『ラ・ラ・ランド』 王道だけどミュージカル臭くない不思議

『ラ・ラ・ランド』(2016)アメリカ
原題/La La Land
監督/デイミアン・チャゼル
出演/ライアン・ゴズリング エマ・ストーン 他


ラ・ラ・ランド


ジャズクラブ店を開くことを夢見るジャズピアニストのセバスチャン=セブ(ライアン・ゴズリング)と、女優をめざして日々オーディションを受け続けるミア(エマ・ストーン)
ロサンゼルスの街で二人が出会い、恋に落ち、夢を叶えるためお互いを高め合っていくのだった。


ララランド
ジャズクラブを持ちたいセブと


ララランド
女優として成功したいミア


ララランド
La la Land=ロサンゼルス で出会って恋に落ちるの~♪


ふいぃ~、花粉辛い💧
こんにちは、記事アップにムラのある方みーすけです。

夢を叶えるためにロサンゼルスで頑張る若い恋人たちを描き、アカデミー エア作品賞w、デイミアン・チャゼルの最年少での監督賞、エマ・ストーンの主演女優賞、楽曲賞他 6部門を獲得した大ヒットミュージカル映画です。


ララランド
くふふ❤ 授賞式での二人が可愛すぎた件


そう……ミュージカルなんだよ。
わたしの苦手カテゴリートップに君臨するミュージカル。
火サスばりの顔面どアップ連続と死人の大合唱にどん引きしつつエンドロールだった『レ・ミゼラブル』
号泣してる同伴者の横でぐーすか眠った『オペラ座の怪人』
そしてディズニー・オン・アイスに至っては途中退場。←そもそも行くなよwww
今回大丈夫だったか?はい、大丈夫でしたよ。


ララランド
オープニングいきなりこれだ


映画の初っぱなからいきなりこれ。
高速道路での大勢のモブダンスシーン。
「ひえぇ、超ミュージカルじゃねーか」
これぞミュージカルな出だしに若干引くみーすけ。
ところが、あら不思議。
いつもミュージカルを観て感じる「違うそうじゃない」や「そこで歌うのかよ」や「無いわ~~無い」を感じなかった。
何故だろう??
音楽やダンスが物語を邪魔してないって事でしょうか?


ララランド
どん引きしないのは何故なんだよ?! 分からん


物語っつーても、深く考察を必要とするストーリではないのでね。
古典的な「Boy meets girl」で、ありがちな「Dreams come true」。
セブとミアが出会い、惹かれ愛し合い、お互いの夢に向かって頑張る姿を「いいね~素敵ね~」とぼんやり観れば良いという。
「そこまで感動しなかった」とか、「物語が単純すぎて肩透かしだった」という方は、超絶スペクタクル感動巨編を期待しすぎて「あれ?これ?」ってなったのかも。
レビューの賛否がばっくり分かれているのは、その辺りが要因なのか。


ララランド
ゴズリン素敵よ~~❤


大好きなゴズリンと可愛いエマが、往年のジーン・ケリーやフレッド・アステア主演の50年代MGM的古き良きミュージカルの体で歌い踊ると言えば分りやすいでしょうか。しかも歌とダンスが延々と長々と続くわけではないので食傷気味にならないのもよいね。
ミュージカル苦手なワシの数少ないお気に入り作品の一つが、クラシックミュージカルだという奇跡もあって(おおげさ)かなり楽しめました。




ララランド
ゴズリンの生演奏ですじゃ


アカデミー作曲賞を受賞した音楽は耳に馴染みがよく、歌曲賞受賞の"City of Stars" はゴズリンの歌が頭をヘビロテ。しかも3か月の特訓で会得したピアノ演奏が本格的でうっとり♡


ララランド
パンチラもあるよ


大通りでカラフルなドレスの裾を巻き上げ踊る姿や、これぞ『ラ・ラ・ランド』のアイコン的な2人のダンスシーンは観ていてうっとり。


ララランド
ちゅう💋


スクリーンにはLAの観光地巡りかっちゅー、ド定番な風景が溢れまくりもうこれは『ザッツ・エンターテイメント』です。
古き良きハリウッドの流れを汲む王道ハリウッドミュージカル作品。
Lala Landの 3つの意味
1)カリフォルニア州ロサンゼルス
2)つまり現実離れした世界、おとぎの国で
3)現実から遊離した夢のような精神状態での恋ばな
それこそが『ラ・ラ・ランド』なのです。


ララランド
デートシーンが美しくてうっとり


では全編超甘々か?と言えばそんな事はなく「Reality Bites」な展開がチャゼル風味。なんせ『セッション』の監督だもん。
現実は厳しく切なく、それゆえの怒濤のクライマックス。
あのラストシークエンスはずるいわ泣けるわ。
しかしその涙は、自分の青い春のあれこれが思い出されての涙かもしれんかったwww
社会に出て仕事や恋愛や人間関係で苦労した経験があればこそ響いたのかもしれませんな。
しみじみ「いい映画だったな~」とね。


ララランド
夕景、夜景のカラーが美しくてツボだ


ただね、個人的には2~3日経つと忘れちゃう系の映画かな。
もうこれは好みの問題。合う合わないですね。
一番好きなミュージカル映画が『オール・ザット・ジャズ』な人なのでハイ、好みが偏ってるってーことで、おねしゃす!ハイ。


オール・ザット・ジャズ
ロイ・シャイダー主演 マイ・ベスト・ミュージカルじゃ。


ララランド
出演二人が可愛すぎた件


いやぁぁ~~しかし、ゴズリン素敵だったな~。
目と目が近いし、眉毛は垂れてるし、絶世のハンサムじゃない、不思議な顔してるんですけどね。
素敵、可愛い、フェロモン出まくり。
本作で間違いなく日本でファンが急増したと思う。
そんなゴズリンがファスと共演しているテレンス・マリックの新作『Song to song』を公開してくれ!早く!!


song to song
この二人が同時にスクリーンに映る至福❤



見事アカデミー賞の主演女優賞を獲得したエマ・ストーン。
歌が素敵でしたね~♪ ダンスも頑張ってた。
オスカーの主演女優賞として演技はどうよ?って言われちゃうとあれですけど。個人的にはユペール様じゃないんだですけど。
『バードマン』の蓮っ葉な娘の役の方が良かったけど。
結果オーライ。いーんじゃないでしょうか?
可愛いだけではない実力をこれから見せてもらいましょう。


ララランド
だがしかし、可愛いは正義なのだ


前作『セッション』で恐怖のファッキンテンポー絶叫してジャズに固執してたJK・シモンズさんが、本作ではセブにフリージャズを演奏させてくれないピアノバーの店主役でなんか笑えたww


ララランド
ふぁっきんてんぽーは言わさねーぞ!


つーか、ジミー・ファロンが頑張ってたGG賞のオープニングのこのパロディが本当に良く出来過ぎで。
スケジュール的に本編公開前にこれを見ちゃったもんだから、鑑賞中「あ!これが元ネタか」って笑いそうになったという……そんな罪作りなGG賞オープニングはこちらからどぞ ↓





アカデミー会員が好きそうな作品ではあるけれど、ぶっちゃけ作品賞ってのは無いかなって。
まあ、人それぞれ好みですな。
でもここまで楽しんで観たミュージカルもそうそう無いので、一見の価値ありざんすよ!

では、さらば!!

ララランド
劇場前でゴズリンがこーやって貴女をお出迎え!
鼻血ブーー!!

テーマ : アカデミー賞
ジャンル : 映画

tag : ライアン・ゴズリング エマ・ストーン

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

みーすけ

Author:みーすけ
いらっしゃいませ
天邪鬼なので映画の好みも多少偏りありです
毒も吐き、妄想も垂れ流しますが笑って許してくださいませ
コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ
本文と関係のないトラックバックは削除させていただきます

Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
「ファス♡」とか入力して検索どぞ
ご訪問者さま
リンク
月別アーカイブ