんないでしょうよ!

ted
レジマシーン相手に腰振りポールダンス♪ この後の「顔射ネタ」はさすがに婦女子が声を上げて笑えないと自粛(笑)

テッド
オネエちゃんと記念撮影  さりげにおっぱいモミモミしてます

動くテッドが見れるだけでも映画代金払ったかいかいがあるってもんです。
途中ジョンとテッドが殴り合うシーンがあるんですが、M・ウォルバーグ迫真の熱演(笑)
チラッとチャッキーを思い出したのはわたしだけ?

ted

ジョンと4年間付き合ってるローリ(えらいなぁ・・・)
ミラ・クニスってコメディーから「ブラック・スワン」のような妖艶な役まで結構幅広くガンバってますよね。
アップになるとその目の大きさがちょっと気味悪いぐらいの個性的な美人ですが、スレンダーな体が素敵で可愛い。

別々に暮らすようになっても、一人と一匹の熱い友情に変化は無い。
なんかっつ~と集まり一緒につるむんです。
以前も「ミッドナイト・ガイズ」で書きましたが、この男子の友情って 女子が入れない強い絆があるのを感じます。
ローリが腹を立てているのは 勿論ジョンの大人になれない部分に対してでしょうが、このテッドとの強い繋がりに自分が入れないジェラシーもあるような気がします。
ted

本編中にアメリカ人しか分からないようなコアなギャグが多いので、元ネタが分からない人はちょっと厳しい。
と、いうわけで字幕の監修をあの映画秘宝の町山智浩さんが担当しています。
くまモンやガチャピンはいいとして、「何がジェーンに起こったか?」の幼児虐待で有名な女優ジョーン・クロフォードを星一徹としたのはちょっと無茶ブリかなぁ(笑)
他、カメオ出演が多いのも美味しい部分。
ノラ・ジョーンズ、ライアン・レイノルズ、トム・スケリット、テッド・ダンソン。
そして「フラッシュ・ゴードン」のサム・J・ジョーンズが本人役で出演。QUEENの主題歌しか記憶に無いって(笑)
他にもたくさんの映画や懐かしのアメリカドラマのネタが出てくるので、興味を持った方は新たにそれを見てみるいい機会なのではないでしょうか?

   ted
テッドが好きすぎてストーカー行為に走るドニーにジョヴァンニ・リビシ  彼の変なダンスは必見

物語は結構単純で大人になりきれない男が反省して精神的に成長するというシンプルなもの。
結末も、本当にジョンは成長したのかなぁと疑問ですが(笑)
ローリが大人で彼を許容する方が大きいのでは?と思いますが、男の人ってこんな子供な部分がある方が魅力があったりしますからね。度を過ぎなければですが(爆)

ted
このモコモコなお尻が堪らない~♡

ted
怒ってます! 眉毛がまた堪ら~ん♡

ted
乗馬では無く乗犬(笑)

なんせクマ好きみーすけはテッドにメロメロでした。
ソニープラザでぬいぐるみの大小が売ってるの見つけて、買おうかどうしようか30分悩んだっちゅ~の。
来年続編公開も決定しているとの事。
またあのキュートな外見とエログロ毒舌おっさんキャラで楽しませてくれるのを期待してます。

そう言えば今年のアカデミー賞に二人で仲良く登場してましたね。
ted

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

「フィルス」  悲しきゲス野郎をお救いください

「フィルス」 (2013) イギリス
原題/FILTH
監督/ジョン・S・ベアード
出演/ジェームズ・マカヴォイ ジェイミー・ベル ジム・ブロードベント他

FILTH

舞台はスコットランド。
街がクリスマスを前に浮かれだした頃、日本人留学生殺害事件が発生する。
同僚を陥れるためなら手段を選ばない卑劣で最低な刑事ブルース・ロバートソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、この事件で手柄をあげ出世しようと目論んでいた。
ところが、捜査が進むに連れて、自分自身の最悪な過去、現在と向き合う事になり次第に彼の精神状態は崩壊していく。
そんななか「目撃者の女性」の存在が浮上して・・・

      FILTH

うおおおおおおおぉぉぉぉ!!!※注 ラッセル・クロウではありません

スコットランドの三白眼、ヴォイ先生主演の「フィルス」を観てきました。
「トレインスポッティング」の原作者アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化したクライム・コメディ。
ええ、勿論原作未読ですともさ。
トレスポが好きすぎるし、監督もこの作品がまだ2作目だし。上映館も超少ないし、あまり期待しないようにして、ヴォイ先生の演技だけは期待して観ました。

ただね、始まると漂うんですよ、わたしの好き系な臭いが(笑)
これ、ちょっと期待していいかもよ~って。

     FILTH
     何だこの野郎!!

題名の「FILTH」とは クズ、汚物、あと警察という意味があるスラングらしい。
主人公の刑事 ブルースはまさにその最低最悪なクズ人間。
同僚を貶める為にあの手この手で暗躍。賄賂、恐喝当たり前。
新人の刑事(ジェイミー・ベル)を引き連れ買春、酒、ドラッグ、同僚の妻と浮気。
ちょっっ おま 刑事だろ??という鬼畜な所業。
周りの人間を上から蔑む、俺様男なんです。
フリー・メイソンのメンバーでもあり、同じメイソンの友人の妻にイタズラ電話。
なんだこの男は、と共感も何もできない。

    FILTH7.jpg
  手に持ってるのは精液入りボトル。 なんだかな~(汗)

前半はこのブルースの悪辣な行動をドタバタと下品この上ないギャグで飛ばして行くんです。
露骨な描写も多いし、ギャグもかなり下品です。 いえ、笑いましたけど(笑)
後ろのおっさんも声出して笑ってたなぁ、すげ~お下劣なギャグで・・・
ちょっとこのままの状態で続くのかしら?と若干の不安を感じ出した頃、映画のトーンが変化する。

    FILTH6.jpg

行動があまりに破天荒なんで、この男メンタルに問題あるのでは?と思ってたらやはりそうなんですよね。
唯一の友人(?)とドイツにやりまくりツアーに行く頃からブルースのメンタルが崩壊し出すんです。
こいつ最低だなと笑ってたら、だんだん笑えなくなってくる。
一気に話がダークになって行き引き込まれます。

これはひとえにマカヴォイの存在感によるものでしょう。
常々思っているんですが、ヴォイ先生って普段は年齢より若く見えるベイビーフェイスですが、結構な三白眼で睨むと凶悪顔っしょ。
これが彼の演技の振り幅に高作用なんですよね。
今まではその容貌の爽やかな所を押した役が多かった彼、かなりのリスクを追いそうなヘビーな主人公を好演です。
いや~、ヴォイ先生演技の引き出し凄いから。彼の底力を感じました。
先日観た「トランス」でも悲しい病んだ男を演じてましたが、今回はその上をいきます。
彼のある意味ターニングポイントになる役かも。
しかも 今回もぬばぬば脱ぎますよ(笑)
例の小さなリュックに荷物パンパンに詰めたようなスタイル悪さをご披露~。
でも すら~っとしたきれいな体だと、主人公のクズ加減や悲壮感が出ないと思います。
い~んだよヴォイ先生そのままで!(激しく褒めてますよ!)

       FILTH

「トレイン・スポッティング」って無軌道な若者のドラッグ漬けな生活を中心に描いてました。
あれはあれで凄くかっこ良くて夢中になりましたが、本作は中年の家庭も社会的立場もある駄目人間の悲哀が強烈で、もうとっくにヤング(死語)ではないみーすけには、シンパシーこそ感じませんが(当たり前だよ)ブルースの痛みが気の毒に思えてしまってね。
状況が悪くなればなるほど、叫び 暴れ 自分を追い込んで高笑いをするブルース。
彼の笑いは慟哭なのだと分かり、そんな状況は自業自得によるものなのに、彼にある種の救いを与えてあげたくなります。
最後の展開もビックリでしたし、これ、面白かったです。
か・な・り・見る人を選ぶ映画ですけどね(笑)
ヴォイ先生の演技は一見の価値ありです!
監督のジョン・S・ベアードさん。
作家色の強い方とお見受けしましたが、作家監督って、ともすれば本人のマスターベーションっぽい映画に走って観てるこちらは置いてけぼり って事が時々ありますよね。
でもこの方の匂い好きかも。次の作品も観てみたいなと思いました。

映画のラスト、多分こうなるしか無いのかなぁ~と悲しく思いながら、残った一つの救いをブルースに与えてあげたいと思いました。
願わくばストライプのマフラーがもろい物であってくれと。
「ルールに例外は無し!」だったとしてもね。

FILTH

普段のヴォイ先生 爽やかね~
スコティッシュ訛りもキュートで大好き。
やっぱ英国産はえ~の~♪

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

tag : ジェームズ・マカヴォイ

「マラヴィータ」  お騒がせワケあり家族の逃避行

「マラヴィータ」 (2013) アメリカ/フランス
原題/The Family
監督/リュック・ベッソン
出演/ロバート・デ・ニーロ ミシェル・ファイファー トミー・リー・ジョーンズ 他

マラヴィータ

フランス・ノルマンディーの片田舎に引っ越してきたアメリカ人家族 ブレイク家。
実は家長のフレッド(ロバート・デ・ニーロ)は元大物マフィアで、他のマフィアの首領をFBIに売った為、その報復から逃れる為に証人保護プログラムの下 身分と名を偽り 世界各地を転々としているのだ。
殺し屋に見つからないよう ひっそりと暮らしているかと言えばさにあらず。
短気なフレッドは事あるごとに暴力で問題を解決、妻のマギー(ミシェル・ファイファー)もマフィアの姐さん根性でやられたらやり返す主義。二人の子供達も学校でのトラブルに一筋縄ではいかない対応。
問題ばかり起こし 大人しくしていない彼らに FBIの担当官スタンフィールド(トミーリー・ジョーンズ)は頭の痛い毎日。
そんな折、ひょんな事から拘留中のドンに彼らの居場所がバレてしまい、殺し屋軍団を差し向けて来たからさあ大変。
ファミリー(家族)VS ファミリー(マフィア)の戦いに ブレイク家の運命や如何に!?

         マラヴィータ

制作総指揮にマーティン・スコセッシ、監督リュック・ベッソン、ロバート・デ・ニーロ主演のブラック・モブ・コメディー。このメンバーに興奮しない映画ファンは居ないでしょう!

グレイな顎鬚にバミューダパンツ、バスローブ羽織って少々しょぼくれて見えますが、怒らすと怖い 超短気なフレッドを楽しそうに演じるデ・ニーロ。 
彼がマフィアを演るってだけで嬉しくなるわけですが、今回も初っ端から暴れてくれます。
バットを振り回すシーンに 「アンタッチャブル」の ”あのシーン”を思い出す方も多いと思います(笑)
ニコッと笑ったあとの表情の豹変ぶりを見るにつけ「キターーー!!」とニヤニヤしてしまいます。       マラヴィータ
       「Life goes on...」と演説した後の・・・あれですあれ(笑)

ファミリーの姐さんだった妻のマギーにミシェル・ファイファー。
こう言ってはなんですが、老けたね~この人。スレンダーなもんだからシワ感と言うか何というか、デ・ニーロの妻役やってても年齢的な違和感無いもんね。 時間は女には厳しい・・・(わたしも辛ス)
ニューヨークに居た頃の蓮っ葉な姐さん姿が似合ってて、艶っぽいですな。
この方も田舎のフランス人の陰口に切れまくりスーパーをドカン! で御座います。
                 マラヴィータ
      舐めたらいかんぜよ!!

娘のベル役には FOXの大人気ドラマ「glee」でブレイクしたディアナ・アグロン。
あれ時々観てるんですけど、覚えがないなぁ(^_^;)
息子役のジョン・ディレオ、左頬のホクロはデ・ニーロへのオマージュつけボクロ?(笑)
ノルマンディーの田舎町でマフィア流に振舞う家族の行動に うふふニヤニヤってします。

ただ、期待し過ぎだったのでしょうか、映画全体にピリッとした感じが無く 終わってみれば少々不完全燃焼だった感ありだったんですよね。
もっとガツーーーンと突き抜けた感が欲しかったかも。
個々のエピソードは面白しろおかしいので これは惜しいですね~。
だって制作陣のメンバーと主演俳優を見て期待するなと言う方が無理ってもんでしょう・・・。

でもデ・ニーロの過去作品を知っていればこその楽しみもあるんですよ。
先ほどのバット振り回す所や これこれ!証人保護プログラムの担当官スタンフィールドと二人で地元のコミュニティー主催の映画鑑賞会に出席するエピソード。

マラヴィータ
この二人のツーショットなんて そうそう見れませんよね♡ ウキウキ♪

主催者側の手違いで上映する映画が差し替わり なんと あれです「あれ!」
これはあちこちの映画紹介で書かれているので、ネタバレにはならないかな。 
上映作品はなんと スコ爺監督の「グッド・フェローズ」!!
スクリーンからレイ・リオッタの「子供の頃からギャングに憧れてきた・・・」のモノローグが流れ 笑顔でそれを見つめるデ・ニーロにカメラがパーン。
「嗚呼!早く帰ってこれ観たい!」と思ったみーすけ(笑)すみません、ひねくれ者で・・・。

サムシングが足りなくて ちょっと残念な感じもありでしたが、ヴァイオレンスシーンも痛快で楽しめました。
ブラック・コメディーらしく(?)人もいっぱい死にますし(笑)
その辺りの殺伐感とコメディーのサジ加減がベッソンらしいんですかね?
終わった後は友達と映画の話で盛り上がり楽しいお酒が飲めましたもん。OKです♪


       マラヴィータ10
       いい顔して笑ってますね~ ボブってば♡

そう言えば先日 東京映画祭に この映画のプロモーションも兼ねてデ・ニーロが来日しましたね。
普段はテレビあまり見ないわたしも録画して見ましたよ「徹子の部屋」!
横から話に割り込む戸田奈津子にモヤモヤしながら、入れ歯が取れそうで気になる黒柳さんのモゴモゴKYトークに これまたモゴモゴ滑舌悪く答えるデ・ニーロ・・・(笑)
普段のデ・ニーロって本当に地味であんまりオーラもなくて。
なのにこの普通の爺さん(失礼)が一旦役に入るともの凄い爆発力を見せるのだからつくづく彼の凄さにため息が出ます。
インタビューによると、スコ爺と再びマフィア物の映画の企画が動いているとか。
しかもアル・パチーノも共演てか!?ひ~~~!楽しみ~~♪♪
スコ爺もそろそろ一発 また歴史に残る物を撮って欲しいものです。
ディカプリオ主演で撮るようになってからのスコ爺の映画がどうもみーすけ乗れなくて・・・。
世間の評判は知らんが、やっぱあれかな、ダメ要素はディカプかな。
演技は上手いんでしょうが、子供が無理して大人を演じてるような童顔とあの声がスコ映画に合わないような。
まあ、この話はまた機会があれば・・・。へへ。

マラヴィータ
因みに「マラヴィータ」とはワンコの名前。イタリア語で「暴力行為」だとか。
そんなに暴れません(笑)

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

「ウォーム・ボディーズ」 草食系ゾンビ男子の恋(主食は人肉)

「ウォーム・ボディーズ」 (2013) アメリカ
原題/WARM BODIES
監督/ジョナサン・レヴィン
出演/ニコラス・ホルト テリーサ・パーマー 
   ジョン・マルコヴィッチ 他・ゾンビの皆さんとか

WARM BODIES

こんにちわ。 僕「R」
ホントはその後に綴りがあるはずなんだけど 思い出せないんだよ「R」しか。
何で死んじゃったのかも覚えてないんだ。
気がついたらゾンビになってたんだ 参っちゃっうよね。
僕は廃墟になった空港で暮らしてるんだ。
仲間のゾンビもいっぱいいるよ。
みんな 特にする事もないし 日がな一日 よたよた歩き回ってるだけなんだけどね。
友達もいるよ。 いい奴だよ。よく空港バーのカウンターで一緒に座って
時々「う~」とか「あ~」とか声出して コミュニケーションもバッチリさ。
ああ、お腹すいた・・・食事の時間だ。 
皆で空港の向こうの人間のコミューンに食糧調達に行かなきゃ。
主食はもちろん人肉さ。どうしてだか 人間しか食べたくないんだよ。
なのに、なのに、今日狩りに行った時に出会った人間の女の子に一目惚れしちゃったんだよ!!
嗚呼! 僕は彼女の為なら 何だってできるさ!

WARM BODIES 1


「アバウト・ア・ボーイ」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト主演の
恋愛・ゾンビ・コメディ映画。(だってWikiにそう記載が・・・笑)

謎のウィルスで人類の半分がゾンビ化した世界。
主人公のゾンビ「R」(ニコラス・ホルト)と人間の女子ジュリー(テリーサ・パーマー)の
ゾンビ・ミーツ・ガールな物語です。

わたくし みーすけは三度の飯より、とまでは言わずとも かなりのゾンビ好き。
ロメロの「ゾンビ」に洗礼を受けた為、昨今の高速で走るゾンビは少々認めたくない所ありなんです。
でも、これはコメディーだし、ニコラス・ホルトだし、見とくかな と劇場へ。

結論 いや~面白かったです♪
同じゾンビ・コメディーの傑作「ショーン・オブ・ザ・デッド」がありますが、本作はなんと
ラブコメ ゾンビバージョンでっせ!
まず 一人称のゾンビて(笑)
このアイディアとてもグーですね。 ゾンビ君「R」のモノローグで物語が進むので
「おお、奴らはこんな事を考えてるんだ」などと 彼らの生態に興味しんしん・・・
って架空のモンスターの内面分かってどうするよ!(笑)

WARM BODIES
「NICE WATCH !」 と思いつつ がぶり!

なんと言ってもニコラス・ホルトの美少年ゾンビ振りが映画の魅力でしょう。
子役成長→残念 な「映画あるある」を無視して素敵な青年になりましたね。

WARM BODIES
「シングルマン」でも トム・フォードのお墨付き♡


シルク・ドゥ・ソレイユでゾンビの所作を練習したらしいホルト君のノロノロ動きがいい。
本家「歩くゾンビ」へのリスペクトでしょう~。
あ、喋るってとこで 既にかなり逸脱してますが まあ、そこはそれコメディーなんでね^^

WARM BODIES
は~い 皆さんお食事の時間ですよ~

ジュリーに恋してしまった「R」が彼女を怖がらせ無いようにと 一生懸命優しく接するんです。
「僕、君 食べない」 「僕、君 守る」って 健気~。
「気持ち悪くなるな、気持ち悪くなるな」と自分に言い聞かせて 「・・・・にやり」と笑う。
いや 逆に 気持ち悪いって(笑)

住んでる飛行機の中に趣味のレコードなんかをコレクションしてたりと意外にオタクな
「R」の趣味に いつしかジュリーも打ち解けるのです。
この辺のエピソード とっても微笑ましいです。

WARM BODIES
「音楽の趣味がオタクね♪」   「う~」

ゾンビ臭を体に塗りたくってバレないようにカモフラージュしたり、ノロノロしたゾンビ歩きを教えたりと
小ワザの効いたユーモアが効いてて笑えます。
わたしは始終クスクス笑ってたんですが 劇場シーン・・・ 
コメディーなんだぞ ミンナ笑えよ!

中盤以降 恋をしたことで「R」に起こる不思議な変化や ゾンビのエスカレート版「BONEYS」(骸骨)
との戦いなんかが起きるのですが、要は二人のラブ・ストーリーなんですよね。
ゾンビ版 ロミオとジュリエットです。
有名なバルコニーでの邂逅のパロディーもあり。

また「R」に起こる奇跡が 他の仲間ゾンビにも起こり ちょっと感動してうるっとしました。
人種や宗教の違いで起こる 偏見なんか持ってはいけないんだよ。
僕らは 同じ地球に生きる仲間なんだよ なんて崇高なメッセージが隠されているのかも。
いや、気のせいだな(笑)
映画のラストも暖かくて 終わったあと「ああ いい映画だったなぁ」とほのぼのしました。
基本はゾンビ映画なんでわたしの好きな パクパク ガブり!のシーンも本格的で こっち方面
好きな方も満足できると思います。

ジュリーの父親役で怪優ジョン・マルコヴィッチも出ています。

warm_bodies2.jpg

まだ少し髪のあった昔から(^^;) その演技力と見てくれの強烈さで 大好きな役者さんなんですが
「マルコヴィッチの穴」ぐらいから 彼の方向性がよりみーすけ好みになってきて。
今回も無茶やらかすのかしらんと 期待してたんですが、少々抑え気味で ちょっと残念でした。
まあ、この秋「RED 2」が公開なので 超マルコヴィッチ節はこちらで見るとしますか。

マルコビッチ
 ジョン!あんたはやったら出来る子なのよ!


テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ